風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:三好市

徳島県の日本百名山・剣山へ 5月7日分2-1。

朝3時起きで、3時27分に劔神社の入り口から登山開始。
山頂まで、約4キロ。天の川がとても奇麗。

リュックにカメラ1台レンズ1本、RRSのTVC24Lの三脚。
水500ml、雨具、防寒具、他、ストックはなし。

登山口には無料駐車場、トイレ、売店あり。
日帰り温泉は車で6分のラ・フォーレつるぎ山が一番近い。
https://www.awanavi.jp/spot/21317.html

四国に日本百名山は2つあり、1つは4日に登った石鎚山。
もう1つの剣山は、徳島県三好市東祖谷、美馬市木屋平
那賀郡那賀町木沢の間に位置する標高1,955mので、徳島県の最高峰。
https://www.awanavi.jp/document/29040.html

中腹の西島までは登山リフトもあるが、日中のみ。
詳しくは上↑のリンクで。

神社でお参りしてから、夜道をひたすら登る。
4時17分に登山リフトの山頂駅に到着。ここは眺めもいい。
開けたところで、天の川も撮りたかったが、星を撮るにはもう明るすぎ。
山頂で撮る場合、1時前に登山開始するか、山小屋に泊まるしかない。

登山道は複数あるが、最短の尾根道を歩く、40分ほど。

日の出前に、途中にあるキャンプ場に泊まっていた方が後から登って来た。
朝日は山頂手前で撮影。上の方行くと前景に入れたい木がないので。

_S9A9481

_S9A9526

_S9A9558

撮影しながら、5時45分ごろに山頂付近の山小屋を通過。
山頂付近は、植生保護のため、木道になっている。

_S9A9643

_S9A9684

6時35分ごろから、撮影しながら一の森方面へ。
7時17分に行場方面への分岐通過。

7時45分に一の森の山頂。
右側が剣山(別名 太郎笈 たろうぎゅう)、左側が次郎笈。

_S9A9776

_S9A9840

8時8分に一の森を出て、8時14分に分岐。
帰りは行場経由で下山。
こちらはやや荒れた登山道。雨や雨の後はやめたほうがいい。

8時38分に修験道の行場のあるところ。
でかい大岩の下に神社とかがある。

_S9A9855

9時ごろに尾根道の分岐に到着。
椅子のあるところで、休憩した後、
写真を撮って歩き出して、50mほど進んだ後に三脚を忘れたことに気づき、
慌てて取りに戻る。危ない危ない。

9時15分に山頂駅。もうリフトが動いているので、次々登山客がやってくる。
帰りもリフトは使わず、歩いて戻る。
途中、かなりの登山客にすれ違う。
最短コースだと、駐車場から2時間もかからないので、駐車場から歩いて登る人も多い。

9時52分に神社。55分に駐車場へ。

10時17分に出発。
剣山ドライブウェイを北上。新緑が奇麗。

_S9A9881











徳島県三好市の奥祖谷二重かずら橋 5月6日分5-5。

2時35分ごろに奥祖谷二重かずら橋へ。
無料駐車場、トイレあり。入場550円。
かずら橋が2本ある。
https://miyoshi-tourism.jp/spot/okuiyanijukazurabashi/

_S9A9426

_S9A9428

_S9A9435

夕方、剣山のふもとの駐車場へ。

徳島県三好市の落合集落 5月6日分5-4。

再び、かずら橋前を通り、東進。

1時35分ごろに落合集落の展望所へ。
無料駐車場、トイレあり。
落合集落は、国選定重要伝統的建造群保存地区。
雲がとってもいい感じ。

https://www.awanavi.jp/spot/20380.html

_S9A9390

徳島県三好市の大歩危・小歩危 5月6日分5-3。

11時過ぎに、県道32号線から国道32号線に入り南下。
11時半ごろに、大歩危で遊覧船を撮影。
国道32号線沿いには、道の駅などがある。

https://www.awanavi.jp/site/midokoro/ooboke.html

_S9A9254

_S9A9298

_S9A9318

徳島県三好市の秘境祖谷渓のひの字渓谷と小便小僧 5月6日分5-2。

8時50分にかずら橋を出て、秘境祖谷渓沿いを走る県道32号線を北上。

https://miyoshi-tourism.jp/spot/iyakei-peeingboy/

9時半ごろに、ひの字渓谷の展望所。路肩駐車可。
少し青空が見えてくる。

_S9A9100

45分ごろに小便小僧。路肩に3台ほど駐車可。

_S9A9121

その後も時々撮影しながら北上。

_S9A9160

_S9A9171

_S9A9182

_S9A9215





徳島県三好市の秘境祖谷のかずら橋 5月6日分5-1。

朝5時前に三度フラワーパーク浦島へ。
遠くの方の路肩に停めて歩く。5~10分程度。
マーガレット畑は満開見ごろ。
今日はカメラマン、他2名。
朝は曇りで撃沈。

6時12分に出て、途中コンビニに寄ってから、
8時ごろに、かずら橋近くの駐車場へ、1回300円。
秘境祖谷に佇むかずら橋は、日本三奇橋の一つ。
渡るのは有料550円。

藤の花はほぼ終了。
8時半ごろから観光客が増える。

https://www.awanavi.jp/site/midokoro/kazurabashi.html

_S9A8991

徳島県三好市の大歩危小歩危の紅葉 11月21日分5-3。

高知道の高知ICから大豊ICまで20分ほど。
国道32号線を東進、30分ほどで大歩危駅。
そこから北上しながら撮影。
紅葉は見ごろ後半から終盤。

イメージ 1

イメージ 2

もみじ亭付近は見頃。

イメージ 3

イメージ 4

その後、北上して香川県の金刀比羅宮ヘ向かう。

岡山県真庭市の神庭の滝の紅葉と徳島県三好市の祖谷渓の紅葉 11月20日分。
 
日曜日、朝から快晴。
7時過ぎに、真庭市の神庭の滝へ、駐車場は広い、無料。
先客のカメラマンが1名。
 
滝へはゲートがあって、8時半からということだが、
7時40分前に係りの人が来て入れた、料金300円。
 
玉垂れの滝。
 
イメージ 1
 
神庭の滝の紅葉は見頃前半の感じだが、今年は色が悪い。
奥の方の遊歩道は工事中で、滝壷近くには行けない。
雨天が最良だが、滝は南向きなので、晴天のときは昼前後がよいと思う。
日が当たる前に撮影。
 
イメージ 2
 
その後、9時に中国自動車道落合ICから入り、岡山自動車道を通り、四国に向かう。
40分で、瀬戸中央自動車道分岐。
瀬戸大橋は横風が強い。
 
10時10分、瀬戸中央自動車道の途中にある与島PAで休憩。
ここでUターンもできる。
フィッシャーマンズワーフから港へ歩いて出られる。
快晴で気持ちがよいが風が強くて寒い。
 
イメージ 3
 
11時に出発、高松自動車道経由で、
12時過ぎに徳島自動車道井川池田ICから出る。
 
その後、国道32号線を南下、徳島県三好市の祖谷渓(いやけい)へ。
カエデは見頃、山紅葉はまだ早い感じだが、今年は色が悪そうな感じ。
 
大西付近。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
小便小僧付近。途中道が狭いところが多い。
移動に思っていた以上に時間をとられ、予定よりもかなり遅れて、
渓谷が半分影になってしまった、反省。
できれば晴天時は昼ごろの撮影がいいです。
 
イメージ 7
 
かずら橋の紅葉は枯れたような感じでだめ。
観光客が数珠繋ぎだった。
大駐車場があり、300円と500円。
 
大歩危、小歩危の紅葉もまだ早い感じだが、今年は色が悪そうな感じ。
 
3時40分、徳島自動車道井川池田ICから入り帰路に着く。
藍住ICまで約50分。
藍住ICから高松道板野ICまでは、一般道を走り約6分。
 
神戸淡路自動車道縦断は約40分。
阪神高速、第二阪奈経由で、7時40分に生駒ICから出る。
 
井川池田ICから生駒ICまで、約4時間(休憩40分含む)
途中阪神で少し渋滞あり。
 
8時前に帰宅。
総走行距離、1109キロ。
 
 

このページのトップヘ