風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:五重塔

山口県山口市の瑠璃光寺の五重塔と躑躅 4月23日分5-3。

1時45分に香山公園へ。
無料駐車場・トイレあり。

歩いてすぐの瑠璃光寺五重塔へ。見学自由。
躑躅は全体5分咲きくらいだった。

http://yamaguchi-city.jp/details/aa_ruri_tou.html


_S9A0160

2時半ごろに近くの一貫野の藤を見に行くが、花数が少なく撮影せず。
路肩駐車可・トイレはなし。

http://www.nihoweb.com/ikkannofuji.html

京都府京都市の東寺の五重塔と紅葉 11月18日分4-4。

1時40分ごろに東寺に移動。
駐車場2時間まで600円。
拝観800円。
紅葉は見頃。桜紅葉はすでに散っているのも多い。

https://toji.or.jp/

_V9A7668

_V9A7674

_V9A7692

_V9A7701

_V9A7710

_V9A7713

_V9A7854

_V9A7832

奈良市の興福寺と猿沢の池 6月8日分2-2。

次に興福寺に移動。
駐車場1回1000円。

https://www.kohfukuji.com/

東金堂と五重塔。

_V9A3061

中金堂。

_V9A3073

猿沢の池。

_V9A3112

小鹿のバンビ。

_V9A3128

京都府京都市の東寺と市街の夕景と夜景 12月9日分4-2。

東京行きの初日。天気は快晴。

夜行バスの出発まで時間があるので、撮影してまわる。

夕方、京都プラザホテル様の許可を得て8階から西側の東寺方面を撮影。
今は夕日が東寺の五重塔付近に沈む時期ではないので、
東寺の五重塔と夕焼け空と夜景を撮影。

京都プラザホテル新館の8階にあるプラザスカイビューからは
東寺の五重塔や街並みが見え、手前には線路も見えるので
人気列車とのコラボも可能。
特設のライブカメラもあるので、その日の状況も確認できます。

京都に宿泊される場合、お勧めです。
詳しくはホームページを参考にしてください。↓

https://www.kyoto-plazahotel.co.jp/plaza-sky-view

https://www.kyoto-plazahotel.co.jp/

_7R30061

_7R30090

_7R30145

広島県廿日市市の宮島の紅葉 11月14日分。

朝7時に法隆寺駅発、8時過ぎに新大阪駅で新幹線に乗り換え、
9時40分過ぎに広島駅に着く。
すぐに岩国行きに乗り換え、10時15分頃に廿日市市の宮島口に到着。
天気は晴れ、しだいに雲が増える。

フェリーで対岸の宮島へ、片道160円。

すぐに紅葉谷公園へ、紅葉は全体的に見頃前半。
赤い橋は2つあり、パンフレットでよく使われるのは、下のほうの橋。
橋周辺は、見頃。

上の赤い橋は、もみじ谷橋と言う。

イメージ 1

イメージ 2

こちらは、下の赤い橋でもみじ橋と言う。

イメージ 15

鹿さんもいっぱい。

イメージ 3

大聖院、紅葉は見頃。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

厳島神社と五重塔。
豊国神社横のイチョウは、色変わり中。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

紅葉谷公園、もみじ谷橋の近く。
この辺りも見頃。

イメージ 11

もみじ橋、日が暮れてから撮影。
晴天時、森の中では日中よりも朝夕の明るい日が当たらない時間帯がおすすめ。

夕方、テレビ中継がありそうだったので待機。

普通はライトアップはされないが、テレビ中継でライトアップ。
貴重な写真が撮れた。
観光客は少しいたが、カメラマンは他にいなくて独り占め。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

夕方雲が増えたので、大鳥居の夜景はいまひとつ。
6時過ぎに出発。
フェリーで渡り、JRで大竹駅近くの宿へ。

京都府京都市神護寺と仁和寺の紅葉 11月4日分。

夜12時半過ぎに出発で、まずは滋賀県高島市の小入谷へ。
25・24号線、京奈道路、1号線、367号線などを経由して、
3時半ごろに高島市の朽木村の小入谷の撮影ポイントに到着。
夜だからかなり早かったが、それでも3時間と遠い。

先客車8台、二ヶ所のポイントとも、もう三脚でかなり埋まっていた。
前日からの泊まり組みたい。
日の出の頃には、平日にもかかわらず車30台以上になっていた。

天気予報はよかったのだが、5時頃に雨が降り朝はどんより。
紅葉は見頃だが雲海はなく、2年前のリベンジならず撃沈。
日の出もさっぱりで、2年前より状況は悪かったので、撮影せず。

その後、伊吹山や比叡山など、どこに行こうか迷ったのだが、
一部青空が見えてきたものの、雲が多くいまいちなので、京都方面に戻る。

9時ごろになると晴れてきたので、高雄の神護寺へ。
駐車場1000円、拝観500円。

境内全体的には見頃初期、石段付近は見頃前半。
途中のお茶屋付近は、上のほう一部のみ見頃で、全体にまだ青葉が多い。
川沿いも一部見頃のもあるが、全体色変わり中でまだ青葉が多い。

西明寺指月橋付近も一部色変わり中でまだ青葉が多い。
境内は外からのみ見た感じでは、見頃前半くらいの感じ。

神護寺のお茶屋の紅葉。上のほうだけ。

イメージ 1

神護寺境内。平日朝でもかなり人は多いです。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

その後、仁和寺に移動、駐車場500円、境内自由。
桜紅葉・銀杏見頃、楓は一部見頃、多くは色変わり中。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

朝早かったので、すごく眠たくなりパワーダウン。
2時ごろに帰路に着いた。

奈良県奈良市の奈良公園の鹿と東大寺と興福寺の雪景色 2月14日分4-4。
 
東大寺の二月堂をくるっとまわって、後は鹿さんと雪景色のコラボを中心に撮影。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
南大門。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
興福寺五重塔。
 
イメージ 9
 
奈良瑠璃絵入り口。最初早咲き梅かなと思ったら桜の樹、「なんで」と思って
よく見ると、よくできた造花を桜の樹に埋め込んでいました。
遠目にはわからんし、本物と思って撮影していた人が多かった。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
昼頃から、吹雪が弱くなり、木々の着雪がかなり落ちてきたので、2時頃帰路に着いた。
 
帰り道、車から横目に平城京跡を見たが、木々の雪はほとんど落ちていた模様。
 
第二阪奈のみならず、阪奈道路も通行止め。
抜け道通ったので、途中は渋滞しなかったが、家の前の国道25号線は大渋滞。
数百メートルの移動に30分近くかかった。

岡山県総社市の備中国分寺の五重塔と朝日に桜 4月5日分4-1。
 
朝は久しぶりの好天、青空が広がる。
 
備中国分寺の五重塔と朝日を撮る、カメラマンが5人ほど。
周辺路上駐車可。蓮華はまだまだ。
 
イメージ 1
 
その後、備中国分寺の桜を撮影。寺は開放されていて自由に入れる。
桜は参道付近がほとんど。カメラマンが2人。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
すぐ前にある桃畑。
 
イメージ 4
 
その後、岡山市の後楽園に向かう。
続く。

奈良県斑鳩町の法隆寺の夕景 12月23日分。

今日は夕方から奈良県斑鳩町の法隆寺の五重塔と夕照を撮りに行ってきた。
4時半出発、自宅から車で5分ほどで法隆寺北東にある温泉の駐車場の撮影ポイントに到着。

カメラマンは5名ほど、この時期太陽は一番南側に来てはいるが、
撮影ポイントは北東にあるため、ここからは夕日と塔の組み合わせの撮影はできない。

県道9号線沿いからは、夕日と塔の組み合わせは見れるものの、
開発が進み、電線電柱だらけでもう撮る気にはなれない。
今日はそこそこいい雲が出ていて染まってくれたので、70点くらいの感じ。

イメージ 1

イメージ 2

このページのトップヘ