沖縄県渡嘉敷村 慶良間諸島の渡嘉敷島 渡嘉志久ビーチの夕暮れ 8月29日分。

天気は高曇り。
朝8時20分に泊港(通称とまりん)へ。宿から歩いて10分ほど。

9時、予約していた慶良間諸島の渡嘉敷島行きのフェリー渡嘉敷に乗船。
片道1660円。夏場は予約でいっぱい。

10時に出航。
11時15分、渡嘉敷島に到着。予約していたレンタカーを借りる。
3日間、保険込みで25000円ほど。
50キロまでGAS無料、追加25キロごとに400円。
4人ほど借りていたが、ほとんどの人は日帰り利用。

天気がいまいちなので、初日はロケハンで、島を廻る。
慶良間諸島では、渡嘉敷島が一番大きいが、
それでも南北10キロほどしかない。

やどかりくん。

イメージ 1

イメージ 2

4時半頃に港近くの渡嘉敷島唯一のドミトリー、「ケラマバックパッカーズ」へ。
1日2500円。

沖縄本島は、中国のツアー客が多いが、慶良間は欧米人率が高い。

渡嘉志久ビーチの夕暮れ。
夏場は地平線近くに雲が多く、この後隠れてしまった。

イメージ 3