風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:ツツジ

奈良県御所市の葛城山の躑躅 5月18日分。

天気は曇り。
朝から母と姪っ子の3人で御所市の葛城山へ。

7時20分に駐車場に到着、1日1000円。
もう数百台の車が停まっていた、みんな早い。

7時40分にロープウエイ乗り場へ、往復1500円。
通常は9時過ぎからの営業だが、躑躅のシーズンは早朝から動いている。
この時間ではまだ待たずに乗ることができた。


ロープウエイは51人乗り、片道6分で山頂へ。
7時46分に山頂へ。
歩いて20分ほどで展望広場。

今年の躑躅の見頃は例年よりかなり遅れた感じで、
週の中ごろにやっと満開宣言。
今は花によっては少し傷み始めだが、まだまだ綺麗。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


昼前後はめちゃ込みになるので、
9時25分ごろに山上のロープウエイ乗り場に戻る。
この時間では待たずに乗れた。

以前昼過ぎに下りようとしたら、2時間半かかったことがある。
ちなみに歩くとコースタイムで1時間50分。

下りてきたらロープウエイ乗り場は、
もう1時間くらいは待たないといけなそうな行列になっていた。
駐車場待ちの車も大渋滞、入るまでかなりかかりそうな感じ。


奈良県宇陀市の鳥見山の躑躅 5月5日分3-1。

天気は晴れているがやや白っぽい空。
今日は家族6人で奈良の花風景巡り。

まずは鳥見山へ。
明日の祭り準備で使える駐車スペースは少なかったが、何とか停めれた。
新しい道は通行止めなので、旧道からアクセス。

躑躅は見頃、まだつぼみも多い。


イメージ 1


京都府長岡京市の長岡天満宮の霧島躑躅 5月3日分4-4。

帰りに長岡天満宮に寄り道。駐車場30分200円。
霧島躑躅は見頃終盤。もうかなり散りが多かった。
府道沿いの平戸躑躅は見頃。



イメージ 1


京都府宇治市の三室戸寺の躑躅 5月3日分4-1。

天気は晴れ、やや白っぽい空。
帰省している兄夫婦と姪っ子2人に母と自分の6人で京都へ。

まずは、宇治市の三室戸寺へ。
9時半ごろに到着。拝観500円。駐車場500円。
躑躅は広場や川沿いは見頃だが、上の方はまだ早く来週の感じ。


イメージ 1

イメージ 2

GWで混むかなと思っていたが、意外と空いていて、
11時前に出る時でも駐車場はまだまだ余裕あり。

長野県山ノ内町の志賀高原 6月14日分3-3。

渋峠を越え、長野県の志賀高原に移動。

上ノ子池の新緑。

イメージ 1

澗満滝。
無料の駐車場から展望台まで2分。トイレなどはなし。

イメージ 2

一沼のツツジは咲きはじめ。
天気は曇りに変わり、時々霧の中。

イメージ 3

夕方、時々霧が現れるが、沼の方に比べ奥の道沿いには、濃い霧が来ない。
かなり待ってやっとうっすら。
沼沿いに比べ、道沿いのツツジは、結構咲いていた。

イメージ 4

イメージ 5

ループ橋付近から望む夕景。

イメージ 6

夜は道の駅で車中泊。


群馬県館林市のつつじが岡公園のツツジ 4月30日分3-2。

天気は快晴が続く。

南下して昼前に群馬県館林市のつつじが岡公園近くの
臨時の無料駐車場にに到着、とても広い。

公園は広いので、城沼に渡し舟があり、それを利用。
片道の船が400円、入園620円。100円割引チラシあり。
たぶん早朝は自由に入れると思う。


ツツジは全体見頃。すでに散っているものからツボミまで混在。
高低差のない平地にある。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

京都府南丹市の美山茅葺きの里の立葵と皐月躑躅 6月22日分。


今日は朝から雨、京都府南丹市の美山茅葺きの里に、
紫陽花の下見を兼ねて行って来た。

お目当ての紫陽花は、北・南地区とも全体的に見頃初期。
所々見頃のものもあるが、絵になるポイントは来週くらいからが良いと思う。
北地区のメインストレート沿いも、色づき始めくらいだった。
立葵は見頃初期、花菖蒲は散り始め、さつきは見頃と散り始め混在の感じ。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

京都府京都市の善峯寺と梅宮大社の皐月躑躅 6月9日分。


西山の善峯寺と嵐山の梅宮大社に行って来た。
天気は、強い雨が降ったり急激に晴れたりで変な空模様。
昼過ぎに善峯寺に到着、全体的にはさつきは見頃後半の感じ。
釈迦堂や奥の院のさつきは、綺麗に咲いていたが、
目当ての多宝塔下から、本坊へ続く参道辺りのさつきの花付きは、
今年もいまひとつの感じで、毎年のように来ているが、
なかなか当たり年に巡り合わない。
ここの紫陽花は見事でおすすめだが、まだ咲き始め。

善峯寺のさつき。

イメージ 1

続いて梅宮大社へ、ちょうど去年と同じ日。
去年はさつきは見頃だったが、今年は散り始め。
花菖蒲は、北側の勾玉池のほうは多いのだが、
東側の茅葺きの茶室周辺は花数は少ない。

梅宮大社のさつきと花菖蒲。

イメージ 2

夕方、南丹市美山町の茅葺きの里に移動。
日曜日の朝5時に鮎釣りが解禁になるので、
その風景を撮影するため。
朝早いので早めに車中泊。



奈良県御所市の九品寺の皐月躑躅 6月1日分。


今日は先週に続いて再び葛城方面へ行って来た。
天気は全国的に快晴の予報だったものの、朝は雲が多過ぎ朝日は見られずがっかり、
朝3時すぎに起きたのに、本当に天気予報はあてにならない。

まぁ朝日の撮影には、運まかせのところがあるのでしかたがないが、
快晴すぎてもハレーションが出てだめだし、
少し雲がないと綺麗に空が焼けないし、雲が厚すぎてもだめだし。
6月中旬くらいまでは、田んぼの反射も期待できるので再チャレンジしたい。

葛城方面の朝日の撮影場所のおすすめは、
御所市の御所香芝線の井戸から南郷付近と伏見、
それと西佐味中之線の西佐味の大川杉付近(まだ田んぼに水なし)

その後、九品寺のさつきを撮りに行く。
つぼみと散りが少しあるが、見頃。

イメージ 1

空が曇ったままなので、7時過ぎに帰宅。

このページのトップヘ