石川県輪島市の白米千枚田のあぜのきらめき 2月6日分。

2月5日から12日まで、北陸・東海地方へ出かけていました。

2月5日、第二京阪交野ICから入り、京滋バイパス、名神経由で、北陸道へ、
今庄ICから一般道へ。

その後日本海沿いを北上。

越前海岸の水仙は、今年は暖冬の為、終了。
事前に情報を得ていたので、素通り。

夕刻、福井県の東尋坊へ。
天気は下り坂で、ついに雨が降ってきて、夕日は撮れず。

夜は、石川県の金沢市のホテル泊、約350キロ。

夜半に少し雪が降ったが、ほんの少し。

雪が多ければ、兼六園撮りたかったのだが、残念。

翌6日、のんびりと一般道を走り能登半島の輪島へ向かう。

途中、見附島・塩田・窓岩などを見て、昼過ぎに白米千枚田へ。

輪島で民宿に入って少し休憩して、夕刻再び白米千枚田へ。

ここは、道の駅にもなっていて、イベント中は、夜の営業している。

輪島からは15分ほど。

夜は、白米千枚田のあぜのきらめきを撮影、3月13日まで

日本海側、あまり雪は積もらないが、吹雪いていてとても寒い。

日中は、どこも観光客まばらだったのだが、

土曜日ということもあるのかもしれないが、夜の白米千枚田の駐車場は、

車でいっぱい、観光バスも多い。

日没後、20分前後の薄暮の時間帯がおすすめ。


イメージ 1