風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:上天草市

熊本県上天草市の高舞登山の展望台、高森町の高森峠からの阿蘇山、阿蘇市の仙酔峡の躑躅・米塚・大観峰からの夜景、南阿蘇村の俵山峠の風車 5月11日。
 
朝再び、高舞登山へ。
天気は晴れ、やや薄い青空。
 
奥に見えるのが天草五橋の1つの前島橋。
 
イメージ 3
 
その後、国道57、218、265号線を通り、熊本県の阿蘇山へ。
 
高森町の265号線の高森峠から。
午前中の光線がおすすめ。
 
イメージ 1
 
高森町の月廻りから。
午前中の光線がおすすめ。
 
イメージ 2
 
阿蘇市の仙酔峡のつつじ。4,5分咲きということだったが、2,3分の感じ。
午後の光線がおすすめ。
 
イメージ 4
 
阿蘇市の米塚。草千里ヶ浜近くにある。
 
イメージ 5
 
この辺りは、見事なこいのぼりが庭先を飾っているところが多い。
関西では最近は、あまり見なくなった。
 
イメージ 6
 
南阿蘇村の俵山峠の風車。ここは朝日の撮影ポイントでもある。
 
イメージ 7
 
阿蘇市の大観峰からの夜景。
展望台は5時で閉まるので、その手前の広場から。
田園の水はほとんど入っている。
 
イメージ 8
 
夜は阿蘇内牧温泉へ、450円、10時まで。
10時前に車中泊。
 
続く。

熊本県天草市の茂木根崎・崎津天主堂・大江天主堂・十三仏公園からの妙見浦、上天草市の天草四郎像・高舞登山の展望台からの天草松島の夕景 5月10日。
 
朝5時前に出て、すぐ近くの天草市の茂木根崎へ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
上天草市のあまくさ海遊の郷 パールセンターにある天草四郎像。
島原の乱当時16歳だった。
天気は晴れ、ややうすい青色の空。
 
イメージ 3
 
天草市の崎津天主堂。昼頃の光線がおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
天草市の大江天主堂。午前中の光線がおすすめ。
前日下見で来たにもかかわらず、
寄り道し過ぎて、昼過ぎになってしまった、失敗。
 
イメージ 6
 
十三仏公園より、妙見浦。
 
イメージ 7
 
夕方は、上天草市の高舞登山の展望台へ、駐車場から歩いて3分。
熊本の観光PRコマーシャルの撮影クルーが来て、おとなりで撮影。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
最後は、やはり水平線近くで雲に隠れてしまった。
 
イメージ 10
 
夜、コインランドリーで洗濯、800円。
10時過ぎに車中泊。
 
続く。

熊本県熊本市の水前寺公園・熊本城、宇城市の三角西港、上天草市の千巌山展望台からの天草松島・天草四郎メモリアルホール、天草市の老嶽展望台からの天草松島 5月9日分。
 
朝から快晴。
8時の開園に合わせて、熊本県熊本市の水前寺公園へ、駐車場500円、入園400円。
 
イメージ 2
 
イメージ 8
 
イメージ 1
 
9時に、熊本城へ、拝観500円、駐車場200円(2時間)。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
天守閣から、本丸の西北隅にある宇土櫓(うとやぐら)。
 
イメージ 14
 
イメージ 9
 
10時半に出て、天草方面へ向かう。
1時間程で熊本県宇城市の三角西港、世界遺産候補。
 
イメージ 15
 
イメージ 3
 
熊本県上天草市の千巌山展望台から、天草松島。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
天草四郎メモリアルホール。
 
イメージ 6
 
天草市の老嶽展望台から、天草松島。
 
イメージ 7
 
夕方、夕日は水平線近くの雲の中に隠れてしまった。
この時期、快晴の日でも朝日や夕日の撮影は難しい。
 
夜は、瀬戸大橋近くの温泉センターへ、500円。
夕食後、「シーサイドカフェ」へ、ナイトパック7時間1480円。
撮影データをストレージしてから、1時過ぎに就寝。
 
続く。

このページのトップヘ