風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:五條市

奈良県五條市西吉野と下市町の桃源郷と枝垂れ桜  3月21日分。

朝から雨が降ったり、小康状態になったりの繰り返し。
母と姪っ子2人を連れて五條市西吉野と下市町の桃源郷へ。

キャノンR5、未だにRFレンズは来ないが、
EF-RFアダプターが来たので、EF24-105mmを付けて初撮り。

京奈和道を通り、9時過ぎに賀名生皇居跡へ。
枝垂れ桜は見頃。

_S9A0004

次に川岸へ。こちらも見頃。カメラマンが数名。

_S9A0013

_S9A0029

次に鹿場へ。見頃旬。
日曜日で、さらに雨で雲海も出てるので、かなり人が多いかと思ったら、
誰もいない、後から数名。

_S9A0039

_S9A0066

_S9A0075

_S9A0089

_S9A0114

_S9A0151

次に唐戸の光台寺へ。見頃初期で、木蓮はまだ少し先の感じ。

次に性瀧寺へ。枝垂れ桜は上からは見頃だが、南東側はつぼみが多く、6分咲きくらい。

次に貝原の下の駐車場に車を停めて、西山と貝原を散歩。

西山は見頃。
貝原の枝垂れ桜は下の方はまだつぼみが多く、6分咲きくらい。
カメラマンが数名。

_S9A0213

次に立石へ。木蓮は見頃。道路工事中。

次に栃本の枝垂れ桜へ。見頃だが、枝が減ってボリュームにかける感じ。

次に栃原の枝垂れ桜へ。見頃旬。カメラマンが数名。
ここは晴れの午後の方がおすすめ。参考までに。

_S9A0257

最後に彌三吉桜へ。雨が強くなったので、車窓からだがもう見頃の感じ。





奈良県五條市の賀名生梅林 3月7日分2-1。

天気は朝は曇り、後晴れ少し雲あり。

今日は母と姪っ子を連れて朝から賀名生梅林へ。
駐車場300円、民間500円。
梅林内は見学自由。飲食は駐車場付近がほとんど。
途中にも土産物の売店はあるが、飲食できるところはほとんどない。
駐車場付近以外はトイレもないので、注意。
梅は散り始め蕾混在だが、全体的に見頃。今年は早めの進行。

口の千本付近の道路が台風被害で崩落しているので、梅林内通行不可。
崩落地点のかなり手前から立ち入り禁止で、
撮影ポイントの口の千本付近に行けないのが残念。
口の千本付近の通行は梅林内の歩道を歩く。

かなり広いので、全てのポイントを廻ると1日かかる。
今日は家族連れなので、東雲千本でUターン、撮影も少しだけ。

https://www.city.gojo.lg.jp/kankou/shizen/1/3770.html

_V9A9264

_V9A9299

奈良県五條市の鹿場の桃源郷の雪景色 4月2日分3-1。

前日の嵐で雲海期待で、鹿場へ。
川岸から上がる道から薄っすら雪化粧。
5時ごろに到着。誰もいない。
しばらくすると知り合いの写真家さんが次々と、
最終的には5人になるが、いち時期に比べたらすごく減ったように思う。

今日は雲海はそこそこだったが、この時期に雪化粧はめずらしい。
久しぶりの当たりかな。

昨日は風があるから駄目だと思っていたが、雲海が出ていたとのこと。

台風の影響で少し倒木しているようだが、あまり気にはならない感じ。
西山のほうはかなりやられているらしい。

日が差し始めると綺麗だが、溶けるのもあっという間。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10




奈良県下市町の新住の彌三吉桜・栃原の枝垂れ桜・貝原の枝垂れ桜、五條市の光台寺・川岸の桃源郷・性瀧寺の枝垂れ桜・鹿場の桃源郷・賀名生皇居跡の枝垂れ桜、3月31日分。

昨夜は雷雨。
今朝は晴れているものの雲の多い天気、後曇りから小雨。

今日も母と姪っ子を連れての桜見物なので、
朝もゆっくり、写真も簡単に。


周辺は3月下旬に咲く枝垂桜の大木が数多くあり、
また花木栽培農家が多いので、桃源郷みたいな場所もいっぱい。
知ってる撮影ポイントは数十ヶ所以上あって、
1日ではとても回り切れないので、
簡単に行ける場所を案内。

下市町の新住の彌三吉桜。
満開です。

イメージ 1

下市町の栃原の枝垂れ桜。
7分咲き、ほぼ満開。

イメージ 2

五條市西吉野町唐戸の光台寺付近の桃源郷
啓翁桜や山茱萸は見頃だが、木蓮など全体的には5分くらい。
見頃は少し先。

イメージ 3

五條市西吉野町川岸の桃源郷。もう見頃です。
カメラマンも結構来ていた。

イメージ 4

五条市西吉野町十日市の性瀧寺の枝垂れ桜。
7分咲き、ほぼ満開。

イメージ 5

下市町の貝原から西山方面。
もう見頃です。

イメージ 6

下市町の貝原の枝垂れ桜。
7分咲き、ほぼ満開。

イメージ 7

五条市西吉野町鹿場の桃源郷。
もう見頃です。
鹿場から入る道はかなり狭いので、やや広い川岸から入り、
広い道に停めて歩いたほうがよい。
奥まで行くとUターンする場所もありません。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

五条市西吉野町和田の賀名生皇居跡の枝垂れ桜。
7分咲き、ほぼ満開。連翹や雪柳も見頃。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



奈良県下市町と五條市西吉野の桃源郷と五條市の賀名生皇居跡の枝垂れ桜 4月7日分。

朝から下市町へ、そこから五条市西吉野へ抜ける。

新住丸尾の枝垂桜と栃本の枝垂桜は、満開見ごろ。
栃原の枝垂れ桜は、3分くらい。
原谷の枝垂れ桜は咲きはじめ。
梨子堂・貝原・西山の枝垂桜はつぼみ。

黒木や南山の枝垂れ桜は行かなかったが、時期的に同じなので、たぶんつぼみ。
唐戸は見頃だが、木蓮は咲きはじめ。伃邑の木蓮も同じだと思う。

川岸、西山、貝原の桃源郷は見頃。

啓翁桜、山茱萸、レンギョウ見頃。
花桃、木蓮は適度につぼみが残り、いい感じ。

小吉田。

イメージ 1

川岸。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

貝原。

イメージ 6

イメージ 7

西山。

東京取材の疲れから、朝一は行けなかったが、
午後から雨が降り出し、夕方雲海も流れて、いい感じ。
朝はカメラマンいっぱい来てたみたいだが、夕方は独り占め。
1時間くらいして、帰るときに1台来たくらい。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

五条の賀名生皇居跡の枝垂れ桜。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

奈良県五條市の吉野川祭り納涼花火大会 8月15日分。
最近の悪天続きで計画していた花火撮影もほとんどお流れ。
天気はいまいちだが、なんとか雨も降らなさそうだったので、
吉野川祭り・納涼花火大会に行ってきた。
ここは実に10年ぶりの撮影。

前回は車で行って大渋滞に巻き込まれたので、今回はJR利用。
法隆寺駅から王寺駅で乗り換え、6時30分ごろ五条駅へ、約1時間。
改札ICカードが使えず、大混雑。

歩いて堤防まで行き、さらに橋を渡り、7時半ごろ橋の下南側に到着。
この辺りはカメラマンがいっぱいだが、まだ余裕がある。

8時から8時54分頃まで花火、4000発。レーザー光線もある。

定番の構図、空に流れるレーザー光線は暗いので、同時には写りにくい。
レーザー光線を強めに写すなら感度・絞りを変えて撮影し合成するしかない。

イメージ 1

ピン送り、曇り空でテンションも低く、
久しぶりの花火で打率が悪かったが、そこそこは撮影できた感じ。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

最後に今回撮影した素材を使い簡単に合成。

イメージ 7

帰りは大混雑。座りたかったので、最終の10時過ぎの臨時列車乗る。
駅に留めていた自転車がパンク、歩いて11時半ごろにやっと帰宅。





奈良県五條市川岸の里と下市町貝原の里 3月20日分。


前日夕方からの雨は、朝には上がったものの、朝のうちはどんよりとした天気。
朝はゆっくり、9時半過ぎに出発、道は大渋滞。

途中、御所市は紅梅・木蓮が見頃、
五条市の賀名生梅林は半散り、賀名生皇居跡のしだれ桜は、ぱらぱら咲き始め2部咲きくらい。

昼頃に川岸の里に到着、早咲きの里桜が6~8分満開、さんしゅゆも見頃、梅は半散り。
時々日が射すものの、雲が多い空模様。
最初、雨のち晴れの天気予報で、期待大だったのだが大きくはずれた。

南山の里は、早咲きの里桜が5分くらい、さんしゅゆは見頃、光専寺のしだれ桜はつぼみ。
西山と貝原の里は、早咲きの里桜が6~8分満開、さんしゅゆも見頃、貝原のしだれ桜はつぼみ。

広橋梅林は見頃過ぎ、栃本のしだれ桜は咲き始め、立石の木蓮はまだつぼみといった感じ。
夕方急激に晴れてきたが、今日は兄家族が帰省するので、早めに帰宅。

去年に続いて、今年も姪っ子が京都の大学進学で同居することになった。
姉妹がそろって、かなり賑やかになりそうな感じ。

川岸の里。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

貝原の里。

イメージ 5

奈良県五條市の賀名生梅林、下市町の下市梅林、明日香村の尾曽の紅梅 3月7日分。

今日は朝4時起きで、奈良県五條市の賀名生梅林へ。
まずは対岸の撮影ポイントへ、カメラマンは3名。

朝からもっと晴れるかと思っていたのだが、期待はずれ。
昨日の雨で雲海期待も、風が強く少しだけ、おまけにとても寒い。
梅は、7・8分の見頃のが多い、7時くらいにはカメラマンもちらほら。

対岸より夜明け前の賀名生梅林。

イメージ 1

ここは晴れの日はかなり撮影しているので、
雲海のない賀名生梅林はパスして、下市町の下市梅林へ移動。

無料駐車場近くの紅梅は見頃だが、白梅はまだ咲き始めが多い。
下のほうは5分から7分くらいで、かなり差がある。
しだいに晴れ間が出てくるが、雲の多い空模様。

下市梅林。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

すぐ近くの栃本の梅林は、7・8分の見頃で、
こちらのほうが撮影ポイントが多いからか、カメラマンも多い。

栃本の梅林。

イメージ 6

イメージ 7

遅い昼飯の後、明日香村の尾曽に移動。

ここで、てつまんさんとばったり、てつまんさんの連絡でとらさんも合流。
以前からお会いしたかったのだが、なかなかお会いできずじまい。
最近は写真整理で忙しく、ひさしぶりの取材だったのだが、
いきなりお会いできるとは、びつくり。

ここからは紅梅を前景に明日香の里が撮影できる。
紅梅は、全体的に5分咲きくらい。

他にカメラマンが2名、ライト持参でライトアップされたので、
便乗して夜景との組み合わせで紅梅を撮影。

明日香村の尾曽の紅梅。

イメージ 8

昨日、日本橋でイオス5Dマーク2を購入、税込み22万8千円ほど。
今日が初取材、液晶がすごく見やすくなったのはいいけれど、
いきなりファインダーにごみが混入、防塵性能全然だめやん。

奈良県五條市大塔地区と野迫川村の紅葉 11月9日分。


天気予報は曇りだったが、朝から小雨。
山や渓谷の紅葉には、雨天が最適。
三日連続の雨にありがたやありがたや。

途中葛城方面を通ったが、この辺りの里紅葉も見頃。
五条市本陣から国道168号線を南下、中原橋から高野天川線に入る。
五條市大塔地区は、下天辻辺り、中原川沿いが見頃旬。

下天辻の紅葉。

イメージ 1

郷土館の紅葉。

イメージ 2

中原川沿いの紅葉。

イメージ 3

イメージ 4

その後、高野辻から野迫川村の川津高野線を南下する。
高野辻の紅葉。

イメージ 5

北股川沿いの紅葉は綺麗なところもあるが、全体的にはいまひとつ。

イメージ 6

かわらび荘の楓の群落は見頃、今日もカメラマンがいっぱい。

イメージ 7

3時過ぎ、雨がやみどんよりしてきたので帰路に着く。

奈良県大淀町の比曽口の桜、下市町の唐戸の光台寺と栃本の桜とスモモ、五條市の南山の光専寺の桜、高取町の高取城址の桜、桜井市の談山神社の桜 4月12日分。


早朝から奈良県中南部の桜を撮りに行って来た。

天気は、前日の夜からの晴れ予想だったが、朝は厚い雲でがっかり。
だが、日の出とともに急激に晴れて来て、明るい高くもり状態になる。

まずは大淀町へ、世尊寺(桜は散り始め)から南に下った比曽口近くのの桜の群生を撮影。
この道は169号が渋滞したときの吉野山からの抜け道としてもおすすめ。
吉野山も下・中千本辺りは満開だが、込んでそうなのでやめて他の所へいくことにする。

比曽口近くの桜の群生。

イメージ 1

次に下市町の唐戸の光台寺辺りへ、路上駐車可。
白木蓮は終盤、染井吉野(少しだけ)と三須臾は満開。

唐戸の染井吉野と三須臾。

イメージ 2

続いて五條市の南山の光専寺へ、しだれ桜は満開、周辺の里桜は半散り、
三須臾は満開、桃は5分咲き。
ここは青空を背景に撮りたい所だが、白い空なので上の方から見下ろすようなアングルで撮影。

南山の光専寺の枝垂れ桜。

イメージ 3

その後、ロケハンも兼ねて時々撮影しながら黒滝村方面へ向かう。
五條市南部や黒滝村は、染井吉野も山桜もまだまだ満開だった。

再び下市町に入り、広橋のしだれ桜を見に行くが、まだ5分咲きほど。
栃本辺りは、染井吉野や白いすももの花が満開でとても綺麗だった。

栃本の桜とスモモの花。

イメージ 4

昼飯後、高取町の高取城址へ向かう、路上駐車可。
桜が咲く広場まだは15分程、数は少ないが染井吉野は満開。
近くの壺阪寺の桜はは散り盛んだった。

高取城址の桜。

イメージ 5

イメージ 6

その後、見頃終盤の明日香村を抜け、桜井市の談山神社へ向かう、無料・有料駐車場あり。
境内500円、十三重塔横の権殿が修復工事中。
染井吉野・山桜は満開、寒緋桜は5分咲きくらい、向かいの丘にある薄墨桜も満開。
大宇陀へのトンネルが最近開通した。
http://www.mapion.co.jp/c/f?el=135/51/52.745&nl=34/27/41.956&scl=25000&uc=1&grp=all

談山神社の桜。

イメージ 7

イメージ 8

その後夕日の撮影のため、下市町に向かうが、
天気が曇りに変わったのでUターン帰路についた。

このページのトップヘ