風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2008 秋取材記

奈良県斑鳩町の法起寺三重塔とピラカンサの樹 11月1日分。


朝から快晴、大きなピラカンサの樹と三重塔の組み合わせで撮影。
周囲のコスモスは見頃後半、背高泡立草は少し色あせ。

イメージ 1

その後、所要のため一時帰宅。

夕方、JRで奈良公園へ、雲が増えてくる。
南京ハゼは見頃、全体的に5分くらいの色変わり中。
散っていく分も多いので、ベストのタイミングは難しい。
イチョウも色変わり中、すでに黄色のもある。

楓は緑のが多いが、早い分は3分くらいの色変わり中。
夕方、若草山で夕日とススキの組み合わせで撮ろうと思っていたのだが、
急激に天候悪化、夕日は望めず残念。

奈良県野迫川村の雲海景勝地からの朝焼け 10月31日分。

今日は朝4時起きで奈良県野迫川村の雲海景勝地へ。
期待したほど雲海は出なかったが、雲が焼けたのはよかった。
山際の雲が厚く、日の出以降はいまひとつ。
カメラマンは5人ほど、甲賀忍者さんとばったり。
天気予報は、晴れのち雨だったが、朝からくもりとさえない。

野迫川の雲海。

イメージ 1

その後、ロケハンで、立里とかわらび方面へ、
山紅葉はもう見頃といっていいが、全体的なピークはまだ先。
かわらびの楓の群落もほとんどが色変わり中でピークはまだ先の様子。

立里の紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

その後、和歌山県高野龍神スカイラインに入る。
こちらも同様の感じで、もう見頃といっていいが、全体的なピークはまだ先。
高野大滝は5部くらいの色つきでもう少し。

高野龍神スカイラインの紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

高野大滝の今の様子。

イメージ 6

高野山内は、奥の院英霊殿と西南院は見頃、
他にもすでに真っ赤な楓もあるが、ほとんどは色変わり中で、全体的なピークはまだ先。
今週末よりは来週半ば以降のほうがいいと思う。

奈良県吉野町の吉野山の上千本の桜の紅葉、上北山村の大台ケ原の紅葉 10月26日分。


朝から吉野山へ。
桜紅葉は見頃、まだしばらくは大丈夫。
朝からの小雨で、7時ごろから雲海が増えてくる。
そのころに他のカメラマンも計3名ほどやって来た。
8時過ぎには雲海が一気に増えて蔵王堂が見えなくなったので、

吉野山の上千本より。

イメージ 1

イメージ 2

少し下って猿引坂の展望台からも撮影。

イメージ 3

その後、10時半過ぎに奈良県上北山村の大台ケ原へ移動。
ドライブウェイ沿いの紅葉は見頃旬、山頂付近は終了。
あいかわらず小雨が降ったりやんだりの天気。
紅葉はしっとりと濡れて美しいが、風が強いのが厳しい。

昼過ぎに頂上の駐車場へ、少しだけ空きあり。
ひさしぶりに東大台のシオカラ谷へ行ってみる、約30分。
途中の紅葉は綺麗なところがあったが、シオカラ谷は終盤。
帰りもドライブウェイ沿いを撮影しながら、ゆっくりと降りる。

大台ケ原の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

6時前に帰宅。

奈良県宇陀市の戒場からの朝焼け 10月21日22日分。 


21日火曜日と22日水曜日、朝から奈良県宇陀市榛原区戒場へ。

名阪国道針インターから、20分ほどで到着、途中コンビ二2軒。
額井(ぬかい)から戒場辺りは高台で秋冬の日の出の撮影ポイントがいっぱいある。
棚田も多くおすすめの所、駐車スペースあり。

撮影した場所は額井と戒場の間で、地理的には戒場になる。
火曜日はカメラマン2名、水曜日は4名。

6時15分頃に日の出、露出差が大きいのでハーフNDが必要。
どちらも天気は快晴予報だったが、朝は雲が多くいまひとつ残念。

21日火曜日、太陽が雲の上に出てから撮影

イメージ 1

22日水曜日、彩雲が出た。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

奈良県明日香村上居のコスモス、曽爾村の曽爾高原の夕焼けと山灯り 10月19日分。


昨日の怪我もあり朝はゆっくり、2時過ぎに出発。
奈良県明日香村に立ち寄ってから、曽爾村の曽爾高原へ向かう。

明日香村上居のコスモス。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

4時半到着、駐車場は600円、まだかなりの数の車であふれている。
高原の中ほどの高台から夕日を撮る、本格的なカメラマンは20人くらいだろうか。
5時15分ごろ日没。

その後、山への登りの途中より亀池の周りの山灯りを撮影、今日が最終日。
帰りは真っ暗、ほとんどの観光客はライトを持ってなくてたいへんそう。

夕焼けの曽爾高原。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

6時半帰路に付く、8時前に帰宅。

奈良県上北山村の大台ケ原の紅葉と夕景 10月18日分2-2。

10時ごろに奈良県上北山村の大台ケ原へ移動。

少し雲が漂うものの、天気は快晴になってきた。
ドライブウェイ沿いの紅葉は見頃、今年はやや早いみたいだが今週中は大丈夫だろう。
11時ごろに山頂の駐車場に向かうが、かなり手前まで車で埋っているのであきらめ、
再びドライブウェイ沿いの紅葉を撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

3時前に再び山頂の駐車場に向かうが、今度はなんとか駐車できた。
遅い昼食の後、山頂の日出ヶ岳へ向かう。
20分ほどで山頂への分岐に到着するが、
すごい霧で日出ヶ岳はあきらめ、正木峠へ。
この辺りの紅葉は終盤、正木峠へ続くつつじの紅葉も終盤。
しばらくすると霧が晴れてくる。

霧に包まれた正木峠のドウダンツツジの紅葉。

イメージ 5

5時20分ごろに日没、快晴なので星景も撮りたかったが、あまりの寒さに残念。
ジャケットにフリースも着込んでいたのだが、風が強くもう冬の感じ。

正木峠の夕暮れ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰り道、思いっきりこけて全身を打つ、三脚のパーン棒も折れてしまった。
車で一泊して、翌日に日出ヶ岳から日の出を撮るつもりだったのだが、
すっかり戦意喪失、帰路に着いた。

9時前に帰宅、まだというかさらに全身が痛い。

奈良県宇陀市の鳥見山からの雲海と朝日 10月18日分2-1。


天気は快晴予報だったが、朝は雲が多い。
東側の展望台から、日の出前の雲海漂う大宇陀を撮影。
ここからは、南から南西方向のパノラマが見える。

鳥見山の東側の展望台より。

イメージ 1

その後、西側の展望台に移動。
コンクリートの2階建てで4畳半ほどの広さ。
ここからは、東から南方向のパノラマが見える。
秋冬の日の出がおすすめ。

6時15分頃に日の出、斜光に染まる雲海もとても綺麗だった。
7時過ぎに出発するころに車が1台やって来た。
駐車場は広い、トイレと自販機あり。
鳥見山へはいろんなルートで行けるが、道がややこしいので、
南からのルートで道案内にしたがって行くのが無難。

鳥見山の西側の展望台より。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、額井(ぬかい)から戒場までの道路沿いを撮影しながら移動。
この辺りは高台で秋冬の日の出の撮影ポイントがいっぱいある。
棚田も多く、おすすめの所。

その後南下して大台ケ原へ移動する、続く。

奈良県山添村の神野山の茶畑からの朝日 10月17日分。


山頂へ向かう途中の道沿いで、茶畑を前景に撮影、他にカメラマンは見当たらず。
天気予報はよかったのが、朝から雲の多い天気。
だが快晴より、雲があったほうがいい味になったりするのが、風景写真の面白いところ。

周辺には、日の出の撮影ポイントはいっぱいあるが、
山頂付近は、夏場の日の出向きで、秋冬は撮りにくい。
また周辺、すごく狭く入りくんだ道が多いので、要注意。

イメージ 1

その後、ロケハンしてから昼前に帰宅。

奈良県宇陀市大宇陀の宮奥ダムと朝日 10月16日分。


天気は快晴、6時15分頃に日の出、他のカメラマンは現れず。

大宇陀の宮奥ダムより。

イメージ 1

その後、嬉河原の道路沿いのポイントに移動。
斜光線で雲海漂う山並みを撮影、帰路に着いた。

嬉河原の道路沿いのポイント。

イメージ 2

京都府福知山市の大江山の雲海と朝焼け・日本の鬼の交流博物館横の鬼瓦のモニュメント・鬼の岩屋からの展望、奈良県奈良市の般若寺のコスモスのライトアップ 10月13日分。


朝5時起きで福知山市の大江山の雲海と朝焼けの撮影。
期待してたほど雲海は出なかった、また朝は雲が多く日の出はいまひとつの感じ。
休みとあって、カメラマン10名ほどと観光客20名くらい。
境内奥の駐車場は工事中のため、路上駐車の列が延々続いている。

大江山の雲海。

イメージ 1

イメージ 2

その後、急激に晴れてくる。
7時過ぎに大江山の鳩ヶ峰近くの駐車場に移動、ここからも朝日が撮れそう。
鳩ヶ峰へは18分(0.6キロ)ほど、野生の鹿に出会う。
鳩ヶ峰からは東北から南西にかけての大パノラマが見える、夕日の撮影によさそう。

大江山の鳩ヶ峰に向かう途中より北側の展望。

イメージ 3

大江山の日本の鬼の交流博物館横の鬼瓦のモニュメント。

イメージ 4

宮津市中茶屋近くでのスナップ。

イメージ 5

鬼の岩屋からの展望。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後、大江山スキー場から鬼の岩屋方面へ向かう、野生の鹿が多い。
頂上付近、東側の大パノラマが見える、朝日の撮影によさそう。
ここは駐車場はないが路肩に駐車可、熊に注意の看板あり。

その後、宮津市の今福の滝へ、道案内の看板あり。
簡易駐車場3台分あり、地図パンフレットもある。
村づくり事業として地元の人たちによって整備され、2000年から公開されている。
300メートルほどで展望ポイント、水量も多く立派な滝。
ピーカンなので、メモ程度にしか撮影せず、今度また再訪したいと思う。

昼前に宮津市日吉神社の赤ちゃん土俵入りを見に行く。
場所がわかりにくかったのだが、観光案内所の人がとても親切に教えてくれた。
200人以上の申し込みがあったらしく、臨時の駐車場もとても広い。

昼過ぎにロケハンしながら南下。
連休最後で京都市内は大渋滞、京都南ICから高速に入る。

夕方、奈良市の般若寺のコスモスのライトアップを撮影(境内500円、駐車場無料)
コスモスは見頃旬。

奈良市の般若寺のコスモスのライトアップ。

イメージ 9

イメージ 10

7時過ぎに帰宅、疲れた。

このページのトップヘ