風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:チューリップ

奈良県広陵町の馬見丘陵公園のチューリップ 4月12日分。

オリンピックの聖火リレーの撮影依頼があったので、
馬見丘陵公園に行ったついでに、チューリップ畑を撮影。
チューリップはややピーク過ぎだが、見頃。
http://www.pref.nara.jp/1780.htm

_S9A5089

_S9A5092

_S9A5095

_S9A5098

_V9A1837

三重県桑名市の「なばなの里」のチューリップ 4月7日分2-2。

11時頃になばなの里に移動。
入園2300円(1000円の金券付き)
https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html

ルピナス。

_S9A4894

_S9A4910

チューリップ畑はもう見頃後半。桜は半散り。
メインの場所はもうネモフィラ畑に変わってる。

_S9A4922

_S9A4938

_S9A4949

_S9A4974

_S9A4979

_S9A5001

岐阜県海津市の木曽三川公園センターのチューリップ 4月7日分2-1。

朝から快晴。

9時過ぎに木曽三川公園センターへ。
無料駐車場あり、見学も自由。なんと太っ腹。
チューリップは見頃後半の感じだが、まだまだ綺麗。
今年は桜だけでなく、他の花も早そうな感じ。
https://www.kisosansenkoen.jp/~center/
http://kisosansenkoen.seesaa.net/

_S9A4798

_S9A4833

_S9A4856

_S9A4877




富山県砺波市の砺波チューリップ公園 4月25日分3-2。

高山西ICから入り、東海北陸道を通り、砺波ICまで、1時間ほど。

砺波ICから臨時駐車場まで5分。
ゲートまでは歩いてすぐ。

ゲートは8時半ピッタリに開いた。
入園1000円(JAF割りで900円)


会場全体的には見頃だったが、
一番目当てのチューリップタワーからの大花壇はまだまだの感じ、残念。
大花壇はGW後半がいいみたい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

10時半に砺波ICから入り、白川郷へ向かう。

広島県世羅町の世羅高原農場のチューリップ、山口県岩国市の錦帯橋祭り、萩市のホルンフェルス断崖 4月29日分。

朝から広島県三次市の高谷山へ。春にも来たところ。
朝は雲が多く、日の出は望めず。カメラマン数名。
駐車場・トイレあり。りっぱな展望台がある。
雲海と日の出のシーズンは秋冬。

天気は曇り、次第に青空が増えてくる。

その後、国道184号線を南下。
世羅町の世羅高原農場のチューリップ。入場800円。
通常より早く8時から入れた。
早咲きのチューリップが満開。ところどころに展望台がある。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、南下して竹原市の街並み散策。

11時半ごろに山陽道の河内ICから高速へ、途中少し渋滞。
12時40分に岩国ICから出て、山口県岩国市の錦帯橋へ向かう。

錦帯橋祭りで渋滞予測できたので、岩国IC出てすぐ錦川を渡り、
裏道から吉香公園へ。河川敷の駐車場はいっぱいだったので、
途中でUターン、路肩駐車スペースに停めて歩く。
吉香公園周辺は駐車不可。

1時ごろに錦帯橋の南西部分の撮影ポイントに到着。
カメラマン多かったが、脚立持って行ったので、ベストポイントに入れた。
行列は、1時半から橋を渡り始め、渡り終えるのは2時半ごろ。

天気は晴れているものの、雲が多く時々陰る。

フルサイズで1枚目が70mm、2枚目が135mmなので、
70-200mmくらいのズームがおすすめ。

イメージ 4

イメージ 5

吉香公園のつつじは散りはじめ。

その後、国道187・9・191号線を通り、
休憩込で3時間弱ほどで山口県萩市のホルンフェルス断崖へ。
駐車場・トイレあり。駐車場から5分ほど。

遊歩道は、一旦断崖の上の部分に出て、そこから岩場を降りていく。
撮影ポイントは岩場の上で、周りには柵などないので、要注意。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

日没は7時前、カメラマンは他に1名。途中観光客がぱらぱら。

その後、日本海沿いの国道191号線を南下。
阿武町の道の駅にある温泉へ。
入浴500円、21時(20時半受付)まで、第1・3水曜休み。

夜は道の駅で車中泊。

広島県三次市の高谷山尾関山公園の躑躅、庄原市の上野総合公園の桜と国営備北丘陵公園のチューリップ園、岡山県新庄村の新庄宿のがいせん桜、真庭市の美甘宿場桜と岩井畝の大桜 4月9日分。

天気は高曇り、日差しあり。少しの間青空も見えた。

広島県三次市の高谷山。桜は満開。
雲海は見れたが、日の出はさっぱり。カメラマン数名。
駐車場・トイレあり。りっぱな展望台がある。
雲海と日の出のシーズンは秋冬。

イメージ 1

帰りに見かけた風景、小さな城みたい。
もう一か所、別のところでも同じようなのを見かけた。

イメージ 2

三次市の尾関山公園。桜は半散り、ミツバツツジが5-8分咲きくらい。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

庄原市の上野総合公園。日本の桜百選。
桜は散りはじめ。
イメージ 7

イメージ 8

すぐ近くの国営備北丘陵公園。
駐車場310円、入園410円。駐車場入り口でまとめて払う。

早咲きのチューリップが見ごろ。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

園内の桜は満開散りはじめ。
古い建物が移築されている。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

その後、国道183・181号を通り、岡山県の新庄村へ移動。

旧出雲街道の新庄村の新庄宿のがいせん桜。
ホームページでは5分だったが、すでに満開。
道の駅の他、臨時駐車場あり。ここは観光客が多い。

イメージ 15

真庭市の美甘宿場桜。川沿いに桜並木がある。
午後の光線がおすすめ。

イメージ 16

真庭市の岩井畝の大桜。
駐車場・簡易トイレあり。
臨時の売店もあるが、日中のみ。

夕日に染まる桜。

イメージ 17

イメージ 18

有名な醍醐桜の近くで帰り道の分岐に案内もあるのだが、
来る人は少ない。

ライトアップの時など、自分しかいない時間が多かった。

イメージ 19

夜は津山市のホテルへ。

山梨県山中湖村の花の都公園のチューリップと富士山、富士河口湖町の富士本栖湖リゾートの芝桜と富士山・本栖湖から夕焼けに染まる富士山、忍野村の忍野八海と富士山、静岡県富士宮市の朝霧高原のこいのぼり 5月16日分。

朝は快晴、少し雲。
再び富士山に戻って来た。

山梨県山中湖村の花の都公園のチューリップ。
無料エリアから撮影。

イメージ 1

忍野村の忍野八海。

イメージ 2

桂川沿いから。

イメージ 3

その後、南下して大渕の茶畑に向かうが、
急激に雲が増えてきて富士山が隠れてしまう。
今年は寒くて摘み取りが遅れていて撮影可能なのだが、
富士山南側の昼前後は、雲が多くてなかなか難しい。

静岡県富士宮市の朝霧高原のこいのぼり。

イメージ 4

午後2時ごろ、山梨県富士河口湖町の富士本栖湖リゾートへ。
芝桜は見頃。駐車500円、入園520円。
芝桜期間は周辺道路は大渋滞。
山にかかる雲が、なかなか切れなかったが、4時頃になってすっきりしてきた。
北西から富士山を見るので、芝桜と富士山を撮る場合、夕方の光線がおすすめ。
夕方遅くはツアー客も帰るので、人が少なく撮りやすい。
山が近く、夕方5時ごろにはほぼ全体日陰になるので注意。

広い展望台がある。上から俯瞰で撮影。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

本栖湖から夕焼けに染まる富士山。

イメージ 11


新潟県長岡市の国営越後丘陵公園のチューリップ園 5月2日分2-1。

朝は曇り、しだいに雲が消え晴れてくる。
新潟市のホテルを出発、下道を走って長岡市に移動。

新潟県長岡市の国営越後丘陵公園のチューリップ園。
駐車場310円、入園410円。

イメージ 4

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

午後2時前に出て、高速で新潟市に戻る。

新潟県新潟市の新潟ふるさと村のチューリップ、弥彦村の弥彦山の弥彦桜 4月30日と5月1日分。

天気予報はしばらく悪天。小雨パラパラの曇り空。
4月最終日は、新潟市駅前のホテルでブログ更新や街ブラでのんびり過ごす。

5月1日は、日差しがあるものの雲の多い天気。

再び新潟市の新潟ふるさと村へ。
もうチューリップの刈り取りが始まっていたので、全景は撮れず部分狙い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、弥彦村の弥彦山へ。山麓の弥彦公園を見た後、山頂の弥彦桜を見に行く。
山頂付近は新緑に霧が流れていい雰囲気だが、かなり寒かった。

イメージ 4

弥彦桜、満開。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

新潟県胎内市の長池憩いの森公園のチューリップ園、新潟市新潟ふるさと村のチューリップ園・福島潟の菜の花新発田市の紫雲寺記念公園のチューリップ 4月29日分。
朝は晴天だが、ややもやっぽい空。しだいに白っぽい空に変わる。

新潟県胎内市の長池憩いの森公園のチューリップ園、協力金100円。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

新潟市新潟ふるさと村のチューリップ園。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

新発田市の紫雲寺記念公園のチューリップ。

イメージ 12

新潟市の福島潟の菜の花。見頃終盤で菜の花の密度が低い、残念。

イメージ 13

マスコットキャラクターのクイクイ。

イメージ 14



京都府綾部市の楞厳寺の三つ葉躑躅、兵庫県豊岡市但東町のチューリップ 4月17日分。

3週連続で北近畿へ、
今回は両親と下の姪っ子、伯父さん叔母さん夫婦の合計8人で行楽を兼ねての旅行。
天気予報は晴れ予報だったが雲の多い一日、時々日が射すかんじ。

6時半過ぎにに法隆寺ICから西名阪に入る。
阪神高速、中国道、舞鶴道を経て、9時過ぎ福知山ICを出る。
途中宝塚で事故渋滞5キロ。

まずは、京都府綾部市の楞厳寺(りょうごんじ)へ。
門前の池を挟んだ対岸の三つ葉躑躅は見頃開始。
見学自由、駐車可。

イメージ 1

次に京都府福知山市夜久野町の緑化センターへ。
しだれ桜のトンネルは散り始め。
見学自由、駐車可。

昼頃に兵庫県豊岡市但東町の「たんとうチューリップまつり」を見に行く。
満開見頃、水曜日まで、大人500円、駐車場無料。

イメージ 2

1時過ぎに豊岡市出石町に移動、名物のそばを食し散策。
急速に晴れてきて快晴になる。

その後、玄武洞を見て、
5時ごろ同じく豊岡市の城崎温泉へ到着。
温泉につかり、うまいもんを食べてのんびり。

続く。

このページのトップヘ