風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:上品蓮台寺

京都府京都市の哲学の道の八重桜・平安神宮の桜・上品蓮台寺の桜・嵐山の桜・西明寺の三葉躑躅と指月橋の新緑・六孫王神社の桜 4月14日分。


朝は小雨、八重桜と散り桜の撮影のため、京都市内へ向かう。
散り桜は5分散りくらいが理想なので、あと3日早ければよかったのだが。

途中、向日市の向日神社の染井吉野の散り桜は、すでに散りすぎで撮影せず。

最初に祇園白川へ、八重桜は満開、躑躅は咲き始め。
染井吉野の散り桜は、すでに散りすぎで撮影せず。

知恩院もすでに散りすぎで撮影せず。

次に哲学の道へ、八重桜は満開。
染井吉野の散り桜は、すでに散りすぎで撮影せず。

哲学の道の八重桜。

イメージ 1

イメージ 2

次に平安神宮へ向かう、神苑600円、今年から桜の時期は三脚禁止。
八重紅枝垂れ桜は半散り状態で理想的。
岡崎の地下駐車場は1時間500円。

平安神宮の桜。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

次に北区の上品蓮台寺へ、境内、駐車場ともに無料。
八重桜は満開、八重紅枝垂れ桜は半散り状態で理想的。

上品蓮台寺の桜。

イメージ 7

イメージ 8

次に嵐山に向かう、天竜寺の駐車場は一日千円。
渡月橋南東の八重紅しだれ桜は半散り状態で理想的。
八重桜は満開、染井吉野はほぼ散り状態。
嵐峡の桜はすでに散って新緑が綺麗。

嵐山の羅漢さん。

イメージ 9

嵐山の渡月橋近くで撮影。

イメージ 10

イメージ 11

嵐山の美空ひばり館前のりんごの花。

イメージ 12

次に高雄に向かう。
西明寺の上の三葉躑躅は見頃、山桜もまだ咲いている。
躑躅の上にはあまり霧が流れてこない、地理的な問題だろうか。

西明寺の上の三葉躑躅。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

西明寺の指月橋の桜は散り、新緑が綺麗。

西明寺の指月橋の新緑。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

最後に南区の六孫王神社へ、境内、駐車場ともに無料。
八重桜は満開、染井吉野はほぼ散り状態。

六孫王神社の桜。

イメージ 19

5時過ぎに帰路に着いた。

京都府京都市の祇園白川・岡崎疎水・インクライン・南禅寺・賀茂川・真如堂・金戒光明寺・上品蓮台寺、奈良県奈良市の若草山ドライブウェイ 4月6日分。


早朝から京都市の桜を撮りに行って来た。

まずは京都市の祇園白川へ、枝垂れ桜は散り始め、染井吉野は満開、紅枝垂れ桜は5分咲き。

1・2枚目は、祇園白川の桜。

イメージ 1

イメージ 2

次に岡崎疎水へ、100円パーキングに車を停め、
そこから歩いてインクラインと南禅寺を巡る、どこも染井吉野は満開。
悪天予想がはずれてとてもいい天気で、観光客がいっぱい。

3枚目は、岡崎疎水の桜。

イメージ 3

4枚目は、インクラインの桜。

イメージ 4

南禅寺山門(500円)からの眺めはなかなかいい。
弁慶が「絶景かな、絶景かな」と言ったとして有名だが、実は作り話とか。
帰り道、岡崎疎水巡りはすごい行列になっていた。

5~7枚目は、南禅寺の桜。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

次に賀茂川へ向かう、出町柳の駐車場(30分150円)に停めて、
賀茂川堤の桜を狙うが、花見客が多く撮りにくい。

8枚目は、賀茂川の桜。

イメージ 8

次に真如堂と金戒光明寺の桜を撮影、この辺りはすいている。

9枚目は、真如堂の桜。

イメージ 9

10枚目は、金戒光明寺の桜。

イメージ 10

続いて上品蓮台寺へ移動、紅枝垂れ桜を撮る、8分咲きでとても鮮やか。

11枚目は、上品蓮台寺の紅枝垂れ桜。

イメージ 11

夕方、京都で撮ろうと思っていたが、
疲れていて帰りの渋滞はきついので、早めに奈良に戻る。

帰り道に、奈良市若草山ドライブウェイ(510円)へ、
ドライブウェイの途中から見た奈良市街の桜と夕日を撮影。
最後に若草山山頂から奈良市街の夜景を撮影して帰宅、とても疲れた。

12枚目は、若草山ドライブウェイから見た奈良市街。

イメージ 12

13枚目は、若草山ドライブウェイから見た奈良市街の夜景。

イメージ 13

このページのトップヘ