風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:八重桜

奈良県広陵町の新家長福寺の八重桜 4月19日分3-3。

最後に新家長福寺へ、拝観志納。
近くの町の図書館の駐車場に駐車可能。

例年なら満開の時期だが、八重桜は散り始め。ボタンは見頃。

イメージ 1

イメージ 2


奈良県桜井市の長谷寺 4月19日分3-2。

長谷寺の駐車場は500円、拝観500円。特別拝観1300円。

牡丹は見頃だが、元気がない感じ。
石楠花は満開、躑躅やハナミズキも見ごろ。
八重桜が満開散り始め。新緑がとてもすがすがしい。
例年ならGW前後だが、今年の花はどこも早い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


群馬県渋川市のグリーン牧場 5月3日分4-3。

3時半ごろに群馬県渋川市のグリーン牧場に移動。
途中、伊香保温泉に向かう道は渋滞だったので、迂回した。

駐車場無料、入園1200円。家族連れで賑わっている。


八重桜が見頃。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、関越道の渋川伊香保ICから高速移動。
足利ICまで50分ほど。

埼玉県秩父市の羊山公園の芝桜と美の山公園 5月3日分4-1。

早朝から再び羊山公園の芝桜を撮りに行く。
早朝自由、カメラマン数名。


花が少しは増えるのかなと思ったのだが、あまり変わらず。
むしろ前回より花が痛んでたので、ほとんど撮影せず。

5時過ぎには観光客がかなり増えてくる。
早朝はまだ日が当たらないし、人を入れずに撮るのは無理っぽい。

イメージ 1

6時くらいに出発、駐車場はもういっぱい。

6時半ごろに美の山公園に移動。
駐車場、見学自由。
時間が早いこともあると思うが、ここはほとんど人がいなかった。


展望が良い。
八重桜が見頃。躑躅が咲きはじめから見頃混在。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、再び群馬県の妙義山に向かう。

群馬県下仁田町の妙義山の八重桜 5月2日分3-2。

昼前に群馬県の妙義山に移動。

天気は快晴が続く。

道の駅みょうぎから5分ほどのパラグライダー発着所付近からの展望。

イメージ 1

県立森林公園のさくらの里の駐車場は満車だったので、
少し上にある中の岳の駐車場へ。
そこから歩いて県立森林公園のさくらの里へ。

八重桜が満開でとても綺麗。
朝一から来るんだったと少し後悔。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2時ごろに登山口から妙義山に入る。
上の方は鎖場だらけの上級者向けの本格的な山なので、途中の第四石門まで登る。



第二石門の鎖場。
う回路があり、鎖場を通らずに登ることもできる。

イメージ 9

第四石門。すぐまえに東屋のある展望広場があり、
ほとんどの人はここまででユーターン。

イメージ 10

少し先にある鎖場を上り、「天狗のひょうてい」からの展望。
前日にこの辺りから落ちて亡くなった人がいるとのこと。

足がすくむ、かなり怖いかんじ。
腕力がなく鎖場になれていない人はいかないほうがよい。

イメージ 11

第四石門の広場から、中之嶽神社経由で駐車場に戻る。約25分。
こちらの道は階段が多いが、危険な場所のまったくない道。

4時半ごろに出て、高崎市の観音山公園に移動。

鳥取県鳥取市の雨滝、鳥取市琴浦町の大山滝 4月27日分。

朝はくもり、しだいに雨が降ってくる。

朝から鳥取県鳥取市の雨滝へ。日本百名瀑。

車で滝に向かう途中の道沿いに食堂などがある。

無料駐車場、トイレ完備。
駐車場から雨滝までは2・3分。

途中にある布引の滝。少し先に東屋もある

イメージ 1

少し進むと雨滝。

イメージ 2

橋を渡り、展望台まで4分。

イメージ 3

展望台から筥滝まで10分。

イメージ 4

東屋の横の佛谷、新緑が綺麗。

4時間近くいたが、撮影中、観光客は誰も来なかった。

イメージ 5

その後、下道を移動。時々雨は止む。

鳥取市琴浦町の大山滝へ移動。2時間ほどで到着。

日本百名瀑。

道路周辺はキャンプ場になっている。
無料駐車場、トイレ完備。

登山道から12分で狭い階段に行きつく。
そこを下ると工事用道路で吊り橋がある。
ここがほぼ中間で約18分。

そこからアップダウンを繰り返し約20分で大山滝の展望台。
滝壺まで降りれるが、雨で滑りやすいので行かなかった。

途中カメラマン1名にすれ違ったのみ。

イメージ 6

イメージ 7

登山道入り口付近の八重桜、散りはじめ。

イメージ 8

3時過ぎに出発、早めに米子市のホテルへ。

奈良県広陵町の新家長福寺の八重桜 4月14日分。

サイクリングで、広陵町の新家長福寺へ。
 
天気は高曇り。
1時過ぎに、斑鳩の自宅から南下、大和川の潜水橋を抜けて、馬見丘陵公園沿いを走る。
新家長福寺は、馬見丘陵公園の南側にある。
行き約50分、帰りは少し違うルートで約40分。アップダウンが結構あって疲れた。
馬見丘陵公園内、北側は自転車道があるが、南側は自転車進入禁止。
 
新家長福寺は、八重桜と牡丹の名所。
小さなお寺だが、ハイカーがすごく多く賑わっていた。
境内志納、駐車場はない。周辺の空き地や路肩に駐車可。
 
八重桜、東側の正面は、7分咲きから満開。裏側は2分咲きから5分咲きくらい。
牡丹は、まだ一輪しか咲いていなかった。
13日~21日までライトアップあり、夜8時半まで。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
御衣黄。
 
イメージ 3
 
関山。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
松月。
 
イメージ 6
 
一葉。
 
イメージ 7

大阪府大阪市の大阪造幣局の通り抜けの桜 4月21日2-2。
 
午前中、吉野から早々帰宅。
午後、レンズの修理を受け取りに大阪梅田のキャノンサービスへ。
 
せっかくなので、ひさびさに大阪造幣局の通り抜けの桜を撮りに行く。
天気は最初のうちは日が射していたが、しだいに曇りに変わる。
 
 
はっきり品種が表記されているのでわかりやすい。
品種を撮影してから花を撮影。70種くらい撮った中から一部を紹介。
 
花の説明文は、桜の通り抜け桜樹一覧表から引用してます。
 
松月(しょうげつ)
東京荒川堤にあった名桜で、平野神社の平野撫子に似ている。
花は最初淡紅色で、次第に白色となり、花弁数は25枚程で、葉化雌しべがある。
 
イメージ 1
 
関山(かんざん)
明治初年東京荒川堤の桜として有名になった桜で、花は濃紅大輪で、花弁数は30枚程である。
 
イメージ 2
 
鬱金(うこん)
古くから知られた桜で、江戸時代に京都知恩院に植えられていたといわれ、樹姿は直立高木で、
花は淡黄緑色のショウガ科のうこんの根の色に似ていることから、この名が付けられた。
花弁数は10~15枚ある。
 
イメージ 3
 
御衣黄(ぎょいこう)
花は黄緑色で、開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の縦線が現われる大変珍しい品種で、
花弁数は15枚程である。
 
イメージ 4
 
牡丹(ぼたん)
大島桜系の里桜で、花はふっくらした牡丹の花を思わすような淡紅色の優雅な大輪で、
花弁数は15枚程ある。
 
イメージ 5
 
大手毬(おおてまり)
多数の花が枝の先に密生して咲き、大きい手毬の状態となるところから、この名が付けられた。
花は、中輪の淡紅色である。
 
イメージ 6

兵庫県篠山市北野の八重桜、京都府福知山市長尾の芝桜、宮津市の成相寺の山吹と石楠花、与謝野町の大内峠の一字観公園からの天橋立と夜景 4月30日分。

再び北近畿へ。

中国道の渋滞を避けるため、第二阪奈・阪神・名神を経由して、
西宮から県道82号、国道176号を北上する。

天気は快晴、のち少しづつ雲が増えていく。

写真の八重桜並木は、兵庫県篠山市北野付近、満開と散り始め。
八重桜並木は、けっこうどこにでもあるが、ここはロケーションがいい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

昼頃、京都府福知山市長尾へ、芝桜は見頃後半、一部色あせはじめ、路肩駐車可。

イメージ 6

午後2時半ごろ、京都府宮津市の天橋立に到着、雪舟観の稲荷神社の三つ葉躑躅は終盤。
小雨がぱらついてくる。

その後、成相寺に移動、入山500円、駐車場無料。
山吹は7分~満開、石楠花は咲き始めだが今年は少ない。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

4時半ごろにはどんよりとして雨が降ってくる。
本屋で時間をつぶしていたが、一時激しい雷雨になっていた。

日没後、雨がやんだので、大内峠の一字観公園へ移動、天橋立の夜景を撮影。

イメージ 10

夜は、京丹後市の小野の湯へ
看板がライトアップされてないので、すごくわかりにくかった。
500円、打たせ湯が気持ちよい。
9時過ぎ車中泊。

滋賀県日野町の鎌掛本石楠花群落、奈良県山添村の神野山の八重桜 4月29日分。


早朝から滋賀県日野町の鎌掛(かいがけ)ほんしゃくなげ群落へ。

駐車場無料、しゃくなげの時期は入園400円。
日中シャトルバスあり。
http://www.biwa.ne.jp/~hino-to/0982.html

前日夜半からの激しい雨は7時頃には小雨に変わる。
8時頃には天気は急速に回復、快晴に変わる。

早朝から入れるが、しゃくなげ渓の入り口の広場までは10分ほど歩く。
八重桜が満開、ダムがあり新緑が綺麗。
さらに4分ほどで一番の撮影ポイント。
少し先の川沿いに下った辺りもいい。
展望台もあるが、しゃくなげは少ししか見えない。
全体的には5分咲きくらいだが、撮影ポイント辺りは7分から満開。

渓谷なので雨天が最良だが、今日は風が強くて霧は発生せず残念。
晴天時は早朝か夕刻がよい。
朝は日が差し込む8時までに撮影を終えたいところ。

イメージ 1

イメージ 2

帰り道、奈良県山添村の神野山に寄り道、鍋倉渓谷の八重桜が満開。
山頂までは鍋倉渓谷の駐車場から15分、ミツバツツジが満開だがほんの少しだけ。
本格的なつつじの見頃は5月中旬になってから。

イメージ 3

奈良県広陵町の新家長福寺の八重桜と牡丹 4月19日2-1。


天気は快晴。
朝から、奈良県広陵町の新家長福寺(しんけちょうふくじ)へ。

馬見丘陵公園の南側にある。
境内志納、近くの空き地や路肩に駐車可。
八重桜と牡丹が見頃旬、朝6時から開いています。

家から比較的近いので、
昨日に続き再度姪っ子を含む5人でやってきた。

昨日夕方の光で撮ったので、今日は朝の光で撮影。
朝8時半頃は、まだ観光客も少なかった。

イメージ 1

奈良県宇陀市の滝谷花菖蒲園、東吉野村の高見の郷、川上村のあきつの小野公園、広陵町の新家長福寺 4月18日分。


天気は晴れだが、雲が多い。

朝から奈良県宇陀市滝谷花菖蒲園へ、入園800円、駐車場無料。
途中の道沿いの八重桜はほぼ満開。
園内は、八重紅しだれ桜は数本が満開、残りは半散りと散り始め。
雪柳、はなみずき、花ずおうは見頃。
山吹は4分咲きくらい、しゃくなげは咲き始め。
芝桜は部分的に見頃、全体は4分咲きくらい。

奈良県宇陀市滝谷花菖蒲園。

イメージ 1

イメージ 2

次に東吉野村の高見の郷に移動、入園500円、駐車場無料。
山の上に行く為の送迎は、上り300円、下り200円。
八重紅しだれ桜は満開だが、やや葉も目立ってきた。
あと数日早かったほうがよかったみたい。
まだ小さなものが多く、あと10年もたてばすごい名所になることだろう。

東吉野村の高見の郷。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

次に川上村のあきつの小野公園へ、昼頃の光がおすすめ、無料。
八重桜数本が満開、八重紅しだれ桜は半散りと散り始め。
土手のシャガが見頃。

あきつの小野公園近くの土手のシャガ。

イメージ 6

最後に広陵町の新家長福寺へ、境内志納。
近くの空き地や路肩に駐車可。
八重桜と牡丹が見頃、朝か夕方がおすすめ。

広陵町の新家長福寺。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

奈良県御所市の新緑の金剛山 5月18日分。


今日は、奈良県と大阪府の県境にある金剛山に行ってきた。
金剛山ロープウェイ部分は大阪府の千早赤阪村で、
山上の社寺のある部分は奈良県御所市になる。

天気は、朝は快晴でのち高くもり。

駐車場は600円、ロープウェイは朝9時からで、往復1300円。
山頂付近、つつじが満開、石楠花が終盤。

http://www.kongozan.net/

http://yamachizu.mapple.net/mt02-0083/

http://www.kongozan.com/

http://www.kongozan.com/yuki/yuki.cgi

http://www.kongozan.com/hana/

http://www.vill.chihayaakasaka.osaka.jp/~mtk_ropeway/

http://www.vill.chihayaakasaka.osaka.jp/

http://www.chihayaakasaka.com/

葛木神社の2本の八重桜が満開でとても綺麗、八重しだれ桜はほぼ散り。
転法輪寺の八重桜が満開、姫リンゴ、二輪草が見頃、椿が見頃後半、八重しだれ桜は散り。
国見櫓の金剛桜は半散り、八重桜が満開。

下の方と比べて10度くらい温度が低いので、まだしばらくは八重桜が楽しめると思う。

山頂付近の新緑。

イメージ 1

山頂付近のつつじ。

イメージ 2

展望台から見た新緑風景。

イメージ 3

葛木神社の八重桜。

イメージ 4

イメージ 5

転法輪寺の姫リンゴの花。

イメージ 6

転法輪寺の椿。

イメージ 7

転法輪寺の八重桜と不動明王。

イメージ 8

転法輪寺の二輪草。

イメージ 9

転法輪寺の八重桜。

イメージ 10


このページのトップヘ