風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:オネロアビーチ

ハワイ取材記2、マウイ島6日目、ハレアカラ国立公園のレレウイ展望台、ハレアカラハイウェイ、ワイレア・リゾートエリア、キヘイのビーチとカヌー、アレキサンザー&ボールドウィン砂糖博物館、マアラエア港、オネロアビーチのドラゴン・ティース 7月2日分。


今日も朝2時半起床、3時に出発。
ガススタンドで食料を調達してから、ハレアカラ国立公園に向かう。

4時前に公園のゲート通過、まだ無人。
4時過ぎに、レレウイ展望台の駐車場に到着、他に車はなし。
未だ早いのでフィルムで星空を撮影、展望台へは歩いて5分程。

5時15分頃が朝焼けのピーク、5時半過ぎに日の出。
ここは雲が近く本来なら雲がおしよせて迫力がある写真が撮れると思う。
貿易風がもっと強ければよかったのだが、風が弱く雲が流れてこない残念。

ハレアカラ国立公園のレレウイ展望台より、朝日に染まる雲海。

イメージ 1

その後、カラハク展望台に寄り道。
帰り道、ハレアカラの名物のバイク・ダウンヒル・ツアーに出会う。
マウンテンバイク(自転車)にのって、
ハレアカラの山頂から麓までの60キロを一気に駆け下りるという爽快なツアー。

ハレアカラ国立公園の入り口。

イメージ 2

ハレアカラハイウェイより撮影。

イメージ 3

その後、311号線を南下、スピード違反の取り締まりあり。
海外では、オービスのようなのはほとんど見たことがなく、
たいてい警官が、スピードガンを構えている。

9時過ぎにワイレア・リゾートエリアに到着、朝食。
10時過ぎにオネロアのビッグビーチを撮影、雲が増えて来る。

ワイレア・リゾートエリア。

イメージ 4

その後、キヘイまで海岸線を北上しながら撮影。

キヘイのビーチとカヌー。

イメージ 5


プルメリアの花。

イメージ 6

1時半にプウネネのアレキサンザー&ボールドウィン砂糖博物館へ、入場7ドル。
プウネネはかつてさとうきび産業で栄えた街。

アレキサンザー&ボールドウィン砂糖博物館。

イメージ 7

ユーカリの落ち葉。

イメージ 8

2時過ぎに宿に戻り、シャワーと洗濯、少し仮眠。

4時半に出発、にわか雨。
5時にマアラエア港で撮影後、西マウイのカパルアに向かう、反対車線は夕方の大渋滞。

マアラエア港。

イメージ 9

6時にカパルア到着、夕日に染まるオネロアビーチのドラゴン・ティースを撮影。
6時20分がピークでその後は陰る。

オネロアビーチのドラゴン・ティース。

イメージ 10

7時過ぎ日没、夕食後帰路につく。
帰り道は渋滞なし、小雨。

8時半に宿に戻り、9時前に就寝。
今日は同室に他3名。

ハワイ取材記2、マウイ島4日目、ワイエフビーチでの朝日、イアオ渓谷州立公園、ケパニワイ公園、ラハイナの街並み、オネロアビーチのドラゴン・ティース、ホエラーズ・ビレッジのクジラの骨格標本、砂糖きび列車、ラウニウポコビーチでの夕暮れ 6月30日分。


朝4時半起床、5時前に出発。
今日もハレアカラ国立公園に行こうと思っていたのだが、
寝過ごして遅くなってしまったので、近くのワイエフビーチで朝日を撮影。

ワイエフビーチでの朝日。

イメージ 1

朝食に、ガススタンドで売られているおにぎりを食べる。

6時半、イアオ渓谷州立公園へ移動、一番乗り、無料。
ここはカメハメハ大王とマウイ軍の壮絶な戦いがあった所として知られている。
雨の多い所で、年中厚い雲で覆われているが、午前中は晴天に恵まれることもある。

今日は朝から快晴のビッグチャンス。
しかし通称イアオ・ニードルと呼ばれる奇峰は、山陰になっていてまだ日が射さない。
8時頃になってやっと日が射し始めるが、かなり雲も増えて来る。

イアオ渓谷州立公園。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

なんとか満足が行く写真が撮れたので、すぐ近くのケパニワイ公園に移動。
ここは日本や中国の庭園がある。

ケパニワイ公園。

イメージ 5

9時過ぎ出発、30分程でに西マウイの古都ラハイナに到着、港や街並を撮影する。
西マウイはハワイきってのリゾートエリアで金持ちの別荘も多く、
別荘に飾るための美術品のはギャラリーが多い。
なかでも世界的写真家のピーターリック氏のギャラリーは必見。
彼のように世界中に自分のギャラリーを持つことが自身の目標。

ラハイナの街並み。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

その後北上して、11時過ぎにカパルアに移動。
リッツカールトンホテル近くのオネロアビーチのドラゴン・ティースを撮影。
溶岩が海水で浸食されて龍の歯のようになっている絶壁。

その後、ビーチを撮影しながら海沿いを南下。

オネロアビーチのドラゴン・ティース。

イメージ 10

1時前に、カアナパリのホエラーズ・ビレッジへ移動。
入り口にはクジラの骨格標本が展示されている。
込む所だからか駐車場は、1時間3ドルとめずらしく有料。
ここでもビーチを撮影、ついでにおみやげも買う。

ホエラーズ・ビレッジのクジラの骨格標本。

イメージ 11

カアナパリのビーチでのスナップ。

イメージ 12

その後、現在は観光で使われている砂糖きび列車(シュガーケイン・トレイン)や街並を撮影。
5時に再びラハイナに戻り、再度街並を撮影。

砂糖きび列車(シュガーケイン・トレイン)

イメージ 13

6時半に、ラウニウポコビーチに移動、夕日の撮影。
7時過ぎ日没、7時40分帰路に着く。

ラウニウポコビーチでの夕暮れ。

イメージ 14

8時15分宿に戻りシャワー後、8時半に就寝。

このページのトップヘ