風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:イベント

九州取材記その53 佐賀県唐津市の唐津くんち  11月4日分。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

11月4日。前夜は小雨。
朝から曇り、昼からは晴れ間も見えるが雲が多い。

今日も朝から唐津くんちへ。
唐津神社の北側のコインパーキング、24時間300円。

唐津くんちは11月2.3.4日の三日間行われる。
国の重要無形文化財であり、ユネスコの無形文化遺産でもある。
今日は翌日祭、コースは昨日とあまり変わらないが、御旅所には行かない。
代わりに米屋町通りに勢ぞろいする。

https://www.karatsu-kankou.jp/feature/karatsukunchi/
https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=10

8時45分くらいに唐津神社前へ。朝はすいてる。
9時頃から曳山が唐津神社前に入ってくる。
巡行の順番は毎年変わるのではなく、歴史のある古い曳山からと決まっているので、
それぞれ指定の場所に入る。
入ってくるときは比較的人が少ないはいいのだが、順番はバラバラで、
背景の曳山も間があくので、ポジション取りとかが意外と難しい。

_V9A2348

_V9A2353

_V9A2355

_V9A2359

_V9A2371

_V9A2376

12時くらいから米屋町通りに曳山が入ってくる。
少し青空も見えてきたが、雲が多いのでよく陰る。

_V9A2409

_V9A2420

_V9A2480

_V9A2502

_V9A2507

_V9A2518

_V9A2531

_V9A2542

_V9A2565

_V9A2579

_V9A2598

14時半から曳出し。
先頭から出ていくので、ベストな撮影ポジションもその都度変わるのだが、
人が多すぎてポジション変更は不可能なので、撮影は難しい。
勢ぞろいする時の方が、まだ撮りやすい。

_V9A2709

_V9A2743

_V9A2794

_V9A2805

_V9A2817

_V9A2825

16時半ごろまで撮影。
駐車場を17時過ぎに出て、佐賀市のバルーンフェスタに向かう。
18時半ごろに到着するが、大渋滞。
期待していた民間駐車場は18時くらいで終了するところが多く入れず。

18時半から19時15分に行われるバルーンの夜間係留を撮りたかったんだが、
ぎり間に合うかどうかだったので、諦める。


九州取材記その52 佐賀県唐津市の唐津くんち  11月3日分。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

11月3日。天気は曇り一時小雨。

今日も朝から唐津くんちへ。

唐津くんちは11月2.3.4日の三日間行われる。
国の重要無形文化財であり、ユネスコの無形文化遺産でもある。
今日は御旅所神行で一番の見どころだが、あいにくの天気、残念。

https://www.karatsu-kankou.jp/feature/karatsukunchi/
https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=10

8時20分くらいに唐津神社前へ。朝はすいてる。
9時頃から曳山が唐津神社前に入ってくる。
巡行の順番は毎年変わるのではなく、歴史のある古い曳山からと決まっているので、
それぞれ指定の場所に入る。
入ってくるときは比較的人が少ないはいいのだが、順番はバラバラで、
背景の曳山も間があくので、ポジション取りとかが意外と難しい。

_V9A0987

_V9A0993

_V9A1006

_V9A1008

_V9A1024

_V9A1030

曳山14台がそろって間もなく、小雨が降ってくる。
貴重なものだけにビニールがかぶされていくのだが、あちゃ~って感じ。
しかし、すぐに雨はやみ、9時半から巡行開始。

一番後ろから、曳山の前を通って行ってくれればいいのだが、
並んでいる順番の先頭から出ていくので、背景が絵になりにくい。

_V9A1034

_V9A1050
_V9A1069

_V9A1075

_V9A1085

巡行では街中をグルグル廻るので、比較的撮影しやすい場所を探して撮影。
すっかり雨は止んだので、ビニール被ってた曳山も外し始める。

_V9A1096

_V9A1116

_V9A1149

12時ごろから西の浜の御旅所に曳込み。
晴れていたら最高だったんだが、また次回ということで

砂が引かれているので、車輪が引っ掛かり曳込みはたいへん。
左右7台ずつに分かれて並ぶ。
陸橋や砂場入れるのは報道限定なのだが、ベストがカラフルで目立ちすぎていまいち。

_V9A1305

_V9A1331

_V9A1426

_V9A1450

_V9A1472

_V9A1537

_V9A1567

_V9A1592

_V9A1595

_V9A1614

_V9A1617

_V9A1618

15時頃から曳出し。
コースが曳山ごとに変わるので、ポジション取りが難しい。

_V9A1651

_V9A1706

_V9A1819

_V9A1851

_V9A1910

_V9A1956

_V9A1967

_V9A1991

_V9A2007

_V9A2062

_V9A2090

_V9A2127

_V9A2215

その後、町中巡行。
16時半ごろに大手前から各町内へ戻る。

_V9A2323


九州取材記その51 佐賀県唐津市の唐津くんち  11月2日分4-4。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

11月2日。天気は快晴。

車は唐津城の駐車場に停めたまま、歩いて唐津くんちを見に行く。
もっと近い駐車場もあるが、どこも満車だった。
臨時の無料駐車場もあるが、かなり遠い。

唐津くんちは11月2.3.4日の三日間行われる。
国の重要無形文化財であり、ユネスコの無形文化遺産でもある。
初日は宵曳山で提灯の灯りの中、幻想的な曳山が見られる。

https://www.karatsu-kankou.jp/feature/karatsukunchi/
https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=10

19時30分から巡行が始まるのだが、1時間以上前にはもう観光客でいっぱい。
しかし、まだ通行止めにはなっていない道から、
人が溢れて身動き取れない道へ、次から次に車が入ってくる。
そのたびに、警官が誘導して引き返させるが、同じことの繰り返しで、
ついには数台が立ち往生。開始10分前でも変わらず。
報道の人によれば毎年同じことをしているらしい。
もっと早めに通行止めにすればいいのに。
まぁなんとか直前に誘導して回避。

宵曳山は大手口より数台が出発、途中に飾られている曳山が合流して、
唐津神社前まで巡行していく。

_V9A0727

_V9A0766

_V9A0773

_V9A0786

_V9A0791

_V9A0807

_V9A0820

_V9A0863

_V9A0879

_V9A0888

_V9A0891

_V9A0945

_V9A0959

_V9A0978




九州取材記その48 佐賀県佐賀市の佐賀インターナショナルバルーンフェスタ  11月2日分4-1。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

11月2日。天気は晴れ薄曇あり、後快晴。

土曜日とあってか、バルーンフェスタの河川敷駐車場に向かう道は
朝5時半ごろにはもう大渋滞で動かない。
途中で横道に外れてかなり迂回して、6時45分くらいに
南側の民間臨時駐車場に到着、1回1000円。

バルーンフェスタは5日間行われ、今日が三日日。
https://sibf.jp/

南側の民間臨時駐車場から会場までは歩いて10分ほど。
対岸の撮影ポイントには、もうすでに数百人以上集まっている。
昨日は対岸の撮影ポイントから撮影したので、今日は会場側から撮影。

早朝の競技フライトは7時からで、以前よりも開始時間が遅くなったらしく
今は朝日と絡ませての撮影は難しい。

6時55分にオフィシャルのバルーン数基が飛び立つ。

今日は昨日より早い進行で、7時15分には最初の競技の68基が飛び立っていく。
本当にあっという間。
その後、別の競技に参加する24基も飛び立つ。
朝風が穏やかだったので、操縦しやすいみたいで、
会場の低空を数基がグルグル。

_V9A0469

_V9A0484

_V9A0501

_V9A0520

_V9A0548

9時から10時までのバルーンファンタジア。
競技に参加しない係留されたバルーンを見学できる。
風が強くなり、9時45分で終了。

_V9A0586

_V9A0588

_V9A0599

_V9A0616

_V9A0625






九州取材記その47 佐賀県佐賀市のサガ・ライトファンタジー 11月1日分5-5。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

11月1日。天気は快晴少し雲。

最後に佐賀市の駅前で行われているサガ・ライトファンタジーを見に行く。
駅前の駐車場1時間200円。
http://www.sagalf.jp/main/

_V9A0432

_V9A0436

_V9A0439

九州取材記その46 福岡県柳川市の白秋祭水上パレード  11月1日分5-4。

柳川市は、佐賀県ではなく福岡県でした、訂正しました。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

11月1日。天気は快晴少し雲。

夜6時ごろに柳川市に移動。市営駐車場1日300円。
詩聖・北原白秋の11月2日の命日を偲んで、
1日から3日にかけて行われる白秋祭水上パレードを見に行く。
ラストには花火があるが、船と絡めるにはあまりいい撮影場所はない感じ。
https://www.tabirai.net/sightseeing/column/0000036.aspx

_V9A0312

_V9A0336

_V9A0358

_V9A0368

_V9A0406

九州取材記その28 佐賀県伊万里市の伊万里トンテントン  10月27日分2-2。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月27日。天気は晴れ少し雲。

11時半ごろに伊万里にもどり、今日も伊万里トンテントン を見に行く。

佐賀県伊万里市の駅前のコインパーキング1日300円。

伊万里トンテントンは日本三大喧嘩祭りの1つで、
毎年10月下旬の3日間にわたって行われる。

3日目はお祭り広場での奉納神事合戦から撮影。
合計4ヶ所で合戦組による奉納神事合戦が行われた。

奉納神事合戦は、それぞれの場所で数回行われるが、
組む前に倒れたり横に倒れたりなど、いろんなパターンがあり、
安全のため、あらかじめ決められているのだが、
絵になるのは真っ直ぐ組み合って倒す時なので、シャッターチャンスは少ない。

https://tontenton.jp/

https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=11

2組の神輿のお供組が先に入ってきて、後から神輿と団車(だんじり)の合戦組が続く。

_W6A4569

_W6A4570

_W6A4571

_W6A4575

_W6A4582

_W6A4590

_W6A4591

_W6A4606

_W6A4620

_W6A4634

_W6A4649

_W6A4685

_W6A4692

_W6A4696

_W6A4704

_W6A4725

_W6A4742

_W6A4745

_W6A4749

浜町交差点が一番観光客が多いところ。
神事の舞もある。

_W6A4751

_W6A4752

_W6A4755

_W6A4764

_W6A4781

_W6A4804

_W6A4808

_W6A4813

_W6A4829

_W6A4835

川落とし合戦場では、太鼓の奉納の後に合戦が行われ、
最後は川に落ちる見せ場。
橋の上からの見学は無料だが、先着順で人数限定。

_W6A4847

_W6A4855

_W6A4872

_W6A4888

_W6A4892

_W6A4894

_W6A4915

_W6A4920

九州取材記その25 佐賀県伊万里市の伊万里トンテントン  10月26日分2-1。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月26日。天気は曇の多い晴れ。

朝から伊万里トンテントン を見に行く。
佐賀県伊万里市の駅前へ。
コインパーキング60分100円。最大300円。

伊万里トンテントンは日本三大喧嘩祭りの1つで、
毎年10月下旬の3日間にわたって行われる。

2日目は伊万里神社の出発から、お祭り広場での奉納神事合戦まで撮影。
2組の神輿のお供組が先に出発。後から神輿と団車(だんじり)の合戦組が続く。
途中4ヶ所で合戦組による奉納神事合戦が、1ヶ所で模擬合戦が行われた。
(模擬合戦は組むだけで倒さない)

奉納神事合戦は、それぞれの場所で数回行われるが、
組む前に倒れたり横に倒れたりなど、いろんなパターンがあり、
安全のため、あらかじめ決められているのだが、
絵になるのは真っ直ぐ組み合って倒す時なので、シャッターチャンスは少ない。

https://tontenton.jp/

https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=11

_W6A4166

_W6A4171

_W6A4183

_W6A4192

_W6A4227

_W6A4255

_W6A4291

_W6A4301

_W6A4372

_W6A4374

_W6A4395

_W6A4403


九州取材記その24 佐賀県伊万里市の伊万里トンテントン  10月25日分5-5。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月25日。天気は曇に変わる、時々小雨。

夕方6時ごろに佐賀県伊万里市の駅前へ。
コインパーキング90分100円。最大250円。
伊万里トンテントン を見に行く。

伊万里トンテントンは日本三大喧嘩祭りの1つで、
毎年10月下旬の3日間にわたって行われる。

https://tontenton.jp/

https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=11

初日の夜に行われる伊万里トンテントン の安幕では、
神輿と団車(だんじり)4回ぶつかり合った。

_W6A4158

_W6A4160

九州取材記その14 福岡県福津市の宮地嶽神社の燈明祈願祭  10月21日分3-3。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月21日。天気は午後から晴れ。

大分県のくじゅう花公園から下道を北上。
天気予報通りに次第に晴れてくる。

2時半ごろに福岡県福津市の宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)の無料駐車場に到着。
http://www.miyajidake.or.jp/

http://www.miyajidake.or.jp/news/topics/%e3%80%8c%e5%85%89%e3%81%ae%e9%81%93%e3%80%8d

年二回、数日間だけ見られる光の道を一度見たかったので、
好天の日に合わせて訪れたのだが、すでに大行列。

2時から人数限定の整理券が出るとのことで、なんとかゲットできたが、
もうかなり後のほうの感じ。
整理券をもらった後は列を離れられるみたいだが、見学は並んでいる順。
朝8時半から並んでいる人もいるとのこと。SNSおそるべし。

3時に見学する階段が締め切りになり、5時くらいから並んでいる先着順に詰め込まれていく。
正直最上段でないと写真は難しい感じだが、上の方は招待客専用になっていたので、
もう写真撮影自体、厳しい感じ。

日没は正面には落ちないが、少し時期をずらせば太陽が高いうちには正面を通るので、
規制のない時に撮影するしかなさそう。最近撮影された写真はほとんどそんな感じだし。

そういうわけで、見学はできたが、写真的にはいまいちなので撮影はせず。

ちょうど燈明祈願祭のタイミングで来れたので、日没後に見学。
3000本の竹灯に灯がともり、伝承芸能のツクシ舞も観ることができた。
http://www.miyajidake.or.jp/news/topics/%e7%81%af%e6%98%8e%e7%a5%88%e9%a1%98%e7%a5%ad-2

_W6A3468

_W6A3490


九州取材記その9 宮崎県日南市の飫肥城下まつり 10月20日分3-1。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月20日。天気は少し青空もみえるが曇が多い。

早朝、宮崎ICから出て青島へ。
朝日は望めず、海沿いを南下しながらロケハン。

日南市に入り、坂本棚田へ。
昔はコスモス畑がかなりあったようだが、今は少しだけ。

11時前に飫肥城下まつりの臨時駐車場へ、無料。

飫肥城(おびじょう)下まつりは毎年10月下旬に開催され、
城下町で市中パレードなどが行われる。

http://obijyo.com/event/

https://www.kankou-nichinan.jp/

_W6A3150

_W6A3159

_W6A3172

_W6A3175

_W6A3187

_W6A3188

_W6A3202

_W6A3249

_W6A3261

_W6A3268

九州取材記その8 熊本県八代市のやつしろ全国花火競技大会 10月19日分2-2。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月19日。天気は高曇りのち少し晴れ間の見える曇り。

2時半ごろに八代市に移動。
もうやつしろ全国花火競技大会の臨時駐車場はかなり埋まっていたが、
第二中学校の臨時駐車場に何とか停めれた。駐車料金500円。

http://www.kinasse-yatsushiro.jp/spots/detail/40
http://www.kinasse-yatsushiro.jp/news/detail/165

駐車場から新萩原橋まで30分くらい歩き、さらに川沿いを10分ほど歩いて、
花火会場の対岸の北東側へ。この辺りは屋台はない。臨時トイレは完備。
もうかなりの人出だが、充分に広いので二列目を確保。

対岸を選んだのは北風だったから、花火は風向きが重要で、
風下にいると煙で全然見えない。

花火は6時15分から8時15分まで。
なかなか見ごたえがあったが、打ち上げ場所や花火の高さが頻繁に変わるので、
写真的には撮りにくい感じ。

_W6A2769

_W6A2770

_W6A2978

_W6A2999

夜はかなり冷える。ジャケット1枚だけでは寒かった。
8時50分ごろに駐車場に戻る。
八代IC付近は大渋滞。夜間に高速移動して宮崎県に向かう。

大阪府東大阪市の秋郷祭 10月15日分。

天気は雲の多い晴れ。
近鉄の生駒駅前の駐車場に停めて、近鉄奈良線に乗り枚岡駅へ。
生駒駅前の駐車場は1時間200円ほど。枚岡駅周辺には駐車場はない。
また枚岡神社の駐車場は祭り期間は使えない。
秋郷祭へは20数年ぶりの訪問。

駅を出るとすぐに枚岡神社。3時過ぎに境内へ。
https://osaka-info.jp/page/hiraokajinja-shugosai
http://www.hiraoka-jinja.org/rituals/

太鼓台の宮入は14日・15日両日ともに3時半から。
ふとん太鼓は全部で23台もあるので、とても見ごたえがある。
参拝客は多いのだが、境内は広いので余裕あり。
参道は坂道で良く見えるし、右側の階段や灯籠横が高くなっているので、
写真は撮りやすい。
ただ宮入後半は、かなり暗くなるのがネック。

_W6A1940

_W6A1974

_W6A1977

_W6A1988

_W6A2058

_W6A2061

_W6A2087

_W6A2119

_W6A2137

_W6A2174

_W6A2189

_W6A2198

_W6A2205

_W6A2255

19時からは提灯を灯して練合があるが、暗くて写真的には難しいので、
途中であるが帰路に着いた。



滋賀県大津市の大津祭 10月13日分。

昨日は母と姪っ子を連れ、大津祭りに行って来た。
大津祭りには24年ぶりの訪問。台風の影響で12日の宵宮は中止。
http://www.otsu-matsuri.jp/festival/

朝のうちは曇りだったので、9時過ぎに斑鳩の自宅を出発。
9時40分に京奈和道の木津ICから高速へ。
新名神・第二阪奈経由で、10時10分に阪神高速京都線の山科ICから出て、
下道を走り、10時40分にJR大津駅南口にある立体駐車場へ、最大1050円。

祭りがおこなわれている中心部までは歩いて10分ほど。
食べ物を売る屋台は、大きな祭りにしては珍しくほとんどないので、
途中のコンビニ利用がおすすめ。

昼前から晴れ間が見えてくるが、南側の雲が厚くよく陰る。
また晴れていると街中は影ができやすいので、補助光にストロボ利用。
露出の加減が難しいが、ハイライトとシャドーの調整ができる分、
デジタルになってからはかなりハードルは下がった気がする。
フィルム時代は本当に大変だった。

_W6A1699

_W6A1704

12時頃に中央通りに屋台が並ぶ。

_W6A1782

ゆるキャラの大津祭ちま吉。

_W6A1835

_W6A1836

海外の方もたくさん参加していた。

_W6A1838

1時半ごろに神輿が出発してから、順次曳山の巡行開始。
所々でからくり奉納。

_W6A1863

_W6A1890

_W6A1907

_W6A1918

_W6A1921

2時半ごろに帰路に着いた。







奈良県奈良市の平城京天平祭 8月25日分。

夕方から、母と姪っ子を連れて平城京天平祭に行って来た。

https://tenpyosai.jp/

ミ・ナーラの第二駐車場(最大500円)に停めて、平城京跡まで歩く、10分ほど
https://www.mina-ra.com/guide/access.jsp#parking


途中から雨が降り石見神楽の後半の演目「おろち」は見れず、残念。
今年は3日間とも雨が降ったみたい。


_W6A9476

_W6A9501

_W6A9509

京都府京都市の京都五山送り火 8月16日分。

大阪で写真展を見た後、JRで京都へ。
十数年ぶりに船岡山公園から五山送り火を鑑賞。

右大文字。

_W6A9425

妙法。

_W6A9435

左大文字。

_W6A9442

木が伸びて船形ははっきりと見えなくなった。


広島県北広島町の壬生の花田植 6月2日分4-2。

9時40分ごろに上帝釈をでて、下道を西進。
11時半ごろに祭り用の臨時無料駐車場に到着。
歩いて15分で祭り会場。
この時点で客席は半分ほど埋まっていたが、ベストポジションは確保。
会場内は三脚、脚立使用禁止。

壬生の花田植は世界無形文化遺産に指定されている。


天気は時々日差しはあるもののやや白っぽい空。

12時から子供田楽など。
人気ものの花田舞太郎。

イメージ 1

12時40分から花笠踊り。

イメージ 3

1時15分、予定よりかなり早く飾り牛が到着したが、
そのまま田んぼに入る。今年は14頭。
田楽団が来るまで、田んぼの中をぐるぐる廻る。

イメージ 2

2時に田楽団が到着。
2時10分ごろから、田植え開始。
田植女が前列で田楽団がその後ろ、飾り牛は後方でぐるぐる廻る。

田植えが進むに従い、全体がどんどん後方にずれていき、
2時40分くらいに飾り牛は退場。
3時ごろに田植えは終了。

イメージ 4

和歌山県白浜町の第51回砂まつり大会 5月26日分5-3。

昼前に白浜の白良浜へ、駐車場1日500円。
完成前の作業中の砂像と完成後に撮影。
空が白っぽくなってしまったのが残念。
今年は「令和」の文字を取り入れた像が多かった。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

兵庫県南あわじ市の沼島八幡神社の春祭り 5月4日分2-1

朝はやや抜けの悪い空だったが、後に快晴。

朝6時35分に西名阪の法隆寺ICから高速へ。
阪神・第二神明経由で淡路島に入り、
神戸淡路鳴門自動車の西淡三原ICまで、約2時間(休憩含まず)
途中、神戸で少しだけ渋滞あり。

高速を下りて、さらに土生港まで、25分ほど。
港の駐車場1日500円。駐車場に入れず外に停めている車も多数。

沼島汽船で沼島まで往復900円。
10時半予定の船は10時に来て、すぐに定員いっぱいになったので、
10時7分に出航。沼島まで10分ほど。
2台目は定時に出航した模様。

沼島八幡神社の春まつりは、毎年5月3・4日に行われ、
海にだんじりが滑り込む豪快な祭りで人気が高い。

以前からずっと来たかったのだが、関西圏でも意外と遠いこともあって、
初めての訪問。

3日は宵宮。4日が本宮になる。


朝は厳島神社前の広場に集合する。
だんじりは全部で5台。曳きだんじりが3台、かきだんじりが2台(布団太鼓)
カメラマンは20名ほど、撮影会で来てる人が多かった。

11時20分から順次宮入。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

八幡神社前の宮入り。

イメージ 5

イメージ 6

12時20分から、神輿が階段を下りていき、御旅行事が始まる。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

1時から昼食休憩。祭り期間は食事ができるところがないので、弁当持参。

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 13

海に入る時間は潮の加減によるので、時間は決まっていない。

今日の満潮は夕方だったので、午後の御旅行事を遅らせて、時間調整。
夕方3時過ぎから御旅行事が始まった。

海に入るのは東側と西側の二か所。
東側はお椀状になってるところを斜めに横切る。
西側は正面から海に突っ込み、Uターンして出ていく感じ。

光線の関係で、ほぼ西側で撮影。

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

まだ祭りは続いていたが、船は1時間に1本くらいしかないので、
5時半に港に向かう。1台目は定員になったので、すぐに出航。
2台目はがらがら、定時の5時40分に出航。




京都府亀岡市の亀岡光秀まつり 5月3日分4-3。

12時前に平等院を出て、昼食。
第二京阪と京治バイパスのジャンクション辺りで高速混んでいるので、
長岡京ICまで下道を走ってから高速へ。
長岡京ICから亀岡ICまで、15分ほど。
渋滞は全くなかった。

亀岡駅前に停めて、歩いて5分ほどの亀岡城跡で亀岡光秀まつりを見学。
亀岡城跡への14時10分の到着と15時の出発のみ見学。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


亀岡城跡の杜若。

イメージ 10

このページのトップヘ