風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:千代田の丘

北海道東川町の天人峡の紅葉と美瑛町の三愛の丘・千代田の丘の夕景 10月7日分。

朝8時半頃に南千住のホテルを出て、10時ごろに羽田空港に到着。
早すぎるかなと思っていたのだが、ちょうどいいくらいの時間だった。
10時15分、検査を終え、空港内へ。
ANAで予約したが、エアドゥとの共同運航便。

11時過ぎに機内へ、11時15分発の予定だったが、
11時半頃に離陸。
12時45分に北海道の旭川空港に到着。

予約していたレンタカーを借りて、1時20分頃に出発。
2週間のレンタル、保険込みで57000円ほど。
車は日産のノートで、ほぼ新車の感じ。

天気は快晴、2時ごろに美瑛町の天人峡へ。
奥のほうは見頃過ぎだったが、途中は見頃。
天気はいいが、北海道は寒い。フリースとジャケットを着こむ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

途中にある望郷広場。

イメージ 4

イメージ 5

その後、美瑛の中心部へ移動。
秋は日が暮れるのが早い。
三愛の丘。

イメージ 6

イメージ 7

千代田の丘。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

夜は予約していた富良野市のニューふらのホテルへ。
結構いい部屋だったが、
スキーリゾートにあるホテルは、夏場はオフ価格。
素泊まりで3100円。


北海道美瑛町の青い池、白髭の滝、四季彩の丘、千代田の丘、三愛の丘 7月6日分。

天気は曇り。
朝から美瑛の丘を、ロケハンして廻る。
あらかじめ、情報収集して撮影ポイントや撮影に向く時間帯など、
かなり調べてあるが、それでも現場に行かないとわからないことも多い。
撮影しながらロケハンということもあるが、冴えない天気なのでほぼロケハン。

10時に駅前で、富良野在住の写真家の古河さんと打ち合わせ。

その後、白金ダム近くの青い池へ。最近すごい人気らしく、大きな無料の駐車場がある。
青い池へは歩いて5分ほど。
空は白いのだが、日が差して来て、風もあまりないので、
空をいれずに構図。

イメージ 1

次に白金温泉近くの白髭の滝へ。
ブルリバー橋の麓に数台駐車可。
高い橋からはるか下を見下ろす感じ。

イメージ 2

橋から反対側を見下ろす、青色が美しい美瑛川。

イメージ 3

その後、ひさしぶりに美瑛を全国的に有名にした写真家である
故前田真三さんの写真ギャラリーである拓心館へ。
韓国からのツアー客も大勢来ていた。

その後、ロケハンしながら四季彩の丘へ。
ラベンダーはまだ早いが、いろんな花が楽しめる。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

千代田の丘近くで、有名写真家のTさんとばったり、風格がありました。

イメージ 8

三愛の丘からの夕陽。

イメージ 9

イメージ 10

夜は、北西の丘で車中泊。

このページのトップヘ