風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:みたらい渓谷

奈良県天川村の洞川温泉の龍泉寺とみたらい渓谷の紅葉 11月7日分3-2。

次に洞川温泉の龍泉寺に移動。
無料駐車場あり。紅葉は見頃後半、一部散り始め。
となりの天川村立資料館で開催されている
米谷さんの写真展「奈良遙かなる山稜」はとても見ごたえがあるので、お見逃しなく。

http://www.dorogawaonsen.jp/

_V9A5272

_V9A5295

_V9A5318

_V9A5322

川沿いの紅葉も見頃。

_V9A5309

みたらい渓谷に移動。シーズン中のみ、駐車場300円。
坂道の紅葉は見頃。山の上の方は見頃後半。滝周辺の色づきはいま一つの感じ。

_V9A5335

_V9A5344

_V9A5374

_V9A5384




奈良県天川村の「みたらい渓谷」 5月23日分3-1。

コロナの自粛も一段落ついたので、母と姪っ子を連れて奈良南部を廻ってきた。

_V9A1804




三重県御浜町の七里御浜の朝焼け、熊野市の丸山千枚田、奈良県上北山村の旧行者還り林道、天川村のみたらい渓谷 7月26日分。

26日土曜日の朝、3時40分起き。
4時20分過ぎに三重県御浜町の七里御浜へ。

朝焼けは綺麗だったが、
水平線の雲が厚くて朝日は上のほうに来るまで見えず、残念。

イメージ 1

イメージ 2

その後、熊野市の丸山千枚田へ向かう。
途中の天気は快晴だが、丸山千枚田周辺は霧の中。
この時期、カメラマンはほとんどいない。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

7時前、しだいに霧は晴れて朝日が差し込み始める。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰りは、国道169号線に抜けて北上。
途中から奈良県上北山村の旧行者還り林道を通り、天川へ。
雲が増えてくる。

旧行者還り林道。
カメラマンはいないが登山客は多くて、
頂上の駐車場にはかなりの車がとまっていた。

イメージ 9

奈良県天川村の「みたらい渓谷」。
家族連れがいっぱい。

イメージ 10

イメージ 11

昼過ぎに帰宅。
天気がよいので、撮りたいところがいっぱいあったのだが、
筋肉痛で再び出かけるのは残念。

奈良県十津川村の21世紀の森の石楠花、天川村のみたらい渓谷の桜 4月26日分。


昨日の雨で朝から霧を期待していたが、風が強くてだめ、
それにすごく寒くて写欲もいまいち。

21世紀の森は9時半まで開かないので、それまで新緑の渓谷を撮影して廻る。
時々太陽が顔を出すが雲が多く、風も強いて一般的には撮影に向かない天候。
それでもせっかく来たので、風が凪いだ瞬間を狙って撮影。

10時に21世紀の森に到着、無料、観光客もカメラマンも少しだけ。
石楠花は見頃、今年の開花は早く、すでに散っているのも多い。
見頃はせいぜいゴールデンウイークくらいまでだろう。
山桜は、昨日の雨でほとんどが散ってしまった。

すぐ近くの玉置山の石楠花の見ごろは、ゴールデンウイークくらいになると思う。

和歌山県境近くの瀞峡の新緑。

イメージ 1


十津川村の21世紀の森の山桜と新緑。

イメージ 2

21世紀の森の石楠花。

イメージ 3

イメージ 4

白谷橋からの新緑の渓谷。

イメージ 5

昼頃に帰路に着く。

帰り道に天川村のみたらい渓谷に寄り道。
昨日暗すぎて撮影できなかったみたらい渓谷の桜を撮影。
八重桜が満開、山桜が散り始め、トイレの横の坂道の所に少しだけある。

天川村のみたらい渓谷の桜。

イメージ 6

奈良県野迫川村の天狗木峠の雲海と朝焼け、天川村坪内の大銀杏、みたらい渓谷と川迫川渓谷の紅葉、上北山村の旧行者還林道の紅葉、川上村の岩戸滝と御船滝の紅葉 11月14日分。


木曜日の夜10時半に出発、翌金曜日深夜12時半に野迫川村の天狗木峠着。
途中の中原川沿いはすごい霧、天狗木峠かなりの雲海が出ていた。
石や塔でもお会いした女性カメラマンの人に再会。

二人で満月に照らされた雲海を撮影、2時半に車中泊。
その後2台の車が来る。

満月に照らされたの天狗木峠の雲海。

イメージ 1

5時半起床、カメラマンは4名、あとでさらに1名。
天気予報は快晴だったが、朝は雲が多く、いまひとつ染まらず残念。
天狗木峠の雲海と朝日。

イメージ 2

その後、高野天川線を東へ、川沿いどこも見頃。
天気は、しだいに快晴になる。

天川村に入り、坪内の大銀杏を撮影。
上のほうは散り下の方は緑も残るが、見頃。
青少年旅行村や栃尾観音にも大銀杏がある。

天川村坪内の大銀杏。

イメージ 3

その後、みたらい渓谷(見頃)川迫川渓谷(見頃終盤)を抜け、
行者還林道(国道309号)に入る。
みたらい渓谷の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

みたらい渓谷の紅葉、展望台より。

イメージ 6

川迫川渓谷の紅葉。

イメージ 7

旧行者還トンネル西側は終了、東側は標高の低い所は見頃、ナヌゴ谷の楓が見頃。
上北山村の旧行者還林道の紅葉。

イメージ 8

その後、国道169号線を北上。道沿いの紅葉は見頃、今年は綺麗。

夕方、川上村の井光(いかり)へ移動。
岩戸滝は見頃、道路横にあり展望デッキあり。
岩戸滝の紅葉。

イメージ 9

御船滝は見頃後半、徒歩3分、展望台あり。
御船滝の紅葉。

イメージ 10

予定をかなり遅れてしまい、
夕日撮影ポイントへの移動に間に合わなかったので、帰路に着く。

奈良県上北山村の旧行者還林道、天川村の川迫川渓谷とみたらい渓谷の紅葉 11月8日分2-2。


10時半に不動七重滝を出て、1時間ほどで旧行者還林道に到着。
(正確に言うと旧行者還林道は現在国道309号に昇格している)

以前、雨が降り続いてくれていて、雲海と山紅葉の組み合わせが美しい。
所々で撮影しながら、1時過ぎに行者還トンネルを越え西側へ、雨が弱まり曇りに。
トンネル横の滝下で散り紅葉を撮影。
2時ごろ。再び雨が降り出す。

旧行者還林道トンネルより東側の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

トンネル横の滝下の散り紅葉。

イメージ 5

旧行者還林道トンネルより西側の紅葉。

イメージ 6

その後、川迫川渓谷を撮影、この辺りも見頃旬。
川迫川渓谷の紅葉。

イメージ 7

イメージ 8

4時ごろに、みたらい渓谷に到着。
みたらい渓谷の紅葉。

イメージ 9

イメージ 10

かなり暗くなってきたので、帰路に着く。

このページのトップヘ