風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:名護市

沖縄本島 沖縄県大宜見村の喜如嘉の滝、国頭村の比地大滝、名護市の轟の滝 7月4日分。

朝は曇り、後小雨。

大宜見村の喜如嘉の滝。無料駐車場あり、トイレなし。

_W6A2024

国頭村の比地大滝。
入場500円。JAF割で400円。朝9時から夕方4時まで。
無料駐車場あり。キャンプ場があるが、売店などはなし。
滝まで歩いて40分ほど。道はよく整備されている。
少しずつ高度を上げ最後は展望テラスに出る。
滝壺には行けない。

_W6A2073

タ―滝にも行ってみたが、沢歩きになるようなのでパス。
水遊びツアーが出ているところ。

名護市の轟の滝。入場200円。無料駐車場あり。

_W6A2120

_W6A2135

夕方、早めに沖縄市にあるビジネスホテルへ。
次第に本降りの雨に変わる。



沖縄本島 沖縄県名護市の嵐山展望台とブセナ海中公園と古宇利大橋、国頭村のオクマビーチ、大宜見村の根路銘のビーチ、東村の慶左次湾のヒルギ林、本部町の水納島、今帰仁村の今帰仁城跡 8月26日分。

今日も朝は名護市の嵐山展望台へ。

イメージ 1

イメージ 2

国頭村のオクマビーチ。

イメージ 12

イメージ 13

大宜見村の根路銘のビーチ。

イメージ 14

東村の慶左次湾のヒルギ林。

イメージ 15

名護市の街並み。

イメージ 16

名護市のブセナ海中公園のブセナビーチ。海中展望塔が見える。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 3

イメージ 4

水納島。(みんなじま)フェリー往復1680円。

15分くらいで着く離島だが、めちゃくちゃ綺麗だった。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

今帰仁村の今帰仁城跡。

イメージ 9

イメージ 10

古宇利大橋を古宇利島から撮影。

イメージ 11

夕方は、雲が多くいまひとつ。

ついに心配していた台風が発生。

沖縄本島 沖縄県名護市の嵐山展望台、恩納村の万座毛と万座ビーチ今帰仁村の具志堅ビーチ、本部町の海洋博公園とエメラルドビーチ 8月25日分。

今日も朝は名護市の嵐山展望台へ。

イメージ 1

その後、恩納村の万座毛へ。

イメージ 2

イメージ 7

万座ビーチ。

イメージ 8

イメージ 9

今帰仁村の具志堅ビーチ。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

本部町の海洋博公園。

イメージ 14

エメラルドビーチから伊江島と夕陽を撮影。

イメージ 5

イメージ 3

イメージ 6

イメージ 4


沖縄本島 沖縄県本部町の沖縄美ら海水族館、今帰仁村の今帰仁城跡、名護市の古宇利大橋 8月24日分2-2。

本部町の沖縄美ら海水族館へ。中には入らず、少しだけ撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今帰仁村の今帰仁城跡へ、入場400円。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

古宇利島へ向かう途中の展望台から。

イメージ 4

名護市の古宇利大橋。

イメージ 5

イメージ 9

その後、いろんなビーチへ。

日中は天気がよかったが、夕方は太陽は雲に隠れてしまった、残念。

沖縄本島 沖縄県名護市の嵐山展望台、本部町の瀬底大橋とエメラルドビーチ、瀬底島の瀬底ビーチ 8月24日分2-1。

朝は名護市の嵐山展望台へ、宿からすぐ。

イメージ 1

本部町の瀬底大橋。

イメージ 2

エメラルドビーチ。ちゅら海水族館のすぐ近く。

イメージ 8

すぐ前に伊江島が見える。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 15

瀬底島にある瀬底ビーチ、駐車場1日1000円はちと高い。

イメージ 4

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

続く。



伊江島 沖縄県伊江村のゆりまつり 沖縄本島 名護市の古宇利大橋・嵐山展望台 5月4日分。 
 
朝から宿を出て、嵐山展望台へ、朝日は空振り。
その後、晴れてくるが、白っぽい空。
 
8時半に本部港へ。9時発の伊江島行きのフェリーに乗る、往復1330円。
伊江島ではゆりまつりが行われていて、
今年は早めで、もう見頃のピークは過ぎているものの、
せっかくなので見に行ってきた。
 
港からは、会場までのシャトルバスも出ているが、
いろいろ見たいので1周する観光バスに乗った、1500円。
 
観光バスは、洞窟や海岸展望台を廻り、1番の見所の城山(グスクヤマ)へ。
 
駐車場から8分くらいで頂上、360度の展望がある。
この山のおかげで、伊江島フェリーは沖縄で唯一黒字だとか。
 
対岸は、現在「ちゅら海水族館」のある、海洋博公園。
沖縄海洋博の開催時の場所決めで、伊江島の存在は大きかったとか。
 
イメージ 1
 
その後ハイビスカス園などを廻り、最後のゆりまつり会場へ。
メインのてっぽうゆりは、見頃終盤。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
帰りは、各自シャトルバスを利用(250円)、観光バスは使えない。
少し見学してから、フェリーで本島へ戻る。
 
その後、古宇利大橋へ。ゴールデンウィークで観光客がいっぱい。
晴れてきて海の色が鮮やか。大事なポイントでは、かなりついてる気がする。
 
イメージ 4
 
道沿いにある展望台のある休憩所。古宇利大橋が正面に見える。
 
イメージ 5
 
嵐山展望台に向かう途中の道沿いから。
 
イメージ 6
 
嵐山展望台、ここはがらがら。古宇利大橋はわずかに見えるだけ。
 
イメージ 7
 
その後、南下するがすぐに曇ってくる。北側の一部のみ晴天。
夕方に読谷村(ヨミタンソン)の宿へ。

このページのトップヘ