風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:北野天満宮

京都府京都市の八坂の塔と三年坂の枝垂桜、北野天満宮の梅、平野神社の魁桜 4月1日分。

朝からJRで京都へ。東京行きの夜行バスに乗るまで、京都を撮影。

まずは八坂の塔周辺へ。
SNSで人気の八坂庚申堂。

イメージ 1

八坂の塔前の枝垂れ桜 3分くらい。

イメージ 2

三年坂の枝垂桜、 7分咲き見頃。
例年に比べてかなり遅い満開。
天気予報はよくなかったが、青空が見えてきた。

イメージ 3

円山公園の枝垂れ桜 1部分だけ咲いてるのみ。
祇園白川は、2分から4分咲き数本。

京都御所の枝垂れ桜は、通路横と池の横の2本が8分咲き見頃。
あと2本が5.6分咲き、残りはつぼみ。花桃が7分咲き見頃。

本満寺の枝垂れ桜 先の方だけ、2.3分咲き。
最近は、海外の方も見に来てる。

北野天満宮へ移動。
遅咲きの梅が見頃。

イメージ 4

平野神社の魁桜が、 8.9分咲き見頃。
枝垂れ桜1本が5分。他の桜は、パラパラくらい。

イメージ 5

6時12分に灯篭に灯が入った。日没は6時22分。
通常なら、日没15分から20分位が、
ライトアップと空の色合いのバランスが良いのだが、
空は明るいが灯篭の朱色を出すには、やや早めの撮影がおすすめ。

イメージ 6

夜、京都駅八条口のネットカフェで時間つぶす。3時間で1200円ほど。
12時前の夜行バスで東京へ、5000円程。
平日なら2300円というのもある。


京都府京都市の北野天満宮の梅林とメジロ 3月3日分2-1。

昨日は朝から京都へ。
3月3日の雛祭りということで、
下鴨神社の流し雛神事を久しぶりに見ようと思ったのだが、
南側の駐車場は工事中、周辺も全て満車で入れず、
以前に見たことがあるし、遠くに停めて歩くのも面倒だったので、
パスして、第二の目的の北野天満宮へ。
駐車場無料、梅園入苑700円(茶菓子付き)


梅は見頃だが、ピークは過ぎている感じ。
ひさしぶりに来たら、以前よりも有料区域拡大されていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

京都府京都市の北野天満宮の梅林 2月17日分。

今週月曜日、所要で京都市へ。
少しの間、北野天満宮の梅を撮影。
まだ咲き初めで、ちらほら程度です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2

京都府京都市の東山の将軍塚から望む市街展望と北野天満宮の梅林 3月15日分。

昨日はひさしぶりに京都へ行ってきた。
 
天気は快晴、午後から少し雲。
姪っ子が京都女子大を卒業するので、義姉と義姉のご両親、母と姪っ子を乗せて早朝から京都へ。
ひとまず姪っ子を大学に送り、卒業式までの合間に京都観光案内。
 
まずは東山の将軍塚へ。
大日堂は庭園整備でしばらく休業中だったので、市営の展望台のみ見学。
 
イメージ 1
 
次に、平安神宮前を抜けて、北野天満宮へ。駐車場無料、梅林は500円。
梅林以外でも梅は境内にたくさんある。
満開だったが、先日の夜半の大雨でかなり散っていた。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
その後、卒業式を見学。
仏教系の学校なので、少し変わった感じの進行。
その後、待ち時間に義姉のご両親と母を連れて三十三間堂へ。
駐車場無料、拝観600円。
 
夕方、姪っ子を謝恩会の会場まで送り、夕食後帰路に着いた。
 
 

京都府京都市の高台寺の紅葉、霊山観音の紅葉、霊山護国神社から八坂の塔と紅葉、知恩院の紅葉、龍翔寺の銀杏、北野天満宮の紅葉、知恩院の紅葉ライトアップ 11月29日分。


朝から京都へ。
朝一で清水坂の100円パーキングに車を停める(1時間600円、一日最大料金設定がなくなっていた)
京都の清水寺で8時過ぎの朝一番の光で三重塔を撮影、
境内には入らず、紅葉は見頃、散りも少し、朝からすごい人出。

続いて高台寺へ、駐車場が改修で広くなり、
カメラマンムック「桜絶景」で撮影した駐車場にあった忠魂堂と桜がなくなっていた、残念。
8時45分前に開いたので中へ(境内600円、三脚禁止)
入り口付近は散り始め(早朝の光がおすすめ)、池周囲は見頃色変わり中(午後の光のほうがよい)
奈良は散り紅葉は、ある程度そのままの所が多いが、
京都は朝一から掃除してしまうところが多く、いまいち散り紅葉が楽しめないのが残念。

イメージ 1

次にすぐ横の霊山観音へ(境内200円)、紅葉は見頃。

イメージ 2

その後、霊山護国神社の墓地の展望ポイントへ(300円)坂本竜馬などの墓がある。
楓紅葉は見頃、桜紅葉は散っている。
展望ポイントからは八坂の塔がよく見える、塔の横のイチョウはほぼ見頃。

イメージ 3

一度車に戻り移動、知恩院の駐車場へ(1時間500円、以降30分200円、夕方4時まで)
友禅園は見頃(300円)、方丈は見頃と散り始め(400円)、二ヶ所の共通券は500円。
勢至堂は見頃色変わり中、勢至堂の階段途中の大楓は見頃。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

1時半頃に今宮神社に移動(駐車場、境内無料)、途中にわか雨が降ってくる。
楓紅葉は見頃、近くの大徳寺塔頭の龍翔寺のイチョウは見頃散り始め。
すぐ前で舞妓姿の女性が記念撮影をしていた。

イメージ 8

食事の後、北野天満宮に移動(駐車場、境内無料)
もみじ園は600円で茶菓子付き、楓は見頃色変わり中。
茶菓子券を使うと、もう外には出られない。
夕方の青天光なしの状態からライトアップまで撮影(4時半頃から)
北野天満宮のイチョウは見頃散り始め。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

6時過ぎに円山公園の駐車場に移動(1時間500円)
知恩院のライトアップ特別拝観を見に行く(境内共通で800円)

イメージ 14

7時過ぎに帰路に着く、帰り道再び雨がぱらぱら。

京都府京都市の北野天満宮の梅林と二条城と梅宮大社 3月4日分。


朝3時半頃に起床、
少し早すぎたのだが目がさえてしまったので4時過ぎに出発。
GAS補給とコンビ二に寄ってから、
まずは昨日行った奈良市の追分梅林へ再び行く。
夜は駐車場は閉まっていた、ここは墓地の造成予定地みたいなので
来年はもう駐車はできないかもしれない。
少し休憩してから夜景・薄暮・日の出と梅林というように撮影をすすめる。
ここはいろんなパターンが撮れるのがいい。

7時前に移動、すいてるので下道を走って
8時過ぎに京都市の北野天満宮に到着。
本殿前の紅梅が見頃、撮影ポイントの多い本殿周囲はやや見頃過ぎが多いが、
ところどころ見頃のものもある。

9時をまわると3月とは思えないほど暑くなってきた。
本殿周囲の紅梅の中をメジロが飛び回っていてとても華やか。
ここぞとばかりに望遠レンズで撮影するが難しい、
ピント・構図・光線・背景とすべてが合格点の写真はなかなかとれない。
10時前に梅林が開いたので入る。

お茶菓子付きで500円、梅茶がおいしくて一袋購入した。
梅林内は見頃だが、あまりいいポイントはない。

イメージ 1

イメージ 2

10時過ぎに移動、二条城へ。
駐車2時間で600円と入場600円かけたわりに、
梅林は規模が小さくいまひとつ、まだつぼみのものも多い。

ここを訪れるのは、やはり桜の時期が一番いい。
梅林横に綺麗な椿があり撮影。

イメージ 3

12時前に移動、梅宮大社へ。
駐車場がいっぱいなので、しばし待つ。名前のとおり梅が多い。
本殿前、早咲きは散り始めだが、遅咲きのものはまだつぼみで
今は切り替わり中という感じ。

500円を払い庭園に入る。小さなしだれ梅が見頃でなかなかよい。
全体的には散り始めのものが多いが、勾玉池の周囲は見頃。
庭園内は、観光客が少なく撮影しやすい。

イメージ 4

1時過ぎに移動、昼飯の後に帰路についた。


このページのトップヘ