風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:下北山村

奈良県下北山村の不動七重の滝の雪景色 2月18日分。

再び寒波到来。
最初京都方面行くつもりだったが、
積雪予報直前になると、どんどん少なくなってきたので、変更。
先日外した不動七重の滝へ再チャレンジ。
1日前で11センチ、朝4時で7センチ予報。
先日は3センチ予報だったので、今日はいけそうな感じ。

朝4時20分に斑鳩の自宅を出発。
5時20分に吉野のコンビニで小休止。雪がパラパラ。
この辺りから、路肩に雪が見えてくる。
次第に雪道に変わる。
6時12分、大台ケ原分岐通過。
今日は降雪はなし。車は全然停まってなかった。
白滝の集落を過ぎると、道路の雪はすっかりなくなる。

6時50分、不動七重の滝の分岐。
国道沿いは雪もないし、樹々の着雪もほぼなし。
またしても外したかなと思いつつも、滝に向かう。
車が走った痕跡はなし。
林道はところどころアスファルトも見えるが、
上に行くに従い先日よりもやや雪が多く、2~5センチの雪。

7時12分に展望所。
途中は樹々に全く雪がない場所もあったが、滝の周囲は結構雪が多い。
なかなかの絶景。再チャレンジ成功。

_S9A5949

_S9A6002

ここからは北向きに滝を見る感じ。
7時50分ごろには上部に日が差してくる。
太陽が当たると白飛びするし、コントラストに差が出すぎるので、
ほどなく撮影終了。

8時15分に出て、10時に吉野山に寄り道。
昨日は通常の倍の6センチ積もったらしい。
蔵王堂周辺の工事がなかったら、行ったんだけど。
今年の春もパスかな。

今日はもうだめなのはわかってたけど、帰り道なので、
参考までに、朝積もった雪が、どの程度樹々に残っているか観察。

帰り、食事して1時過ぎに帰宅。
今日の走行距離は217キロ。

奈良県下北山村の不動七重の滝 2月6日分。

翌日曜日、朝5時10分に出発。
コンビニに少し立ち寄ってから、5時45分ごろに丸山千枚田へ。
まぁほぼ期待してなかったが、今日は全く雪はない。

素通りして、6時半ごろに奈良県下北山村の石や塔の入り口へ。
1月に行かれた方がいたので、通行止め解除されているのかと思ってたのだが、
現在通行止め、関係者以外立ち入り禁止ということで、諦める。

6時48分、不動七重の滝の分岐。
道は薄っすら雪がかかる感じ。上に木のある所はアスファルトが見えている。
7時10分ごろに展望所。
不動七重の滝周辺の雪は少なめ。あまり雪が多すぎるのも、滝の雰囲気が出ないらしいが、
もう少し雪が欲しいところ。
結構吹雪くのだが、乾いた細かい雪で、樹々に着雪しない。
そのうち薄っすら太陽も出てきた。

_S9A5138

ストロボ使った雪玉で雪が少ないのをごまかす。

_S9A5693

11時半ごろに帰路に着く。

途中橿原のイオンで1時間ほど買い物。
3時20分ごろに帰宅。

二日間の走行距離は380キロほど。



奈良県下北山村の不動七重の滝 5月27日分2-2。

帰りに寄り道して不動七重の滝の展望所へ。
国道169号線から車で17分ほど。

イメージ 1

奈良県下北山村の不動七重の滝の紅葉 11月7日分2-2。

旧行者環林道(ナメゴ谷)を撮影後、
11時頃に国道309号線を右折して南下。

11時25分に、不動七重の滝への分岐。
トイレ・自販機あり。

11時35分に不動七重の滝遊歩道入り口、数台駐車可。

11時37分に展望ポイント、案内板あり、路肩駐車可。
紅葉は見頃初期。紅葉する木は少ない。
南から見ることになるので、昼前後がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

12時25分に出発、再び旧行者環林道(ナメゴ谷)へ向かう。

旧行者環林道分岐手前の紅葉。
今年は国道169号線沿いの紅葉、以外と綺麗かも。

イメージ 3



奈良県下北山村のスポーツ公園の桜 3月31日分3-1。
天気は快晴、しだいに雲が増え、夕方は抜けが悪くなる。

朝から三重県の熊野市に向かう。
途中、池原ダムの横にある奈良県下北山村スポーツ公園に立ち寄り、少し撮影。

桜は7分咲きから満開。行きと帰り、朝と夕方に撮影。

斑鳩から2時間半ほど。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 4

イメージ 5

少し南側の北山川沿いの桜。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

奈良県下北山村の石や塔と不動七重の滝 11月8日分2-1。


夜半2時ごろに雨が降り出す。
嬉しい反面、あまり降りすぎて崖崩れが起きないか心配。

6時半頃に石や塔の展望地に到着。
すでに車が2台、カメラマンがずらりでびっくり。
JNP大阪第4支部の撮影会で8名の方が来られていた。
同じJNPメンバーということもあり、お菓子やコーヒーをご馳走になる(感謝)

他にも50メートルほど先のもうひとつの展望地に2名。
最終的には、車は8台ほど、カメラマンは15人くらい。
紅葉は見頃初期の感じで、しばらくは大丈夫。

雨のおかげで定期的に雲海が流れてきて、石や塔が立体的に浮き上がる。
やはり雲があるとなんとも言えず神秘さが増す。

石や塔と付近の紅葉。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


9時過ぎ出発、同じ下北山村の不動七重滝に向かう。

40分ほどで不動七重滝の展望地に到着、道路のカーブでかなり広い。
カメラマンの姿はなく、ひとりじめ。

以前、雨が降り続いてくれていて、もやが流れてくる。
紅葉はもともと少なく、見頃初期くらい。

不動七重滝。

イメージ 4

その後、昨日に続き再び行者還林道に向かう。

奈良県上北山村の旧行者還林道の紅葉、下北山村の薄暮の石や塔 11月7日分2-2。


169号線沿いはかなり紅葉が進んでいる、今年は期待できそう来週あたり見頃だろう。
大台ケ原すぐのトンネルを出た辺りは、もう見頃だった。
途中撮影しながら、12時頃に行者還林道に到着。

雨が上がり、流れる雲の間から青空が見えた。
天気が移り変わるときは、なんとも美しい。
旧行者還林道の紅葉は見頃旬、今年は特に美しい、おすすめです!

旧行者還林道の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2時過ぎに光が消え、中途半端な曇り空に変わったので移動、
南下して下北山村の石や塔に向かう。

下北山村の池原から、白谷池郷林道を6.2キロ、20分ほど、路上駐車可。
落石が多いひどい道だが、舗装されていて一応普通車でも走れる。

ただし断崖絶壁の所もあり、よく崖崩れで通行止めにもなっているので、要注意。
石や塔付近の紅葉は見頃初期くらい。

薄暮の石や塔。

イメージ 5

今日はここで車中泊の予定だったのだが、なんとも薄気味悪くて中止、池原に戻る。
下北山スポーツ公園にあるきなりの湯へ(600円、9時半まで、レストランもあり)
結局、下北山スポーツ公園で車中泊(公園にはロッジもあり)

このページのトップヘ