風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:九重町

熊本県と大分県の滝巡り、11月21日分。

天気は曇り。
菊池渓谷に行きたかったのだが、地震の影響で道路が通れず、
いまだに立入禁止。

九州各地で頻繁に皇帝ダリアを見かける。

イメージ 1

熊本県小国町の鍋ケ滝。
周辺に紅葉はあまりない。
無料駐車場、トイレ、売店あり。入場300円、9時から17時。
営業時間外はトイレは閉まる。

イメージ 2

すぐ近くの下城の銀杏は、完全に散っていた。

すぐ近くに下城の滝があるが、東側の展望台へ行く道が立入禁止で見えない。
西側にも展望台があるが、真上にあり、木も邪魔で全然見えない。

手前にある鍋釜の滝。

イメージ 3

中間にある霧通しの滝。

イメージ 4

北上して大分県に入る。

大分県玖珠町の慈恩の滝の紅葉は、ほとんど散っていた。
三日月の滝の紅葉は、まだ早い感じ。

九重町の龍門の滝の紅葉。
一番いい位置にある紅葉はほぼ散っていて、写真のポイントのみ見頃。

イメージ 5

その後、九酔渓に行くが、ここも見頃終盤の感じで撮影せず。

大分県宇佐市の東椎屋ノ滝、玖珠町の西椎屋の滝・慈恩ノ滝、九重町の龍門ノ滝、竹田市の男池湧水群にある名水の滝、熊本県小国町の鍋ヶ滝 5月14日分。
 
朝は曇り、すぐに雨が降ってきて、降ったりやんだりの天気。
こういう日は滝巡りに最適。九州には滝が多いので助かる。
 
大分県宇佐市の東椎屋ノ滝、100名瀑の1つ。
駐車場200円。歩いて5分、北東向き。
撮影していると地元の人の案内で修学旅行生が次々やってくる。
少数グループでの見学コースになってるみたい。
 
イメージ 1
 
大分県玖珠町の西椎屋の滝、100名瀑の1つ。
北東向き。展望所まで歩いて2分。滝つぼには行かず。
 
イメージ 2
 
大分県九重町の龍門ノ滝。
近くには温泉もある。駐車場から歩いて5分。龍門寺の裏手。北西向き。
夏場は滝すべりで賑わうところ。この時期、やや水量が少なかった。
 
イメージ 3
 
大分県玖珠町の慈恩ノ滝。
駐車場から歩いて5分。北西向き。滝の裏にも行ける。
旧街道沿いにある。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
熊本県小国町の鍋ヶ滝。
駐車場から歩いて5分。北向き。滝の裏にも行ける。
売店やトイレもあるが、営業時間外は閉められている。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
大分県竹田市の男池湧水群にある名水の滝。
男池湧水群は協力金100円。滝のすぐ横にも駐車可。
少し遅くなりすぎてかなり暗くなってしまった。
 
イメージ 9
 
夜は大分県別府市のネットカフェへ、ナイトパック6時間1200円、シャワーあり。
データストレージの後、1時ごろに就寝。
 
続く。

熊本県産山村の扇棚田・山吹水源、大分県九重町のくじゅう夢大吊橋・震動の滝、由布市の蛇越展望所 5月13日。

朝は南阿蘇村の俵山峠から朝日を狙うが空振り。
この時期阿蘇山上から朝日が昇る。
ここで、知り合った熊本の中村さんといっしょに産山村の棚田へ。
棚田の数は少ないが美しい所。
 
イメージ 1
 
すぐ近くの山吹水源。新緑が綺麗。
ここは、中村さんに教えてもらわなければ、素通りしていた。
産山村の棚田のすぐ近くで、トイレも完備。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
中村さんと別れて、くじゅう夢大吊橋方面へ。
県道40号線沿いは、新緑が綺麗。
 
イメージ 5
 
3時に、大分県九重町のくじゅう夢大吊橋に到着、入場500円。
橋の上からは、100名瀑の1つである震動の滝が見える。
雄滝と雌滝があり、雌滝は橋の横を下りたところの展望所からもわずかに見える。
秋の紅葉の時期もぜひ来たいものだ、さぞ見事なことだろう。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 6
 
その後、九酔渓を廻り、
夕方再びやまなみハイウエイへ。
 
イメージ 9
 
やまなみハイウエイの大分県由布市の蛇越展望所からは、由布岳と由布院の街が見える。
秋は雲海も見られる所。
 
イメージ 10
 
夜は、由布院のほたるの湯へ、露天のみで500円。
9時過ぎに車中泊。
 
続く。
 

このページのトップヘ