風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:万博公園

大阪府大阪市の天保山の海遊館・梅田のビル群・通天閣、吹田市の万博公園のコスモス 10月23日分


大阪府の素材集の撮影の続き。

朝から天保山の海遊館を撮影、朝早くがおすすめ。

天保山の海遊館。

イメージ 1

イメージ 2

その後、梅田に移動して周辺を撮影。

大丸27階、第三ビル32,33階には展望フロアがある、3階の屋外駐車場からも撮れる。
第三ビル南東の歩道橋もおすすめ。

ビル内からの撮影ではガラスに密着させて、
できればレンズの周囲を黒布などで囲んで反射を入れないこと、三脚は禁止。

大丸27階より南東方向、北側大阪駅ビルは改装中。

イメージ 3

第三ビル、3階の屋外駐車場から駅ビル群。

イメージ 4

イメージ 5

第三ビル32,33階には展望フロアより、西側と東側の展望。

イメージ 6

イメージ 7

第三ビル南東の歩道橋より駅ビル群。

イメージ 8

昼頃に通天閣に移動。
その後、住吉大社に行こうと思っていたのだが、
太鼓橋が11月下旬まで改装中なので予定変更。

通天閣。

イメージ 9

イメージ 10

2時ごろに吹田市の万博公園に移動、入園250円。
コスモスは満開見頃、台風で倒れて背が低くなり撮影しやすい。

万博公園。

イメージ 11

イメージ 12

2時半ごろに急に雲が広がってきたので撮影終了、帰路に着いた。

兵庫県宝塚市の中山寺梅林と大阪府大阪市の万博公園の梅林 3月2日分。

昨日やっと中判のレンズの修理ができあがった。
(清掃だけなのに約1万6千円は高い。)
というわけで、やっと本格的に風景撮影に出かけられることとなり、
さっそく、兵庫県の中山寺と大阪府の万博公園の梅取材に行ってきた。

前日遅くまで別の仕事をして疲れていたので、
朝はゆっくり8時過ぎに出発。
JRと阪急電車を乗り継ぎ、宝塚線の中山駅に着いたのは10時。
中山寺へは歩いて5分程、
駐車場はないということだったので、小さなお寺だと思っていたのだが、
西国三十三所の一番札所だけあってすごくりっぱだった、
境内にエスカレーターまであってびっくり。
梅林は、境内をぬけてさらに5分程歩く。
撮影を始めるとすぐに観光客が増えてきた。
白梅は満開だが、紅梅は少し散り始めで見頃後半の感じ。
ここは、高低差があるのでアングルの変化をつけやすい。

イメージ 1

イメージ 2

昼飯の後、阪急電車とモノレールを乗り継ぎ、1時過ぎに万博公園へ。
自然文化園と日本庭園両方に梅林があるが、
どちらも全体的に少し散り始めで見頃後半の感じ。
また平坦なので、アングルの変化はつけにくい。
日本庭園のほうは規模が小さいので、自然文化園のほうがおすすめ。
万博公園のシンボルの太陽の塔との組み合わせるのも面白いと思う。

イメージ 3

このページのトップヘ