風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2008 夏取材記

奈良県橿原市の本薬師寺跡のホテイアオイと蓮 8月22日分。


朝から奈良県橿原市の畝傍山近くにある本薬師寺跡へ。
朝5時前に到着、駐車場は無料、他にはカメラマンの姿はなし。

ホテイアオイは見頃、まだまだ開花するので当分は見頃が続く。
一角にある蓮は全体的には見頃終盤。

日の出と朝の光で撮影、太陽が高くなってからの写真はいいのをいっぱい撮っているので、
7時過ぎには退散、そのときカメラマンが1名入れ替わりでやってきた。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

その後、明日香をロケハンし朝9時頃には帰宅。

奈良県葛城市の石光寺と当麻寺の百日紅と蓮 8月15日分。


石光寺門前の百日紅はすでにピーク過ぎ、下のほうは落花済み、
この間から2回行っているのだが、いずれも曇り空で、
青空で撮りたかったのだが、間に合わなかった。
駐車場は無料、早朝の為、参拝はせずに失礼した。

イメージ 1

続いて近くの当麻寺に移動、駐車場は500円。
駐車場が閉まっている早朝は、裏の公園に駐車可能。
塔頭の奥院は8時からということだったが、
7時40分には入れてもらえた、300円。

当麻寺の他の塔頭は、ほとんど三脚使用不可だが、
ここは、三脚使用可、入場料は個別。

百日紅は1本のみピーク過ぎ、他数本は満開にはまだ少しあり、
蓮は全体的にはピーク過ぎだが、数本は見頃のものがある。
午前中の光線がおすすめ。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

仕事がたまっているので、1時間ほど撮影してすぐに帰宅。

和歌山県高野町の高野山のろうそく祭り 8月13日分。


午後2時半過ぎにに自宅を出発、途中御所市辺りで通り雨、5時前に高野山到着。
京奈和道ができたので、以前より30分は早くなった。

金剛峰寺前の駐車場はいっぱい、なんとかすべりこみで停める。
今回は家族も一緒だったので、伽藍はもう閉まっていたが、高野山内を案内して廻る。

6時過ぎに奥の院の駐車場に移動、ここもなんとかすべりこみで停める。
駐車場前には屋台がいっぱい並んでいた。

姪っ子が歴史上の有名人のお墓を見たがったので、撮影場所の下見を兼ねて見て廻る。
カメラマンはかなり少なめ、滝の拝でお会いしたかたに再会する。
ろうそくは2時間分、灯篭とろうそくの場所は年によって変わるらしい。

7時前から参拝者にろうそくが配られ、参道にろうそくが灯されていく。
観光バスも大挙してやって来るので、7時過ぎにはすごい人の波。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

最後の写真は複数の写真をレイヤーで合成マスキング、参拝者が目立たないようにしたもの。

8時前に弘法大師の御廟にお参りしてから帰る。
この辺りは撮影禁止なのだが、携帯なので撮影している人がけっこういた。
撮影禁止の看板にまったく気づいていないのだろうか。



奈良県葛城市の石光寺の百日紅、和歌山県古座川町の古座の虫喰い岩・滝の拝の灯篭祭り、串本町の橋杭岩・潮岬の灯台・馬坂園地のハイビスカス、三重県熊野市の丸山千枚田 8月9日10日分。


9日土曜日と10日日曜日に和歌山の古座川の滝の拝の灯篭祭りと熊野地方の取材に行ってきた。

土曜日、朝7時前に奈良の自宅を出発、途中に葛城古道の石光寺に寄り道して、
門前の満開の百日紅を撮影。

石光寺の百日紅。

イメージ 1

その後五条から168号線を南下。

途中、本宮辺りでいろいろとロケハン。
発心門の蓮は終了、百合はほんの少し残る。

12時に和歌山の新宮通過、
途中、古座の虫喰い岩を撮影。

古座の虫喰い岩。

イメージ 2

1時半過ぎに古座川町の滝の拝の駐車場に到着(15台くらい可)

先客は3名、いずれも朝から来られていたみたい。
ほぼ時期を同じくして数名がやってくる。

地元の民宿に泊まろうと思って聞いてみたら、予約客のみとのこと。
少し空いてるらしいが、酔っ払って動けなくなる人のために、
部屋を空けているらしい。

3時前にカメラマン9名。
滝が入るよい場所は、ほぼいっぱい。

去年は3時前にはもうかなりの人数だったらしいが、
今年は開催するかどうかはっきりしなかったので少ないみたい。

地元の方が灯篭を並べる準備を始められたので、みんなで手伝う。
30分ほどでほぼ終わったが、かなり汗だく。

4時半ごろには近くの駐車場は閉じられ、遠くの駐車場に誘導。
5時前にカメラマン17名。

5時過ぎにいっきに増えて30名ほど、一般客もどんどん増えてくる。

6時半には、カメラマン36名、ロウソク点火が始まる。
去年河川敷で地元の方が骨折されてしまったこともあり、
今年から河川敷は立ち入り禁止。

薄暮の7時前後の20分ほどが、撮影のベストタイム。

滝の拝の灯篭祭り。

イメージ 3

イメージ 4

7時20分に撮影を終え串本町に向かう。
8時15分に串本のサンゴの湯へ、400円、シャンプーあり。
受付は20分までぎりぎりセーフ。

その後夕食、10時半に近くの橋杭岩の駐車場で車中泊。

10日日曜日4時20分起床、橋杭岩で日の出を撮影。
一部焼けたが、雲が厚すぎていまひとつの感じ。

昨日は最高にだったらしく、一昨日から来たらよかったとちょっと後悔。

橋杭岩。

イメージ 5

イメージ 6

その後、潮岬の灯台と途中の道沿いにある展望ポイント横の
馬坂園地の満開のハイビスカスを撮影。

潮岬の灯台。

イメージ 7

馬坂園地のハイビスカス。

イメージ 8

イメージ 9

その後海沿いを北上、三重県に入り七里御浜を撮影。

もうすぐ熊野の花火、前から山の上から撮影したいと思っているので、
いい場所がないか探すがどこもいまひとつの感じ。

獅子岩の所は6月から場所をとっているらしく、まったく隙間なし。

12時半に三重県熊野市の丸山千枚田に移動。
道沿いの展望ポイントはいつのまにか改装されて広くなっていた。
コスモスやホテイアオイが少し。

1時ごろ帰路につく。
途中、奈良に入った辺りから時々雨。

途中睡魔に襲われしばし休憩、6時半帰宅。

熊野市の丸山千枚田。

イメージ 10

京都府京丹後市の丹後松島と朝焼け・穴文殊近くのひまわり・袖志の棚田・兜山から望む久美浜、与謝野町のひまわり畑 8月3日分。


朝4時起床、4時15分丹後松島の展望台の駐車場到着、
今日はかなり車が停まっているが、釣りの人が多いみたい。
水平線の雲は厚いが、上の方の雲の感じはよかった。
4時55分ごろ雲が焼ける、日の出は見えず。
少したってからしか太陽が見えなかったが、もう半島にかかって来た様子。

丹後松島と朝焼け。

イメージ 1

イメージ 2

その後、天気がよくしだいに青空が広がって来たので、丹後半島をいろいろと見て廻る。

穴文殊近くのひまわりは満開、午前中の光線が良い。

穴文殊近くのひまわり。

イメージ 3

新緑の袖志の棚田もいい感じ、地元の農家の人が親切にいい撮影場所を教えてくれた。
道が狭いので駐車には迷惑にならないように注意。

袖志の棚田。

イメージ 4

9時半に経ヶ岬の灯台の駐車場到着、トイレと自販機あり、売店は閉鎖したみたい。
歩いて400メートル、約8分で灯台に着く。
灯台の撮影は、引きがなく超広角レンズが必要。
ここからは東南方向に海岸線も見える、冬の日の出がよさそう。
途中分岐して2ヶ所展望台があるが、木が茂っていて海しか見えない。

11時に琴引浜へ移動、駐車場は千円だが短時間の撮影は可能。

12時に久美浜の南側にある兜山に到着。
周遊道の遊歩道入り口から歩いて10分ほど登ると久美浜港が見える、
さらに7分程で頂上に到着、神社とトイレもあり、
178号線沿いの登山道からは車でも登れるみたい。
展望台は2段になっていて最高の見晴らし、日の出から日の入りまで見えそう。
北東方向に田んぼが広がっているので、初夏の日の出がよさそう。
下りは10分ほど。

兜山から望む久美浜。

イメージ 5

312号線を通り、2時過ぎに与謝野町のひまわり畑(旧野田川町)に移動。
駐車場は無料、入場200円、となりに『野田川わーくぱる』の建物がある。
ちょうどイベント開催中で、どろんこバレーをしていた。

与謝野町のひまわり畑。

イメージ 6

3時に帰路につく、176・175号線を通り、4時に福知山ICから舞鶴自動車道に乗るが、
途中、中国自動車道で15キロの事故渋滞、神戸に迂回して、
湾岸線を通り、予定よりかなり遅れて8時半前にやっと奈良の自宅到着。

京都府南丹市の美山茅葺の里、伊根町の新井の千枚田、宮津市の炎の天橋立 8月1日2日分。

1日金曜日から3日日曜日まで、先週に続き再び美山と丹後半島に行ってきた。

1日金曜日の午後に出発、まずは京都府南丹市の美山茅葺の里へ。
花や鮎釣り風景、夕暮れを撮影。

京都府南丹市の美山茅葺の里。

イメージ 1

イメージ 2

その後、綾部市を通り丹後半島に向かう。

途中休憩しながら、10時半に丹後半島北部の丹後松島の展望台駐車場に到着、車中泊。
暑いていまいち眠れず。

翌2日土曜日4時半起床、雲が厚く朝日はいまひとつ。

少し仮眠した後、天気がよくないので、
今回もロケハンをかねて、丹後半島をいろいろと見て廻る。

門人皇后前は、年内護岸工事中。

細川ガラシャの碑周辺の桔梗と紫陽花は見頃過ぎ。
近くの味土野大滝の水量は豊富、案内板はなし、路肩に駐車可。


日本の棚田百選にも選ばれている新井の千枚田は、現在ほとんどが休耕田になっていて、
もう昔のように朝日をからめて撮影することはできない、とても残念だ。

新井の千枚田。

イメージ 3

夕方3時に天の橋立ビューランドへ、
今日は炎の天橋立の日、6年前にも来たことがある。

先客のカメラマンの三脚が2本。
4時過ぎに12本、このあたりまではなんとかいいところあり。
5時に18本。
6時に30本、一般客も増えて場所的にかなりきついと思う。

7時過ぎに日没、空が結構染まった。
7時半に天橋立の松明点火、5分ほどで見頃。
7時40分には、かなり暗くなる。

以前は7月の海の日(20日前後)にあったので、
日没が今より10分程度遅かったこともあり、撮影には多少余裕があったのだが、
点火時間はそのままで、8月上旬に日程変更になったので、
結果的にシャッターチャンスが減ってしまった。

ただ、砂浜の反対側も松明を点火してくれるようになったので、
北側からも撮影可能になったみたい。

7時50分、最初に小さい花火が、
続いて大きいのが上がるのだが、全部で50発しかなく、
しかもペースが速いので、あっという間、4分くらい。

花火が上がるころには真っ暗なので、フィルムの場合は前露光が必要になる。
デジタルの場合は別々に撮影してレイヤーで合成するほうがよいと思う。

炎の天橋立(数枚をレイヤー合成)

イメージ 4

帰りは、リフトとモノレール待ちの行列、モノレールで下に降りれたのは9時過ぎ。
以前来たときは、もっと込んでいて10時ごろだった。
撮影がすんだら、できるだけすぐに並ぶべし。
ちなみに下に降りる歩道はない。

9時10分にクアハウス岩滝へ、(入浴のみは500円、タオルなし、10時まで)
ここは水着着用のプールもある。

その後夕食、11時前に丹後半島北部の道の駅へ移動、車中泊。

京都府京丹後市の丹後松島と朝焼け・袖志の棚田、与謝野町の大内峠からの天橋立、宮津市の金引の滝祭り 7月27日分。

丹後半島の取材の続き。

朝は丹後半島の丹後松島で朝日の撮影。
駐車場とトイレあり、道沿いに展望スペースがある。

朝は雲が多くだめかなとのんびり構えていたら、
急に雲が染まりだす、あわててカメラを取り出すと時すでに遅し、
実に1分ほどの短時間で、せっかくのチャンスを逃してしまった。
悪天候から急変する時に、
劇的な瞬間がうまれるということを知っていたのに、大後悔。
どんな時でもカメラはセッティングしておくべきだった。

その後に雲の合間から光のカーテンが出て、
それなりにいい写真が撮れたものの、逃した獲物は大きかった。
 
バイテン(8X10インチのフィルムを使う大型のカメラ)を構えていた、
地元のカメラマンも、露出を計るのに手間取り撮り逃したらしい。
他にはカメラマンもいず、幻の風景になったしまった残念。

朝の丹後松島。

イメージ 1

イメージ 2

その後、天気がいまいちなので、
近くの袖志の棚田や花名所、海岸線などをロケハンを兼ねて見て廻る。
いろんなところから情報収集して、撮影ポイントは地図にかなりチェックしているものの、
やはり事前の下見はかかせないし、新しい発見もあるかも知れない。

袖志の棚田。

イメージ 3

イメージ 4

昼過ぎにはかなりの雨、昼食後休憩、1時間ほどで晴れてくる。

雨上がり与謝野町の大内峠から天橋立を撮影。
展望台のところにバンガローなどの設備があり、
途中の道もわりと広く冬でも通行可能。

与謝野町の大内峠からの天橋立。

イメージ 5

夕方は、4時に宮津高校の臨時駐車場に車を停め、
宮津市の金引の滝祭りを見に行く。

歩いて10分ほどで、滝参道に到着。
ここにトイレと駐車場があるが、今日は駐車場は関係者のみ。
そこから階段を、沢沿いの2つの滝を見ながら3分ほどで金引の滝に到着。

金引の滝は、3つの滝の総称で、
1番大きい滝は縦40m,横20mあり、日本の滝百選に選ばれている。

夜の祭りは7時からで、念のため早めに行ったのだが、
他のカメラマンがやって来たのは、6時ごろ。
最終的にカメラマンは10数人程度、観客も200人くらいでかなり余裕あり、
直前に行っても十分間に合ったみたい。

祭りの内容は、巫女の舞と和楽器の演奏、金引の滝のライトアップなど。

自分は、金引の滝のライトアップしか撮らなかったが、
巫女の舞と和楽器の演奏を撮る場合、ストロボ必須。
ライトアップは三脚がないとつらい。

8時半過ぎに祭り終了。

高速を通り、2時間半ほどで奈良の自宅に帰宅。

金引の滝祭りのライトアップ。

イメージ 6

イメージ 7

京都府京都市の法金剛院の蓮・天龍寺放生池の蓮、南丹市の美山茅葺の里、舞鶴市の赤レンガ博物館、宮津市の天橋立ビューランドからの天橋立、京丹後市の丹後半島の屏風岩と夕日 7月26日分。


京都市内の蓮と美山そして丹後半島の取材に行ってきた。

早朝からは京都市洛西の法金剛院へ(拝観400円、7時より)
境内の蓮は見頃、三脚禁止。

法金剛院の蓮。

イメージ 1

続いて嵐山に移動、阪急嵐山駅前の100円パーキングへ、1時間300円。
天龍寺放生池の蓮は見頃、駐車場にあり無料で見れる、三脚禁止。
(天龍寺駐車場は一日1000円)

天龍寺放生池の蓮。

イメージ 2

その後高尾を通り、南丹市の美山茅葺の里に移動。
百合は見頃後半、桔梗、芙蓉、ノウゼンカズラは見頃終盤。

美山の茅葺民家と百合の花。

イメージ 3

その後北上、一度福井県に抜けてから、
京都府の舞鶴市へ移動、赤レンガ博物館を撮影。

舞鶴市の赤レンガ博物館。

イメージ 4

続いて宮津市へ移動、天橋立ビューランドから天橋立を撮影。
(リフト850円、駐車場500円、リフト50円分割引券あり)

宮津市の天橋立ビューランドからの天橋立。

イメージ 5

その後、京丹後市に移動。
夕方は、丹後半島の屏風岩と日本海に沈む夕日を撮影。
(駐車場と東屋あり)
水平線は雲に隠れていたが、なかなかよかった。

丹後半島の屏風岩。

イメージ 6

イメージ 7

普段は車中泊だが猛暑の為、夜は京丹後市峰山のシティホテル峰山に泊まる。
税込み5040円、1階にインターネットあり、部屋にLANあり、朝食無料(7時から9時)

大阪府大阪市の大阪天満宮の天神祭り 7月25日分。


数年ぶりに大阪市大阪天満宮の天神祭りに行って来た。

陸渡御は、夕方4時に境内を出発。
出発時境内は立ち入り禁止の為、参道での撮影になるが、
この時期ピーカンでコントラストが強く、ビルの谷間での撮影は難しい。
背景もよくなく、あまりいい場所がないのが残念。

イメージ 1

6時からは、比較的すいている都島近くの飛翔橋で船渡御の撮影。
ここからは7時半からの花火がよく見えないのが残念。

源八橋や桜宮橋は位置的には理想だが、人が多く撮影禁止。

川沿いからは低すぎて、船渡御の雰囲気がでないし、
花火と船渡御の両方を一度に撮影するには、
大川沿いのビルの屋上に上がらないと難しいと思う。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

京都府京都市の将軍塚からの京都市街、京都タワーからの眺め、歩道橋から見た東寺全景、奈良県の信貴生駒スカイラインからの大阪平野の夕景と夜景 6月13日分。


金曜日の取材報告、朝から快晴でひと月に一度あるかどうかの撮影日和。

先々週のリベンジで京都へ、観光素材集の撮影。
将軍塚(駐車無料 自由)、二条城(南側に100円パーキングあり 外側のみ撮影 場内有料)、
京都駅ビル、京都タワー(770円 9時より 東側に100円パーキングあり)、
四条大橋から三条大橋周辺と八坂神社、八坂の塔(周辺に100円パーキングあり)、
下鴨神社(駐車30分150円 境内自由)
上賀茂神社(駐車30分無料 境内自由)
東寺(南東側に100円パーキングあり 外側のみ撮影 境内有料)
伏見稲荷神社(駅前に100円パーキングあり 境内自由)と大急ぎで廻る。
撮影はデジタルのみで手持ちオンリー。

将軍塚よりの京都市街。

イメージ 1

京都タワーより京都駅方面。

イメージ 2

京都タワーより西本願寺方面

イメージ 3

京都タワーより堀川通り方面。

イメージ 4

歩道橋から見た東寺全景。

イメージ 5

夕方は一度自宅に戻り、
今度は大阪と奈良の県境にある信貴生駒スカイラインへ夕景と夜景の撮影に出る、片道1300円。
今日は朝4時から夜10時までの強行軍でとても疲れた。

信貴生駒スカイラインの立石越からの大阪方面の夕景。

イメージ 6

信貴生駒スカイラインの十三峠南側からの大阪方面の夜景。

イメージ 7

信貴生駒スカイラインの西畑町のつづら折りからの奈良方面の夜景。

イメージ 8

信貴生駒スカイラインの生駒山北側からの大阪方面の夕景。

イメージ 9

大阪府池田市の水月公園の花菖蒲、能勢町の長谷の棚田 6月8日分。


天気は晴れだが白っぽい空でいまひとつ。


阪神高速を通り、大阪府池田市の水月公園へ向かう。
176号線沿い井口堂辺りの100円パーキングに駐車。
花菖蒲は7分咲きくらいで見頃。

水月公園の花菖蒲。

イメージ 1

次に173号線を北上、能勢町の長谷の棚田に移動。
道の駅能勢の手前から大阪府民牧場前を通り、稲地口から西に入る。
美濃谷の北西辺りが有名な撮影ポイントだが、
周辺には茅葺き民家が多く、棚田との組み合わせで撮れるポイントは多い。
少し稲が生長しているが、まだまだ撮影好機だと思う。
朝日で撮る場合、太陽がもろに入ると茅葺き民家が暗くつぶれてしまうので、
上空にうす雲が広がって反射してくれることが期待出来るような日がベスト。
路上に数台駐車可。

長谷の棚田。

イメージ 2

イメージ 3

大阪府千早赤阪村の下赤阪の棚田と紫陽花 6月7日分。

天気は晴れだが白っぽい空でいまひとつ。


奈良県香芝市から香芝太子線・南河内グリーンロード(富田林市内が一望出来る)を通り、
まずは大阪府河南町の弘川寺へ向かう。手前に新しい駐車場が出来ていた。
さつきは散り・つぼみ混在でいまひとつ。

次にすぐ近くの千早赤坂村の下赤阪の棚田へ。
野菜販売所から上り、千早赤坂中学校の中を通り抜けた高台にある。
10台くらい駐車可、ほぼ田植えも終わり今が撮影好機。

駐車場前から35mmカメラで100mmくらいで西向きに撮影。
夕方、条件がよければ染まったのが撮れるかもしれない。

イメージ 1

道路沿いから北向きに撮影したもの、絵描きの人がいいアクセントになってくれた。

イメージ 2

駐車場前からの全景だが、スポーツ公園がかなり景観を損ねてる感じ。
手前のあじさいが咲き始め、量は少ない。

イメージ 3

このページのトップヘ