風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:中山寺

兵庫県宝塚市の中山寺梅林 2月24日分3-3。

1時40分ごろに綾部山梅林を出て、2時ごろに龍野西ICから高速へ。
途中15分ほど休憩。3時20分過ぎに宝塚ICから下りる。
15分ほどで中山観音駅前の民間駐車場、600~700円。

歩いて数分で中山寺。ここはエスカレーターも完備。
奥に中山梅林がある。ライブカメラもあり。
朝9時から夕方5時まで。

梅林は、散り始めや蕾が残っているのもあるが、全体的に見頃。
ここは午後の光線がおすすめ。
予定より遅れたが、ぎりぎり陰る前に到着。

http://www.nakayamadera.or.jp/news/43

_V9A9197

_V9A9201

_V9A9211

_V9A9216

_V9A9224

帰りは中国道の宝塚ICから近畿道経由で、西名阪の法隆寺ICまで50分ほど。
今日の総走行距離は343キロ。

兵庫県西宮市の武田尾温泉の紅葉・宝塚市の中山寺 11月19日分。

天気は曇り。
JRを利用して兵庫県西宮市の武田尾温泉へ。

紅葉100選に選ばれているにしては、紅葉も少なくさびしい感じ。
色づきもいまひとつで、少しだけ撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

帰りに宝塚市の中山寺に立ち寄る。
境内にエスカレーターもある大きな寺院で、
ちょうど七五三で賑わっていた。

梅林で有名な公園内に、いい紅葉あるかなと思って行ったのだが、
まだ色づき始めで数も少ない。
桜はいっぱいあるが、桜紅葉は半散り。

参道沿いに皇帝ダリアがいっぱい。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ピラカンサス。

イメージ 7

奉納用の小さな草鞋。

イメージ 8


兵庫県宝塚市の中山寺梅林と大阪府大阪市の万博公園の梅林 3月2日分。

昨日やっと中判のレンズの修理ができあがった。
(清掃だけなのに約1万6千円は高い。)
というわけで、やっと本格的に風景撮影に出かけられることとなり、
さっそく、兵庫県の中山寺と大阪府の万博公園の梅取材に行ってきた。

前日遅くまで別の仕事をして疲れていたので、
朝はゆっくり8時過ぎに出発。
JRと阪急電車を乗り継ぎ、宝塚線の中山駅に着いたのは10時。
中山寺へは歩いて5分程、
駐車場はないということだったので、小さなお寺だと思っていたのだが、
西国三十三所の一番札所だけあってすごくりっぱだった、
境内にエスカレーターまであってびっくり。
梅林は、境内をぬけてさらに5分程歩く。
撮影を始めるとすぐに観光客が増えてきた。
白梅は満開だが、紅梅は少し散り始めで見頃後半の感じ。
ここは、高低差があるのでアングルの変化をつけやすい。

イメージ 1

イメージ 2

昼飯の後、阪急電車とモノレールを乗り継ぎ、1時過ぎに万博公園へ。
自然文化園と日本庭園両方に梅林があるが、
どちらも全体的に少し散り始めで見頃後半の感じ。
また平坦なので、アングルの変化はつけにくい。
日本庭園のほうは規模が小さいので、自然文化園のほうがおすすめ。
万博公園のシンボルの太陽の塔との組み合わせるのも面白いと思う。

イメージ 3

このページのトップヘ