風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:一関市

岩手県一関市の三菱マテリアルの岩手工場 7月21日分5-5。

4時55分ごろに「みちのくあじさい園」を出て、
5時過ぎに県道19号線沿いの三菱マテリアルの岩手工場が見えるポイントへ。

_S9A0861

_S9A0925

ここで工場夜景撮影しようか迷ったが、時間持て余しそうなので移動。

その後、宮古市まで移動。
途中夕焼けが良かったら撮影しようと思っていたが、曇ってしまった。

岩手県一関市の「みちのく紫陽花園」7月21日分5-4。

3時過ぎに山吹棚田出て、4時前に「みちのくあじさい園」に到着。
無料駐車場あり。入園1000円。園内にカフェやレストランあり。

https://www.ichitabi.jp/spot/data.php?p=36

日本最大級で400種類4万株の紫陽花が咲く。
紫陽花は全体的に見頃終盤だが、
お目当ては、数年前から始まった期間終盤の20日から25日まで行われる紫陽花の池。
昨日来たときは、中途半端に日が当たっていたので、
今日は夕方日が隠れる時間を見越して再訪。

4時ごろは、まだ日が当たっていたが、4時10分頃には太陽が隠れて、
青天光なしの好条件になった。いわゆるマジックアワーというやつ。
ちょうど昨年のポスターにも採用された子供たちの撮影が始まったので、
一緒に撮影させてもらう。
お母さんもインスタ映え狙っているようで、衣装も凝ってる感じ。

_S9A0875

_S9A0891

光線状態が良いので、営業終了ギリギリまで撮影。
ほとんどの紫陽花は見頃過ぎだが、白いのは見頃。
小雨で煙っていれば最高だが、これでも十分綺麗だと思う。

_S9A0905

_S9A0911


岩手県一関市の山吹の棚田とユリの花 7月21日分5-3。

1時20分に安波展望台の駐車場を出て、山吹の棚田に向かう。
途中の県道10号線の大原辺りにあったユリの群生、15分ほど撮影。

_S9A0718

_S9A0759

2時半ごろに山吹の棚田に到着。
日本の棚田100選の1つ。
路肩駐車可。東屋あり、トイレはない。
https://www.ichitabi.jp/spot/data.php?p=49

_S9A0781

_S9A0801

ここにもユリが少しだけ。

_S9A0832

岩手県一関市の厳美渓 7月20日分6-4。

1時40分に西山棚田を出て、骨寺村荘園遺跡経由で、
2時50分頃に厳美渓へ。
駐車場500円だが、700円以上お土産を買えば無料。

通り道だったので寄り道したが、晴天でコントラストが強く撮りにくい。
渓谷は小雨か曇りがおすすめ。
現像でシャドーとハイライトを調整。

_S9A0351

_S9A0364



岩手県一関市の「みちのく紫陽花園」7月20日分6-2。

9時に伊豆沼を出て、10時に「みちのくあじさい園」に到着。
無料駐車場あり。入園1000円。園内にカフェやレストランあり。

https://www.ichitabi.jp/spot/data.php?p=36

日本最大級で400種類4万株の紫陽花が咲く。
紫陽花は全体的に見頃終盤だが、
お目当ては、数年前から始まった期間終盤の20日から25日まで行われる紫陽花の池。
10時半からと書かれていたが、すでに紫陽花は池に並べられていた。

しかしながら、日当たりのよい場所だと勘違いしていたが、
森の中で中途半端に日が射していて、撮りにくい。
紫陽花の池は、朝早くか、夕方遅くの日が差しこんでいない時間帯がおすすめ。
ほぼ快晴状態なのだが、わずかに雲があったので、
雲に隠れてフラット光にならないか、かなり待ったが、結局だめだった。

_S9A0308

紫陽花園内も森の中が多く、晴天は撮りにくいので、小雨か曇りがおすすめ。
晴天向けの場所はあるが少しだけ。

_S9A0315

岩手県一関市の猊鼻渓の紅葉 10月28日分3-2。

天気は晴れだが、雲が多い。

11時頃に猊鼻渓(げいびけい)に移動。
駐車場500円。舟下り往復1800円。
ここは舟に乗らないと見ることができない。
終点で少し歩き、また戻って同じ舟に乗る。
ほとんどの川下りは下るだけだが、往復とも舟に乗るのは珍しい。
紅葉は見頃のようだが、色合いは今一つの感じ。
https://www.ichitabi.jp/

_V9A4258

_V9A4262



岩手県一関市の厳美渓の紅葉 10月27日分4-4。

天気は曇りにかわる。

夕方に厳美渓(げんびけい)へ。
駐車場300円。
厳美渓の紅葉は色づき始め、紅葉自体も少ない。
https://www.ichitabi.jp/

_V9A4178

_V9A4184

_V9A4188


岩手県一関市の磐井川の紅葉と祭畤災害遺構 10月27日分4-3。

朝から晴れ、雲が増える。

須川高原を抜けて岩手県に入る。

磐井川の紅葉は、見頃。

_V9A4130

岩手・宮城内陸地震で落ちた祭畤(まつるべ)大橋を保存した、祭畤災害遺構。

_V9A4173




岩手県一関市の山吹の棚田 10月5日分2-2。

山吹の棚田に移動。
日本の棚田100選の1つ。
須川高原から1時間45分ほど。

もう刈り入れは終わっていた。

イメージ 1

天気は完全に曇りに変わったので、
のんびりと下道を北上し八幡平に向かう。





岩手県一関市の栗駒山麓・須川高原の紅葉 10月5日分2-1。
朝はどんより。

朝4時30分頃に出発。
1時間ほどで須川高原に到着。

栗駒山は秋田・宮城・岩手の県境にあり、
先日訪れたのは、南側の宮城だったが、
須川高原は北側の秋田・岩手にまたがっている。

岩手側にある駐車場に停めて、名残ヶ原湿原へ。
紅葉は見頃。

朝のうちは肌寒い感じで、雲海が流れ、
ソフトシェルとダウンを着ていたが、
8時半頃から、雲が多いものの晴れてきて暑くなる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8








岩手県花巻市の花巻温泉の釜淵の滝、平泉町の毛越寺、一関市の祭畤大橋、秋田県湯沢市の子安峡 10月22日分。
前夜は雨、しだいに晴れてくる。
朝から岩手県花巻市の花巻温泉へ。

釜淵の滝。

イメージ 1

花巻温泉の紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、南下して平泉町の毛越寺へ。
駐車場300円、拝観500円。
紅葉は見頃前半。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

その後、国道342号線で西進。
一関市の祭畤大橋(まつるべおおはし)
地震で落ちた橋。

イメージ 12

栗駒山山麓を抜けて、秋田県湯沢市の子安峡へ向かう。
栗駒山はほぼ落葉。

子安峡の紅葉。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

夜は、大仙市のホテルへ。

岩手県一関市の山吹の棚田と猊鼻渓平泉町の中尊寺の金色堂と毛越寺の花菖蒲園、陸前高田市の奇跡の一本松、宮城県気仙沼市の唐桑半島 6月22日分。

朝は山に霧が流れていた。
岩手県一関市の山吹の棚田。棚田100選の北限になる。

イメージ 1

イメージ 2

平泉町の中尊寺の金色堂、世界遺産に指定されている。

イメージ 3

同じく平泉町の毛越寺の花菖蒲園、まだ2,3分咲き。
ここも世界遺産に指定されている。

イメージ 4

イメージ 5

その後、平泉の他の世界遺産を廻り、一関市の猊鼻渓へ。
 舟下り(1500円) でないと見れないところ。
奥まで行き、少し陸に上がって自由散策、再び船で戻ってくる、約1時間半。

イメージ 9

イメージ 10

その後、太平洋側へ抜ける。

宮城県の北部にある気仙沼市の唐桑半島へ。
巨釜・半造を廻り、岬の先にある御崎へ。

イメージ 6

イメージ 7

海沿いを北上、再び岩手県に入る。
東日本大震災でなくなった陸前高田市にあった高田松原に唯一残った奇跡の一本松へ。
東日本大震災応援ツアーの人たちなどが、訪れていた。
周辺、まだ津波の傷跡が多く残っている。
奥の建物は、使われていなかったユースホステル。

イメージ 8

夜は、通岡峠で車中泊。
温泉や屋台村、コインランドリーなどもある。

宮城県松島町の双観山から松島と朝日、大崎市の鳴子峡、栗原市の山王史跡公園のあやめ園、岩手県一関市の厳美渓 6月21日分。

朝からいい天気。
松島と朝日、宮城県松島町の双観山の近くの道沿いから。
本当はパノラマラインで撮影予定だったが、朝5時から松くい虫の防止剤の散布をするということで、
通行禁止になってしまった。

イメージ 1

その後、急に曇ってきたので、松島周辺のロケハンをして様子見。
天気予報は昼頃から晴れ予報だったが、変わらず。
しかたがないので、移動。。

大崎市の鳴子峡。


イメージ 2

栗原市の山王史跡公園のあやめ園、まだ咲き始めだったので、
いいところだけ撮影。

イメージ 3

少し北上して、岩手県に入り一関市の厳美渓へ。雨が降ってきた。

イメージ 4

イメージ 5

夜は、すぐちかくの道の駅「厳美渓」で車中泊。

続く。

このページのトップヘ