風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

カテゴリ: 2009 春取材記

奈良県奈良市の霊山寺の薔薇園 5月25日分。


朝は曇り、奈良市の霊山寺の薔薇園に向かう。

京都の大学がインフルエンザで休校の為、姪っ子たちもいっしょ。
開門の8時前に駐車場到着、無料。
境内・入園600円(バラ開花時期のみ、通常500円)

バラ園は満開散り始め、まだまだ見頃のものも多いが全体的にはやや遅かった感じ。
アップで撮影する分には、当分の間可能だと思う。

他に観光客の姿は見えず、貸しきり状態。
バラ園を見たあと、境内を周る、さつきが見頃開始の感じ。

イメージ 1


イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5


最後にもう一度バラ園を通り駐車場に戻る頃に、観光客が数名。

奈良県御所市の葛城高原の躑躅 5月18日分。


早朝は曇り、御所市の葛城高原に向かう。
7時半前に駐車場到着。

駐車場は1000円、ロープウェイは往復1220円(定員51名)。

ロープウェイは通常9時過ぎに始発だが、
開花期は7時前後から、観光客の集まり具合によって随時運行している。

今日は朝一、人が多かったので、6時45分から動かしているらしい。
7時40分発で山頂へ、乗客8名、山頂までは6分、ロープウェイ下の石楠花は終盤。

山頂駅から躑躅の大群落までは10分ほど、観光客がぱらぱら。

前日の雨は早くにあがり雲海はなし、すぐに晴れてくる。
躑躅は散り始めだが、充分見頃。

山頂の躑躅の大群落、偏光フィルター使用。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

山頂までの途中から見た新緑。

イメージ 6

10時過ぎ帰路につくころに、売店が開き始める。
10時15分下へ、ロープウェイ待ちの観光客50名ほど、ぎり1回分くらい。

歩き出すころにはバスが次々やってくる。

開花期のピーク時、ロープウェイは上り下りとも2時間待ちになることもあるので要注意。

奈良県十津川村の果無の集落と玉置神社の石楠花 5月9日分2-2。


朝から快晴、御所市径由で十津川村に向かう。

十津川村の長殿の新緑。

イメージ 1


十津川村の桑畑の新緑。
果無の集落に向かう道路の途中に展望ポイントがある。

イメージ 2

十津川村の桑畑にある果無(はてなし)の集落。
橋のところから車で5分ほど、途中少し狭いところもあるが、普通車でも充分行ける。
路肩に駐車スペースが少しある、昴の郷から急坂を歩いたら1時間ほどかかる。

イメージ 3

イメージ 4

十津川村の玉置神社の石楠花。
十津川村の平谷から車で約15~20分ほどで駐車場に着く。
駐車場から神社までは700メートル、約15分、境内自由。
石楠花は見頃、もう少しの間は大丈夫そう。
石楠花の撮影は、雨天もしくは雲天がおすすめ。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

十津川村の玉置神社近く大谷林道沿いの展望台で撮影した夕日。
駐車場、トイレ、東屋あり、すぐ近くに朝日向けの展望台もあり。

イメージ 8

イメージ 9


奈良県御所市の桐の花と山藤 5月9日分2-1。


朝から快晴、御所市径由で十津川村に向かう。

御所市井戸付近で撮影した桐(きり)の花。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

4下から5上にかけて濃紫色の花をつける。
これだけ大きいものはめずらしい。

御所市西左味の山藤。
大川杉近く、水野川にかかる高トバ橋から撮影。

イメージ 4

京都府京都市右京区の梅宮大社の躑躅 5月6日分4-4。


曇り時々小雨、花の撮影には良好。

妙満寺のあと、右京区の梅宮大社へ。
境内、駐車場無料、神苑は500円。

平戸躑躅は満開散り始め、杜若、黄菖蒲、菖蒲、睡蓮も見頃。

イメージ 1

白い花のなんじゃもんじゃも咲いていた。

イメージ 2

イメージ 3

2時過ぎ、雨が強くなってきたので帰路に着く。

京都南ICから阪神京都線と第二京阪道を通り、
終点の枚方東ICまで13分、車はがらがらで快走、ETC休日割引で450円。

枚方ICから精華方面に走り、途中で生駒に抜けて斑鳩まで、
全然込まない快走ルートで1時間ほどの抜け道。

京都府京都市左京区の妙満寺の躑躅 5月6日分4-3。


曇り時々小雨、花の撮影には良好。

神泉苑のあと、左京区の妙満寺へ。
境内、駐車場無料、庭園は有料。
躑躅は満開、杜若もちらほら。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

京都府京都市中京区の神泉苑の躑躅 5月6日分4-2。


曇り時々小雨、花の撮影には良好。

京都府城陽市の花の小径のあと、二条城の南にある神泉苑へ。
境内無料、東側に100円パーキングあり、20分100円。

朱塗りの橋が美しい、躑躅は満開、北西側は終盤半散り。
途中にある西本願寺の躑躅は色抜け終盤の感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、北上して左京区の妙満寺に向かう。

京都府城陽市の花の小径の杜若 5月6日分4-1。


曇り時々小雨、花の撮影には良好。

朝から京都府城陽市の花の小径へ、杜若が満開、背景はいまひとつ。
花の小径といっても田園の中の普通の道、路上駐車可。

イメージ 1

その後、京都市内に向かう。

奈良県天理市の長岳寺の躑躅と杜若 5月5日分4-4。


小雨が本降りに変わってくる。

和歌山県橋本市の子安地蔵寺のあと北上して奈良県天理市の長岳寺に向かう。
2時過ぎに到着、氏の駐車場無料、境内300円。

ここはそこそこ観光客で賑わっている。
平戸躑躅は満開散り始め、杜若は見頃開始。
しだいに風が強くなってきたので帰路につくが、途中で雨があがる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

和歌山県橋本市の子安地蔵寺の藤と躑躅 5月5日分4-3。


小雨がぱらぱら降ったりやんだりの天気、花の撮影には良好。

奈良県五条市の栄山寺のあと和歌山県橋本市の子安地蔵寺に向かう。
京奈和自動車道径由で371号線御幸辻から西へ、栄山寺から30分ほどの距離。
駐車場300円、境内300円、ここはけっこう観光客で賑わっている。

藤は満開散り混在で全体的には見頃後半の感じ、平戸躑躅は終盤。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

このページのトップヘ