風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:吉野町

奈良県吉野町の吉野山の桜 4月5日分2-1。

4日の午後から雨が降ったので、朝3時起きで4時半ごろに吉野山上千本へ。
上千本は前泊組が多いので、もう駐車スペースはほとんどなく、
この時間で、何とかギリギリ停めれた感じ。
後から来た車、相変わらず駐車禁止のカーブの場所に停める人も多い。
危険なのでやめてほしいもの。

雨上がりを狙って多くのカメラマンがいるかなと思っていたが、以外と少な目。
今年の満開は異常に早くて、この時点で上千本もかなり散りが多かった。
2日が風が強くてかなり散った影響も大きい。

3日来たときに4日の雨で、5日の朝、ぎりぎりいけるかと思っていたが、
やはり桜が散りすぎで難しい。
雨上がりの雲海も横に広がらず、立ってくるもので今一つの感じ。
初めての人なら、それなりにいいと思うのだが、
よりいい状況を知っているだけに、あまり写欲はわかず、少しだけ撮影。

尚、知り合いの方が、上千本で場所取りに三脚置いていたら、
取られたとのことなので、高価な三脚は要注意ですよ。

_S9A4785







奈良県吉野町の吉野山の桜 4月3日分。

天気は曇り、少し青空。
家族4人で、吉野山へ。

下市からの裏道を通り、勝手神社近くの駐車場へ。
穴場なのに、もう満車ちかい。
今年は駐車場代と協力金で2000円。ちょっと高すぎ!

そこから、蔵王堂へ。
堂内で行われている写真展を見学してから、
吉水神社・中千本・上千本と歩いて廻った。

平年だと10日~12日が祭りで、一番の見頃時期なのだが、
今年の開花は記録的に早く、中や上でもすでに満開散り始め。
2日は風が強くてかなり散ったらしい。
それでも見頃の木も多くあったので、充分綺麗。

水分神社まで行ってUターン。
今日はかなり歩いてクタクタ。

_7R30163

_7R30131

_7R30116

_7R30066




奈良県吉野町の高城山展望台と吉野山上千本の紅葉 11月7日分3-1。

前夜は雨、天気は一日曇り。

朝から吉野山へ。
奥千本に行く途中にある高城山展望台付近は見頃前半。
観光客やカメラマンがパラパラ。
南側の登り口付近に4台分ほどの駐車場有り、トイレは北側の登り口付近にある。

_V9A5208

_V9A5216

吉野山上千本付近の桜の紅葉は、ほとんど散っていたが、数本は見頃。

_V9A5244






奈良県吉野町の吉野山の上千本の桜 4月15日分4-1。

前日夕方からは雨。
冬型でやや風が多いのだが、天気予報もあまりあてにならないので、
わずかな期待を込めて吉野山へ。

朝4時30分ごろに上千本に到着。
前泊組で駐車スペースはほとんど埋まっていたが、ぎりぎり停めれた。


上千本は満開散り始め。
風があり雲海はいま一つの感じ。
もう1.2日早く雨が降り、風が1m以下でないとダメかな。
やはり数年に1度しかいいのは撮れない、残念。

でもすごい写真家揃って、出会いもあってよかった。

ちなみに左側の山桜の散りが少なく、漂う雲海が多く、
手前にも入り、縦に湧き上がる感じじゃなく横に伸びて、
後ろの住宅地が雲海で隠れていて、
風がなく絞り込んでも桜がぶれずにシャープなのが理想。

イメージ 1

奈良県吉野町の吉野山の桜 4月14日分

天気は曇り後、時々小雨。
朝から母と姪っ子を連れて、吉野山へ。

もう交通規制が始まっているので、抜け道を通り、
9時40分に中千本の駐車場へ、1500円。


中千本は満開散り始め。上千本は満開。

蔵王堂。

イメージ 1

イメージ 2

吉水神社からの眺め。

イメージ 3

中千本の登山道を歩く。

イメージ 9

イメージ 10

上千本から蔵王堂。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2時過ぎに駐車場に戻り帰路に着いた。

奈良県吉野町の吉野山の中・上千本の桜 4月11日分。

昨夜は雨、雲海期待で朝から吉野山へ。
しかし雲海はほぼなし。
天気は時々日が差すものの雲が多い空模様。

中千本近くの駐車場に停める、1500円。

下千本は満開、雨で少し散り始め、車窓から。
中千本は満開。
上千本は咲き始めから満開まで混在。
花矢倉近くの道路沿いからはまだ早い感じだが、
登山道沿いは満開のが多い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

カメラ1台にレンズ2本と三脚という軽装だが、
中千本から上千本まで歩きまわったので、かなり疲れた。
吉野山広し、侮ると大変ですぞ。


奈良県吉野町の吉野山下千本の桜 4月10日分2-2。

朝から小雨が降ったりやんだり。

又兵衛桜から吉野山に移動。
30分ほどで下千本の駐車場に到着、1500円。

下千本は満開、雨でもまだほとんど散っていない。

下千本の展望台の前に植えられた木が成長して眺めがすごく悪くなった。
もう朝日に染まる姿や雲海との競演は撮れない。
まったく展望台の前に植える理由がわからない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




奈良県吉野町の蛙飛び行事 7月7日分2-1。

昨日、ひさしぶりに吉野町の蛙飛び行事を見に行ってきた。
行く途中、一時雨で引き返しかけたが、すぐに晴れてくる。
撮影中は、晴れ時々曇りで、すごく暑かった。
夏の祭りは見るのもたいへん。
蛙太鼓台担いでいる方たち、お疲れさまでした。

蓮華法要及び蛙飛び行事について

修験道の開祖である役行者が産湯をつかったと伝えられる
大和高田市奥田にある弁天池の清浄な蓮の花を、蔵王権現に供える法要。
弁天池の蓮の華を蔵王堂に運んでご本尊に献じ、
あわせて境内では「蛙飛び行事」がとり行われる。

蛙飛び行事とは、修験道を軽んじ鷲に断崖絶壁へとさらわれた男が、
改心し後悔しているのを、通りががりの高僧が男を蛙の姿に変えて救いだし、
一山僧侶の読経の功徳によってもとの姿に戻した、
という伝説を行事にしたものである。(観光奈良のHPから引用)



蛙太鼓台は、竹林院を12時半に出発。
1時20分頃に蔵王堂の南側の階段下。
行きは階段は登らず町中を北上、坂道を下る。
ところどころに紫陽花の花が咲いている。

撮影は35フルで24-105mmがあれば充分。
付け足すなら70-200mm。
人もそんなに多くなく、坂道でけっこう上るところも多いので、
特に脚立などなくとも困らない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

2時20分頃にケーブルカー乗り場へ。
ここで、蓮の花を持ってきた山伏行列と合流。
ここでUターン。来た道を戻る。
先導は蛙太鼓台で、かなり離れて行列が続く。
離れているので、両方を撮るのは難しい。

イメージ 6

2時50分ごろに大鳥居へ。
帰りは、大鳥居の階段を上がる。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

蔵王堂の北側の階段は、工事中の為、通らない。
階段上から撮影。

イメージ 10

イメージ 11

3時10分位に蔵王堂の南側へ。
蔵王堂へは、南側の階段から上がり、蔵王堂前で練る。

イメージ 12

3時半過ぎから、蓮華会内法要。
4時から蛙飛び神事。15分ほど。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

最後に護摩法要もあるが、大阪の天の川イベントに行くため、帰路につく。

奈良県吉野町の吉野山の紅葉、桜井市の談山神社の紅葉 11月10日分。
前夜は雨、天気は曇り時々小雨。
午前中少しだけ撮影。

奥吉野の高城山の紅葉は見頃旬。
うっすら霧が漂う。
他にカメラマン2名。駐車場は5台くらいが限界。

イメージ 1

イメージ 2

上千本、広い路肩に駐車可。
雲海はあっという間に消えていく。
桜紅葉はほぼ散っています、下千本も同様。
楓の大木1本が見頃、
色はそこそこくらい、この木はあまり綺麗には色付かない。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、桜井市の談山神社へ。
無料駐車場あり、拝観500円、8時半から。
十三重塔周辺は見頃前半、北側の大木はかなり散ってるが、
南側は先のほうだけで、まだ緑の部分が多い。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

日当たりのいい所は、色変わり中。
本殿、階段付近は緑。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

向かいの展望広場からの眺め。

イメージ 15

以前斜めから見えたポイントは、かなり前に生垣ができて見えません。
私有地なので、立ち入り不可。


奈良県吉野町高城山の紅葉 11月6日分。
朝からとある朝日の撮影ポイントへ。
天気予報はよかったのだが、朝はどんよりで撃沈。

せっかく出かけたので、吉野山の奥にある高城山で少しだけ撮影。
吉野山の桜紅葉は、半分くらい散り、楓は色変わり中見頃初期。
ここの楓は比較的綺麗なので、よくアップ撮影に使ってる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

奈良県吉野町の吉野山の紅葉 11月26日分3-1。
 
朝から吉野山へ、斑鳩から1時間ほど。
参陵トンネルは、通行止めのまま。
 
朝の天気はどんより、次第に晴れてくる。
急にすごい音がしてびっくりしたら、鹿だった。
下千本で見たのは初めて。

下千本辺りの楓紅葉は見頃。
蔵王堂、吉野神宮近辺は見頃後半、散り傷みが多い。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
土産物屋。吉野はカエルが有名です。

イメージ 7
 
イメージ 8
 
続く。

奈良県吉野町の吉野山の桜紅葉 11月8日分2-2。
 
屏風岩から吉野山に移動。
トンネル前の道の崩落で如意輪寺方面からは、通行止め。
七曲も通行止めなので、吉野神宮からの道を走る。
 
まずは高城山へ。
先客の車が1台、ここは4台くらい駐車可。
楓も桜紅葉も見頃。
時々日差しはあるものの、雲が増え白っぽい空に変わる。
ここは雨上がりに少し日が差しているときや、霧が出ているときが最良。
晴れていると落葉が乾いててさびしい。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
次に上千本へ、路肩の駐車スペースに他の車はなし。
カメラマンもまったくいなかった。
時々ハイカーが通り過ぎるくらいの感じ。
桜紅葉は見頃、今年は色もわりとよく、落葉も少ない。
ここもここ数日が良いと思う。
 
ここは晴天日は手前の桜が陰るので、風の弱い雨天が最良。
霧で住宅地が隠れてくれれば、いうことなし。
空が白っぽくなり、高曇り状態に変わったので、まぁ何とか撮れた。
まぁ晴天なら晴天なりの写真を撮るんだけど。
 
今年は台風が多く、高地の山紅葉はよくなかったみたいだが、
10月になっても暑い日が続いたのがよかったのか、
他の所は今の所いい感じのところが多いみたい。

両方で1時間40分ほど撮影、天川方面へ行くつもりだったが、
冴えない空に変わったので、帰路についた。
帰りは大日寺横から下市町に抜ける。
桜開花期混雑時の抜け道にしてるところ、
わりと大きな駐車場もあるので、中千本巡りの時はおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 

奈良県吉野町の吉野山と上北山村の大台ケ原の紅葉 10月26日分。
 
朝から晴天、まずは奈良県吉野山の上千本へ。
桜紅葉は、一応見頃。散っているのは少なめだが、色合いはいまいち、痛みも多い。
 
イメージ 1
 
その後、大台ケ原へ向かう。
ドライブウェイの途中で、久しぶりに写真家の高橋良典さんと再会、昨年の作品展以来。
今日は撮影会で朝から来られていたみたい。
高橋良典さんの写真事務所  『フォト春日』のホームページ
 
途中で少し撮影。経ヶ峰より上のほうは見頃、色付きは平年並み。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
2時半頃に山頂の駐車場へ、寄り道し過ぎて予定より遅れてしまった。
ここで、京都の星野さんと久しぶりに再会。知り合いに会うときは不思議と続くものですね。
 
地球のうえ      http://www5d.biglobe.ne.jp/~yuka0225/
京遊び        http://www5d.biglobe.ne.jp/~yuka0225/kyotoguide/index.htm
 
早足で歩いて、約40分で大蛇嵓へ。
東大台の周遊路は見頃過ぎ。
 
大蛇嵓付近の紅葉は見頃過ぎ。不動返し嵓辺りは見頃。
ここは午後3時ごろの半逆光がおすすめ。
今日の目的は、ドライブウェイとここだけ。
 
少し後に星野さんもやってきたが、他にカメラマンの姿はなし。
風がなく雲が停滞、なかなか日がささなかったが、何とか無事撮影。
 
大蛇嵓(だいじゃぐら)から望む紅葉の不動返し嵓。
 
イメージ 7
 
ドライブウェイの途中から撮影。
 
イメージ 6
 

奈良県吉野町の吉野山の桜 4月21日分2-1。
 
朝3時40分出発、吉野山に向かう。
5時前に上千本に到着するが、すでに駐車場はいっぱい。
やはり土曜日は前日組が多いのか。
しかたないので、離れた所に停めて戻る。
 
大淀には雲海があるのだが、吉野山には流れてこず。
桜も散りすぎで、ほとんど撮影せず。
 
本当は前日の雨の時に来たかったのだが、
さすがに京都丹後半島と海津大崎の3日間の取材の疲れでぐったり。
一日遅れとなったしだい。一日違いで大違い、残念。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
7時半過ぎに早々と帰路に着いた。

奈良県宇陀市の又兵衛桜、吉野町の吉野山の桜 4月16日分。
 
朝からくもり、中途半端な天気なので、
ひさしぶりに家族サービスで、母と姪っ子をつれて出かけた。
 
9時40分に出発、1時間で宇陀市の又兵衛桜に到着。
平日でも賑わっているが、一番近くの駐車場に停めれた、1日500円。
 
桜は満開、背景の桃は5分咲き。
今年はライトアップはされなかった模様。
 
 
読売テレビが翌日の撮影用のクレーンを準備中。
 
この桜は北向きなので、晴れの日は早朝か夕方がおすすめ。
雨上がりの靄が漂う朝が一番いいかも。
 
後ろ側から桃越しに撮影。
後ろ側や桜の真下まで行くには桜維持保護協力金100円が必要。
 
イメージ 1
 
帰りがけ、四国でお会いした方と再会、嬉しい出会いであった。
 
11時半に出発。
抜け道を通り、1時間程で中千本の駐車場へ、1日1500円。
下千本から中千本まで満開、久しぶりに1周した、ゆっくり歩いて2時間半ほど。
 
中千本蔵王堂付近。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
下千本付近。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
下千本の七曲り坂、はこんな感じ。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
吉野のシロヤマザクラ。
 
イメージ 9
 
最初1周するつもりがなくて、中千本の駐車場に入れたのだが、
中千本の駐車場付近は、行き帰りともに渋滞するので、
下千本の駐車場に停めて、シャトルバスで中千本に行き、下るコースがおすすめ。
もちろん電車利用もよい。
 
 

奈良県吉野町の吉野山の紅葉 11月14日分。

天気は曇り、午後から少し日が射す。
夜半は小雨が降った様子。

朝から吉野山へ。
まずは奥千本の西行庵へ、金峯神社の駐車場から10分くらい。
色変わり中、一部散りかけあるが、おおむね見頃。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 12

イメージ 3

続いて高城山の展望台へ、駐車場からすぐ。
ピークは過ぎたようだが、まだまだ見頃。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

上千本・中千本辺りは、桜はすでに散り、
カエデは一部見頃のがあるが、まだ色変わり初期のが多い。

下千本の近鉄吉野駅周辺のカエデは見頃前半、綺麗に色づいている。
まだ色変わり初期のも多く、しばらくは見頃が続くみたい。
帰り道に宇陀市の大願寺へ、無料、駐車場あり。
カエデは見頃色変わり中のが多いが、
撮影したかった、山門前のカエデは半散り状態。
和尚さんのブログで見てまだいけるかなと思ったのだが、遅かった残念。


奈良県吉野町の吉野山の桜、明日香村の高松塚近くの花桃と稲渕のれんげ畑 4月11日分。

早朝から奈良県吉野町の吉野山下千本の展望台へ。

日の出は5時半ごろ、6時過ぎに日が射してくる。

帰り道、吉野神宮に立ち寄る、紅しだれ桜が満開。
大淀町の世尊寺の桜は散り始め。

吉野山下千本の展望台。

イメージ 1

イメージ 2

その後、明日香村へ移動。
高松塚近くの花桃、稲渕のれんげ畑が見頃だった。

明日香村の高松塚近くの花桃。

イメージ 3

明日香村の稲渕のれんげ畑。

イメージ 4

別の仕事があるので、早めの帰宅。

奈良県宇陀市の室生寺の紅葉・大野寺前の摩崖仏と紅葉、桜井市の長谷寺の紅葉・素戔嗚尊神社のイチョウ・等弥神社の紅葉、吉野町の吉野山の西行庵の散り紅葉 11月28日分。


朝から雨。
朝一で奈良県宇陀市の室生寺へ(境内600円、周辺の駐車場500円~600円)

8時の開門前に行くと、同じカメラマンムックに執筆している高橋さんにばったり。
共通の知人もいて前からお会いしたいと思っていたところ。
写真教室や吉野観光協会の仕事もされていて、いろいろと興味深い話をお聞きした。
高橋さんのホームページ http://www5d.biglobe.ne.jp/~p-kasuga/index.html

室生寺の紅葉は、太鼓橋と山門付近は見頃後半散り始め、
二人の目当ての鎧坂付近は、下の方はまだ色変わり中で色はいまひとつの感じ、
楓が大きくなりすぎて鎧坂にかかり撮りにくそう、上のほうは散り初めと色変わり中。
金堂前のいちょうは、ほぼ散り、本堂は修復工事中。
雨が強くカメラマンは二人きり。

室生寺の鎧坂。

イメージ 1

高橋さんと別れた後、宇陀市大野寺前の摩崖仏を見に行く。
紅葉は見頃、楓は5分くらい、イチョウはほぼ散り。

大野寺前の摩崖仏の紅葉。

イメージ 2

その後、桜井市の長谷寺へ移動(境内500円、駐車場500円)
雨が上がり時々日が射してくる。
最初に対岸から全景を撮影、その後境内を廻る。
紅葉は見頃で色変わり中も多い、少し色が弱い気がするが何本かは綺麗なのもある。
五重塔付近の楓はオレンジ色から赤色への色変わり中。
天気は、雨になったり晴れたりと目まぐるしく変わる。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、対岸の素戔嗚尊神社のイチョウを撮影、散りイチョウがとても綺麗。

イメージ 8

1時半に桜井市の等弥神社に移動(境内、駐車場無料)
紅葉は見頃、色変わり中、散り混在、少し色が弱い気がする。

等弥神社の紅葉。

イメージ 9

その後、明日香から芋ヶ峠を抜け吉野山へ向かう。
奥千本の金峰神社の西行庵の楓は見頃終盤で散り紅葉を撮影(境内、駐車場無料)
駐車場から西行庵まで歩いて12分ほど。

帰り道、車窓から見た感じでは、高城山の楓も見頃終盤、
上千本、金峯山寺蔵王堂、下千本、吉野神宮の楓は、見頃で色変わり中もあり。

西行庵の散り紅葉。

イメージ 10

イメージ 11

奈良県吉野町の吉野山の上千本の桜の紅葉、上北山村の大台ケ原の紅葉 10月26日分。


朝から吉野山へ。
桜紅葉は見頃、まだしばらくは大丈夫。
朝からの小雨で、7時ごろから雲海が増えてくる。
そのころに他のカメラマンも計3名ほどやって来た。
8時過ぎには雲海が一気に増えて蔵王堂が見えなくなったので、

吉野山の上千本より。

イメージ 1

イメージ 2

少し下って猿引坂の展望台からも撮影。

イメージ 3

その後、10時半過ぎに奈良県上北山村の大台ケ原へ移動。
ドライブウェイ沿いの紅葉は見頃旬、山頂付近は終了。
あいかわらず小雨が降ったりやんだりの天気。
紅葉はしっとりと濡れて美しいが、風が強いのが厳しい。

昼過ぎに頂上の駐車場へ、少しだけ空きあり。
ひさしぶりに東大台のシオカラ谷へ行ってみる、約30分。
途中の紅葉は綺麗なところがあったが、シオカラ谷は終盤。
帰りもドライブウェイ沿いを撮影しながら、ゆっくりと降りる。

大台ケ原の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

6時前に帰宅。

奈良県下市町の新住の枝垂れ桜と栃原の枝垂れ桜、五條市の川岸の里桜と山茱萸、吉野町の吉野山の桜、斑鳩町の大和川堤の桜 4月5日分。


早朝から近場の奈良県下市町・五條市・吉野町の桜を撮りに行って来た。

まずは下市町へ、新住(あたらすみ)のしだれ桜は満開、青空に映える。
少し小高い丘の墓場にあり、駐車場はあるが2台が限界で道も狭い。
近づいて撮影する場合、朝早くがよいが、夕方の光で下から見上げる構図もいいと思う。

次に栃原のしだれ桜へ、上は満開、枝先は3~5分咲きで全体が7分咲きくらいで見頃。
午後の光線がいいので、下見のみ、路上駐車可能。

1・2枚目は、新住(あたらすみ)の枝垂れ桜。

イメージ 1


イメージ 2


続いて梨子堂へ、しだれ桜は2本ともほとんどつぼみ、桃・レンギョウは見頃。

次に五條市の唐戸へ移動、光台寺周辺は、里桜・さんしゅゆは満開、
白木蓮はつぼみが膨らんだくらい。

さらに南下して川岸へ、里桜・さんしゅゆは満開、染井吉野がちらほら。
集落の中を通り南山へ抜ける。
この辺りは標高が高く絶景が続く、里桜・さんしゅゆは見頃。
光専寺のしだれ桜は、ほとんどつぼみ、駐車場あり。
ここから十日市までは車で5分ほ下る。

再び下市町へ、貝原のしだれ桜は、遠目に車窓から見た感じでは、
上のほうはかなり咲いていたが、全体的には3~5分咲きくらいだった。
やすらぎ村の桜は、つぼみから3分咲きくらい。
西山の学校跡の桜は、背景の木造校舎がいい感じ。

続いて黒木へ、王泉寺への途中にあるしだれ桜はまだつぼみ、竹林前に駐車場あり。

栃本のしだれ桜はまだ満開だったが、やや色抜け、この辺り染井吉野も5分咲きから満開。
広橋のしだれ桜はまだつぼみ、八幡神社近く。

3・4枚目は、川岸の里桜と山茱萸(さんしゅゆ)。

イメージ 3

イメージ 4

次に立石へ、白木蓮は見頃初期、正覚寺の桜は見頃。

続いて才谷から才谷吉野線を通り、吉野町の吉野山へ向かう。
この道はおすすめ、吉野山の勝手神社横に出る抜け道。
手前に駐車場があり便利、桜も多い。
駐車場代は、全山一律1500円とかなり高い。

東南院と蔵王堂横のしだれ桜は見頃、観光客でいっぱい。
大日寺のしだれ桜も見頃でとても綺麗だったが、わかりにくいため気づく人は少ない。
すぐ近くの白木蓮はつぼみが膨らんだくらい。
遠目に見た感じでは、如意輪寺のしだれ桜は5分咲きくらい。
山桜は、まだちらほらくらい。

5枚目は、吉野山の東南院の枝垂れ桜。

イメージ 5

6枚目は、吉野山の蔵王堂横のしだれ桜。

イメージ 6

7枚目は、吉野山の大日寺のしだれ桜。

イメージ 7

次に桜井吉野線を抜けて本善寺へ、
遠目に見た感じでは、しだれ桜はまだ満開だったが、
この辺り染井吉野も満開だったので、少し散り始めていたかもしれない。
空が白くなってきたので、撮影せず素通り。

夕方、再び栃原のしだれ桜へ移動。
桜は見事だが、電柱・電線がすごくじゃま。
高くもりから光がなくなり、くもりに変わってきたので、帰路についた。

8・9枚目は、栃原の枝垂れ桜。

イメージ 8

イメージ 9

帰り道、斑鳩町の大和川堤で桜と夕日を撮影、なかなかいい雰囲気。

10・11枚目は、斑鳩町の大和川堤の桜。

イメージ 10

イメージ 11

このページのトップヘ