風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:五条市

奈良県五条市西吉野町の桃源郷と唐戸と立石の木蓮と廃校跡の桜 4月12日分。

朝まで雨、しかし早く雨が上がったので、雲海は出ず、残念。
それでも今年は花がそろい、なかなかの絶景。

五条市西吉野町の鹿場(ししば)
カメラマン4名。
以前小国で出会った写真家のSさんも来られていた。
土日がピークで日曜日は50名くらい来ていたみたい。
鹿場付近は道が狭く、駐車スペースもないので、
川岸方面から上がった1つ手前の集落に車を停める。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

その後、唐戸へ。木蓮も見頃。

ここで、先日八講桜でもすれ違った、Wさんと出会う。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

廃校跡の桜も満開。カメラマン数名。
貝原や西山などの枝垂れ桜も満開。

イメージ 16

イメージ 17

立石付近は見頃後半。木蓮はピーク過ぎ

イメージ 18

イメージ 19

夕方から用事があったので、昼過ぎまで撮影して早めの帰宅。

奈良県下市町の栃原の枝垂れ桜・西山の桃源郷・小路の枝垂れ桜、五条市の唐戸の光台寺 3月28日分。
 
朝から雨、昼頃にあがるが、期待したもやはあまり流れず。
 
下市町の新住のしだれ桜は6分咲きくらい。
北側がまだあまり咲いていない、角度によっては見頃。
 
栃本の枝垂れ桜は満開ピーク、栃原のしだれ桜は満開だが、
共に上部が鳥に新芽を食べられたのか、樹齢の為かさびしい感じ。
 
栃原の枝垂れ桜を対岸の道沿いから遠望。
 
イメージ 3
 
イメージ 4

五条市の唐戸の光台寺の白木蓮は咲き始め、けいおう桜・さんしゅゆ・すももは満開見頃。
 
イメージ 5
 
写真は下市町の西山、色とりどりで見頃です。
対岸の貝原のしだれ桜は6分咲きくらい、遠目に確認しただけ。
丹生小学校跡の桜は、彼岸桜1本が満開、しだれ桜は咲き始め。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
立石の木蓮は、咲き始めから7分混在、全体的には5分くらい、染井吉野は2、3部咲き。
見頃はもう少しの感じ。
 
小路の枝垂れ桜は、7分咲きくらい見頃。後ろの白木蓮が枯れたのでさびしい感じ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
御所市周辺の染井吉野は5分咲きくらい。
大和高田市あたりは、7分咲きくらいでもう見頃。


奈良県十津川村の大泰の滝・高滝、五条市の賀名生皇居跡の枝垂れ桜の新緑 5月1日分2-2。
 
奈良県十津川村の21世紀の森での石楠花の撮影後、
新緑を撮影しながら帰る。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
国道425号線沿いの大泰(おおたい)の滝。
 
イメージ 3
 
同じく高滝(不動滝)
 
イメージ 4
 
イメージ 5

国道168号線沿いも新緑が綺麗なところが多い。
山桜は散り始めだが、八重桜は満開。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
五条市の賀名生皇居跡の枝垂れ桜の新緑。
 
イメージ 8

奈良県十津川村の果無集落、市原の七朗桜、風屋ダムの山桜、五条市の猿谷貯水池の桜、下市町貝原の枝垂れ桜、丹生小学校跡の桜 4月15日分。
 
朝から奈良県十津川村の果無集落へ、斑鳩から2時間半くらい。
十津川温泉、柳本橋から車で7分くらい。
八重紅しだれ桜が満開。水仙も見頃。

 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 5
 
次に同じ十津川村市原の七朗桜を見に行く。
剣道735号線、市原口のバス停を曲がってすぐ。
八重紅しだれ桜が満開、大きいのだけで10本以上ある。
午前中がおすすめ。
 
月曜から木曜まで晴天が続いたのだが、
今日は日差しはあるものの、あいにくの白い空なので、
空抜きの構図は撮れなかった、残念。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
その後、山桜を撮影しながら移動。
十津川付近の山桜は満開散り始め。染井吉野は半散り。
 
十津川村風屋ダムの山桜。
 
イメージ 12
 
五条市大塔町まで北上すると山桜はまだ満開。
 
五条市大塔町の猿谷貯水池の桜、ここは染井吉野もまだ7分咲きくらいだった。
小雨が降り始める。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
4時ごろから本降りの雨。
 
帰り道に下市町貝原の枝垂れ桜へ。満開散り始め。
昨年の事故で駐車場は閉鎖、寺のトイレも閉鎖。
桜の下の道路が工事中。
他のカメラマンの姿は見えず。
少ししてから愛知県から来たカメラマンが1名、その後に観光客1組。
 
イメージ 3
 
最後に、下市町谷の丹生小学校跡へ、桜は半散りと散り始め。
 
イメージ 4
 

奈良県五条市の栄山寺の躑躅 5月5日分4-2。


小雨がぱらぱら降ったりやんだりの天気、花の撮影には良好。

御所市の船宿寺のあと五条市の栄山寺に向かう。
駐車場無料、境内400円。
東側にも市営の駐車場あり、無料。

平戸躑躅満開、山吹は終盤。

イメージ 1

イメージ 2

奈良県五条市の賀名生梅林と雲海に朝焼け 3月10日分。

前日夕方から降りだした雨で雲海の出現を期待して、
朝4時半起きで奈良県五条市の賀名生梅林へ向かう。
前回のリベンジというところ。

6時前に賀名生梅林に到着、対岸の展望ポイントからは霧でまったく見えず。

6時過ぎ、空にまだ蒼さが残る時間帯から撮影にかかる。
ちょうど満開で、前日の雨による散りも少ない。

雨が上がりうっすらと霧が出てきていい雰囲気。
夜明け前や薄暮の時間帯は、とてもフォトジェニックだが、
長くても20分くらいしかないので、シャッターチャンスは少ない。

周遊道路は狭く、駐車スペースが少ないので、
邪魔にならないところに車を停めて徒歩で撮影ポイントに移動、撮影した後、
再び車に戻り、移動と大忙し。
フィルムとデジタルの二刀流なのでさらにたいへん。

日の出の時間が近づくころには、かなりの雲海が出てきた。
7時くらいには雲の上に朝日もさしてとても神々しい雰囲気。

撮影中、出会ったカメラマンは、約5名ほど。
みんな、この絶景に大満足。
晴れの日もいいが、雨上がりに雲海が出れば言うことなし。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

7時半ごろには、周りが真っ白になってきた。
再び薄れれば撮影可能ではあるが、朝から別の仕事があるので帰路に着いた。

奈良県御所市の九品寺と大川杉、五条市の賀名生皇居跡と賀名生梅林と貝原のしだれ桜、
葛城市の当麻寺の雪景色 2月9日分。


昨日は朝から日中にかけて雪が降るというので、
早朝4時から定期的にネットのライブカメラや実況報告で降雪具合をチェック。
しかしなかなか降り出さず、9時頃にやっと降り出したので、葛城方面へ向かった。

40分頃で当麻寺付近に到着したが、まだ樹々の着雪が弱く、
降雪の様子を見ながら葛城市や御所市のいろんなポイントを廻った。
終始吹雪いていたが、ピークは昼頃だろうか、予報よりもかなりずれたみたいだ。

ピーク時は吹雪がすごくて撮影はたいへんなので、その間に移動して後でまた撮影することにし、
昼過ぎに五条市に移動、賀名生皇居跡のしだれ桜や賀名生梅林の雪景色を撮影。
その後、下市町に移動して貝原のしだれ桜の雪景色を撮影。

雪景色としては比較的マイナーな場所ばかり廻っていたせいか、
九品寺でカメラマン一人にあっただけで、ほとんど独り占め状態。

帰り道に再度、降雪の落ち着いた葛城市や御所市のポイントを撮影しようと思っていたのだが、
5時過ぎにはもう薄暗くなってきて、当麻寺の遠景を撮影したのみ。
少し欲張って移動しすぎたみたいで反省。
夜に少し降雪があるかもとということだがやや期待薄。

今日も朝から葛城方面へ、樹々の着雪がかなり落ちてるので、いまひとつ。
少しだけ撮影して早めに帰宅した。

1枚目の写真は、御所市の九品寺の雪景色。

イメージ 1

2枚目の写真は、御所市の大川杉の雪景色。

イメージ 2

3枚目の写真は、五条市の賀名生皇居跡のしだれ桜の雪景色。

イメージ 3

4~6枚目の写真は、五条市の賀名生梅林の雪景色。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

7・8枚目の写真は、五条市下市町の貝原のしだれ桜の雪景色。

イメージ 7

イメージ 8

9枚目の写真は、葛城市の当麻寺の雪景色。

イメージ 9

奈良県五条市の川岸の里と周辺のしだれ桜の偵察 3月25日分。


朝から小雨が降る中、国道309号を南下する。
大淀町の下渕のしだれ桜は、すでに5分咲きになっていた。

下市町の新住・小路・梨子堂・貝原のしだれ桜はまだつぼみ。
栃本のしだれ桜のみ、すでに3分咲きになっていた。
立石の木蓮は咲き始め、里桜・さんしゅゆ・梅が満開。
貝原の里桜・さんしゅゆ・梅が満開。

五条市の唐戸の光台寺の木蓮はつぼみ、さんしゅゆ・白梅が満開。
十日市の里桜・さんしゅゆ・梅が満開。

お目当ての川岸の里は花卉栽培が盛んで、
春には山の斜面一帯に花が咲き写真愛好家の人気が高い所。
日曜日とあって今日は写真愛好家が多かった。

里桜・さんしゅゆ・梅が満開で見頃。
対岸の方は、まだ少し早いのか色が少なくさみしい感じだった。

1枚目は、下市町の小路のさんしゅゆの大木。

イメージ 1

2・3枚目の写真は、五条市の川岸の里。

イメージ 2

イメージ 3

このページのトップヘ