風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:ミヤマキリシマ

鹿児島県・宮崎県の韓国岳のミヤマキリシマ 6月7日分3-2。

6時15分に出て、25分にえびの高原へ。駐車場は500円。登山後に支払う。
ここは売店・食堂・コンビニもある。

韓国岳(からくにだけ)は霧島火山群の最高峰で、日本百名山の一つ。
鹿児島県霧島市と宮崎県えびの市にまたがっている。

https://www.kanko-miyazaki.jp/ebino/kanko/11208.html
https://www.kagoshima-kankou.com/guide/51690
https://www.city-kirishima.jp/kirikan/kanko/shizen/yama.html#oonamunoike

昨日の霧の情景もまたよかったのだが、
やはり晴天で撮りたいので、二日連続で韓国岳へ。
今日はえびの高原からの最短ルートを登る。

駐車場から10分ほど歩き、7時過ぎに、えびの高原の登山口から登山開始。
カメラ1台にレンズ2本、三脚はなし。ストック1本。

7時半に硫黄山火口の展望所へ。後ろの山は甑岳(こしきだけ)

_S9A3389

8時に五合目の休憩小屋へ。
8時15分に7合目。この辺りから大浪池がよく見えてくる。

_S9A3442

8時45分に山頂に到着。
山頂付近には山小屋などはない。あるのはこれだけ、少し寂しい。

_S9A3443

山頂は火口の淵にあり、断崖絶壁、落ちたら最後。柵などはない。

_S9A3456

今日は高千穂峰がよく見える。
ミヤマキリシマは見頃後半。
群生しているところもあるが、構図的にちょうどいい場所には今一つの感じ。

_S9A3463

_S9A3509

少し大浪池側に下りたところから撮影。

_S9A3546

10時15分ごろから下山開始。
午後からの方が光線はよいのだが、天気は下り坂。

_S9A3549

11時45分ごろに登山口に戻る。




鹿児島県・宮崎県の高千穂峰のミヤマキリシマ 6月4日分2-2。

高千穂峰は霧島連山の主峰で、200名山の一つ。
駐車場から御鉢辺りまでは鹿児島県の霧島市で、
山頂部は宮崎県小林市と都城市にまたがっている。

https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10126
http://www4.synapse.ne.jp/visitor/takatiho.html
https://www.kanko-miyazaki.jp/takaharu/kanko/11393.html

6時45分ごろに高千穂河原の駐車場へ。24時間500円。
トイレや自販機あり。
7時過ぎから登山開始。カメラ1台にレンズ1本、三脚はなし、ストック1本。

霧島神宮古宮址にお参りしてから、登山道へ。
最初の方は歩いやすい道だが、途中からは火山独特のすごく滑りやすく歩きにくい道。
登りはまだいいが、下りはストックがあっても何回もこけそうになる。

登山道からは霧島連山がよく見える。

_S9A3015

8時15分に御鉢に到着。御鉢周辺のミヤマキリシマは終了。
御鉢からはしばらく平坦な道が続き、また登りになる。

_S9A3027

9時ごろに山頂に到着。
ミヤマキリシマは見頃後半から終盤の感じ。

_S9A3078

_S9A3090

天の逆鉾。
坂本龍馬が抜いたっていう話が有名。

_S9A3095

_S9A3118

_S9A3133

9時50分ごろから下山開始。
11時45分に登山口に戻る。

1時ごろには空が白っぽくなる。

1時45分に新湯の温泉へ。600円。
2時半ごろに、再びえびの高原へ。
周辺を散策。

6時10分ごろに出て、途中20分ほど休憩。
8時頃、道の駅たるみずへ。

宮崎県えびの市の えびの高原のミヤマキリシマ 6月4日分2-1。

朝5時15分頃に、えびの高原へ。ミヤマキリシマは見頃後半から終盤。

_S9A2985

高千穂峰の登山後、2時半ごろにも再訪。
駐車場は500円。

_S9A3167

大分県竹田市の平治岳のミヤマキリシマ 6月3日分5-2。

天気は快晴。

平治岳(ひいじだけ・ひじだけ)は、九重連山の一角にある標高1642mの山で、
九重で一番ミヤマキリシマが美しい山として知られる。
5月末から6月上旬が花の最盛期。

6時前に無料の男池駐車場に移動。すでに車でいっぱい。
トイレや自販機もある。

6時半に男池入り口から登山開始。
カメラ1台にレンズ2本。三脚はなし、ストック1本、水1リットル。

途中の岩場は、目印が少なく登山道がわかりにくい。

7時25分に、ソババッケに到着。ここは開けた台地。

8時25分に平治岳の山裾にある大戸越(うとんごし)に到着。
ここで休憩する登山客は多い。この辺りのミヤマキリシマは虫害でほとんどやられている。

ほとんど休まず、平治岳へ登り始める。登山道は登りと下りで分かれている。

50分に山上の展望所に到着。

山上のミヤマキリシマも虫害が見られて、
毎年来ている人からいうと、状態はよくないらしい。
レンジャーの人によると虫害は去年も見られ、数年は続き、
そのうちに虫の天敵が増えたりして、次第に回復していくらしい。
でも初めて来る人には十分奇麗だとは思うけど。

展望所から見下ろすアングル。

_S9A2773

奥に見えるのは三俣山。

_S9A2783

ここからはしばらく平坦な場所が続き、再び少し登ると山頂。

奥に見えるのが山頂部。

_S9A2813

山頂部は狭く、登山者でいっぱい。
少し下がった所から。

_S9A2866

_S9A2886

11時頃から下山開始。25分に大戸越。
12時半にソババッケに到着。

1時前に、かくし水。ここは湧水が出ておりとてもおいしい。
持って行った水がちょうどなくなったので、ここで補給。

1時半に男池入り口に戻る。


このページのトップヘ