ハワイ取材記後記、旅を振り返って。


2007年8月30日から9月12日までの14日間、
アメリカのハワイに取材に行ってきたのだが、
いろんな反省点や気がついたことを書いておきたいと思う。

今回ハワイ島・カウアイ島・オアフ島それぞれ4日泊の予定で廻ったのだが、
ハワイ島は広すぎて4日で廻るのはかなりきつかった。
せめて後2日あればよかったと思う。
(ハワイ島は岐阜県と同じ、四国の半分の大きさ)

ハワイは、沿岸部はわりとよく晴れるのだが、
全体的に雲が多く、写真的には撮りにくい時が多い。
青空が見えるのをずっと待ったり、
背景に青空が来る位置に移動して撮影したりしていたので効率は悪かった。

また朝夕は、沿岸部でも厚い雲に覆われてしまい、
なかなかいいシャッターチャンスがなかったのが、残念。
被写体としては、花や樹木、鳥などをかなり撮影したように思う。

宿に関しては、全て予約して行ったのだが、
オアフ島以外はがらがらで、特に予約の必要がなかった。

レンタカーに関しては、日本で予約していったので、何の問題もなし。
走行距離は、ハワイ島が1477㎞、カウアイ島が883㎞、オアフ島が771㎞で、
合計が、約3131㎞。
ハワイ島以外は、小さな島ということもあり、12日間の走行距離としては、まぁまぁくらいだろうか。
アメリカ本土なら、1.5倍は走っていると思う。

今回の取材では、デジタルのキャノンEOS5Dをメインに、
サブ機にフジGA645WとパナソニックのFX100を使った。

コンパクトフラッシュは合計7G分、
フォトストレージはエプソンのP5000(ユーザー領域約73G)で、
容量がたりるかどうか心配していたのだが、
結局36G分使っただけ、RAWとJPG同時記憶で約1600カット。

初めての海外取材で多めに段階露光したこともあり、
実質的には約500カットくらいだろうか。
意外と天気が複雑で待ち時間が多かったこともあり、
いつもより半分くらいしか撮ってない感じ。

メインに使ったEOS5Dは被写体を選ばず、使いやすくてよかったのだが、
COMSにすぐごみが付いてしまった、やはりごみ取り機能が欲しい。
バッテリーの持ちはまぁまぁだが、予備があったほうがよかった。
コンパクトフラッシュも7Gあれば充分1日は持つが、
バックアップの手間を考えると、2・3日分は欲しい気がする。

レンズに関しては、17-40mmの広角ズームを持っていかなかったのが大失敗。
ビーチでは、広角24mmでは足りず、広角ズームは必要と感じた。
また手振れ補正レンズを使っていたこともあり、日中は手持ち撮影していたのだが、
広角ではきちんと水平が出ていないものが多かったのが、反省点。
またハイライトを気にするあまり、ややアンダー補正しすぎたきらいがある。

サブ機のフィルムのフジGA645Wは、
フジのベルビア100Fの220を15本持っていったのだが、撮影したのは10本のみ。
やはり、一眼でないと使いにくく、PLも使えないしレンズ交換もできないので、
次回からは、いつものPENNTAX645Nに戻そうと思う。

メモ用に持っていったパナソニックのFX100だが、
かなりの高性能、ヒストグラフも見やすく露出補正もしやすい。
機内からの撮影は、全てFX100でおこなった。
期間中275枚撮影したのだが、バッテリーの充電の必要はなかった。
反省点は、もっとメモ用に撮影しておけばよかったと思うものが、
後から考えるとたくさんあること。

三脚は軽量化のため、山行きでのみ使うジッツオの中型カーボンを使ったのだが、
やはり普段使っているもう少し大型の方がよかった。
海外のトレイルは、日本ほどハードな所が少ないこともあるので、
次回からはベルボンの大型カーボンにしたいと思う。

カメラバックはロウプロのリュックタイプを使い、
カメラとストレージ及びフィルムは機内持ち込みにした。
望遠レンズのみ、パッキングして大型の鞄に入れた。

預け入れ荷物の扱いは、かなり雑なのでカメラやストレージは、
絶対に手荷物として機内持ち込みにするべき。
またフィルムも機内持ち込みにしないと、かぶってしまうので注意。

今回、航空燃料の高騰で持ち込み手荷物制限が、
32キロから23キロと厳しくなったこともあり、
大幅に荷物の軽量化を図ったのだが、ハワイ線に関しては、
ほとんど重量チェックはなかった。

帰りに一度、預け入れ荷物のみ重量チェックがあったが、
重いカメラ類は機内持ち込みにしているので、まったく問題なし。
以前、両方の荷物の合計重量がオーバーしていると、
追加料金を取られたのだが、今回はセーフだった。

ただ多少重量オーバーしても、普段使っている機材が一番だと思う。
軽量化を図りすぎたのが、一番の反省点。

今回初めてのハワイということで、観光もかねていたし、
期間も各島4日づつと短かったわりには、まずまずいい写真が撮れたと思う。
自己評価で70点くらいはつけたいと思う。

ハワイはリゾートのイメージが強いが、実は自然豊かで奥深い魅力がある。
いずれまた再訪したいと思う。

写真は、カウアイ島のアラートンガーデンで撮影した花や樹木。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5