風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:上北山村

奈良県上北山村の大台ケ原の大蛇嵓から望む不動返し嵓の紅葉 10月27日分2-2。

天気は晴れだが雲が多い。

7時35分に藤原宮跡を出て、大台ケ原に向かう。
途中10分ほどコンビニへ。

9時10分、国道169号線から大台ケ原ドライブウェイへ。

例年ならドライブウェイ沿いの紅葉が、見頃のはずだが、
今年はまだ早いようだし、色も今一つの感じでまったく撮影せず。

9時45分に山頂の無料駐車場に到着。
山頂付近の紅葉はもう終わっているが、
時間があるので、正木峠からぐるっと回ることにする。

HPに地図、ブログに紅葉情報あり。↓

http://vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/tanoshimu/odaigahara/

http://vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/tanoshimu/odaigahara/img/oodai_all.gif

http://kamikitayama.blog68.fc2.com/

https://www.facebook.com/%E4%B8%8A%E5%8C%97%E5%B1%B1%E6%9D%91-332729053416590/

10時30分に歩き出す。
登山道はよく整備されていて歩きやすい道。
ただし、ストックはあった方がいい。

11時に展望台に到着。ここも終盤、色もいまいちの感じ。
日出ヶ岳山頂には行かず、正木峠へ。

7分ほどで正木峠の頂上。ドウダンツツジの紅葉は終盤。
さらに17分ほどで正木ヶ原。

さらに10分ほどで尾鷲辻の分岐。
さらに12分ほどで牛石ケ原。
さらに10分ほどで大蛇嵓(だいじゃぐら)

途中食事休憩などで合計20分ほど休む。

12時15分ごろに大蛇嵓に到着。
大蛇嵓は巨大な1枚岩で斜めになっていて、鎖の先は絶壁なので、上を歩くのは結構怖い。
端の鎖伝いに歩くとよい。

36

先端から望む不動返し嵓の紅葉は見頃旬。
前に来たときも27日ごろが見頃だったので、大体この時期がおすすめ。

2012年の記事↓
https://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532136.html

尚、不動返し嵓を大蛇嵓と勘違いしてる人が多いが、
大蛇嵓は撮影してる岩のところ。

35フルサイズで24mm。

37

34

35

中滝や西滝も見える。

38

曇ってきたので、一度駐車場に戻るが、
夕方また晴れてきたので、再び大蛇嵓へ。
今度はAコースで、尾鷲辻経由で50分ほどで、3時40分ごろに大蛇嵓に到着。
夕方は、帰る人が多いので、もう誰もいない。
光線的には3時以降の午後の光が立体感が出るので、おすすめ。

35フルサイズで50mm。

39

35フルサイズで17mm。

40

41

35フルサイズで35mm。

42

4時半ごろに帰る。
まだ太陽は稜線には沈んでいないが、もう少しすると陰ってしまう。
入れ替わりで3人が来たが、来るの遅すぎ。

5時半ごろに駐車場に戻る。
かなり暗くなったが、ライトなしでも歩ける程度。
もちろんライトは要持参のこと。

以前、三脚担いだまま、思いっきりこけて、
胸を強打、三脚のパーン棒ぽきりとやっちまったので、
夜間は特にストックあった方が良い。

5時40分に帰路に着く。
6時10分に国道169号線に入る。
7時に吉野の土田交差点を右折して北上。
8時に斑鳩町の自宅に帰る。

今日の総走行距離は、199キロ。

奈良県上北山村の旧行者環林道のナメゴ谷の紅葉 11月7日分3-3。

最後に旧行者環林道のナメゴ谷ヘ。
みたらい渓谷辺りは全く霧はなかったのに、
行者環トンネルを抜けると、いきなりすごい霧の中。
尾根筋の紅葉は見頃後半。下の川沿いは見頃前半。
最近人気なので、カメラマンや観光客がパラパラ。
写真でよく撮られる南側の尾根筋は雲海でたまに見えても下の方だけ。
北側の雲海は上の方だけ。風の流れ方で変わるのだろうか。
下の川筋ではバスが止まり、撮影ツアーの人たちが撮影していた。
ナメゴ谷、トイレは分岐の169号線を少し南に行ったところしかないので注意。
169の分岐から、ナメゴ谷の展望のあるヘアピンカーブまでは20分ほど。
みたらい渓谷からは45分ほど。

_V9A5398

_V9A5414

_V9A5421

奈良県上北山村の旧行者環林道(ナメゴ谷)の紅葉 11月7日分2-1。

4時25分に斑鳩を出発。

吉野付近、国道169号線が一部通行止めなので、対岸の迂回路を走る。
6時過ぎに大台ケ原の分岐通過。

5分ほどで、国道309号線(旧行者環林道)分岐。
分岐の少し南にあるトイレに寄ってから、旧行者環林道に入る。
現在夜間通行止めで朝6時から開門。

15分ほどで、道路指標64号の展望ポイントに到着。
車9台、すぐに1台。路肩は広いがほぼいっぱい。
7時過ぎでカメラマン11名ほど。たぶん前泊もいるかも。
7時半に15人ほど。

天気は晴れだが、山際には雲が漂う。

7時半くらいには、ナメゴ谷の有名になった尾根筋に、
光が入るはずなのだが、
山際の雲が邪魔して、朝一の光は入らず。

8時20分くらいから、ようやく光が差してきた。

ナメゴ谷の有名になった尾根筋は、北北東にある尾根で
朝しか斜光は入らない。日中はトップライトのみ。

紅葉は見頃旬。大体いつも11月上旬が見頃。

今日はドローンも2台飛んでいた。

イメージ 1

イメージ 14

イメージ 2

イメージ 15

イメージ 3

イメージ 4

その後、いろんなポイントを廻る。

イメージ 5

イメージ 6

トンネル手前でUターン。

10時半ごろ。まだいけそうな感じ。

イメージ 7

その後、不動七重の滝に行った後、午後1時40分頃から、再び旧行者環林道へ。

天気は高曇りで時々日が差す感じ。
谷筋はそれくらいの光線の方が撮りやすい。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

3時20分過ぎに行者環トンネルを抜けると、北角付近の紅葉は終盤。
川迫川渓谷も紅葉は終盤。
こちら側の方がいつも早い。10月下旬から11月初旬が見頃。

天川は見頃だったが、もう暗くなってきたので、そのまま帰宅。
橿原付近渋滞で御手洗渓谷から約2時間。



奈良県吉野町の吉野山と上北山村の大台ケ原の紅葉 10月26日分。
 
朝から晴天、まずは奈良県吉野山の上千本へ。
桜紅葉は、一応見頃。散っているのは少なめだが、色合いはいまいち、痛みも多い。
 
イメージ 1
 
その後、大台ケ原へ向かう。
ドライブウェイの途中で、久しぶりに写真家の高橋良典さんと再会、昨年の作品展以来。
今日は撮影会で朝から来られていたみたい。
高橋良典さんの写真事務所  『フォト春日』のホームページ
 
途中で少し撮影。経ヶ峰より上のほうは見頃、色付きは平年並み。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
2時半頃に山頂の駐車場へ、寄り道し過ぎて予定より遅れてしまった。
ここで、京都の星野さんと久しぶりに再会。知り合いに会うときは不思議と続くものですね。
 
地球のうえ      http://www5d.biglobe.ne.jp/~yuka0225/
京遊び        http://www5d.biglobe.ne.jp/~yuka0225/kyotoguide/index.htm
 
早足で歩いて、約40分で大蛇嵓へ。
東大台の周遊路は見頃過ぎ。
 
大蛇嵓付近の紅葉は見頃過ぎ。不動返し嵓辺りは見頃。
ここは午後3時ごろの半逆光がおすすめ。
今日の目的は、ドライブウェイとここだけ。
 
少し後に星野さんもやってきたが、他にカメラマンの姿はなし。
風がなく雲が停滞、なかなか日がささなかったが、何とか無事撮影。
 
大蛇嵓(だいじゃぐら)から望む紅葉の不動返し嵓。
 
イメージ 7
 
ドライブウェイの途中から撮影。
 
イメージ 6
 

奈良県上北山村の大台ケ原の紅葉 10月20日分2-1。
 
早朝から大台ケ原へ、斑鳩の自宅から約2時間。
朝6時の時点でも、駐車場は9割以上埋まっていた。
 
全国的に2日続いての快晴予報だったが、さすがに豪雨地帯の大台ケ原は雲が多い。
風が強くて、ジャケットにフリース着ていても、まだ朝は寒いくらい。
まぁ風が強いので、雲が流れて時々日差しも見れるのだが、
快晴を期待していただけに、少し期待はずれ、なかなか思い通りにはいかないものだ。
 
まずは日出ヶ岳方面に行く。紅葉見頃後半。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
正木峠のドウダンツツジの紅葉は、
たまに綺麗なのがあるけど、ほとんど見頃終盤
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
この数年でトウヒ群がほとんど倒れて、
青空背景に立つトウヒ群みたいな写真を撮ることができない。
 
イメージ 12
 
イメージ 3
 
大蛇嵓(だいじゃぐら)から望む紅葉の不動返し岳。
大蛇嵓付近の紅葉は見頃。不動返し岳辺りはもう少し先。
撮影したのは午前10時ごろだが、ここは午後3時ごろの半逆光のほうがおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5

ドライブウェイ、経ヶ峰より標高が高いエリアでは、色変わり初期見頃開始。
下の方はまだまだ。

12時頃、駐車場はパンク状態。それでも入ってくる車があって、
おまけにバスも多く、出口付近路上駐車もあって狭いので渋滞、
行政の交通整理もなく、出るに出られず。
しかたないので、自分が誘導して出られるようにした。

もっと譲り合いの精神もてばいいのに、みんな自分勝手だし、
渋滞必死なのに、途中で停めずに駐車場まで上がってくるのはやめてほしい。

橿原藤原宮跡のコスモス編に続く。

奈良県上北山村の旧行者環林道の桜と天川村の川迫川渓谷 4月25日2-2。


朝から待望の雨、室生寺から南下して国道169号に入る。

大滝のところの石楠花は見頃、大台分岐のトンネルを抜けたところの八重桜は満開。

旧行者環林道の山桜は満開から半散り、新緑がとても綺麗。
絶好の雨ということもあり日本中から大勢のカメラマンが来ていた。

途中、JNPの副会長の山本さん率いるグループに出会う。
風が強いのが難点で、あと2日早く雨が降ってくれていれば桜の散りも少なくベストだった。

旧行者環林道の桜。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、川迫川渓谷へ。

新緑の川迫川渓谷。

イメージ 5

イメージ 6

夕方にはみたらい渓谷を抜けて国道168号線を南下。

夕食後、十津川村の道の駅へ到着。

コーナリング時になんか微妙にハンドルが振られるのがおかしいとタイヤを見るとパンクしていた。
チューブレスタイヤなので、パンクしていることが、ほとんどわからなかったみたいだ。
実家が整備工場で、タイヤ交換は慣れているのですぐに交換。

久しぶりに車中泊、寝袋2枚に毛布もあるのにすごく寒かった。

奈良県野迫川村の天狗木峠の雲海と朝焼け、天川村坪内の大銀杏、みたらい渓谷と川迫川渓谷の紅葉、上北山村の旧行者還林道の紅葉、川上村の岩戸滝と御船滝の紅葉 11月14日分。


木曜日の夜10時半に出発、翌金曜日深夜12時半に野迫川村の天狗木峠着。
途中の中原川沿いはすごい霧、天狗木峠かなりの雲海が出ていた。
石や塔でもお会いした女性カメラマンの人に再会。

二人で満月に照らされた雲海を撮影、2時半に車中泊。
その後2台の車が来る。

満月に照らされたの天狗木峠の雲海。

イメージ 1

5時半起床、カメラマンは4名、あとでさらに1名。
天気予報は快晴だったが、朝は雲が多く、いまひとつ染まらず残念。
天狗木峠の雲海と朝日。

イメージ 2

その後、高野天川線を東へ、川沿いどこも見頃。
天気は、しだいに快晴になる。

天川村に入り、坪内の大銀杏を撮影。
上のほうは散り下の方は緑も残るが、見頃。
青少年旅行村や栃尾観音にも大銀杏がある。

天川村坪内の大銀杏。

イメージ 3

その後、みたらい渓谷(見頃)川迫川渓谷(見頃終盤)を抜け、
行者還林道(国道309号)に入る。
みたらい渓谷の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

みたらい渓谷の紅葉、展望台より。

イメージ 6

川迫川渓谷の紅葉。

イメージ 7

旧行者還トンネル西側は終了、東側は標高の低い所は見頃、ナヌゴ谷の楓が見頃。
上北山村の旧行者還林道の紅葉。

イメージ 8

その後、国道169号線を北上。道沿いの紅葉は見頃、今年は綺麗。

夕方、川上村の井光(いかり)へ移動。
岩戸滝は見頃、道路横にあり展望デッキあり。
岩戸滝の紅葉。

イメージ 9

御船滝は見頃後半、徒歩3分、展望台あり。
御船滝の紅葉。

イメージ 10

予定をかなり遅れてしまい、
夕日撮影ポイントへの移動に間に合わなかったので、帰路に着く。

奈良県上北山村の旧行者還林道、天川村の川迫川渓谷とみたらい渓谷の紅葉 11月8日分2-2。


10時半に不動七重滝を出て、1時間ほどで旧行者還林道に到着。
(正確に言うと旧行者還林道は現在国道309号に昇格している)

以前、雨が降り続いてくれていて、雲海と山紅葉の組み合わせが美しい。
所々で撮影しながら、1時過ぎに行者還トンネルを越え西側へ、雨が弱まり曇りに。
トンネル横の滝下で散り紅葉を撮影。
2時ごろ。再び雨が降り出す。

旧行者還林道トンネルより東側の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

トンネル横の滝下の散り紅葉。

イメージ 5

旧行者還林道トンネルより西側の紅葉。

イメージ 6

その後、川迫川渓谷を撮影、この辺りも見頃旬。
川迫川渓谷の紅葉。

イメージ 7

イメージ 8

4時ごろに、みたらい渓谷に到着。
みたらい渓谷の紅葉。

イメージ 9

イメージ 10

かなり暗くなってきたので、帰路に着く。

奈良県上北山村の旧行者還林道の紅葉、下北山村の薄暮の石や塔 11月7日分2-2。


169号線沿いはかなり紅葉が進んでいる、今年は期待できそう来週あたり見頃だろう。
大台ケ原すぐのトンネルを出た辺りは、もう見頃だった。
途中撮影しながら、12時頃に行者還林道に到着。

雨が上がり、流れる雲の間から青空が見えた。
天気が移り変わるときは、なんとも美しい。
旧行者還林道の紅葉は見頃旬、今年は特に美しい、おすすめです!

旧行者還林道の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2時過ぎに光が消え、中途半端な曇り空に変わったので移動、
南下して下北山村の石や塔に向かう。

下北山村の池原から、白谷池郷林道を6.2キロ、20分ほど、路上駐車可。
落石が多いひどい道だが、舗装されていて一応普通車でも走れる。

ただし断崖絶壁の所もあり、よく崖崩れで通行止めにもなっているので、要注意。
石や塔付近の紅葉は見頃初期くらい。

薄暮の石や塔。

イメージ 5

今日はここで車中泊の予定だったのだが、なんとも薄気味悪くて中止、池原に戻る。
下北山スポーツ公園にあるきなりの湯へ(600円、9時半まで、レストランもあり)
結局、下北山スポーツ公園で車中泊(公園にはロッジもあり)

奈良県上北山村の旧行者環林道からの日の出・大台ケ原ドライブウェイの紅葉 11月2日分。

朝から奈良県上北山村の旧行者環林道へ。

ナメゴ谷を見下ろすポイントには、すでに車が5台ほど、後からも増える。
旧行者環林道からの日の出。朝は雲が多く、日の出はいまひとつ。

イメージ 1

紅葉も今年は遅いのかまだ見頃初めくらい、1週間くらい後がいいんじゃないだろうか。
天気はうす雲があるものの晴れに変わる。

天川のほうもまだ早そうなので、大台ケ原ドライブウェイへ。
散りや枯れもあるが、色変わり中のも多く、まだ充分見頃。
山頂付近は終了の様子、今日も車が多い。

大台ケ原ドライブウェイの紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

その後、ロケハンしながら北上。

夕方、曽爾村の曽爾高原へ移動。
すごい車列ができていて、駐車場まで30分以上かかった。
夕方は、急激に雲が広がり夕日は途中で隠れてしまった、残念。

イメージ 4

奈良県吉野町の吉野山の上千本の桜の紅葉、上北山村の大台ケ原の紅葉 10月26日分。


朝から吉野山へ。
桜紅葉は見頃、まだしばらくは大丈夫。
朝からの小雨で、7時ごろから雲海が増えてくる。
そのころに他のカメラマンも計3名ほどやって来た。
8時過ぎには雲海が一気に増えて蔵王堂が見えなくなったので、

吉野山の上千本より。

イメージ 1

イメージ 2

少し下って猿引坂の展望台からも撮影。

イメージ 3

その後、10時半過ぎに奈良県上北山村の大台ケ原へ移動。
ドライブウェイ沿いの紅葉は見頃旬、山頂付近は終了。
あいかわらず小雨が降ったりやんだりの天気。
紅葉はしっとりと濡れて美しいが、風が強いのが厳しい。

昼過ぎに頂上の駐車場へ、少しだけ空きあり。
ひさしぶりに東大台のシオカラ谷へ行ってみる、約30分。
途中の紅葉は綺麗なところがあったが、シオカラ谷は終盤。
帰りもドライブウェイ沿いを撮影しながら、ゆっくりと降りる。

大台ケ原の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

6時前に帰宅。

奈良県上北山村の大台ケ原の紅葉と夕景 10月18日分2-2。

10時ごろに奈良県上北山村の大台ケ原へ移動。

少し雲が漂うものの、天気は快晴になってきた。
ドライブウェイ沿いの紅葉は見頃、今年はやや早いみたいだが今週中は大丈夫だろう。
11時ごろに山頂の駐車場に向かうが、かなり手前まで車で埋っているのであきらめ、
再びドライブウェイ沿いの紅葉を撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

3時前に再び山頂の駐車場に向かうが、今度はなんとか駐車できた。
遅い昼食の後、山頂の日出ヶ岳へ向かう。
20分ほどで山頂への分岐に到着するが、
すごい霧で日出ヶ岳はあきらめ、正木峠へ。
この辺りの紅葉は終盤、正木峠へ続くつつじの紅葉も終盤。
しばらくすると霧が晴れてくる。

霧に包まれた正木峠のドウダンツツジの紅葉。

イメージ 5

5時20分ごろに日没、快晴なので星景も撮りたかったが、あまりの寒さに残念。
ジャケットにフリースも着込んでいたのだが、風が強くもう冬の感じ。

正木峠の夕暮れ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

帰り道、思いっきりこけて全身を打つ、三脚のパーン棒も折れてしまった。
車で一泊して、翌日に日出ヶ岳から日の出を撮るつもりだったのだが、
すっかり戦意喪失、帰路に着いた。

9時前に帰宅、まだというかさらに全身が痛い。

このページのトップヘ