風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:北海道

北海道の美瑛・富良野の紅葉 10月20日分。

前日までの天気予報はよかったのだが、朝はどんより、のち曇り。
しかたなく、のんびり紅葉の部分撮影。
初日来た時は、全体にはまだ少し早い感じだったが、もう見頃過ぎの感じ。

イメージ 1

十勝岳付近は完全に落葉。
落葉した木々もなかなか絵になる。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

北海道千歳市支笏湖の紅葉 10月19日分2-2。

1時前に支笏湖に到着。紅葉は少ない。

幌美内の展望台。

イメージ 1

丸駒付近。

イメージ 2

国道453号線沿い。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

夕方、千歳市・夕張市経由で富良野市へ。
初日と同じホテル泊。

北海道札幌市内の紅葉 10月19日分2-1。

朝から快晴。

北海道庁。紅葉はほとんどない。

イメージ 1

イメージ 2

JR札幌駅。

イメージ 3

中島公園の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

サッポロビール園の紅葉
ツタ紅葉は、まだ半分程度。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

その後、支笏湖に移動。
続く。


北海道室蘭市・地球岬と羊蹄山の夕景 10月18日分3-3。

登別温泉・地獄谷から下道を45分で、室蘭市の地球岬に到着。
すいているので、高速通ってもあまり変わらないと思う。

室蘭市の地球岬。

イメージ 1

工場風景。国道37号線沿いから撮影。

イメージ 2

その後、伊達市経由で洞爺湖のウインザー洞爺へ移動、
下道を走って55分ほど。

洞爺湖全景。

イメージ 3

羊蹄山。

イメージ 4

その後、北上して札幌市へ向かう。

途中の中山峠から望む羊蹄山の夕景。
峠の茶屋の少し下で撮影。
蝦夷富士と呼ばれるだけあって、富士山そっくりのシルエット。

イメージ 5

イメージ 6

峠の茶屋の駐車場から撮影。

イメージ 7

夜、7時半頃に札幌市内のホテルに到着。
夜景撮影予定だったが、さすがに疲れてダウン。

北海道登別市・登別温泉の紅葉 10月18日分3-2。

9時半過ぎに登別温泉に到着。
昨日と同じコースを廻る。
快晴なので、空を入れて作画。

イメージ 1

日和山からの大湯沼。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

大湯沼。
駐車場は、地獄谷と共通で410円。

イメージ 5

地獄谷。手前の紅葉はナナカマド。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

その後、室蘭市ヘ向かう。
続く。

北海道洞爺湖町・壮瞥町の洞爺湖の日の出と紅葉  10月18日分3-1。

朝は、サイロ展望台へ。
日の出は、まだかなり左側。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

上のほうに小さく月が見える。

イメージ 4

雲が厚かったが、かえってドラマチックだった。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

洞爺湖畔・グリーンスティの紅葉。
朝早めの光線がおすすめ、8時ごろにはもう日陰になっていた。

イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

温泉街近く。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

その後、再び登別温泉に向かう。
続く。

北海道登別市の登別渓谷の紅葉と室蘭市の工場夜景  10月17日分4-4。

登別市・登別渓谷の紅葉。まだ見頃には少し早かった感じ。
晴天よりも小雨がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、南下して室蘭市へ。
あっという間に日が落ちる。秋は早い。

室蘭市の工場夜景。国道37号線沿いから撮影。
風が強く煙が真横に流れてしまった。

イメージ 4

夜は、洞爺湖の宿に戻る。洞爺湖まで下道でも45分ほど。

北海道登別市の登別温泉の紅葉 10月17日分4-3

2号線から大湯沼へ抜ける道沿いから、温泉街を俯瞰できるところがある。

イメージ 1

登別温泉の紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

地獄谷。駐車場は大湯沼と共通で、410円。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

時々晴れ間も見えるが、曇りや小雨がちの不安定な天気。

イメージ 7

イメージ 8

日和山へ向かう道沿いに大湯沼を俯瞰する展望駐車場がある。トイレなどはない。

イメージ 9

イメージ 10

北海道壮瞥町の弁景温泉と登別市カルルス温泉付近の紅葉 10月17日分4-2

その後、オロフレ峠を抜けて登別温泉方面へ移動。

弁景温泉の紅葉。

イメージ 1

オロフレ峠、標高の高いところはほぼ落葉。
少し下りてくると、見頃になってくる。

カルルス温泉付近の紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

続く。

北海道壮瞥町の洞爺湖畔の壮瞥滝 10月17日分4-1

朝から小雨模様。
洞爺湖畔の壮瞥滝へ。終点に駐車場はあるが、トイレなどはなし。
滝まで、歩いて5分ほど。ほとんど紅葉はない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

続く。

北海道伊達市の白絹の床の紅葉 10月16日分2-2

その後、伊達市に移動。
少し晴れ間が見えることもあるが、
雨が降ったりやんだりの不安定な天気。

白絹の床の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

三階滝公園に移動。
三階滝の紅葉はすでに散っていた。

向かいのトーテムポールに丘。

イメージ 4

その後、洞爺湖方面に戻りながら、紅葉撮影。

壮瞥町・幡渓付近の紅葉。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

洞爺湖畔の紅葉。

イメージ 8

イメージ 9

夜は、洞爺湖の旅館、かたらぎ荘へ。2200円と暖房費300円。
たぶん周辺では一番リーズナブル。テレビはあるが、温泉はなし。

北海道洞爺湖町・壮瞥町の洞爺湖の紅葉 10月16日分2-1

朝はどんより。
しばらくすると雲間から朝日が射し込む。
一日、雲の多い空模様で、しだいに雨が降り出す。

イメージ 1

その後、仲洞爺のキムンドの滝に向かうが、
キムンドの滝は立ち入り禁止になっていた、原因は不明。
残念だったが、終点付近の紅葉が綺麗だっのが救い。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

続く。

北海道洞爺湖町・壮瞥町の洞爺湖の紅葉と羊蹄山の夕景 10月15日分2-2。

札幌市の定山渓から南下、途中撮影しながら、
中山峠を抜けて洞爺湖まで移動。

洞爺湖の紅葉。湖周辺はまだ少し早い感じ。

イメージ 1

イメージ 2

そうべつ公園からの展望。手前は梅林、色づき始め。

イメージ 3

イメージ 4

有珠山のロープウェイ内から撮影。
頂上は終盤だったが、中腹は見頃。

昭和新山前の駐車場、410円。
ロープウェイ往復1500円。ホームページの割引クーポンで1350円。

イメージ 5

昭和新山の紅葉、駐車場入り口付近より。
紅葉の種類により見頃初旬から、終盤までいろいろ。

イメージ 6

イメージ 7

温泉街・フェリー乗り場付近。

イメージ 8

イメージ 9

夕方、ウインザー洞爺へ。
途中の牧場付近から羊蹄山。

イメージ 10

イメージ 11

内浦湾に沈む夕日。

イメージ 12

イメージ 13

薄暮の洞爺湖。

イメージ 14

夜は、夏にもお世話になったアパート形式の宿へ。

北海道札幌市のさっぽろ湖と定山渓の紅葉 10月15日分2-1。

天気は、晴れ少し雲。
朝からさっぽろ湖へ、定山渓の北側にある。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、定山渓へ。前回撮れなかった晴天のカットを撮影。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

その後、南下して洞爺湖に向かう。
続く。

北海道札幌市芸術の森の紅葉 10月14日分2-2。

帰りに札幌市の芸術の森へ、駐車場500円。
有料の美術館が何ヶ所かある
森の中には、美しい紅葉がいっぱい。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

雨の日は、紅葉のアップやミドルショットの撮影向き。
光がよく廻り、雨に濡れ、色もとても鮮やか。
晴れているときより、数段撮りやすい。

途中、滝野すずらん丘陵公園にも行きたかったのだが、
滝エリアは道が崩壊していて立ち入り禁止になっていたので、スルー。

北海道恵庭市のラルマナイ自然公園の紅葉 10月14日分2-1。

台風接近で朝から雨。
札幌から日帰り移動で、恵庭市のラルマナイ自然公園へ。

ラルマナイ自然公園には、三つの滝がある。
駐車場、トイレ完備、無料。
どの滝も歩いてすぐ。

白扇の滝。

イメージ 1

ラルマナイ滝。

イメージ 2

イメージ 3

三段の滝。

イメージ 4

イメージ 5

けっこう雨が降っていたが、風はあまりなく、
雨に塗れた紅葉は一際美しい。

続く。

北海道札幌市の定山渓・豊平峡ダムの紅葉 10月13日分2-2。

昼前に定山渓自然の村の無料駐車場へ、かなり大きいが午後には満車確実。
土日はかなり早い時間に満車になる。
ここから、豊平峡ダムへ向かう。
電気バス(片道310円)もあるが、途中の滝を撮りたかったので、片道は歩く。
冷水トンネル抜けると、九段の滝が見える。歩いて15分程。

イメージ 1

反対側の展望。

イメージ 2

さらに歩いて6分、豊平峡トンネルを抜けるとダムに到着。

イメージ 3

ダムを見下ろす高台。レストランもある。
歩いて5分ほど。

イメージ 4

さらに上の見晴らし展望台へ歩く、約4分。

イメージ 5

さらに7分ほどで渓谷展望台。

イメージ 6

イメージ 7

2時半ごろ、定山渓に戻る。

時雨橋からの眺め。

イメージ 8

イメージ 9

夜は、札幌市内のホテルカイコー札幌へ。
楽天で予約、駐車場込みで3300円ほど、朝食500円。

北海道札幌市の定山渓の紅葉 10月13日分2-1。

夜は雨、朝はどんより、日中は明るめの曇り空。
朝から札幌市の定山渓へ。
青空はなく、メリハリには欠けるが、
光がよく廻るので、意外と撮影向きの天気。

イメージ 1

イメージ 2

白糸の滝。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

錦橋からの紅葉。

イメージ 8

続く。

北海道夕張市の竜仙峡の紅葉と札幌市の大通公園に小樽市の小樽運河の夜景 10月12日分。

朝、川沿いは霧、しだいに快晴になる。

竜仙峡の紅葉。
少し離れているが、滝の上自然公園の一部。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

滝の上自然公園。
千鳥ヶ滝は公園内にある。

イメージ 4

千鳥ヶ滝。

イメージ 5

二つの吊橋から渓谷を見下ろせる。

イメージ 6

イメージ 7

高速で札幌市に移動。
天気がいいので、定山渓もと欲張ったが、
日曜日の午後の行楽地は大渋滞でユーターン、札幌市内へ戻る。

大通公園のテレビ塔。

イメージ 8

イメージ 9

札幌市内の夜景をと思ったのだが、
日曜日は街明かりが少ないので、小樽に移動。

小樽運河の夜景を撮影。
夏来た時は、雲が多かったが、今回はすっきり。

イメージ 10

夜は、小樽市の旅館に泊まる、4000円ほど。

北海道夕張市の千鳥ヶ滝の紅葉 10月11日分。

天気は朝はどんより、しだいに晴れてくる。

朝は摩周湖に行くが、ここ数日風が強い日が多く、紅葉はかなり散っている模様。
当初は知床方面に行く予定であったが、道東は風が強く、
同様の感じなので、予定変更で道沿いの紅葉を撮影しながら、夕張方面に移動。

イメージ 1

イメージ 2

夕張市の滝の上自然公園の紅葉。
再びくもりに変わる。

イメージ 3

千鳥ヶ滝。

イメージ 4

イメージ 5

夜は、夕張市のビジネスホテルに泊まる。

このページのトップヘ