風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:吉野町

奈良県吉野町の吉野山の桜 4月9日分2-2。

又兵衛桜の駐車場を4時45分に出て、コンビニに立ち寄り、
5時20分に下千本の駐車場に到着。もうかなりの車が入ってる。
駐車場は期間料金2000円。後で戻ってきたときにしっかり徴収に来られました。

下千本の展望台は以前はすごく眺めがよかったが、
展望台の前に桜が植えられ、その木が成長したので、すごく見にくくなった。
悪気はないんだろうけど、想像力ないのかな。すごく残念。

桜は下千本から上千本までどこも満開。
全て同時に満開状態になるのは珍しいかも。
たいてい上千本が満開になるころは、下千本はかなり散ってる。
天気は快晴で、昼頃からはすでにパラパラ。

吉野山の観光情報↓
http://www.sakura.yoshino.jp/
https://87yama.sakura.ne.jp/news/sakura-spot/index.html
http://www.town.yoshino.nara.jp/kanko-event/oshirase-kanko-event/content.html

日の出は5時半ごろだが、太陽が山から顔を出すのは45分ごろ。

_S9A3167

_S9A3296

その後、中千本からハイキングコースを周り上千本まで歩く。

_S9A3372

_S9A3384

_S9A3433

_S9A3537

_S9A3557

上千本近くの穴場絶景ポイント。
蔵王堂の後ろの門が工事中なので、定番風景は今一つの感じ。

_S9A3614

10時前に上千本の花矢倉展望台に到着。
ここでUターン。帰りは車道を歩く。

中千本のトンネル出て少しいった絶景ポイント。

_S9A3703

桜本坊の八重紅枝垂れ桜も見頃。
通りからは見えないが、それでも人が多くて、
人がいなくなるまで30分くらい待って撮影、ほんの1分くらい人影が消えた。

_S9A3782

吉水神社の絶景ポイント。ここの開門は9時から5時まで。

_S9A3814

1時15分ごろに下千本の駐車場に戻る。
そこそこ撮影して、下千本から上千本まで往復で8時間ほど。
真夜中に又兵衛桜も撮影していたので、さすがに疲れた。

下千本。

_S9A3869

帰り道、吉野神宮へ。ここは駐車場は無料だし、とても空いている。
桜も満開で少しだけ撮影。

その後、橿原文化会館で行われている
橿原写真クラブ創立40周年の写真展と

ドラムヤカタで行われている小野好男んの「北の吉備路」写真展
 4月24日まで、11時〜17時まで

を見に行き5時過ぎに帰宅。
今日の走行距離は93キロほど。






奈良県吉野町の吉野山の桜 4月5日分2-1。

4日の午後から雨が降ったので、朝3時起きで4時半ごろに吉野山上千本へ。
上千本は前泊組が多いので、もう駐車スペースはほとんどなく、
この時間で、何とかギリギリ停めれた感じ。
後から来た車、相変わらず駐車禁止のカーブの場所に停める人も多い。
危険なのでやめてほしいもの。

雨上がりを狙って多くのカメラマンがいるかなと思っていたが、以外と少な目。
今年の満開は異常に早くて、この時点で上千本もかなり散りが多かった。
2日が風が強くてかなり散った影響も大きい。

3日来たときに4日の雨で、5日の朝、ぎりぎりいけるかと思っていたが、
やはり桜が散りすぎで難しい。
雨上がりの雲海も横に広がらず、立ってくるもので今一つの感じ。
初めての人なら、それなりにいいと思うのだが、
よりいい状況を知っているだけに、あまり写欲はわかず、少しだけ撮影。

尚、知り合いの方が、上千本で場所取りに三脚置いていたら、
取られたとのことなので、高価な三脚は要注意ですよ。

_S9A4785







奈良県吉野町の吉野山の桜 4月3日分。

天気は曇り、少し青空。
家族4人で、吉野山へ。

下市からの裏道を通り、勝手神社近くの駐車場へ。
穴場なのに、もう満車ちかい。
今年は駐車場代と協力金で2000円。ちょっと高すぎ!

そこから、蔵王堂へ。
堂内で行われている写真展を見学してから、
吉水神社・中千本・上千本と歩いて廻った。

平年だと10日~12日が祭りで、一番の見頃時期なのだが、
今年の開花は記録的に早く、中や上でもすでに満開散り始め。
2日は風が強くてかなり散ったらしい。
それでも見頃の木も多くあったので、充分綺麗。

水分神社まで行ってUターン。
今日はかなり歩いてクタクタ。

_7R30163

_7R30131

_7R30116

_7R30066




奈良県吉野町の高城山展望台と吉野山上千本の紅葉 11月7日分3-1。

前夜は雨、天気は一日曇り。

朝から吉野山へ。
奥千本に行く途中にある高城山展望台付近は見頃前半。
観光客やカメラマンがパラパラ。
南側の登り口付近に4台分ほどの駐車場有り、トイレは北側の登り口付近にある。

_V9A5208

_V9A5216

吉野山上千本付近の桜の紅葉は、ほとんど散っていたが、数本は見頃。

_V9A5244






奈良県吉野町の吉野山の上千本の桜 4月15日分4-1。

前日夕方からは雨。
冬型でやや風が多いのだが、天気予報もあまりあてにならないので、
わずかな期待を込めて吉野山へ。

朝4時30分ごろに上千本に到着。
前泊組で駐車スペースはほとんど埋まっていたが、ぎりぎり停めれた。


上千本は満開散り始め。
風があり雲海はいま一つの感じ。
もう1.2日早く雨が降り、風が1m以下でないとダメかな。
やはり数年に1度しかいいのは撮れない、残念。

でもすごい写真家揃って、出会いもあってよかった。

ちなみに左側の山桜の散りが少なく、漂う雲海が多く、
手前にも入り、縦に湧き上がる感じじゃなく横に伸びて、
後ろの住宅地が雲海で隠れていて、
風がなく絞り込んでも桜がぶれずにシャープなのが理想。

イメージ 1

奈良県吉野町の吉野山の桜 4月14日分

天気は曇り後、時々小雨。
朝から母と姪っ子を連れて、吉野山へ。

もう交通規制が始まっているので、抜け道を通り、
9時40分に中千本の駐車場へ、1500円。


中千本は満開散り始め。上千本は満開。

蔵王堂。

イメージ 1

イメージ 2

吉水神社からの眺め。

イメージ 3

中千本の登山道を歩く。

イメージ 9

イメージ 10

上千本から蔵王堂。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

2時過ぎに駐車場に戻り帰路に着いた。

奈良県吉野町の吉野山の中・上千本の桜 4月11日分。

昨夜は雨、雲海期待で朝から吉野山へ。
しかし雲海はほぼなし。
天気は時々日が差すものの雲が多い空模様。

中千本近くの駐車場に停める、1500円。

下千本は満開、雨で少し散り始め、車窓から。
中千本は満開。
上千本は咲き始めから満開まで混在。
花矢倉近くの道路沿いからはまだ早い感じだが、
登山道沿いは満開のが多い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

カメラ1台にレンズ2本と三脚という軽装だが、
中千本から上千本まで歩きまわったので、かなり疲れた。
吉野山広し、侮ると大変ですぞ。


奈良県吉野町の吉野山下千本の桜 4月10日分2-2。

朝から小雨が降ったりやんだり。

又兵衛桜から吉野山に移動。
30分ほどで下千本の駐車場に到着、1500円。

下千本は満開、雨でもまだほとんど散っていない。

下千本の展望台の前に植えられた木が成長して眺めがすごく悪くなった。
もう朝日に染まる姿や雲海との競演は撮れない。
まったく展望台の前に植える理由がわからない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6




奈良県吉野町の蛙飛び行事 7月7日分2-1。

昨日、ひさしぶりに吉野町の蛙飛び行事を見に行ってきた。
行く途中、一時雨で引き返しかけたが、すぐに晴れてくる。
撮影中は、晴れ時々曇りで、すごく暑かった。
夏の祭りは見るのもたいへん。
蛙太鼓台担いでいる方たち、お疲れさまでした。

蓮華法要及び蛙飛び行事について

修験道の開祖である役行者が産湯をつかったと伝えられる
大和高田市奥田にある弁天池の清浄な蓮の花を、蔵王権現に供える法要。
弁天池の蓮の華を蔵王堂に運んでご本尊に献じ、
あわせて境内では「蛙飛び行事」がとり行われる。

蛙飛び行事とは、修験道を軽んじ鷲に断崖絶壁へとさらわれた男が、
改心し後悔しているのを、通りががりの高僧が男を蛙の姿に変えて救いだし、
一山僧侶の読経の功徳によってもとの姿に戻した、
という伝説を行事にしたものである。(観光奈良のHPから引用)



蛙太鼓台は、竹林院を12時半に出発。
1時20分頃に蔵王堂の南側の階段下。
行きは階段は登らず町中を北上、坂道を下る。
ところどころに紫陽花の花が咲いている。

撮影は35フルで24-105mmがあれば充分。
付け足すなら70-200mm。
人もそんなに多くなく、坂道でけっこう上るところも多いので、
特に脚立などなくとも困らない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

2時20分頃にケーブルカー乗り場へ。
ここで、蓮の花を持ってきた山伏行列と合流。
ここでUターン。来た道を戻る。
先導は蛙太鼓台で、かなり離れて行列が続く。
離れているので、両方を撮るのは難しい。

イメージ 6

2時50分ごろに大鳥居へ。
帰りは、大鳥居の階段を上がる。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

蔵王堂の北側の階段は、工事中の為、通らない。
階段上から撮影。

イメージ 10

イメージ 11

3時10分位に蔵王堂の南側へ。
蔵王堂へは、南側の階段から上がり、蔵王堂前で練る。

イメージ 12

3時半過ぎから、蓮華会内法要。
4時から蛙飛び神事。15分ほど。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

最後に護摩法要もあるが、大阪の天の川イベントに行くため、帰路につく。

奈良県吉野町の吉野山の紅葉、桜井市の談山神社の紅葉 11月10日分。
前夜は雨、天気は曇り時々小雨。
午前中少しだけ撮影。

奥吉野の高城山の紅葉は見頃旬。
うっすら霧が漂う。
他にカメラマン2名。駐車場は5台くらいが限界。

イメージ 1

イメージ 2

上千本、広い路肩に駐車可。
雲海はあっという間に消えていく。
桜紅葉はほぼ散っています、下千本も同様。
楓の大木1本が見頃、
色はそこそこくらい、この木はあまり綺麗には色付かない。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、桜井市の談山神社へ。
無料駐車場あり、拝観500円、8時半から。
十三重塔周辺は見頃前半、北側の大木はかなり散ってるが、
南側は先のほうだけで、まだ緑の部分が多い。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

日当たりのいい所は、色変わり中。
本殿、階段付近は緑。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

向かいの展望広場からの眺め。

イメージ 15

以前斜めから見えたポイントは、かなり前に生垣ができて見えません。
私有地なので、立ち入り不可。


このページのトップヘ