風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:ドウダンツツジ

兵庫県豊岡市の安国寺のドウダンツツジの紅葉 11月15日分7-2。

7時25分に大江山を出て、途中コンビニで朝食。
8時45分に安国寺(あんこくじ)の無料駐車場へ。
拝観300円。ドウダンツツジの紅葉は見頃。
https://tantosilk.gr.jp/sightseeing_spot/doudantsutsuji/

今年はコロナの為、土日は公開せず、ライトアップもなし。
外からと中からと、それぞれ撮りたい人がいるので、
時間制で交代するので、撮影しやすい。

_S9A8649

_S9A8668

お寺のすぐ近くの紅葉が綺麗だった。

_S9A8676

長野県佐久穂町の白駒の池の紅葉と苔の森 10月12日・13日分2-1。

10月12日の午後3時半ごろに自宅を出発。
西名阪の法隆寺ICから入り、名阪国道、東名阪へ。
途中5分ほど休憩。
名二環、名古屋高速、東名経由で、6時前に中央道に入る。
途中休憩合計1時間20分ほど。
9時35分ごろに諏訪SAに到着、車中泊。

翌13日、5時20分ごろに出発。
25分頃に諏訪ICから出て、白駒の池には6時10分頃に到着。
駐車場600円。
白駒の池のドウダンツツジの紅葉は見頃後半。
木によってはかなり散っているのもある。
天気は一日中、雲が多かったが、束の間だけ晴れ間が見れた。

_V9A7728

苔の森も綺麗。日が当たる前に撮影。

_V9A7585

_V9A7583





兵庫県豊岡市の安国寺のドウダンツツジの紅葉 11月12日分3-3。

夕方豊岡市但東町の安国寺に移動。


臨時の無料駐車場あり。車がいっぱい。
土日は観光バスは来ないということで、すいているかな思ったのだが、
個人の観光客がいっぱいで、すでに大行列。
やはり平日のほうがいいと思う。

拝観300円。三脚禁止。

座敷に上っている人と外から見る人と時間を決め交代で撮影する感じ。
人が多すぎるので、ゆっくりできず。

2010年に来たときは、がらがらだったが、
すっかり変わってしまった。
ここは土日や紅葉ピーク時は避けたほうがいいと思う。

2010年に来たとき↓

イメージ 1

その後、すぐ近くのシルク温泉へ。
シャンプー、サウナありで600円、タオル別。
食事は8時まで受付。

和歌山県高野龍神スカイラインの紅葉 11月1日分3-2。

アジサイ園前の紅葉。

イメージ 1

アジサイ園前のドウダンツツジの紅葉。

イメージ 2

高野大滝付近。

この辺りはまだ綺麗だったが、標高の高いところは台風で飛ばされて葉っぱがない。
色付きも今一つの感じ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、高野山へ向かう。

続く。

 10月31日分2-2。

鶴姫公園からの展望。
360度見える立派な展望台があるが、5時には自動でシャッターが閉まる。

イメージ 1

アジサイ園前のドウダンツツジの紅葉。

イメージ 2

高野龍神スカイラインから望む夕日。

イメージ 3

イメージ 4

夜は、奈良県野迫川村の雲海景勝地に移動。

続く。

長野県佐久穂町の白駒池の紅葉 10月4日分2-2。

夕方、白駒池に移動。駐車場500円。

天気はあっという間に曇ってしまった。

ドウダンツツジの紅葉は、見頃。
写真家の鈴木さんにばったり、今日明日撮影会とのこと。

イメージ 1

イメージ 2

夜は近くの八峰温泉へ、9時まで500円。食事は8時まで。
車中泊。

和歌山県高野龍神スカイラインの紅葉 10月30日分2-2。

高野山散策の後、高野龍神スカイラインへ。

アジサイ園のところ。
ドウダンツツジの紅葉、見頃。
ここから見えるのは北方面で、正面くらいに高野山がある。

イメージ 1

イメージ 2

この辺り楓も見頃。

イメージ 3

イメージ 4

その後、南下して龍神温泉方面へ。

頂上付近のごまさんスカイタワー周辺は、ややピーク過ぎ。

スカイラインで紅葉綺麗なのは、
ごまさんスカイタワーより南側龍神方面に進んだ標高900~1000m付近、
恋小袖の滝近辺。駐車スペースも多い。
この辺りは、見頃前半の感じ。
青空が見えるが、やや雲が増えてきた。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

天気下り坂で、高野山経由で3時頃に帰路に着いた。

奈良県上北山村の大台ケ原の紅葉 10月20日分2-1。
 
早朝から大台ケ原へ、斑鳩の自宅から約2時間。
朝6時の時点でも、駐車場は9割以上埋まっていた。
 
全国的に2日続いての快晴予報だったが、さすがに豪雨地帯の大台ケ原は雲が多い。
風が強くて、ジャケットにフリース着ていても、まだ朝は寒いくらい。
まぁ風が強いので、雲が流れて時々日差しも見れるのだが、
快晴を期待していただけに、少し期待はずれ、なかなか思い通りにはいかないものだ。
 
まずは日出ヶ岳方面に行く。紅葉見頃後半。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
正木峠のドウダンツツジの紅葉は、
たまに綺麗なのがあるけど、ほとんど見頃終盤
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
この数年でトウヒ群がほとんど倒れて、
青空背景に立つトウヒ群みたいな写真を撮ることができない。
 
イメージ 12
 
イメージ 3
 
大蛇嵓(だいじゃぐら)から望む紅葉の不動返し岳。
大蛇嵓付近の紅葉は見頃。不動返し岳辺りはもう少し先。
撮影したのは午前10時ごろだが、ここは午後3時ごろの半逆光のほうがおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5

ドライブウェイ、経ヶ峰より標高が高いエリアでは、色変わり初期見頃開始。
下の方はまだまだ。

12時頃、駐車場はパンク状態。それでも入ってくる車があって、
おまけにバスも多く、出口付近路上駐車もあって狭いので渋滞、
行政の交通整理もなく、出るに出られず。
しかたないので、自分が誘導して出られるようにした。

もっと譲り合いの精神もてばいいのに、みんな自分勝手だし、
渋滞必死なのに、途中で停めずに駐車場まで上がってくるのはやめてほしい。

橿原藤原宮跡のコスモス編に続く。

和歌山県の高野龍神スカイラインの紅葉 11月3日分。


季節はずれの寒波到来で三段紅葉を期待して、朝3時半起きで高野山に向かう。
タイヤは前日のうちに冬用タイヤに交換済み。

高野龍神スカイラインは、奈良と和歌山の県境にあり、
和歌山県の高野町・かつらぎ町・田辺市と奈良県の野迫川村にまたがっているが、
撮影した大部分は和歌山側。

2時間ほどで高野山到着、夜半に雪が降ったらしく屋根や木の橋の上には雪が残っていた。
フリースと綿入りのジャケットにニット帽と万全に備えたつもりだったが、寒くて震えあがる。

今年の紅葉は1週間以上早い感じでもう見頃後半、強い風でかなり散っていた。
10月末ごろがピークだった様子。
蛇腹道の中ほどや愛宕神社はまだあと数日の感じだったが、全体の見頃は今週いっぱいまでだろう。
奥の院の英霊殿付近は終盤、散り紅葉も枯れている。
高野山内は撮影せず、高野龍神スカイラインに移動。

高野大滝は見頃開始くらい、御殿川の渓谷の紅葉はまだ少し早い。

高野龍神スカイラインの紅葉は山頂付近は終盤、強い風でかなり散っていた。
中腹は見頃、下のほうはまだ少し早い感じ。
尾根は見事な樹氷が見られ、めったに見られない三段紅葉に、
しだいに観光客やカメラマンも増え始めるが、みんなあまりの寒さに震え上がっていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

最初デジタルとともにフィルムのPENTAX645でも撮影していたのだが、
寒さですぐに動かなくなったので、以後デジタルのEOS5Dマーク2のみの撮影。
外部電源をもっていくんだった不覚。

ただ時間が急ぐ撮影ではデジタルに集中できたのでよかったかもしれない。
10時過ぎには、下のほうの樹氷はかなり融けて来た。
メモリーカード余分に持っていったつもりであったが、
手持ちの20Gをほぼ使い果たしたので、3時ごろ野迫川村を通り帰路に着いた。

野迫川村の楓は見頃、銀杏は半分緑、中原川の紅葉はまだ少し早い感じ。

奈良県上北山村の大台ケ原の紅葉と夕景 10月18日分2-2。

10時ごろに奈良県上北山村の大台ケ原へ移動。

少し雲が漂うものの、天気は快晴になってきた。
ドライブウェイ沿いの紅葉は見頃、今年はやや早いみたいだが今週中は大丈夫だろう。
11時ごろに山頂の駐車場に向かうが、かなり手前まで車で埋っているのであきらめ、
再びドライブウェイ沿いの紅葉を撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

3時前に再び山頂の駐車場に向かうが、今度はなんとか駐車できた。
遅い昼食の後、山頂の日出ヶ岳へ向かう。
20分ほどで山頂への分岐に到着するが、
すごい霧で日出ヶ岳はあきらめ、正木峠へ。
この辺りの紅葉は終盤、正木峠へ続くつつじの紅葉も終盤。
しばらくすると霧が晴れてくる。

霧に包まれた正木峠のドウダンツツジの紅葉。

イメージ 5

5時20分ごろに日没、快晴なので星景も撮りたかったが、あまりの寒さに残念。
ジャケットにフリースも着込んでいたのだが、風が強くもう冬の感じ。

正木峠の夕暮れ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰り道、思いっきりこけて全身を打つ、三脚のパーン棒も折れてしまった。
車で一泊して、翌日に日出ヶ岳から日の出を撮るつもりだったのだが、
すっかり戦意喪失、帰路に着いた。

9時前に帰宅、まだというかさらに全身が痛い。

このページのトップヘ