風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:佐野邸

京都府京都市の佐野邸の枝垂れ桜・天竜寺の枝垂れ桜・嵐峡の山桜・常寂光寺の枝垂れ桜・十輪寺の枝垂れ桜・大日堂からの京都市街の夕景、祇園白川通りの枝垂れ桜 3月30日分。


朝から快晴、その後少し雲が出てくるが、昼くらいから再び快晴に戻る。

朝8時に広沢池近くの桜守の佐野邸の枝垂れ桜を見に行く。
見学自由、三脚禁止、駐車場はないが路肩に少しスペースあり。
しだれ桜が満開で見事、カメラマンもちらほら、ここは次々観光客がやってくる。

佐野邸の枝垂れ桜。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

次に嵐山に移動、駐車場は一日700円から1000円。

法輪寺の山桜は咲き始め、雪柳は見頃。

次に天竜寺へ、庭園のみは500円、三脚禁止。
しだれ桜は満開、陽光桜、さんしゅゆが見頃、
三つ葉躑躅は見頃と咲き始め、木蓮は半散り。
今日もすごい人出。

天竜寺の枝垂れ桜。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

次に大河内山荘に移動、お茶券付で1000円。
しだれ桜は7分咲き、1本のみ。
染井吉野、三つ葉躑躅は咲き始め。
展望台から見る嵐峡の山桜はほぼ満開。

嵐峡の山桜。

イメージ 7

次に常寂光寺に移動、境内500円、駐車場あり。
枝垂れ桜は満開、染井吉野、三つ葉躑躅は咲き始め。

常寂光寺の枝垂れ桜。

イメージ 8

その後、西京区の十輪寺に移動、境内500円、駐車場あり。
枝垂れ桜が満開。

十輪寺の枝垂れ桜。

イメージ 9

次に向日市の向日神社に移動、境内自由、駐車場あり。
しだれ桜は満開だが電線が邪魔、参道の染井吉野は咲き始め。

次に東山区の大日堂に移動、境内500円、駐車場あり。
しだれ桜1本が7分咲き、染井吉野は咲き始め。
ここは山の上にあるため、1週間ほど遅い。
天気がよいので、京都市街の夕暮れを撮影。

大日堂からの京都市街の夕景。

イメージ 10

最後に祇園白川通りに移動、一般道路で見学自由。
近くの100円パーキングは10分100円ほど。
枝垂れ桜数本が満開でとても綺麗、染井吉野は咲き始め。
観光客ですごい人出。

祇園白川通りの枝垂れ桜。

イメージ 11

京都府京都市の嵐山の法輪寺の山桜、法金剛院の紅枝垂れ桜、佐野邸の枝垂れ桜 4月5日分。


木曜日は、京都府の嵐山へ行ってきた。
天気予報は一日中晴れということだったが、
朝から雲の多い空模様。

朝一番、まずは定番だが嵐山を代表する風景として、
渡月橋を桜とからめて撮る。
山桜はすでに散っていたが、染井吉野は満開と6分咲き。

雲が多いので、背景に青空が見えてかつ陽が射して、
また観光客が写りこまず、渡月橋に車が走っていない時を狙う、
定番写真は簡単そうに見えるが、実はすごくむずかしいものなのだ。
なんとかましな写真が撮れたので移動。

南側の紅しだれは3分咲きが1本であとはちらほら。
こちら側からもいいので、来週もう一度行こうと思う。
あと公園内のしだれ桜は散り始め、染井吉野は5分から8分咲き混在。

続いて法輪寺へ移動。
山門の紅しだれはちらほら咲きだが花は少ない。
塔の横の山桜は満開、展望台からの眺めはいまひとつ。

1枚目の写真は、法輪寺の山桜。

イメージ 1

11時過ぎに嵐山公園内の展望台に移動、
嵐峡の山桜は満開、公園内のみつばつつじもちらほら。

次に天竜寺に移動、
庭園内のしだれ桜は満開、染井吉野は5分から8分咲き混在。

昼飯の後、花園近くの法金剛院に移動。
庭園内の一番大きい紅しだれ桜1本が満開、あと2本が5分と7分咲き、
染井吉野は7分咲き、ここは人も少なくてゆっくりできる。

2枚目の写真は、法金剛院の紅しだれ桜。

イメージ 2

4時過ぎに広沢の池に移動。
山桜は満開が多いが木は小さい、染井吉野は3分から5分咲き混在、
南東の道沿いの2本がほぼ満開。

ここは愛宕おろしの冷たい風が吹くので少し遅い。
南側の児童公園とすぐ横の池の茶屋のしだれ桜2本が満開で綺麗。
池の茶屋のしだれ桜は7時過ぎにライトアップされる。

最後に広沢の池近くの佐野邸のライトアップされたしだれ桜を撮影。
1本が満開、あとは散り始めが多い。
ここは有名なのでそこそこの人出。
7時40分終了、今日は疲れた。

3枚目の写真は、佐野邸のライトアップされたしだれ桜。

イメージ 3

このページのトップヘ