風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:埼玉県

埼玉県春日部市の首都圏外郭放水路の地下神殿 12月17日分。

天気は雨。

前から行きたかった首都圏外郭放水路へ。
見学会は3コースあり、一番シンプルな地下神殿コースを見学、1000円。
申し込みは前日まで。

https://www.gaikaku.jp/course/

受付のある龍Q館の展示室から見えるモニター室。
テレビ番組でも指令室として使われることがある。

_7R30185

説明を受けた後、地下神殿ともいわれる調圧水槽に下りていく。
階段からの撮影は不可。長い棒状のものは持ち込み不可。
ミニ三脚くらいはいいらしい。

調圧水槽は台風や大雨で河川が氾濫しそうになった時に水を引き込み、
洪水を防ぐための施設で、関東に全部で3か所ある。
ここはその中でも最大の施設で、5つの川から地下放水路を通じて水を集め、
江戸川に排出することができる。
施設が稼働するのは年平均8回ほどで、
その不思議な景観から、映画やテレビのロケでも使われている。

地下神殿では、説明の後に撮影タイム。時間は8分ほどしかなかった。
奥の方は立ち入り禁止なので、人が画面に入ることはない。
超広角で撮影。

_7R30209

_7R30215

_7R30218

_7R30231

調圧水槽の上はグラウンドになっており、一部は天板を開けることができる。
洪水などで使用後に水槽内に溜まった土砂はブルドーザーを上から降ろして、
かき集めて、外に出すらしい。
訪れたときは掃除後だったので、すごく綺麗だった。
階段横の一段高くなった場所に溜まった土砂はそのまま放置されていて、
30㎝から50㎝は溜まっていた。

その後、第一立坑も少しだけ見学、50分ほどで終了。

午後から四谷のポートレートギャラリーへ。
「精密風景」は今日も大盛況。

夜は品川でソニーのプロサポート懇親会へ参加。
その後、ソニー使ってるJSPAメンバーで11時過ぎまで二次会。

宿に帰ると12時を廻っていた。





埼玉県横瀬の「あしがくぼの氷柱」のライトアップ 2月17日分2-2。

夜は「あしがくぼの氷柱」へ。

道の駅果樹公園あしがくぼ第二駐車場(無料)から徒歩10分。
見学300円。
規模的には周辺ではここが一番大きい。
ホームページに情報あり、ライトアップは金土日祝日。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


埼玉県越生の越生梅林 2月17日分2-1。

朝から快晴。越生(おごせ)梅林へむかう。
関東三大梅林の一つ。
駐車場500円。入園300円。
まだ2分咲きなので、部分撮影。

イメージ 1

イメージ 2

その後、東京スカイツリーと朝日で有名な桂木観音の展望台や
龍穏寺などを廻る。

埼玉県小鹿野町尾ノ内渓谷の氷柱のライトアップ 2月16日分3-3。

群馬県の老神温泉から埼玉県の尾ノ内渓谷に移動。

山奥だからと油断していたら、意外と混んでいて、
駐車場手前で渋滞、1時間くらいかかり、
6時半ごろにやっと駐車場に入る。

駐車場無料。見学200円。売店あり。
ライトアップは土曜日のみ。
ホームページに情報あり。


夜間は、橋上や橋の下の方へは行けないみたい。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3



埼玉県横瀬の「あしがくぼの氷柱」 2月13日分3-3。

最後に「あしがくぼの氷柱」へ。
道の駅果樹公園あしがくぼ第二駐車場(無料)から徒歩10分。
見学300円。
規模的にはここが一番大きい。
ホームページに情報あり、ライトアップは金土日祝日。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

夜は高速移動で新潟県へ向かう。

埼玉県小鹿野町尾ノ内渓谷の氷柱 2月13日分3-2。

尾ノ内渓谷に移動。駐車場無料。見学200円。売店あり。
ライトアップは土曜日のみ。
ホームページに情報あり。

埼玉県秩父市の三十槌の氷柱 2月13日分3-1。

朝日は撃沈。雲が多い。
8時半ごろに三十槌の氷柱に移動。駐車場500円。見学200円。
売店などもある。12日で終了したが、ライトアップもあり。
今年は冷え込み今一つで、氷柱少な目。
1枚目が人工のもので、2枚目は天然のもの。

埼玉県長瀞町の長瀞・鳳来寺島と秩父市の中津峡の紅葉 11月13日分2-1。

天気は曇り。

長瀞町の荒川沿いの長瀞へ。
月の石もみじ公園前の駐車場500円。紅葉は見ごろ前半。
天気が悪く空抜き構図になる岩畳付近の撮影はせず。

イメージ 1

対岸の鳳来寺島へ移動。
無料駐車場・トイレあり。橋で対岸にも渡れる。

イメージ 2

次に秩父市の秩父ミューズパークへ移動。
無料駐車場・トイレあり。
かなり大きな公園で雲海スポットとしても有名なところ。

雲海写真展も行われていたので、見に行ったがなかなかいい感じだった。
有名な銀杏並木は終了、楓が見頃。

次に中津峡へ。
持桶女郎モミジ。数台駐車可。


イメージ 3



埼玉県秩父市の美の山公園からの夜景 11月12日分3-3。

夜は小雨。

埼玉県秩父市の美の山公園へ。
駐車場・トイレあり。


夜霧が有名だが、冷え込みいまいちで出そうにない感じ。

イメージ 1






埼玉県小鹿野町の丸神ノ滝 5月26日分3-3。
国道140号線を移動して、丸神ノ滝へ。
日本百名瀑の1つ。

無料駐車場、トイレ、自販機あり。

東側ルートは、表記20分だったが、実測12分で、滝前の広場に到着。
滝は北東向き。
帰りは、西側のルートへ。
ジクザクの坂を上ったところが展望所で、
さらに少し先に東屋がある展望所もある。ここは紅葉ポイント。
西側ルートは、表記25分だったが、実測22分で、駐車場に戻る。

滝前の広場から。

イメージ 1

展望所から。

イメージ 2

温泉に入った後、夜は高速へ。


埼玉県皆野町の天空のポピー畑 5月26日分3-2。

国道125・140号線を通り、埼玉県皆野町の天空のポピー畑へ。
開園の9時ごろにはすぐ近くまで到着したのだが、
そこから駐車場に入るまで、1時間ほどかかった。
無料駐車場あり、入園300円。
ポピー畑は半分くらいのエリアが見頃。


朝から曇りだったが、束の間晴れ間も見えた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

埼玉県幸手市の権現堂堤の彼岸花 9月19日分2-2。

コンビニで少し休憩。
11時過ぎに狭山ICから園央道に入る。

11時40分頃に幸手ICから出て、権現堂堤に向かう。
12時前に到着、駐車場は無料。

開花情報あり↓



ここは350万本の彼岸花があり、巾着田に次ぐ規模。

彼岸花は見頃旬。
菜の花畑は北東側だったが、彼岸花は南西側にあるので、
晴天日は午後の光線がおすすめ。
空を入れない場合は、明るい曇り日や小雨もおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

魚眼レンズで遊んでみた。

イメージ 8

イメージ 9

2時半過ぎに出発。

その後、茨城県常総市の弘経寺へ。
駐車場15台ほど。


最後に千葉県白井市の持法院へ。
駐車場数台。


どちらも彼岸花は見頃。もう終わっているものもつぼみも混在。
彼岸花の名所なのだが、規模的には小さい。

国道16号線は大渋滞。

夜は道の駅で車中泊、暑かった。



埼玉県日高市の巾着田の彼岸花 9月19日分2-1。

朝6時35分に園央道の狭山PAを出発。
6時38分に狭山ICから出て、案内板に従い巾着田に向かう。

6時55分に駐車場に到着、渋滞はなし。駐車場は500円。
7時前入場不可となっていたが、もうすでにけっこうな数の車が入ってる。

すぐに巾着田へ、入場300円。
何時から開けたんですかと聞いたら、7時からですとのことだったが、
もう結構な数の人が入っていた。たぶんかなり並んでいたのかも。

尚、外からでも撮れるので、
早めに行って、開場前は外から撮影してるといいかも。

巾着田のホームページ 開花情報あり↓


500万本と日本一の数があり、
場所により見頃がずれるので、5日間ほどは最盛期が続く。

彼岸花は最盛期ホームページチャックしてたので、
全体的に一番いいタイミングだった。

今年は例年に比べ、かなり早めの感じ。

下流エリアには、まだつぼみも多かった。

天気は晴れ、少し雲あり。

ここは森の中で、コントラストがきついので、晴れの日は撮りにくい。
といってもまったく光がないと、色がさえないので、難しいところ。
早朝は、やや柔らかめの斜光でよかったかも。

早朝や明るい曇り日や小雨の日がおすすめ。

早朝は三脚使用可だが、狭い通路や混んできたら使用不可。
通路はわりと広いところが多い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

9時ごろにかなり太陽が高くなり、コントラストがきつくなる。
観光客もかなり増えてきた。

駐車場付近では酔芙蓉の花の多く咲いていた。
駐車場はかなり広く、まだまだ余裕があったが、道路は大渋滞。

10時半に出発、幸手市に向かう。

続く。

埼玉県秩父市の羊山公園の芝桜と美の山公園 5月3日分4-1。

早朝から再び羊山公園の芝桜を撮りに行く。
早朝自由、カメラマン数名。


花が少しは増えるのかなと思ったのだが、あまり変わらず。
むしろ前回より花が痛んでたので、ほとんど撮影せず。

5時過ぎには観光客がかなり増えてくる。
早朝はまだ日が当たらないし、人を入れずに撮るのは無理っぽい。

イメージ 1

6時くらいに出発、駐車場はもういっぱい。

6時半ごろに美の山公園に移動。
駐車場、見学自由。
時間が早いこともあると思うが、ここはほとんど人がいなかった。


展望が良い。
八重桜が見頃。躑躅が咲きはじめから見頃混在。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、再び群馬県の妙義山に向かう。

群馬県藤岡市の藤の咲く丘と埼玉県本庄市の長泉寺の藤 5月2日分3-1。

朝から快晴。

南下して群馬県藤岡市の藤の咲く丘へ。
駐車場・見学無料。
まだ少し早い感じだった。


イメージ 1

その後、埼玉県本庄市の長泉寺へ移動。
駐車場無料、拝観は開花期500円だが、
天然記念物の骨波田の藤の見頃には早かったので300円。


境内の藤や躑躅は見頃だったが、
天然記念物の骨波田の藤は咲きはじめ。

イメージ 2

イメージ 3

その後、群馬県の妙義山に移動。

埼玉県東松山市の武蔵野丘陵森林公園 4月29日分3-2。

午後1時前に東松山市の武蔵野丘陵森林公園に移動。
駐車場620円、周辺に民間の駐車場(300円.500円あり)
入園は410円だが、本日は無料開園日。


公園内はすごく広いので、園内バスあり。

雲が増えてきたが、まだ青空が広がっている。

ツツジ。

イメージ 1

ポピー畑。

イメージ 2

ネモフィラ畑。

イメージ 3

ルピナス畑。

イメージ 4

5時に閉園なので、4時半ごろに駐車場に戻るが、
急に風が強まり嵐のようになってきた。

その後、群馬県太田市の金山城跡へ向かう。

埼玉県秩父市の羊山公園の芝桜 4月29日分3-1。

朝から快晴。

埼玉県秩父市の羊山公園に向かう。

駅前の駐車場(1日700円~1200円)に停めて、
歩いて羊山公園の芝桜の丘へ、10分ほど。


8時から開園ということで、その少し前に着いたのだが、
すでに多くの人が中に入っている。入園300円。

なんでも8時から有料で、それ以前は自由に入れるとのこと。
リサーチ不足だった、失敗。
東側からのアングルが定番なので、なるべく朝早い光線の方がよい。

駐車場も朝7時前なら自由に入れるとのこと。
7時からは交通規制で、土・日・祝日は進入禁止。

羊山公園の芝桜の丘。

イメージ 1

イメージ 2

一応満開だが、場所によりというか全体的にスカスカの所が多い。
花菖蒲も同じ感じで、植えられて3年目が1番よいらしい。
その後スギナの影響とかで、弱ってくるので、
随時植え替えるらしいが、訪れるタイミングが難しい。
結局、いいアングルでごまかすしかない。

イメージ 3

イメージ 4

10時過ぎ、雲が増えてきたので移動。

埼玉県幸手市の権現堂堤の桜と行田市のさきたま古墳の桜、東京都の飛鳥山公園と隅田公園の桜 4月5日分。

埼玉県幸手市の権現堂堤の桜。
まだ桜、菜の花ともに6分咲き程度。
数日開花足踏み状態。
明日から天候下り坂で、今年はダメかも。

天気も抜けが悪く、全景撮影意欲わかず。
参考までに1枚。

イメージ 2

せっかく来たので、イメージ写真を撮影。

イメージ 1

イメージ 3

1時間ほど撮影して次に移動。

埼玉県行田市のさきたま古墳の桜。
駐車場付近は、7.8分咲きだが、古墳付近は、5.6分咲きくらい。
ばらつきも多く、いまひとつの感じ。

天気も抜けが悪く、全景撮影意欲わかず。
参考までに1枚。

イメージ 4

天気は完全に高曇りに変わる。

東京に戻り、飛鳥山公園へ。ここはほぼ満開。

イメージ 5

隅田公園。
かなり開花してやっと満開。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

東京都の小石川後楽園の枝垂れ桜と上野公園と日本橋の桜、埼玉県さいたま市の大宮公園の桜 4月2日分。

京都から夜行バスで東京へ移動。

小石川後楽園は、枝垂れ桜1本見頃。
他の枝垂れは5分くらい、染井吉野は3分くらい。

開門の9時ごろにはすごい数の観光客。
1番乗りだったが、すぐに人で溢れる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今年は開花が遅く、例年3月下旬に見ごろを向かえる東京の桜もかなり遅い。

見頃の桜を求めて、
埼玉県さいたま市の大宮公園へ移動。

埼玉の大宮公園、紅枝垂れ桜1本見頃、染井吉野は3〜8分咲き、平均7分。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

夕方、東京に戻り上野公園へ。2〜7分咲き、平均5分くらい。

イメージ 7

日本橋は2〜7分咲き、平均5分くらい。

イメージ 8

夜は日本橋のカプセルホテルへ。連泊早割りで1泊3300円。
温泉がなくシャワーのみだが、
清潔で、カプセルは意外と広くて、ホテル自体おしゃれで、
交通も便利でいうことなし。次回からはここに泊まろう。


このページのトップヘ