風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:千早赤阪村

大阪府千早赤阪村の「金剛山の里 棚田夢灯り&収穫祭2014」11月8日分。

天気は曇り。
夕方から、大阪府千早赤阪村の棚田夢灯りを見に行く。
会場の下赤坂の棚田は、日本の棚田百選に選ばれているところ。

臨時駐車場は、赤阪小学校と村民運動場の二ヶ所。
それぞれからシャトルバスが出ている、全て無料。
歩いても15分ほど。

棚田横と村立中学校の会場では、昼過ぎからいろんなイベントが行われていて、
人は多かったが、場所は広いので撮影に困ることはない。
コスモスはまだ見頃。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


大阪府千早赤阪村の棚田と彼岸花 9月22日。
天気は晴れ、やや雲が多い。

朝から大阪府千早赤阪村の棚田へ。
中学校の間の坂道を抜けると棚田の駐車場、10台分くらい可。
最初来たときは、通っていいのか迷ってしまった。

観光客やカメラマンが少しだけ。
彼岸花は見頃だが、数はかなり少ない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

帰りに周辺の彼岸花のポイントを見に行くが、今年は少なめで撮影せず。

大阪府千早赤阪村の下赤阪の棚田、河南町の加納の彼岸花、奈良県御所市の九品寺の彼岸花 9月27日分。

今日は朝から大阪府千早赤阪村の下赤阪の棚田へ。
天気予報は曇りだったが、雲が多いものの青空が見えている。

今日あたり稲刈りをやっているかなと思ったのだがまだだった。
来週中には、稲刈りと稲干しが見られることだろう。
彼岸花は少しだけで見頃過ぎ、コスモスは咲き始め。
しだいに雲が増えてくる。

下赤阪の棚田。

イメージ 1

次に彼岸花の群落が目に付いたので千早川の対岸に移動、
この辺りの彼岸花は見頃~色抜け混在。

千早川の対岸の彼岸花。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

帰り道、河南町(かなん)の加納の彼岸花の群落も撮影。
ここも見頃~色抜け混在。

加納の彼岸花。

イメージ 5

その後奈良県側に移動。
昼飯の後、御所市の九品寺へ、そこそこの人出。
彼岸花は駐車場辺りを除き、まだ見頃のものもあるが全体的に終盤。

桜の樹の下の石仏が彼岸花に囲まれ、最高にいい雰囲気だったが、
ほとんどの人が彼岸花しか撮らない、最高の脇役があるのに!

御所市の九品寺の彼岸花。

イメージ 6

イメージ 7


大阪府千早赤阪村の下赤阪の棚田と紫陽花 6月7日分。

天気は晴れだが白っぽい空でいまひとつ。


奈良県香芝市から香芝太子線・南河内グリーンロード(富田林市内が一望出来る)を通り、
まずは大阪府河南町の弘川寺へ向かう。手前に新しい駐車場が出来ていた。
さつきは散り・つぼみ混在でいまひとつ。

次にすぐ近くの千早赤坂村の下赤阪の棚田へ。
野菜販売所から上り、千早赤坂中学校の中を通り抜けた高台にある。
10台くらい駐車可、ほぼ田植えも終わり今が撮影好機。

駐車場前から35mmカメラで100mmくらいで西向きに撮影。
夕方、条件がよければ染まったのが撮れるかもしれない。

イメージ 1

道路沿いから北向きに撮影したもの、絵描きの人がいいアクセントになってくれた。

イメージ 2

駐車場前からの全景だが、スポーツ公園がかなり景観を損ねてる感じ。
手前のあじさいが咲き始め、量は少ない。

イメージ 3

このページのトップヘ