風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:哲学の道

京都府京都市の哲学の道・南禅寺の桜と法然院の椿 3月29日分4-3。

次に哲学の道へ。この辺りは満開だがやや散りが多め。
ひっきりなしに観光客が通るがたまに切れる時もある。

_S9A2347

近くの法然院へ。境内自由。椿は終盤。

_S9A2234

次に南禅寺へ。境内自由。桜は満開散り始め。
ここは観光客が多い。

_S9A2385

蹴上インクラインもさらに人が増えていた。
昔はシーズンでも全然人がいなかったのに、SNSの影響力恐るべし。

今年の桜は記録的に早い。
当初3月下旬まではデスクワーク中心の予定だったが、
どこもかしこも満開になってきたので、ここ数日は撮影に出た切り。
26日は京都。27日は奈良。28日29日は京都を撮影。
今日は黄砂が凄かったので、久しぶりに休息。
明日からは兵庫と京都北部を2泊3日で廻る予定。
ブログの更新はしばらくできそうにないので、少しだけアップします。

京都府京都市の東寺の不二桜のライトアップ夜景

_S9A1078

奈良県宇陀市の又兵衛桜

_S9A1231

奈良県桜井市の長谷寺の桜

_S9A1562

京都市の祇園白川の桜

_S9A2060

京都市の哲学の道の桜

_S9A2347

京都市の疎水インクラインの桜

_S9A2093

京都市の竹中稲荷神社の桜

_S9A2172




京都府京都市の真如堂と哲学の道の紅葉 11月19日分6-4。

木金土曜日の三日間、京都の紅葉巡り。

天気は快晴から、次第に雲が増えてくる。
金戒光明寺から真如堂へ移動。
境内自由。楓紅葉は見頃。裏手の方はまだ緑のも多い。
他の紅葉はもう半散り。
https://shin-nyo-do.jp/

_V9A8361

_V9A8399

_V9A8400

_V9A8408

_V9A8442

その後、歩いて哲学の道へ、15分ほど。
哲学の道の紅葉は、大部分が色づき始め。

_V9A8468

_V9A8469




京都府京都市の圓光寺・詩仙堂・曼珠院門跡・赤山禅院・哲学の道・将軍塚の紅葉 11月29日分。

前夜は雨。天気は曇り。

朝から京都へ。
母も一緒なので、朝はややゆっくり。
拝観もゆっくりペースでのんびり撮影。

詩仙堂前の駐車場は、1時間500円。

まずは歩いてすぐの圓光寺へ。
9時少し前に到着。
もう30人程並んでいる。
早い人はかなり前から並んでいそう。

9時に開門。拝観500円。
撮影早い方が有利だが、みんな本堂から庭を撮影したいので、
庭に出る人は少なく、少しくらいの時間差は変わらないかも。
以前はすいていたのに、今はすごい人気。
散り紅葉とのバランスがちょうどいい感じ。
裏山から俯瞰することもできる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

歩いて詩仙堂へ。拝観500円。
庭園正面は散りが多すぎ、左手が見頃だった。
なかなか人が切れないので少し待って撮影。

イメージ 5

次に曼珠院門跡へ。
無料駐車場あり。拝観600円。

紅葉は見頃から半散りまで混在。庭園正面はもうかなり散りが多い。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

次に赤山禅院へ。
臨時無料駐車場有り。境内自由。
紅葉は少な目。冬桜は半散り。

イメージ 9

次に、哲学の道へ。
100円パーキング30分200円。
人が多いので、切れ間を待って撮影。
少し日が差してくる。紅葉は見頃。

イメージ 10

最後に将軍塚の青龍殿へ。
無料駐車場あり。拝観600円。
紅葉は見頃。京都市街を一望する展望台が2ヶ所あり、
以前からある展望台から俯瞰してみることもできる。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


京都府京都市の八坂の塔・二年坂・清水寺・高台寺・将軍塚の雪景色 1月20日分。
久しぶりの寒波到来。
早朝、ネットのウェザーリポートや実況で降雪を確認してから、京都へ。

奈良市内には雪はなし、京都の伏見あたりから、雪がぱらぱら。
少し北上すると吹雪。

高台寺の駐車場、1時間600円に停めて、まずは八坂の塔へ。

京都市東山の八坂の塔。

観光客がぱらぱら、地元の写真愛好家も少し。

イメージ 1

二年坂は工事中。

三年坂。早朝でも足跡が多いのが残念。

雪は、ぱらぱらになったり、吹雪いたりの繰り返し。

溝口さんとばったり、長浜の雪景色以来。

イメージ 2

清水寺の三重塔。本堂付近は工事中なので、行かず。
思ったより木々の雪が少ないので、絵になりにくい感じ。

イメージ 3

イメージ 4

霊山護国寺の裏山、坂本竜馬のお墓付近からの展望。入山300円。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

高台寺の駐車場付近から。
白い空だと降雪わかりにくい。
木々の着雪が多いとよいのだが、湿気の多すぎる雪ですぐ溶ける。

イメージ 8

イメージ 9

高台寺。拝観600円。三脚禁止。

イメージ 10

イメージ 11

昼前に哲学の道に移動。近くの100円パーキングへ停める、30分200円。

木々の着雪が少なく、いまいちの感じ。降雪もやんでしまった。

イメージ 12

最後に将軍塚へ。前景の木々の着雪がないと絵にならない感じ。

イメージ 13

京都府京都市の哲学の道の桜 4月1日分4-2。
 
嵐山から哲学の道に移動。
 
染井吉野が満開見頃、大島桜は8分咲き、陽光も満開、八重紅枝垂れ桜は、2分~7分咲き。
今年は3種の競演が見られそう。
 
銀閣寺前の駐車場は、2時間1000円、4月1日から値上げ。
100円パーキングは、30分200、300円。朝8時までは1時間100円。
2時間500円のところがおすすめ。
 
9時くらいになるともうかなりの人出。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4

続く。

京都府京都市の哲学の道と熊野若王子神社の紅葉 11月23日分7-4。
 
哲学の道の紅葉は、見頃前半、まだ色変わり中のが多い。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
すぐ近くの熊野若王子神社の紅葉。
 
イメージ 3
 
イメージ 4

京都府京都市の哲学の道・法然院・金戒光明寺・真如堂・京都御所の紅葉 11月27日分。

早朝から京都市へ。
天気は雲の多い晴れで時々日が射す感じ、午後からどんどん快晴になる。

まずは哲学の道へ、100円パーキングに停める。
紅葉は見頃色変わり中。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 21

9時に近くの法然院へ、観光客もぱらぱら。
紅葉は見頃散り始め、ここは日陰なので、あまり綺麗には色づかない。
拝観無料、三脚禁止。

イメージ 12

イメージ 19

10時前に移動。
金戒光明寺の駐車場は使えないようになっていたので、
金戒光明寺北門近くの100円パーキングに停める。
1時間500円、一日千円。

そこから歩いてすぐの真如堂へ、境内無料。
紅葉は見頃、色変わり、散り混在、場所によりかなり差がある。
境内駐車禁止、三脚禁止。観光客でいっぱい。


イメージ 20

イメージ 22

落ち葉を焼いている時の煙を利用して。

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

次に歩いてすぐの金戒光明寺へ、境内無料。観光客でいっぱい。
紅葉は見頃、色変わり中。境内駐車禁止、三脚禁止。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 11

金戒光明寺の庭園特別拝観600円。
庭園内はメインの紅葉はかなり散りが進んでいたが、奥のほうは見頃色変わり中。

イメージ 9

イメージ 10

近くの塔頭の栄福院のお庭がとても綺麗、志納。

イメージ 13

1時前に、京都御所に移動、駐車場は3時間500円。
カエデは見頃色変わり中、桜や銀杏は半散り、樹木の種類によってばらばら。

イメージ 14

イメージ 16

凝華洞跡の銀杏の形はおもしろい。

イメージ 17

イメージ 15

イメージ 18

3時過ぎに帰路に着いた。

京都府京都市の藤森神社の紫陽花園・平安神宮の紫陽花と睡蓮・哲学の道の紫陽花、木津川市の岩船寺の紫陽花 6月22日分。

梅雨入りしてから雨が少なかったが、朝から激しい雨。
その後、降ったりやんだりで、梅雨らしい天気になったので、ひさしぶりに京都へ向かう。

最初に藤森神社へ、境内自由、駐車場無料、紫陽花園は300円。
森の中で暗く、三脚禁止なので、デジタルのみで撮影、ISO800くらいないと厳しい。

京都市の藤森神社の紫陽花園。

イメージ 1

次に平安神宮へ、境内自由、近くの地下駐車場は1時間500円。
神苑は600円、今日は使わなかったが三脚使用は2000円別途。
花菖蒲は終了、紫陽花は見頃・少しだけ、睡蓮が見頃。

京都市の平安神宮の紫陽花と睡蓮。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

次に哲学の道へ。
中間辺りにある100円パーキングは、20分100円(平日料金)、紫陽花は見頃。

京都市の哲学の道の紫陽花。

イメージ 6

イメージ 7

帰り道に木津川市の岩船寺へ、駐車場100~200円、境内300円。

紫陽花は見頃、三脚使用は充分に注意のこと。
昼ごろには晴れたり曇ったりになってきたので帰路についた。

木津川市の岩船寺の紫陽花。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

京都府京都市の哲学の道の八重桜・平安神宮の桜・上品蓮台寺の桜・嵐山の桜・西明寺の三葉躑躅と指月橋の新緑・六孫王神社の桜 4月14日分。


朝は小雨、八重桜と散り桜の撮影のため、京都市内へ向かう。
散り桜は5分散りくらいが理想なので、あと3日早ければよかったのだが。

途中、向日市の向日神社の染井吉野の散り桜は、すでに散りすぎで撮影せず。

最初に祇園白川へ、八重桜は満開、躑躅は咲き始め。
染井吉野の散り桜は、すでに散りすぎで撮影せず。

知恩院もすでに散りすぎで撮影せず。

次に哲学の道へ、八重桜は満開。
染井吉野の散り桜は、すでに散りすぎで撮影せず。

哲学の道の八重桜。

イメージ 1

イメージ 2

次に平安神宮へ向かう、神苑600円、今年から桜の時期は三脚禁止。
八重紅枝垂れ桜は半散り状態で理想的。
岡崎の地下駐車場は1時間500円。

平安神宮の桜。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

次に北区の上品蓮台寺へ、境内、駐車場ともに無料。
八重桜は満開、八重紅枝垂れ桜は半散り状態で理想的。

上品蓮台寺の桜。

イメージ 7

イメージ 8

次に嵐山に向かう、天竜寺の駐車場は一日千円。
渡月橋南東の八重紅しだれ桜は半散り状態で理想的。
八重桜は満開、染井吉野はほぼ散り状態。
嵐峡の桜はすでに散って新緑が綺麗。

嵐山の羅漢さん。

イメージ 9

嵐山の渡月橋近くで撮影。

イメージ 10

イメージ 11

嵐山の美空ひばり館前のりんごの花。

イメージ 12

次に高雄に向かう。
西明寺の上の三葉躑躅は見頃、山桜もまだ咲いている。
躑躅の上にはあまり霧が流れてこない、地理的な問題だろうか。

西明寺の上の三葉躑躅。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

西明寺の指月橋の桜は散り、新緑が綺麗。

西明寺の指月橋の新緑。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

最後に南区の六孫王神社へ、境内、駐車場ともに無料。
八重桜は満開、染井吉野はほぼ散り状態。

六孫王神社の桜。

イメージ 19

5時過ぎに帰路に着いた。

京都府京都市の山科区の毘沙門堂と山科聖天参道の紅葉、安楽寺の門前の散り紅葉、哲学の道の紅葉、永観堂入り口付近の落ち葉のオブジェ 12月5日分。


朝から京都へ。

8時過ぎから雨が降り出す、一時雷雨になるがしだいに小降りになり2時過ぎに上がる。
この数年の紅葉期は雨が少なく晴れの写真しか撮れずに困っていたが、
今年は毎週のように雨が降ってくれて助かる。

一般の観光客の方には申し訳ないが、
古都の紅葉には雨天が一番風情があり、雨天雨後には美しい写真が撮れるのだ。

朝一で京都市山科区の毘沙門堂で撮影(境内及び駐車場は無料、庭園は有料)
紅葉は全体的に最終版、散り紅葉にも遅いが、
本殿横のつつじ紅葉と楓の散り紅葉はとても美しく、訪れた人はみんな感涙の声を上げていた

毘沙門堂の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

塔頭の山科聖天も見頃終盤の感じ。
山科聖天参道の紅葉。

イメージ 7

次に左京区に移動、哲学の道近くの100円パーキングへ(20分100円)
法然院山門付近は半散りで終了、撮影せず。
安楽寺の門前の散り紅葉は見頃、境内は見頃後半。

イメージ 8

哲学の道の若王子付近の楓は、ほとんどが散っていたが見頃旬のもあった。

イメージ 9

イメージ 10

永観堂は、楓・つつじとも見頃後半から終盤の感じ、中には入らず。
入り口付近、雨に濡れた落ち葉を白壁に付けてあるのが、なかなかの遊び心。
永観堂入り口付近、落ち葉のオブジェ。

イメージ 11

南禅寺は、ほぼ終了の感じで数本のみ、撮影せずといったところ。
3時半過ぎに帰路に着く、帰り道再び雨がぱらぱら。

京都府南丹市の美山茅葺の里の紫陽花、京都市の哲学の道の紫陽花 6月30日分。


朝4時起床、小雨ぱらぱらの天気。
昨日の激しい雨で、すごい量の雲海が谷間を漂っている。

5時頃に美山の北地区の川沿いで、雲海を川や町と組み合わせて撮影。

イメージ 1

その後、南地区と北地区の紫陽花を撮る。
紫陽花と茅葺き屋根が濡れ、さらに背後を雲海が漂い、とてもいい感じ。
なのに今日も、他にカメラマンの姿は見えない。

イメージ 2

イメージ 3

7時半頃撮影終了、周山街道を通り、
途中コンビニで食事、京都市内の哲学の道に向かう。

空は一面曇っているが、少し日差しが出てくる。
9時半頃に哲学の道近くの100円パーキングに到着。

紫陽花は所々にあるが、見頃と咲き始め混在。
法然院近くの洗心橋の北側に、紫陽花の群落がありここは見頃。
ただし、晴れていると撮影しづらいし、電線がすごく邪魔。

イメージ 4

撮影後、早めに帰路に着く。

このページのトップヘ