風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:三重県

三重県松阪市の宮の滝渓谷の風折の滝の氷瀑 2月25日分。

天気は快晴。

朝7時55分に、斑鳩の自宅を出発。
途中コンビニに立ち寄り、9時10分ごろに大宇陀の道の駅の前を通過。
9時35分ごろに高見トンネルを通過して三重県に入る。
トンネル付近の路肩にはわずかに残雪あり。

9時55分ごろに県道569号線へ。橋を越えたところにスーパーあり。
奥香肌峡の宮の滝渓谷に向かう。室生赤目国定公園の一部。

蓮ダムの所でトイレ休憩。自販機もある。

しばらく行くと道は狭くなる、落石も多い。
10時15分に宮の滝渓谷の駐車場に到着。
先客の車が3台。8台くらい駐車可。

携帯は通じない。またトイレや自販機などはない。
2キロほど手前に非常電話あり。
800m手前にも8台くらいとめれる駐車場がある。

安全のためヘルメット装着。ストックはなし。
カメラ1台にレンズ3本。三脚はなし。

登山届を出して、10時20分ごろから歩き始める。
所々、登山道崩落で沢沿いを歩くようになっている。

最初は雪はなかったが、途中から川沿いの雪が多くなる。
登山道の雪は少ないが滑りそうなところもあるので、チェーンスパイク装着。

休憩なし45分で高滝との分岐のある水越谷出合に到着。

ここから風折の滝へは、未整備の沢歩きの道。
何度も大きな岩を越えたり、滑りやすい巻き道を歩く。
ロープは張ってあるが、足場があまりなく、かなりきつい。
梯子が欲しいところが10か所くらいあった。

途中帰路の男性2名とすれ違う。
夫婦で来られていた女性の方は、途中で諦めてUターン。

岩が重なった穴をくぐるところで、肩がつかえてくぐれず、
諦めて帰ろうかなと思ったが、隣に少し広い穴があったので、無事にくぐれた。
そこは足元も滑りやすい岩で、ロープを腕力で登らないといけないので、結構きつい。
バッグを背負ったままでは到底無理なので、先に上げておく。

他にも小さな滝横の凍った岩を登らないといけないところも、腕力勝負。
氷はつるつるで、チェーンスパイクでは引っかからない。
ここは12本爪のアイゼンが必要。
木の枝が立てかけてあるので、何とかぎりぎり。

途中から、ご夫婦の男性の方と一緒に歩く。
現在73歳ということだが、登山やってる方はすごく達者。
63歳から始めただけということだが、
10年やってるとここまで元気になれるものかと驚き。
普通の73歳の人はまず来れんわ。

12時ごろに風折の滝の氷瀑に到着。
落差70m。
氷瀑の幅は40mあるらしい。
シェークスピア滝の氷瀑とどちらが大きいんだろう。

ここまで休憩なしで1時間55分。

天使の翼といわれるだけあって、大迫力。
これが見たかったんだな。
今年は新聞でも何回か取り上げられたが、
まだ溶けずに見られるか確信がなかったので、
来るのをためらっていたのだが、
ヤマップで23日に来られた方が多く、
まだまだ氷瀑きれいだったので、来た次第。
https://yamap.com/activities/1595765


_S9A6460

_S9A6455

_S9A6447

_S9A6406

_S9A6396

少しすると途中から一緒に来た男性の方は奥さんが待ってるからと先に帰られた。
自分は30分ほど撮影して、12時半ごろから歩き出す。

1時ごろに岩をくぐるところ通過。
チェーンスパイク履いてるとかえって滑るので、ここでは外して降りた。
どこもそうだが、上りより下りの方が楽。

でも滑ったら、超危険なので慎重に降りる。
毎年1人くらい亡くなる方もいるらしい。
1人で来ていてなんなんだけど、単独登山は危険です。
経験豊富でないと絶対お勧めしません。

1時半に分岐のある水越谷出合。ちょうど1時間。
高滝はあまり凍ってないようなのでパス。
高滝は昔新緑の時に行ったことがあるが、道は整備されています。

2時18分ごろに駐車場に戻る。
復路は休憩なしで1時間48分。
途中2回ほど、こけかけた。
膝をぶつけたし、腕も足もすでに筋肉痛。

2時23分に出て、3時3分に高見トンネル通過。
3時27分に宇陀の道の駅の前を通過。
4時35分に帰宅。

今日の走行距離は166キロほど。


三重県名張市の赤目四十八滝の雪景色 2月14日分。

再び寒波到来。前日のウェザーニュースの予報で赤目四十八滝の奥の方では、
8~10㎝の積雪があるとのことだったので、再訪。

https://www.akame48taki.com/
https://www.akame48taki.com/guidemap/

朝5時20分に斑鳩の自宅を出発。下道を走る。
長谷寺付近には雪の気配はなかったが、国道165号線の榛原辺りから雪景色。
道路上には雪はないが、周辺かなり積もってる感じ。

6時30分に県道567号線に入り、分岐で県道784号線へ。
この辺りから樹々の下はアスファルトが見えているが、
それ以外は大体5センチ以上の積雪。

日の出時間は6時40分ごろで、太陽は出ていないが、もう明るくなってきた。

6時50分に出合の駐車場。数台駐車可。トイレ・自販機はない。
かなり轍があったので、他にもカメラマンが来ているのかと思ったが、先客はなし。

6時56分に歩き出す。
足元はチェーンスパイク。ストックも使う。
カメラ1台、レンズ2本に三脚。

遊歩道は大体5センチくらいの積雪。
樹々の下は雪のないところも多いが、雪の多いところは10センチくらいある。

7時半に琵琶滝に到着。なかなかいい感じ。
赤目四十八滝の雪景色は、デジタルになってからは初めて。

_S9A5727

30分ほど撮影して、荷担滝(にないたき)へ。5分ほど。

_S9A5797

荷担滝からUターン。途中撮影しながら戻る。

_S9A5862

_S9A5910

9時40分ごろに駐車場に戻る。結局、誰も来なかった。

県道784号線を戻り、途中の道沿いにある池で少し撮影。

_S9A5927

10時10分ごろに、赤目四十八滝のサンショウウオセンターのある方へ。
駐車場500円セルフ。赤目四十八滝入山500円。
こちらの方は、9時からのオープンで、朝早くは入れない。

赤目四十八滝入り口付近にトイレはない。
トイレはかなり手前のバス停付近と、渓谷内の千手滝の手前にある。

冬場はほとんどの土産物屋も閉まっていて、自販機のみ。
コンビニは国道165号線沿いにあるのみ。

出合からずっと歩くと時間がかかるので、
こちらの方に回ったのだが、やはり標高が低い分、雪が少ない。
赤目五爆の残り3つの雪景色を撮りたかったのだが、
不動滝も千手滝も、ほとんど雪なし。
川沿いの岩には雪が積もっているのだが、樹々の雪がないと寂しい感じ。

布曳滝はわずかに岩に雪の気配があったので、少しだけ撮影。

_S9A5938

県道沿い走った時、下の方は朝早い時点で木々の雪はなかったので、
9時過ぎに入っても下の方の木々の雪はなかったと思う。

雪もかなり融けてきたので、布曳滝からUターン。

11時過ぎに駐車場に戻り、帰路に着いた。

今日の走行距離は113キロほど。






三重県熊野市の獅子岩と楯ヶ崎 2月5日分。

5日6日と寒波襲来。
奈良と三重県境あたりも降雪がありそうな予報。
1月中旬に行こうかなと迷った挙句、結局行かずにいいチャンスを撮り逃したこともあり、
1泊二日で出かけてきた。

いろいろバタバタしてたので、出発は10時前。
斑鳩の自宅を出て、11時15分に吉野のコンビニで15分ほど休憩。

川上あたりから雪がちらつく。
12時ごろに国道169号線の大台ヶ原分岐の所のトンネルを通過。
この辺りはすごい雪。

土曜日で車がいっぱい止まってたけど、シェークスピアの氷瀑群で、
写真撮ったり、アイスクライミングする人って、そんなに多いのかな。
私有地で許可のない立ち入り禁止みたいだけど。
https://twitter.com/M5lXxiwh85Si9Wo/status/1490072524620636162

12時18分に道の駅通過。

下北山まで来ると急に雪は減り、晴れ間も見えてくる。
12時35分に不動七重の滝の分岐。
吹雪いてはいるが木々の着雪は少ない。
一応見に行くが、トレッキングの駐車場の所まで行き、
滝周辺の着雪が少なそうなので、そこでUターン。

1時05分に再び国道169号線へ戻り南下。
1時13分、下北のコンビニのところを通過。
1時23分に三重県に入る。

2時過ぎに丸山千枚田へ。
今日の朝はすごい雪が積もってたのを、ツイッター情報で確認していたが、
さすがにこの時間では雪の痕跡はほとんどない。
路肩にわずかに見えるだけ、途中すごく晴れてきたので、
あまり期待はしてなかったけど残念。

GPVで最初5,6日とかなり雪雲がかかってたけど、
情報更新されるたびに6日の雪雲が和歌山寄りにずれていったような感じがする。
数時間後と1日後の精度差、もっと早く準備して早朝か前夜に出るべきだった反省。
6日のほうが寒波が強いって言ってたけど、この辺りは4日の夜から5日の朝の方が強かったみたい。

明日に期待で、宿を予約。
2時30分に出発。
3時ごろに獅子岩へ。少しだけ撮影。
朝日をくわえさせるなら、5月中旬から6月中旬。
満月をくわえさせるなら、11月から12月の夕方。

_S9A5046

_S9A5056

3時10分ごろに鬼ヶ城近くの宿でチャックインを済ませて、
25分に出発、楯ヶ崎に向かう。
2014年の夏以来。
https://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532497.html

3時53分に楯ヶ崎の駐車場に到着。
400m手前の駐車場の方にトイレがある。
楯ヶ崎までは奥の駐車場から歩いて1.5キロ、30分ほど。
日の入りは5時半ごろだが、
今の時期は、4時55分くらいに夕日は山に隠れてしまう。
太陽の角度的に、夏場より秋冬がおすすめ。

_S9A5066

_S9A5087

_S9A5118

夕食後、6時半ごろに宿に戻り、10時に就寝。

三重県菰野町の御在所岳の紅葉 11月5日分。

天気は晴れだが雲が多い。

朝6時55分に西名阪の法隆寺ICから入り、名阪国道・東名阪経由で、御在所に向かう。
途中事故渋滞あり。新名神の分岐を通り過ぎてしまったので、
9時前に東名阪の鈴鹿ICで降りて、下道を北上。
9時半過ぎに御在所ロープウェイ乗り場の駐車場へ、1日1000円。
1、2階は満車、3階もかなり埋まっていた。

御在所ロープウェイは、往復2450円だが、観光三重のHPのクーポンで2300円。
https://www.gozaisho.co.jp/
https://www.kankomie.or.jp/spot/coupon_3236.html

既に60分待ちと出ていたが、実際は30分待ちくらいだった。
ゴンドラは10人乗りで1分おきの発車。
コロナの影響で最大6,7人乗りで運行していたので、前後の窓側の確保は割と楽にできる。

_S9A7435

_S9A7442

10時15分ごろに山上へ。
山上の紅葉はもう終盤なので、山頂には行かず。
中腹の上の方が見頃。色付きはそこそこの感じ。

山上から5分くらいの富士見岩からの展望。

_S9A7461

_S9A7472

_S9A7511

_S9A7523

途中にある見晴らし台からは、山上駅が見えるが、既に落葉。

一度、山上駅に戻り、展望レストラン・ナチュールで食事。
ここの窓際からもロープウェイが見える。

その後、大黒岩からも撮影しようと思って、一の谷新道の登山道を下る。
一の谷新道の登山道は急峻でかなりハードなルート。

大黒岩は写真の左上に見える岩で、柵などはない。

しかし15分くらいの距離のはずなのに、30分歩いても着かないので、
間違えたと思いUターン。

分岐まで引き返すが、かなりへとへとになったうえに、
急にお腹が痛くなってきたので、諦めて山上に戻る。

久しぶりに来て事前に道をリサーチしてなかったのが、大失敗のもと、反省。
一の谷新道の登山道沿いには案内板はない。
詳しい行きかた解説しているページがあったので、載せておきます。

https://www.gozaisho.co.jp/highlight/rocks/
https://littlemountain.biz/tozan/2855.html

2007年に来たときの記事。
https://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/531307.html

1時過ぎに山上駅へ。
下りは20分待ち程度。

1時40分ごろに出る。
10分ほどで新名神の菰野ICから高速へ入る。
途中の鈴鹿PAで20分ほど休憩。

東名阪経由で名阪国道へ。
針テラスで20分ほど休憩。
4時15分ごろに西名阪の法隆寺ICを出て帰宅。

今日の走行距離は241.7キロ。



三重県熊野市の丸山千枚田 8月28日分。

天気は晴れ少し雲があるが、次第に快晴になる。
朝から丸山千枚田まで日帰り旅。

8時10分に自宅のある斑鳩を出発し、大宇陀経由で国道169号線を南下。
途中休憩合計35分ほど。

10時35分に旧行者還林道の分岐通過。
11時30分に国道169号線を右折。
12時10分に丸山千枚田に到着。

丸山千枚田は日本の棚田100選の1つ。
http://kumano-kankou.com/?p=61

ツーリングのライダーとか、観光客は少しだけ。
本格的な稲刈りは9月初旬だが、もう刈り入れが済んでいるところもあった。

_S9A3637

_S9A3638

_S9A3650

_S9A3708

三重県熊野市の丸山千枚田の紫陽花 6月21日分4-3。

9時過ぎに鬼ヶ城を出て、9時半ごろに丸山千枚田へ。
路肩駐車可。二か所トイレがある。
紫陽花は見頃後半。やや傷みが見られた。
田んぼの水は少なくなり、水草も増えているので、もう写り込みは厳しい感じ。

_S9A8395

_S9A8414

_S9A8432

三重県熊野市の鬼ヶ城 6月21日分4-2。

7時40分に神倉神社を出て、三重県に入り七里御浜を北上。
途中、獅子岩で少し休憩。ここは晴天の昼前後の光線がおすすめ。
http://kumano-kankou.com/?p=20

8時20分ごろに、熊野市の鬼ヶ城へ。世界遺産地域。
無料駐車場・トイレ・売店あり。
https://onigajyo.jp/
https://onigajyo.mie.jp/

_S9A8355

_S9A8366

_S9A8369

_S9A8382

三重県桑名市の九華公園の花菖蒲園 6月3日分2-2。

相生山緑地での撮影後、1時35分に駐車場に戻りそのまま仮眠。
6時半ごろに出発。
朝一は青空が見えたが、すぐに曇ってきたので、
下道を通り帰路に着く。

三重県に入るころに再び青空が見えてきたので、
桑名市の九華公園に寄り道。
駐車場250円。公園内にトイレあり。
花菖蒲園は見頃で2ヶ所あるが、規模的には小さい。

http://kanko.city.kuwana.mie.jp/machi/kyuka/
https://rurubu.jp/andmore/spot/80024789

_S9A7639

_S9A7654

10時40分に出発。50分過ぎに桑名ICから東名阪道に入る。
途中、睡魔に襲われて仮眠。
名阪道経由で、2時50分頃に西名阪の法隆寺ICから出て帰宅。

5月27日から6月3日までの8日間の総走行距離は1875キロほど。
今回の取材記はこれで終了です。ありがとうございました。

三重県桑名市の「なばなの里」のチューリップ 4月7日分2-2。

11時頃になばなの里に移動。
入園2300円(1000円の金券付き)
https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html

ルピナス。

_S9A4894

_S9A4910

チューリップ畑はもう見頃後半。桜は半散り。
メインの場所はもうネモフィラ畑に変わってる。

_S9A4922

_S9A4938

_S9A4949

_S9A4974

_S9A4979

_S9A5001

三重県桑名市の「なばなの里」の紅葉とイルミネーション 11月28日分。

天気は晴れ、やや雲が多い。
母と姪っ子を連れてお出かけ。写真は少しだけ。

1時に西名阪道の法隆寺ICから入り、名阪道経由で、
2時50分に東名阪の長島ICから出る。
なばなの里へは7分ほど。
無料駐車場あり。

なばなの里の入園とベゴニアガーデンとのセット券は2000円だが、
当日3時前までのネット購入で日付指定のGOTO割引で1600円。

https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/

紅葉は見頃。まだ色変わり中のも多い。
イルミネーションは日没後の5時から点灯。
規模が大きく見ごたえがある。

_7R30004

ベゴニアガーデン内で撮影。

フクシアの花。

_7R30038

_7R30053

ユリ。

_7R30058

ベゴニア。

_7R30074

_7R30083

_7R30095

_7R30116

_7R30187

_7R30129

_7R30145

_7R30165

_7R30170

_7R30182

_7R30195






このページのトップヘ