風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:五條市

奈良県下市町の新住の枝垂れ桜と栃原の枝垂れ桜、五條市の川岸の里桜と山茱萸、吉野町の吉野山の桜、斑鳩町の大和川堤の桜 4月5日分。


早朝から近場の奈良県下市町・五條市・吉野町の桜を撮りに行って来た。

まずは下市町へ、新住(あたらすみ)のしだれ桜は満開、青空に映える。
少し小高い丘の墓場にあり、駐車場はあるが2台が限界で道も狭い。
近づいて撮影する場合、朝早くがよいが、夕方の光で下から見上げる構図もいいと思う。

次に栃原のしだれ桜へ、上は満開、枝先は3~5分咲きで全体が7分咲きくらいで見頃。
午後の光線がいいので、下見のみ、路上駐車可能。

1・2枚目は、新住(あたらすみ)の枝垂れ桜。

イメージ 1


イメージ 2


続いて梨子堂へ、しだれ桜は2本ともほとんどつぼみ、桃・レンギョウは見頃。

次に五條市の唐戸へ移動、光台寺周辺は、里桜・さんしゅゆは満開、
白木蓮はつぼみが膨らんだくらい。

さらに南下して川岸へ、里桜・さんしゅゆは満開、染井吉野がちらほら。
集落の中を通り南山へ抜ける。
この辺りは標高が高く絶景が続く、里桜・さんしゅゆは見頃。
光専寺のしだれ桜は、ほとんどつぼみ、駐車場あり。
ここから十日市までは車で5分ほ下る。

再び下市町へ、貝原のしだれ桜は、遠目に車窓から見た感じでは、
上のほうはかなり咲いていたが、全体的には3~5分咲きくらいだった。
やすらぎ村の桜は、つぼみから3分咲きくらい。
西山の学校跡の桜は、背景の木造校舎がいい感じ。

続いて黒木へ、王泉寺への途中にあるしだれ桜はまだつぼみ、竹林前に駐車場あり。

栃本のしだれ桜はまだ満開だったが、やや色抜け、この辺り染井吉野も5分咲きから満開。
広橋のしだれ桜はまだつぼみ、八幡神社近く。

3・4枚目は、川岸の里桜と山茱萸(さんしゅゆ)。

イメージ 3

イメージ 4

次に立石へ、白木蓮は見頃初期、正覚寺の桜は見頃。

続いて才谷から才谷吉野線を通り、吉野町の吉野山へ向かう。
この道はおすすめ、吉野山の勝手神社横に出る抜け道。
手前に駐車場があり便利、桜も多い。
駐車場代は、全山一律1500円とかなり高い。

東南院と蔵王堂横のしだれ桜は見頃、観光客でいっぱい。
大日寺のしだれ桜も見頃でとても綺麗だったが、わかりにくいため気づく人は少ない。
すぐ近くの白木蓮はつぼみが膨らんだくらい。
遠目に見た感じでは、如意輪寺のしだれ桜は5分咲きくらい。
山桜は、まだちらほらくらい。

5枚目は、吉野山の東南院の枝垂れ桜。

イメージ 5

6枚目は、吉野山の蔵王堂横のしだれ桜。

イメージ 6

7枚目は、吉野山の大日寺のしだれ桜。

イメージ 7

次に桜井吉野線を抜けて本善寺へ、
遠目に見た感じでは、しだれ桜はまだ満開だったが、
この辺り染井吉野も満開だったので、少し散り始めていたかもしれない。
空が白くなってきたので、撮影せず素通り。

夕方、再び栃原のしだれ桜へ移動。
桜は見事だが、電柱・電線がすごくじゃま。
高くもりから光がなくなり、くもりに変わってきたので、帰路についた。

8・9枚目は、栃原の枝垂れ桜。

イメージ 8

イメージ 9

帰り道、斑鳩町の大和川堤で桜と夕日を撮影、なかなかいい雰囲気。

10・11枚目は、斑鳩町の大和川堤の桜。

イメージ 10

イメージ 11

奈良県五條市の賀名生皇居跡の枝垂れ桜と乙姫桜、下市町の貝原の枝垂れ桜 3月31日分。


昨日は5時過ぎに出発、奈良県五條市に向かう。

天気予報は午前中晴れで午後からくもりというものだったが、
朝から雲が多い空模様。

コンビ二で朝昼用の食事を調達してから、
まずは賀名生皇居跡のしだれ桜(満開)を撮る。

8時40分過ぎから晴れ間が出て来たので移動、
霊安寺の地蔵寺と山田家のしだれ桜(どちらも満開)、
野原の観音寺のしだれ桜(満開散り始め)を撮り、
再び賀名生皇居跡のしだれ桜を青空を入れて撮影。

樫辻に移動し、春日神社のエドヒガンの大木(7分咲き)、
乙姫桜(満開、紅しだれ桜)を撮影。
以上全て五条市内の桜。

12時20分過ぎ雲が出て来たので移動、
途中川岸の里桜は半散り状態、桃が満開。

スナップを撮りながら移動、下市町に入り貝原へ向かう。
貝原のしだれ桜(7分咲き)には、そこそこのカメラマンが来ていた。

曇り空なので、ぶらぶらと面白そうなアングルを探してみる。
4時頃少し晴れ間が出て来たので撮影し移動、
簡単に夕食を取った後、夕日を浴びた栃本のしだれ桜(満開)を撮る。

5時半過ぎに日がかげったので移動、
栃原のしだれ桜(満開)の薄暮の写真を撮ろうとするが、
再び雲が増えて来てきれいな薄暮にならないのであきらめる。

以上、全て下市町内の桜。
再び移動、乙姫桜と地蔵寺のライトアップされたしだれ桜を撮影し、8時40分終了。
今日は収穫が多かったが、すごく疲れた。

1枚目の写真は、賀名生皇居跡のしだれ桜。

イメージ 1

2枚目の写真は、霊安寺の山田家のしだれ桜。

イメージ 2

3枚目の写真は、貝原のしだれ桜。

イメージ 3

4枚目の写真は、栃本のしだれ桜。

イメージ 4

5枚目の写真は、ライトアップされた乙姫桜。

イメージ 5

奈良県五條市の賀名生梅林 3月10日分。


朝6時すぎに出発、7時すぎに到着。
とりあえず周遊道を車で1周して開花具合をチェック。
散りかけや5分咲きも少しあるが、
全体的に7・8分咲きで見頃。
来週前半までしばらく見頃が続くだろう。

7時半頃に臨時駐車場が開いたので車を停めて、
歩いて周遊道(1周5.5キロ)に向かう。
いきなり現れる一目万本の絶景にはびっくりだが、
谷間に陽が当たってくるまで時間がかかるので、
とりあえず上のほうから撮影を始める。

周遊道を一方通行どうりに、
見返り千本、東雲千本、奥の千本、西の千本とまわり、
もう一度、見返り千本に行ってから、
帰りに一目万本を撮影して2時頃に駐車場にもどる。
支道も含めて、たぶん10キロくらい歩いただろうか。
足はパンパンでどっと疲れた。

遠景がよくおすすめは、一目万本と西の千本。
奥の千本は電線が多く撮りにくい。
東雲千本あたりは、あまりいい撮影ポイントはない。
なお早朝に車を停めたい場合、多目的広場に駐車可。

写真1枚目は見返り千本付近

イメージ 1

写真2枚目は奥の千本から西の千本への途中

イメージ 2

写真3枚目は西の千本付近

イメージ 3

写真4枚目は一目万本付近

イメージ 4

このページのトップヘ