風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:二条城

京都府京都市の二条城の紅葉 11月30日分8-7。

神泉苑から歩いて、1時ごろに二条城に移動、10分ほど。
入城料のみ620円。二の丸御殿観覧込み1030円。

https://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/

紅葉は見頃後半。もう半散りになっているのも多い。

_S9A2436

_S9A2447

_S9A2457

_S9A2516

_S9A2550

_S9A2560

京都府京都市の二条城の梅林・啓翁桜と寒緋桜、京都御苑の近衛邸跡の桜 3月25日分。
 
梅には遅く、桜にはまだ早いやや中途半端な時期ではあるが、
所要で京都へ行く用事があり、せっかくなので少しだけ撮影。
 
途中、伏見の酒蔵の菜の花を偵察、菜の花は咲き始め、今年は少ないかも。
 
二条城の梅は終盤、満開ピークが数本、他はかなり散り。
駐車場2時間600円、拝観600円。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
啓翁桜と寒緋桜が見頃、他の桜はまだつぼみ。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
次に京都御苑へ、近衛邸跡の桜、入り口のは8分満開、池周囲は5分から7分咲き、他はつぼみと咲き始め。暖かかったので、いっきに進行した模様。
駐車場3時間500円。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
出町柳駅周辺、本満寺の枝垂れ桜は2分咲き、長徳寺のオカメ桜は満開散り始め。
ここはメジロがいっぱい。
 
イメージ 12

京都府京都市の神泉苑と二条城の桜 4月17日分3-3。
 
昼の1時に神泉苑近くの100円パーキングに移動、1時間300円。
薄い雲が増え、青空がかなり少なくなってきた。
 
神泉苑の染井吉野は散り始め。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
歩いてすぐの二条城に移動、拝観600円。
八重紅しだれ桜は満開、やや色あせ。
山桜、大島桜は見頃、しだれ桜、染井吉野は半散り、
里桜は咲きはじめから満開までいろいろ。
椿は見頃後半。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
境内で行われていた結婚式で移動に御所車が使われていた。
 
イメージ 10
 
空が白っぽくなってきたので、帰路に着いた。

京都府京都市の北野天満宮の梅林と二条城と梅宮大社 3月4日分。


朝3時半頃に起床、
少し早すぎたのだが目がさえてしまったので4時過ぎに出発。
GAS補給とコンビ二に寄ってから、
まずは昨日行った奈良市の追分梅林へ再び行く。
夜は駐車場は閉まっていた、ここは墓地の造成予定地みたいなので
来年はもう駐車はできないかもしれない。
少し休憩してから夜景・薄暮・日の出と梅林というように撮影をすすめる。
ここはいろんなパターンが撮れるのがいい。

7時前に移動、すいてるので下道を走って
8時過ぎに京都市の北野天満宮に到着。
本殿前の紅梅が見頃、撮影ポイントの多い本殿周囲はやや見頃過ぎが多いが、
ところどころ見頃のものもある。

9時をまわると3月とは思えないほど暑くなってきた。
本殿周囲の紅梅の中をメジロが飛び回っていてとても華やか。
ここぞとばかりに望遠レンズで撮影するが難しい、
ピント・構図・光線・背景とすべてが合格点の写真はなかなかとれない。
10時前に梅林が開いたので入る。

お茶菓子付きで500円、梅茶がおいしくて一袋購入した。
梅林内は見頃だが、あまりいいポイントはない。

イメージ 1

イメージ 2

10時過ぎに移動、二条城へ。
駐車2時間で600円と入場600円かけたわりに、
梅林は規模が小さくいまひとつ、まだつぼみのものも多い。

ここを訪れるのは、やはり桜の時期が一番いい。
梅林横に綺麗な椿があり撮影。

イメージ 3

12時前に移動、梅宮大社へ。
駐車場がいっぱいなので、しばし待つ。名前のとおり梅が多い。
本殿前、早咲きは散り始めだが、遅咲きのものはまだつぼみで
今は切り替わり中という感じ。

500円を払い庭園に入る。小さなしだれ梅が見頃でなかなかよい。
全体的には散り始めのものが多いが、勾玉池の周囲は見頃。
庭園内は、観光客が少なく撮影しやすい。

イメージ 4

1時過ぎに移動、昼飯の後に帰路についた。


このページのトップヘ