風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:下関市

山口県下関市の巌流島と唐戸ターミナル桟橋付近の街並み 6月2日分6-4。

10時35分に角島を出て南下。途中、25分ほど昼食休憩。

12時10分ごろに唐戸ターミナル桟橋の駐車場へ、30分100円、最大800円。

下関の沿岸付近は快晴なので、前から行きたかった巌流島へ行くことにした。

巌流島往復900円。巌流島と門司港にも行ける1日フリーパス券は1000円。

https://shimonoseki.travel/story/ganryujima/

http://www.kanmon-kisen.co.jp/index.html

この船に乗り巌流島へ。

_S9A2222

12時25分に出港。

_S9A2234

10分ほどで、巌流島に到着。

_S9A2241

巌流島文学碑。

_S9A2251

武蔵・小次郎像。

_S9A2281

乗って来た船は50分に帰るので、ぎり間に合うかと思っていたが、
島内意外と広く、間に合いそうにないので、1時半の便に乗り、唐戸に戻る。

https://shimonoseki.travel/

カモンワーフ。

_S9A2350

_S9A2356

唐戸市場。

_S9A2369

亀山八幡宮。

_S9A2375

旧秋田商会ビル。

_S9A2335

関門橋と防波堤灯台。

_S9A2393

市立しものせき水族館 海響館。

_S9A2403

_S9A2418

ロンドンバス。

_S9A2414



山口県下関市の角島大橋 6月2日分6-3。

昨日の萩がいまいちの天気だったので、戻ってもう一度と思ったのだが、
GPVで見ると少し東に行くと、もう厚い雲の中だったので諦める。

8時15分に東後畑の棚田を出て、途中20分ほど仮眠。
9時過ぎに角島大橋の展望所へ。午前中の光線がおすすめ。

https://yamaguchi-tourism.jp/spot/detail_11030.html

_S9A2120

_S9A2154

_S9A2205

山口県下関市の壇之浦古戦場跡 4月4日分8-6。

12時過ぎに壇之浦古戦場へ。
すぐ前の関門トンネルの無料駐車場が利用可。
https://yamaguchi-tourism.jp/spot/detail_15266.html

_S9A1495

_S9A1507

山口県下関市の赤間神宮と桜 4月4日分8-5。

11時20分ごろに赤間神宮に移動。
無料駐車場あり。桜は満開。
天気も快晴なので、赤色の社殿がよく映える。
ここは5月に行われる先帝祭で有名だが、今年も行列はないみたい。

http://www.tiki.ne.jp/~akama-jingu/

_S9A1406

_S9A1435

_S9A1475

山口県下関市の火の山公園の桜と関門橋 4月4日分8-4。

9時50分に出て、関門トンネルを通り、10時15分に火の山公園へ。
山上無料駐車場あり。桜は満開パラパラ。
ついに九州から山口県に入る。

https://www.city.shimonoseki.lg.jp/soshiki/76/3900.html

_S9A1301

_S9A1323

_S9A1328

海沿いの壇の浦駅近くにあるチューリップ園に行くつもりだったのだが、
下の方には駐車場がなく、上からロープウェイで降りていかないといけないのだが、
リサーチ不足で知らず、行きそびれ、大失敗。

https://www.city.shimonoseki.lg.jp/soshiki/76/3905.html

福岡県下関市の和布刈公園から望む関門橋と門司港の夜景と山口県下関市の海峡メッセの夜景 9月26日分3-3・27日。

九州取材記の最終回です。

4時ごろに九州自動車道の福岡ICから入り、
北九州都市高速の大谷ICから出て皿倉山の駐車場へ。
高速45分+下道10分ほど。
皿倉山の駐車場 2時間100円、最大300円。
皿倉山の頂上から夜景を撮るつもりだったんだが、
10月4日から11月4日までは夜間も営業するらしいが、
9月中は金土日しか夜間ケーブルカーは営業していないとのこと。
車では頂上までは行けず。
うっかり勘違い、あちゃ~って感じ。
http://www.sarakurayama-cablecar.co.jp/

日が暮れるまで時間がないので、和布刈公園へ移動。
下道を走り、6時20分ごろに到着。
第二展望台付近に数台駐車可。トイレは別の駐車場にある。

https://www.crossroadfukuoka.jp/jp/event/?mode=detail&id=400000006089&isSpot=1

https://www.gururich-kitaq.com/spot/brown-seaweed-harvest-park

関門橋の夜景

_W6A1018

門司港の夜景

_W6A1001

対岸の山口県下関市の海峡メッセの夜景。

_W6A1023

夜7時半前に関門自動車道の門司港ICから高速へ。
途中仮眠して、中国道・山陽道・阪神高速を
休憩しながらのんびり走り、27日の夕方5時前に西名阪道の法隆寺ICから出て帰宅。

今回の9日間の総走行距離は2286キロ。
九州取材記は今回で終了です、ありがとうございました。

山口県下関市の角島大橋 6月4日分4-1。

朝は長門市の青梅島に行くが、朝日は望めず。
雲が多い空模様。
GPV予報も雲だらけでいまいちなので、のんびり流していたら、
日本海側のみ急に晴れてきたので、下関市の角島大橋に移動。

角島大橋。無料駐車場、トイレ、売店あり。
正面の高台の道路ぞいや橋の左側の展望台が撮影ポイント。
以前来たときはGWですごい人だったが、今日はがらがら。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

山口県長門市の青海島、萩市の元乃隅神社・妙見山展望公園・千畳敷、下関市の角島 4月30日分。

天気は快晴。

朝は山口県長門市の青海島へ。

駐車場から5分くらいで最初の展望台。
展望台は数か所ある。

カモメ岩付近。

イメージ 1

萩市の元乃隅神社(以前は元乃隅稲成神社)

鳥居が並んでいて絵になり、海外でも広く紹介されている。

出口の鳥居の上に、世界で一番入れにくい賽銭箱がある。

何度トライしても入らず。

イメージ 2

近くの東後畑の棚田はまだ半分くらいしか水が入っていない。

駐車場・トイレあり。

休耕田が多すぎで、昔のようには撮れない。
一般に貸し出すなど、なんとか対策してくれないものか。

下関市の角島。ここは観光客が多い。車・バイクがひっきりなし。
午前中の光線がおすすめ。

昼頃には橋の上は数珠繋ぎの車列。

脇道の高台から撮影。

イメージ 3

イメージ 4

萩市の妙見山展望公園。つつじが見ごろ後半。

イメージ 5

萩市の千畳敷。つつじが見ごろ後半。

ここはカフェもある。

イメージ 6

再び山口県長門市の青海島へ。

有料駐車場500円あり、トイレなどもある。
駐車場から5分くらいで最初の展望台。
展望台は数か所ある。

像の鼻付近。

イメージ 7

第一展望台から撮影。

イメージ 8

中の浦。砂浜にも降りれる。

他にカメラマンが1名。

最後まで夕日が雲に隠れることがなく、なかなかの絶景。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

その後、萩市の萩本陣の温泉へ、二千円。ちょっと高い。

夜は道の駅で車中泊。




山口県下関市の火の玉公園から関門橋・下関港、福岡県北九州市の和布刈公園、佐賀県玄海町の浜野浦の棚田 4月27日
 
朝7時前起き 、天気は快晴。
山口県下関市の火の玉公園から関門橋を撮影。
公園は8時からだが、30分過ぎには開いていた。
 
イメージ 1
 
下関港。
 
イメージ 2
 
福岡県北九州市の和布刈公園から。
 
イメージ 3
 
その後、高速で一気に 佐賀県玄海町の浜野浦の棚田へ、4時前に到着。
込むかなと思って、早めに来たのだが、かなり場所に余裕があるので、全然問題なかった。
近くに駐車場、トイレ、売店あり。
 
日没、天気が良くて、なかなかよかったのだが、
こんな日でも、「今日はあかん」と言う人がいてるのが、不思議。
自分からすれば充分ですけど。
この時期太陽はやや左に落ちます。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
日没後、漁火も見える。
すぐ近くに温泉がある、9時まで、500円。
10時過ぎに車中泊。
 
続く。

このページのトップヘ