風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:土岐市

岐阜県土岐市の曽木公園の紅葉 11月15日分4-3。

さらに北上して岐阜県土岐市の曽木公園に移動。
無料駐車場・簡易トイレあり。臨時売店も多い。
協力金200円。紅葉は見頃旬。


イメージ 1

愛知県の岩屋堂公園に行った後に、夜景の撮影にも戻る。
17~19時の三脚使用禁止。
リフレクション人気なので最近はカメラマンが多い。

イメージ 2

夜は目の前の天然温泉へ。ライトアップ期間中は500円。




愛知県豊田市の小原の四季桜と紅葉・足助町の香嵐渓の紅葉・瀬戸市の岩屋堂公園の紅葉岐阜県土岐市の曽木公園の紅葉 11月16日分。

天気は晴れ、雲が多い。
朝から再び、小原の四季桜と紅葉を見に行く。
群生地は数ヶ所あり、場所により駐車場有料500円。
四季桜は、1年に2度咲き、秋の開花期が1ヶ月くらいあるが、
雨で少し散っている。
紅葉は、早いものは少し散り、まだ緑が残るものも多い。
例年は20日前後がピークだが、今年は少し早いみたい。

一番おすすめのポイントは、1200本の四季桜がある川見四季桜の里。
ここは東に開けているので、午前中がよい。

またすぐ近くの川沿いもいいポイント、ここは昼前後がよい。

イメージ 1

イメージ 2

川沿いのポイント、なかなか日が当たらないので、
柔らかい光線と強い光線で2通り撮影できる。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

柿と四季桜と楓。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

ここは、ポスターにもなっているところ。
まだ緑が多かったので、これから。

イメージ 12

薬師寺正面。

イメージ 13

薬師寺の参道から。寺からは桜の中の遊歩道には行けません。

イメージ 14

桜の中の遊歩道から撮影。

イメージ 15

赤い楓とまだ緑の楓に銀杏と四季桜。

イメージ 16

イメージ 17

その後、再び岐阜県土岐市の曽木公園へ。
無料臨時駐車場あり、協力金200円。
紅葉はすでに散りはじめているのもある。

イメージ 18

イメージ 19

その後、愛知県瀬戸市の岩屋堂公園へ、駐車場800円。
紅橋周辺の紅葉は半散り、他はあまりいいポイントがない。

岩屋堂と紅葉。

イメージ 20

イメージ 21

最後に、足助町の香嵐渓へ。
公営駐車場は1000円、民営は800円くらいのが多い。
夕方遅くなると、民営は500円に下がる(たぶん平日のみ)
紅葉は8分になっていたが、かなりばらつきがあり、まだ緑のも多い。
早めに色づいたところは、半散り。
東北の紅葉はすごく綺麗だったが、今年の西日本の紅葉は、
木によってばらつきが大きく、枯れたようなのも多いかんじ。
まぁ探せば綺麗なのもあると思うが、
11月の気温が高いので、あまり期待できないかも。

香嵐渓のライトアップ。
日没が4時45分くらいで、5時15分前後が薄暮が綺麗な時間。

イメージ 22

5時半に帰路に着く。
6時に東海環状の豊田勘八ICから入り、伊勢湾岸、東名阪、名阪国道を通り、
8時半過ぎに西名阪法隆寺ICを出る(途中休憩10分)

岐阜県・三重県・滋賀県・愛知県を巡る3日間のプチトリップの
総走行距離は、約895キロ。

このページのトップヘ