風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2007 秋取材記

大阪府大阪市の御堂筋のいちょう 12月6日分。


昼に撮影、ちょうど見頃です。

イメージ 1

京都府京都市の嵐山渡月橋の紅葉と嵯峨野大覚寺大沢池の紅葉 12月2日分。


朝4時半起きで京都市嵐山へ向かう。
6時半前に到着、駅前の100円パーキングに停める。
天気は良好、6時55分くらいに日の出。

日の出撮影後、渡月橋近くの楓を渡月橋をバックに撮影。
渡月橋近くの楓2本は見頃だが、一本は傷みあり。
もう一本はとても綺麗。

大勢のカメラマンが集まる場所なのに、
朝一から紅葉の下にもぐりこんで撮影している人がいる。
一般の観光客の人ならまだしも、あきらかに避けられる写角の場合、
他のカメラマンの写角に入るのは、カメラマンとしてはマナー違反。

それにまず朝一の順光で撮影し、半逆光の撮影は後回しにするべきで、
紅葉の下で撮影したい場合、他のカメラマンがいなくなった後にしたらいいのに、
早く次に移動したいものだから、
いつまでも撮ってるのが悪いんやと他のカメラマンを無視して撮影。

特にグループで来ているカメラマンは、集団意識からか、
自分たちに都合のいい屁理屈をこねるマナー違反の人が多いような気がする。

渡月橋の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

楓の撮影後、すぐ近くのエノキの黄葉も撮影する。
エノキは上部は散り始めだが、見頃。

イメージ 3

8時をまわると観光バスが到着、次々に観光客が通るので、
人並みが途切れまた渡月橋の上に車がいないタイミングで撮影する為には、
1時間くらいの時間を要した。

その後、向かい側のの法輪寺の紅葉を見に行く。
見頃だが色は弱い感じで撮影せず。

次に嵯峨野の後宇多天皇陵に移動、数台駐車可。
紅葉は見頃後半、先が枯れてる。

続いて昼前に大覚寺の大沢池に移動、駐車場は500円、大沢池入苑は200円。
紅葉は、散り始め・見頃・色変わり混在だが、概ね見頃。
ここはいつも全体的に遅い所。

南側から楓越しに心経宝塔を入れて撮影、
次に北側の楓のトンネル横の散り紅葉や蓮池の散り紅葉を撮る。

大沢池の紅葉と心経宝塔。

イメージ 4

イメージ 5

大沢池の楓のトンネル横の散り紅葉。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

大沢池の紅葉と日没。

イメージ 9

大沢池の蓮と残照。

イメージ 10

夕方4時10分頃には、山に陽が落ちる、実際の日没は50分頃。
残照に染まる大沢池を撮影、5時過ぎに帰路に着いた。

滋賀県大津市坂本の日吉大社参道の紅葉と三井寺の紅葉 12月1日分3-3。


西教寺から大宮川観光駐車場に移動。
駐車場は無料、ここから日吉大社の門前街の坂本まですぐ。

日吉大社参道の紅葉は全体的に見頃後半だが、
快晴の青空に半逆光で透かすと、とても綺麗。

日吉大社参道の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昼過ぎに三井寺に移動、駐車場は500円、拝観も500円。
三井寺の紅葉は全体的に見頃でとても綺麗だった。

三井寺の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

滋賀県大津市の西教寺の紅葉 12月1日分3-2。


日吉大社から西教寺に移動。

駐車場は三ヶ所で無料、拝観も無料、
紅葉期にはライトアップもある。

西教寺の紅葉は全体的に見頃後半だが、
唐門前と勅使門前の紅葉は見頃、朝の光に映えとても綺麗。

唐門前の紅葉。

イメージ 1

勅使門前の紅葉。

イメージ 2

イメージ 4

本堂横の紅葉。

イメージ 3

勅使門近くの紅葉。

イメージ 5

滋賀県大津市の日吉大社の紅葉 12月1日分3-1。


早朝から滋賀県大津市へ、
天気予報は曇り・朝少しだけ晴れ。
朝日は雲に隠れてだめだったが、すぐに快晴状態に。

日吉大社の紅葉は全体的に見頃後半、色も弱い。
石橋周辺はすでに見頃終了。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

日が当たる前に撮影し、
あまり状態がよくないので、近くの西教寺に移動する。

続く。

大阪府大阪市の大阪城公園の紅葉 11月30日分。


朝から大阪市の大阪城の紅葉を撮りに行ってきた。
数日前は雨、昨日は曇り予報だったが、
今日は朝から快晴、秋の天気予測は難しい。

紅葉は全体的に見頃、綺麗な色が出ている。
梅林の紅葉は半分くらいの色つき。
所々にある楓・いちょうは見頃だが、そんなに多くはない。

玉造口付近。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

梅林の紅葉と大阪ビジネスパーク。

イメージ 4

本丸の大いちょうは、半散りくらい、菊のオブジェはまだ見頃。
本丸付近の紅葉は終盤。

西の丸庭園(有料200円)の桜紅葉は、ほぼ散り、
他の場所の桜紅葉も半散りくらい。

本丸南側付近。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

本丸北側の極楽橋への途中。

イメージ 8

大阪城梅林の紅葉。

イメージ 9

夕方、ひさしぶりに天守閣に登る、600円。

天守閣から見た本丸南側付近。

イメージ 10

夕日はビルの間に落ちそうでいまひとつの様子だったので、
締めくくりは、北西側の京橋口側付近から撮影。

北西側の京橋口側付近から見た夕日に染まる天守閣。

イメージ 11

北西側の京橋口側付近から見た天守閣の夜景。

イメージ 12

今日は大阪城を3周くらいしてしまった、疲れた。

京都府京都市の嵐山高雄パークウェイと愛宕街道の紅葉、笠置町の笠置山の紅葉のライトアップ 11月28日分2-2。


嵐山高雄パークウェイは見頃、綺麗な色が出ている。
天気が悪いのが残念。

嵐山高雄パークウェイの紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

途中にある清滝不動尊の紅葉も見頃。

清滝不動尊の紅葉。

イメージ 3

嵐山側の出口付近からは愛宕街道が俯瞰で撮影できる。
鳥居本の紅葉は見頃後半、散りが目立つ。

愛宕街道の紅葉。

イメージ 4

曇りなので、夕方は早めに帰る。

途中寄り道して、京都府笠置町の笠置山の紅葉のライトアップを撮影。
入山、駐車場ともに夜は無料、ライトアップは30日まで、紅葉は見頃終盤。
平日ということもあって、撮影中に2組のカップルが見に来たのみ。

京都府笠置町の笠置山の紅葉のライトアップ。

イメージ 5

イメージ 6

京都府京都市の清滝川の紅葉、高山寺の紅葉 11月28日分2-1。


午前4時半起きで京都市の嵐山・高雄方面に向かう。

奈良の自宅を出るときは小雨が降っていたが、
京都に入る頃には曇り空、雨を期待してただけに残念。

6時半頃、嵐山到着、当然朝日は無理なので、
嵐山の渡月橋近くの楓の進み具合だけをチェックして高雄へ。
渡月橋近くの楓2本は見頃間近。

途中の平岡八幡宮は紅葉見頃、駐車場・拝観ともに無料。
高山寺近くの北山杉前の有名な楓は終了、
高山寺の駐車場前と川の楓は見頃と色変わり中。

8時半に高雄の入口から嵐山・高雄パークウェイに入る、1150円。
パークウェイの会員(無料)は、平日900円に割引。

ゲートすぐの駐車場に停めて、神護寺方面へ降りる。
例年なら紅葉は、かなり散っている頃だが、
今年は遅れたので、まだ散り始めと見頃混在。

高雄橋の分岐を左に少し歩くと清滝川沿いのハイキングルート。
ここから清滝までの中間くらいにある広場までは平坦で広く歩きやすい道。

清滝川沿いに楓が所々にあり、河原に降りて撮影する。
紅葉は散り始めと見頃混在、曇りか雨天がおすすめ。
広場からは細い道になり、少し歩くと川沿いをはずれる。

清滝川の紅葉。

イメージ 1

高雄橋の紅葉。

イメージ 2

昼前に戻り、反対方向の高山寺へ、入山は400円、石水園は別料金で600円。
紅葉は見頃と色変わり中、ここはいつも遅い、三脚は禁止。

高山寺の紅葉。

イメージ 3

イメージ 4

1時半頃に戻り、パークウェイを嵐山に向かう。

続く。

京都府京都市の清滝の紅葉 11月25日分4-4。


午後1時頃に清滝に移動、嵯峨野の奥のほうになる。
駐車場は1000円、かなり広い。
ここは愛宕山の登り口と高雄方面へのハイキングの出発点。

2本の橋周辺の楓は色変わり中、見頃はまだ先。
愛宕山の登り口と道沿いの数本が見頃と色変わり中でとても綺麗。

清滝川沿いの紅葉は色変わり中、高雄からの方が近い。
川沿いの紅葉撮影は、晴天時は不向きなので雨天か曇りの日がよい。

清滝の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

嵯峨野の鳥居本の紅葉は見頃。
愛宕念仏寺の紅葉は、道沿いの数本が見頃だが、
羅漢がある上のほうはまだほとんど緑。

夕方は、嵐山高雄パークウェイヘ向かう。
朝8時から夜8時までの営業で、1150円、チラシがあると150円引き。
紅葉は見頃、京都市街の夜景も美しい。

京都府京都市の広隆寺の紅葉 11月25日分4-3。


11時頃に広隆寺に移動、映画村の近く。
境内は、無料で見ることができる。
駐車場は、宝物殿を拝観(700円)すれば無料。

境内の桜紅葉は半散り、楓は色変わり中。
宝物殿前には、ケヤキと楓といちょうの大木があり見頃。
駐車場の楓は見頃後半、とても綺麗。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

このページのトップヘ