風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:十日町市

新潟県十日町市の田代の七つ釜 5月31日分6-5。

2時半ごろに田代の七つ釜へ。国の名勝・天然記念物に指定されている。
無料駐車場・トイレあり。歩いて5分ほどで下の展望所。
釜川の渓流に七つの滝があるらしいが、散策路は崩落のため通行止め。
https://www.tokamachishikankou.jp/spot/tashirononanatsugama/

_S9A6144

_S9A6172

新潟県十日町市の清津峡 5月31日分6-4。

12時40分ごろに清津峡へ。日本三大峡谷の1つ。
無料駐車場・トイレあり。
清津峡渓谷トンネル利用料800円。
第2見晴所に作品を兼ねたトイレあり。
以前は観光客は少なかったが、リニューアルしてから大人気。
https://nakasato-kiyotsu.com/

水が張ってあるが、両端は水深1センチほどなので、歩いて行ける。

_S9A6114

昼のトップライトで撮るつもりだったのだが、少し遅れてしまったので、
左側に影が多い、失敗。

_S9A6120

_S9A6131



新潟県十日町市の儀明の棚田 5月31日分6-3。

9時50分頃に儀明の棚田へ。
棚田に咲く桜で有名なところ。
路肩駐車可。トイレなどはなし。
https://www.city.tokamachi.lg.jp/soshiki/matsushiroshisho/chiikishinkoka/1/gyomu/1455841657522.html

朝早くも通ったが、影になっていたので、再訪。
少し雲が増えてきた。

_S9A6083

その後、上船倉の棚田の展望ポイントを探しに行くが、見つからず。
地元の人に聞いてもよくわからないみたい。

11時半ごろに大厳寺高原へ。この辺りはもう全然残雪がない。

近くの狐塚の棚田を探しに行くがよくわからずじまい。
日本の棚田百選に選ばれていても、全然案内がない場所も多い。



新潟県十日町市の星峠の棚田と朝焼け 5月31日分6-1。

朝3時半起きで、以前来たときにはなかった展望台から朝焼けを撮影。
道沿いよりも高さがあるので、撮影しやすい。
前夜は車4台くらいしかなかったが、朝は撮影会のグループの車で10台以上になる。
星峠宿というツリーキャンプ施設へのプロムナードが、
展望台として開放されているが、かなり広いので20人くらい並んでも、まだ余裕がある。
友人のHさんも日の出前に到着。
タイムラプスを合わせて3台で撮影されていた。

GPVの予報通り雲が消え、前夜はなかったが、雲海も漂い、
今まで来た中では一番の感じ。
5月中旬が一番のシーズンだけど、下旬でも早苗はあまり目立たない。
無料駐車場・トイレあり。
https://www.tokamachishikankou.jp/spot/hoshitougenotanada/

これで、ベスト撮影ポジションから撮れれば最高なのだが、
星峠はベスト撮影ポジションのところは、私有地で立ち入り禁止なのが残念。
ずっと昔、あまりうるさく言われなかったころに撮られたであろう、
ベスト撮影ポジションからの写真が、ポスターなどで使われているが、
今は撮れないのにクレームはないんだろうか。

耕作放棄の田んぼも多いことだし、
有効利用して見晴らしの良い田んぼのすぐ前に、
展望所作ってくれると最高なのだが難しいのだろうか。

_S9A5750

_S9A5854

_S9A5896

_S9A5901

_S9A5922

日の出から程なく、撮影会のメンバーは移動。
十数名が抜けたら、一気にガラガラ状態になる。

トイレ近くにある展望所から撮影。

_S9A5993

新潟県十日町市の星峠の棚田と星空 5月30日分4-4。

6時半ごろに野々海高原を出て、星峠に向かう。
下の国道117号線まで15分。そこから55分で星峠に到着。
無料駐車場・トイレあり。

以前来たときにはなかった駐車場と展望台が出来ていた。
どうやら星峠宿というツリーキャンプ施設へのプロムナードが、
展望台として開放されているみたい。
道沿いよりも高さがあるので、撮影しやすい。
https://www.tokamachishikankou.jp/spot/hoshitougenotanada/

GPVの予報通り雲が消え、快晴状態になり満天の星空がとても綺麗。

_S9A5739-2

新潟県十日町市の十日町雪まつり 2月16日分3-1

前夜は少し吹雪いたが、朝から小雨、雪景色にはならず。

標高が高いところは雪景色かもと、荻ノ島の環状集落を見に行くが、変わらず。

朝からまだ見ていなかったものや、完成していなかった雪像を撮影。

イメージ 1

イメージ 2


その後、高速で群馬県へ移動。水上辺りまで行くとほとんど雪は消えた。

新潟県十日町市の十日町雪まつり 2月15日分2-2。

昼過ぎに十日町市に到着。
雪像はまだどこも完成していなかったので、荻ノ島の茅葺環状集落へ。
屋根に雪が残っていることを期待したが、撃沈。

夕方、再び十日町市にもどる。

今年で雪上カーニバルが最後の予定でしたが、
2月4日に制作現場で重大事故が起きたことで中止になりました。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


オープニングフェスティバルのラストのバルーンリリース。

イメージ 6

道の駅にある吊るし雛。
県内三か所にある巨大な吊るし雛の1つ。

イメージ 7

新潟県十日町市の星峠の棚田と朝焼け 5月12日分。

朝から新潟県十日町市の星峠の棚田へ。
台風接近で朝焼けを期待したが、いまひとつ。

イメージ 1

6時前に出て、周辺の棚田をロケハンしながら、上越市へ。

11時20分頃、上越高田ICから高速に入る。

4時過ぎ愛知県に入る頃には大雨。

7時過ぎに帰宅。

34日間で、走行距離7700キロほど、良く走りました。

春の長期取材記は、今回で終了です。ありがとうございました。

時間ができれば、加筆します。

新潟県十日町市の星峠の棚田と朝日、柏崎市のかやぶきの里 5月11日分。

朝から新潟県十日町市の星峠の棚田へ。
前日の雨で雲海が出たが、やや多すぎ。

イメージ 1

その後、周辺の棚田巡り。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

柏崎市のかやぶきの里。

イメージ 11

イメージ 12

夕方、再び星峠へ。

イメージ 13

イメージ 14

新潟県十日町市の美人林・大厳寺高原 5月10日分。

朝は小雨、のち曇り。
早朝から、新潟県十日町市の美人林へ。
時々霧が出て、とても美しい。
カメラマンが多い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

8時過ぎに大厳寺高原に移動。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

雨も止み霧も出なくなった昼頃、町へ。

夕方、池谷のブナ林へ。
残雪はなし。

イメージ 13

イメージ 14


新潟県十日町市の美人林・大厳寺高原の天水越のブナ林・星峠の棚田 5月9日分。

天気は曇り、夕方から雨。

新潟県十日町市の美人林。
去年は残雪が少ししかなかったが、今年はたっぷり。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

大厳寺高原の天水越のブナ林。
こちらの残雪はすごい。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

星峠の棚田。

イメージ 8

新潟県十日町市の美人林・清津峡、津南町の蛇淵の滝、長野県栄村の秋山郷 5月9日分。

夜半は雨、朝は曇り。
朝から新潟県十日町市の美人林へ、ブナの原生林がある。
大きな駐車場、水洗トイレ、売店に喫茶店もある。
カメラマンが数名、9時半ごろには観光バスが来た。

例年のピークは残雪が残り新緑が綺麗な4月下旬から5月上旬。
今年は雪が少なく、残雪がほとんど溶けているのが、残念。
周辺には棚田も多いが少し水が入り始めたくらい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

奥のほうに少しだけ残雪があった。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

昼頃から本降りの雨。
同じ十日町市の清津峡へ。日本三大峡谷の1つ。
入場600円。トンネルの中から見学するため、かさ不要。

残雪がすごかった。

イメージ 9

すごい雨で、今日は1日雨かなと思っていたら、2時ごろに急に晴れてきた。
自然はまったく予測不可能。

その後、秋山郷へ。秋山郷は新潟県の津南町と長野県の栄村にまたがっている。
残雪で栄村から南には通り抜けできない。

イメージ 10

新潟県津南町の蛇淵の滝。駐車場から歩いて5分。
南西向きで、午後の光線か曇り日がおすすめ。

イメージ 11

このページのトップヘ