風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:八王子市

東京都八王子市の高尾山から望む新緑と富士山 5月8日分2-1。

朝から快晴。
今日も黄砂予報だったので、あきらめてたのだが、
奥多摩に行く予定を変更して、今日も高尾山へ。
駐車場1日1000円。


イメージ 1

出遅れたので、往路はケーブルカー利用、480円。

イメージ 2

イメージ 3

9時に山頂に到着。なんとか光線の良い時間帯に間に合った。
今日は綺麗に富士山が見える。新緑が綺麗。

わずかに霞があるが、天気の良い日が多い5月でも数回程度の好天だと思う。
PLフィルター使用すれば、充分過ぎる感じ。
同じ晴れでも昨日とは大違い。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

10時40分ごろに下山。
5号路経由で展望の良い尾根筋を通る稲荷山コースを通り戻る。
途中東屋のある展望台があるが、それ以外は展望なし。

5号路部分が7分、稲荷山コースが48分ほど。

駐車券でそばが10%オフになったので、昼食にそばを食べる。

その後、相模湖を1周して、1時前に中央道の相模湖ICから高速へ入る。

東京都八王子市の高尾山 5月7日分2-1。

天気は晴れているものの、黄砂の影響で白い空。

前から行きたかった高尾山へ。
GWは込むという情報だったので、7時前に到着。
駐車場1日1000円。まだ人は少ない。


イメージ 1

まだケーブルカーは動いておらず、自分の足で登りたかったこともあり、
歩いて登る。
複数の登山路があるが、1号路を選択。7時25分に出発。
1号路は車道で歩きやすい道。(一般車は通行止め)

イメージ 2

途中の分岐から金毘羅台へ。
階段が続き4分ほどで金毘羅台の展望台に到着。
空が白いので眺めはいまいち。
ここからは平坦な道で、すぐに元の車道に戻る道がある。
展望台見るだけなら、上の分岐からの方が楽。

8時7分にリフトの山上駅。
リフトの駅前は木が伸びて展望はいまいち。

さらに3分ほどでケーブルカーの山上駅。
この前からの展望はよいのだが、空が白いので眺めはいまいち。
すぐ上に展望レストランがあるが、まだ営業前で閉鎖中。
広場には水場もある。

8時半ごろに浄心門。

イメージ 3

男坂。傾斜の緩い女坂もある。

イメージ 4

シャガの花が咲いていた。

イメージ 5

9時ごろに薬王院に到着。
周辺には茶店が並ぶ。

イメージ 6

高尾山と言えば天狗です。
茶店の「力ソフト」というぶどう味のソフトクリームはおすすめ。

イメージ 7

そこからは階段が続く。

イメージ 8

イメージ 9

9時40分ごろに山頂に到着。
山頂には茶店がいっぱい。水場もある。
GW最終日の午前中なので、思ったより空いている。

イメージ 10

イメージ 11

富士山がかすかに見える。都心の方の展望もある。

イメージ 12

10時にビジターセンターオープン。
観てから10時10分ごろに下山。

最初、滝のある6号路を戻るつもりが、GW中は登りの一方通行、失敗。

途中から1号路に合流する、4号路を通り戻る。

吊り橋がある。

イメージ 13

もう展望レストランも営業中。ここからの眺めもよい。

帰りはケーブルカー利用、480円。空いていた。

イメージ 14

11時20分頃に駐車場に戻る。

その後、東京都檜原村の払沢の滝に移動。



東京都青梅市の吉野梅郷と八王子市の高尾梅郷 3月31日分。

3月30日金曜日と31日土曜日と東京へ出張。

30日金曜日は新しく仕事をすることになったデータクラフト社さんの東京事務所にご挨拶。

せっかく東京まで出てきたので、河辺(かべ)で宿泊。

31日土曜日は午前中曇り時々晴れの天気。
前から行きたかった吉野梅郷へ。
ネットでは一応見頃にはなっていたが、
やはり今年はかなり遅れて、一部分のみの見頃。

紅梅はかなり見ごろのが多かったが、白梅はまだまだ、全体でも3~4分くらいの感じだった。
金曜日比較的ぬくかったこともあり、いっきの開花を期待していたのだが残念。
早朝はカメラマンも10名ほど、8時半ごろから観光客が増え始めた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

午後から八王子市の高尾梅郷にも行ったのだが、途中から雨の天気、風が強かった。
電話だと5分咲き以上と言ってたのに、こちらも全体でも3~4分くらいの感じ。
しかも案内不十分でわかりにくい。バスの終点には何の案内もなし。
歩いて約2停留所戻り、4つある梅林の1つの木下沢(こげさわ)梅郷へ。
カメラマンが他に一人だけ。

イメージ 7

もう1泊くらいするつもりだったのだが、天気の回復が遅れそうなので、
夕方新幹線で帰路に着いた。
 

このページのトップヘ