風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:パラダイスビーチ

与論島 鹿児島県与論町の大金久海岸・与論城跡にあるサザンクロスセンター・サンセットビーチ・パラダイスビーチ・百合ヶ浜・シナハビーチ 7月5日分。

朝は、大金久海岸へ。
アーチの下側から。

イメージ 1

イメージ 2

与論城跡にあるサザンクロスセンター、入場400円。
展望はよいが窓は開かない。

イメージ 3

イメージ 4

サンセットビーチ。

イメージ 5

イメージ 6

パラダイスビーチ。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

三度、百合ヶ浜ヘ。
12時くらいから潮が引きはじめで渡ったが、昼時だからか人は少な目。
1時ごろにはすごく増えた。

イメージ 10

イメージ 11

夕方は、シナハビーチへ。
数人が夕日を見に来ていた。

イメージ 12

イメージ 13

与論島 鹿児島県与論町の大金久海岸・百合ヶ浜・茶花海岸・パラダイスビーチ・ウドノスビーチ 7月4日分。

朝は大金久海岸へ。

イメージ 1

午前中は、西側のビーチを廻る。

少しでも早く行きたかったので、10時半ごろ。
まだ浜が現れる前に百合ヶ浜にジェットスキーで渡る。往復1000円。
干潮のピークは毎日45分くらいずつずれていく。

イメージ 2

すぐに水が引いて浜が現れていくが、10分もしないうちに観光客でいっぱい。

ノーダルニンジャを使い、先にα6000を付け、ハイアングル撮影。
スマートフォンにリンクして、アングルを決めている。

後で気づいたのだが、本体でRAWにセットしていても、
スマートフォンにリンクしたときは、新たに画質設定しなければならず、
初期設定はJPGになっていた。
テストの時に気づかなかった痛恨のミス。
不便なつくりで、注意書きくらいあってもよいものを。

イメージ 8

完全に水が引くと砂浜の色も変わる。
キャノン5D3は重いので、ノーダルニンジャのポールを短めにして撮影。
スマートフォンのリモートには、対応していない。

イメージ 3

12時20分ごろに宿に戻り、昼寝。
干潮の間は、ビーチはあまり絵にならないので、ゆっくりしている。

遅い昼食後、島をツーリング。

イメージ 4

茶花海岸。

イメージ 5

パラダイスビーチ。

イメージ 6

ウドノスビーチの夕日。

イメージ 7

このページのトップヘ