風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:夕日

奈良県曽爾村とススキと夕日、そして山灯り 10月15日分2-2。

昼頃に一度自宅に戻り、午後2時前に曽爾高原へ向かう。
3時半ごろに到着。駐車場800円。
駐車場は、上側から下側の駐車場に通り抜けて出るタイプで、
トイレは下側にしかないので、下側に停める方が便利。

https://sonimura.com/
https://sonimura.com/sightseeing/1/

日没は5時20分頃。
撮影は脚立使用。

_S9A6542

_S9A6612

_S9A6629

_S9A6657

日没頃から山灯りが始まる。9月中旬から11月23日まで。
亀山峠に向かう途中から撮影。眼下に見えるお亀池から10分ほど上ったところ。
足元悪いので、ライト要。

_S9A6670

_S9A6696

6時半ごろに帰路に着く。
8時過ぎに帰宅。

和歌山県の生石高原のススキと夕焼け 10月14日分2-2。

11時55分に鷲ヶ峰コスモスパークを出て、生石高原に向かう。
途中10分休憩。
1時10分頃に生石高原の無料駐車場に到着。

生石高原は和歌山県の紀美野町・有田川町の境界にある。
https://www.town.aridagawa.lg.jp/top/kakuka/kanaya/9/2/pic_spot/2/index.html

売店レストランあり。9時30分~16時30分
http://kiminokanko.com/04_cafe_01_cafe.html#link04_cafe_01_cafe_yamanoie_oishi

_S9A6280

_S9A6299

_S9A6311

_S9A6336

_S9A6369

_S9A6383

_S9A6391

_S9A6400

_S9A6455

夕方は雲が増え、日没前に雲に隠れてしまった。

5時半ごろに帰路に着く。
6時25分頃に海南東ICから高速へ。
途中15分ほど休憩。
7時45分に橿原北ICから出て、8時20分ごろに帰宅。
走行距離は280キロほど。

新潟県柏崎市の米山SAから望む日本海と夕焼け 7月16日分5-5。

長野道・上信越道経由で、7時前に北陸道の米山SAへ。
途中休憩合計45分ほど。
目の前に日本海があり、広い展望所がある。
なんとか日没に間に合う。雲がなかなかいい感じ。

_S9A9038

7時50分に出発。
事故渋滞でかなりのロス、9時半ごろに磐越道に入る。
10時ごろに阿賀野川SAへ。
もう少し距離をかせぎたかったが、さすがにクタクタ。

富山県砺波市の夢の平の散居村展望広場からの夕景 6月1日分4-4。

夕方、5時半過ぎに称名の滝の駐車場を出る。

6時20分過ぎにに砺波市の夢の平の散居村展望広場へ。
時期的にはもう遅いのだが、早苗はまだそんなに伸びていないので、まだ充分にいける感じ。

展望広場の少し北側に立派な展望台もあるし、駐車場も整備されている。
トイレはスキー場付近にある。
https://www.city.tonami.toyama.jp/section/1298887154.html
https://www.info-toyama.com/spot/41093/
https://yakei.jp/japan/spot.php?i=sankyoson

展望広場は結構人が多かったので、離れた所で撮影。

_S9A7106


富山県砺波市の夢の平の散居村展望広場からの夕景と夜景 5月13日分6-6。

夕方4時ごろに砺波市の夢の平の散居村展望広場へ戻る。
随分以前に来たことはあるが、当時とはかなり変わっていてびっくり。
展望広場の少し北側に立派な展望台もあるし、駐車場も整備されている。
トイレはスキー場付近にある。
https://www.city.tonami.toyama.jp/section/1298887154.html
https://www.info-toyama.com/spot/41093/
https://yakei.jp/japan/spot.php?i=sankyoson

展望広場は4時ごろは4人程、6時半ごろには24人程になる。
広いので、それほど密にはならない感じ。

_S9A3867

_7R30055

_7R30183



石川県輪島市の白米千枚田と夕日 5月9日分。

前夜は雨、朝から曇り。

朝9時のオープンに合わせて、
富山県高岡市のミュゼふくおかカメラ館へ。
星野佑佳さんの写真展「絶景恋愛」の最終日に滑り込み。
当初の予定では東北取材の行きか帰りに寄るつもりだったのだが、
桜の開花が早く、東北取材を取りやめたので、来るのが遅くなった。

https://www.camerakan.com/

ミュゼふくおかカメラ館に来るのは初めてなのだが、広くてなかなかいい感じ。
「絶景恋愛」の大型プリント100点の展示はとても見ごたえがあった。
ちょうど星野さんも来られてたので、久しぶりにお話し。
GPVの予報では、夕方くらいから晴れてくるということで、
12時ごろに能登半島方面へ出発。

1時半ごろに氷見市の長坂の棚田へ。
特に決まった駐車場やトイレはなし。
定番の撮影ポイントも特になく、水は入り始めで、
空も白っぽいので、ロケハンのみ。

夕方3時ごろから、GPVの予報通り、雲が切れ青空になった。
3時50分頃に石川県輪島市の白米千枚田に到着。
すぐ横の道の駅に無料駐車場・トイレ・売店あり。
駐車場はガラガラ、半分入っているかどうか。
http://senmaida.wajima-kankou.jp/

_S9A1270

_S9A1349

夕方から、下の方でテレビかなんかのロケをしていたので、
クルーが入らない位置で夕景を撮影。
水平線付近には少し雲があり、最後は雲の中に隠れてしまった。

_S9A1452

佐賀県玄海町の浜野浦の棚田と夕日 4月20日分5-5。

夕方5時40分くらいに再び浜野浦の棚田へ。
無料駐車場は2ヶ所あり。路肩にも駐車可能。
トイレは第1駐車場の前にあり、第2駐車場には売店もある。
一番手前の田んぼ以外は、すでに水が張っている。
https://www.facebook.com/hamanoura/
https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00320961/index.html

天気は快晴で条件は最高だが、平日とあってかカメラマンは少な目。
第2駐車場はがらがら、三脚も9本並んでいるのみ。

正面からは以前に好条件で撮影しているし、
時期的に日没はまだ左側なので、サイドから撮影することにした。
奥の方の車道を少し下りた所。ここは独りきり。
車は広い路肩に駐車可。
あまり下に行くと正面から撮影している人たちの邪魔になるので、
樹々に隠れる位置で撮影。蚊が多いので注意。

_S9A8764

夜は近くの玄海海上温泉パレアへ。
10:00〜22:00(受付は21:00まで)
入浴500円。食事もとれる。
https://www.genkai-parea.com/

長崎県松浦市の土谷棚田と夕日 4月19日分5-5。

1時20分に別府ICから高速へ。途中20分休憩。
うっかり唐津方面の分岐を通り過ぎたので、
3時40分に武雄北方ICで下りて、下道を走る。

4時に伊万里市街通過。
4時20分ごろに橋を渡り、福島に入る。

時間があったので、土谷棚田近くの大山公園展望台に寄り道。
4時半ごろに到着。無料駐車場有り、トイレなし。
立派な展望台はあるが、展望は今一つの感じ。

5時前に土谷棚田に到着。
すぐ前の無料駐車場は埋まっていたが、停める場所はいっぱいある。
トイレは400mほど離れた場所にあり、自販機もある。
コンビニは島の南側にある。

https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/625

5時ごろで三脚16本ほど。撮影場所も広いのでかなり余裕がある。

天気は快晴のままで、水平線に沈むところまで綺麗に見えた。

_S9A7747

その後、星空を撮影。
10時20分ごろに松浦市の大浦の棚田に移動。

大分県豊後高田市の真玉海岸から望む夕日 4月18日分4-4。

4時過ぎに城山展望台を出て、下道を北上。
時間的に厳しくなったので、5時に九重ICから高速へ入る。
5時35分に院内ICで出て、6時10分頃に真玉海岸に到着。
通潤橋からだと休憩を入れて4時間ほどの大移動になるが、
干潟と日没の関係で、18日がぎりだったので仕方がない。

真玉海岸には、無料駐車場・食堂・トイレあり。
干潟の夕日の見頃はHPに出ている。
御輿木海岸よりはチャンスは多いと思う。
https://www.showanomachi.com/topics/detail/43

天気は完全に快晴に変わったので、太陽が水平線に沈むまで綺麗に見れた。

_S9A6904

熊本県宇土市の御輿木海岸の夕景 4月15日分3-3。

4時20分ごろに御輿木海岸に移動。
無料駐車場19台分。簡易トイレあり。
やや狭い道を走る。途中から一方通行。
最近できたりっぱな展望台がある。

日没頃には、潮が満ちてくるみたいだが、
4時半ごろに干潮になるので行ってみた。
条件的には明日の方がよいのだが、明日は天気下り坂。

三日月模様の夕景、一番いいのが冬。
ホームページで干潮と日の入りの撮影に適した日が確認できる。

https://city-uto.com/archives/1


_S9A6055

_S9A6084

夕日が沈むころにはかなり潮が満ちてきたが、
薄雲がいい感じで、なかなかいいのが撮れた。

夜は高千穂まで移動。

長崎県佐世保市の長串山の躑躅 4月14日分2-2。

天気は朝は曇り。

途中10分ほど休憩、8時50分に佐々ICから出て、
9時20分ごろに西海国立公園に属する長串山公園へ。
無料駐車場有り。期間中の9時から5時まで入園500円。
朝夕は自由に入れる。

https://www.nagushiyama.jp/?post_type=nagushiyama

今年は開花が早く、上の方の久留米躑躅はもう終盤。
下の方の平戸躑躅は見頃。
大きな岩のある展望所からは、久留米躑躅が主役で、
例年の見頃が16日くらいで、1週間くらい早い進行だったので、
9.10日あたりが一番の見頃だったと思う。
久留米躑躅は全体的にかなり散っていたが、展望所からは、まぁ何とかギリギリの感じ。

到着時は日差しはあるものの、白っぽい空だったが、昼前後は青空が見えた。
展望所からは光線的には、昼前くらいがベスト。

_S9A5314

出入りは自由だったので、一度近くの冷水岳にも行った。
ここの躑躅は見頃だったが、今一つ絵にならない感じ。
コンビニで食事を買ってから再び戻り、夕方まで撮影。

下側からの撮影は午後がおすすめ。

_S9A5521

夕日は下側の平戸躑躅を前景に撮影。
ハーフND使用。

_S9A5662

温泉に入った後、夜は石岳展望台まで移動して、星景を撮影。

九州取材記その45 福岡県大川市の築後川昇開橋と夕日  11月1日分5-3。

大川市は佐賀県ではなく福岡県でした、訂正しました。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

11月1日。天気は快晴。

3時過ぎにバルーンフェスタの会場に戻る。
しかし午後の競技は風が強くなったので中止。
まぁ微妙なところだった。風速3mになるとダメ。
駐車場代1000円払ったのに~~残念。

その後、佐賀県佐賀市と福岡県大川市の間にある築後川昇開橋へ。
国の重要文化財、機械遺産。
西側の佐賀市に無料駐車場、トイレ、売店あり。
東側の大川市の川沿いにも駐車可。
https://www.shoukaikyou.com/

夕日を撮りにカメラマン数名。
今日は明るすぎずにちょうどいい感じの夕日だった。

_V9A0223

_V9A0269


九州取材記その36 福岡県糸島市の玄界灘に沈む夕日  10月29日分3-3。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月29日。天気は晴れ、雲が増える。

夕方、幣(にぎ)の松原近くに移動。
玄界灘に沈む夕日を撮影。雲がなかなかいい感じ。

_W6A5683

_W6A5717




長崎県佐世保市の石岳展望台から望む九十九島の夕景 9月24日分4-4。

夕方6時過ぎに長崎県佐世保市の石岳展望台へ移動。
佐世保市内の渋滞で日没ぎりぎりの到着。
反射で輝く海は撮れず、反省。

駐車場から3分くらいで展望所。さらに1分くらいでコンクリートの展望台がある。
駐車場は24台+マイクロバス1台分。
トイレは九十九島動植物園横の駐車場にあり、ここから歩くと10~15分ほど。
佐世保中央ICからは早かったら12分くらい。道が混むと20分くらいかかる。

見える範囲は広いので夕日は1年中撮影可能。
手前を入れる場合は展望台より下の展望所のほうが撮りやすい。
今日は下の展望所にカメラマン3名ほど。

https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/273/
https://www.city.sasebo.lg.jp/tosiseibi/kouenk/ishidake.html

_W6A0451

_W6A0505


島根県松江市の宍道湖の夕景 6月5日分7-7。

夕方は宍道湖へ。

無料駐車場、トイレあり。
日没位置や時間などはHPに情報が出ている。

今日は地平線近くに雲があり今一つの感じ。

イメージ 1



和歌山県白浜町の三段壁と円月島と夜景 5月25日分2-2。

あらぎ島から移動、白浜へ。


三段壁。無料駐車場、トイレあり。売店も多い。

イメージ 1

イメージ 2

円月島と夕日。路肩駐車可。少し離れた道沿いにトイレあり。

イメージ 4

白浜町の夜景。
白浜スカイライン沿いに展望台がある。
路肩駐車可。トイレはない。

イメージ 3

鳥取県岩美町の浦富海岸の千貫松島と夕日 5月9日分6-5。

夕方に浦富海岸の千貫松島へ。港に駐車可。
展望ポイントまで、歩いて5分ほど。


新温泉町から鳥取砂丘まではすぐで、浦富海岸の千貫松島もすぐ近くにある。
以前来たときは夕方雲に隠れたが、今回はいい感じ。
途中、観光客が1組来たがすぐに帰った。

イメージ 1

奈良市の奈良奥山ドライブウェイの桜 4月8日分5-5。

奈良奥山ドライブウェイの桜は満開少し散り始め。
頂上まで往復520円。ホームページのクーポン利用で450円。

夕方、雲が増え雨が降り出す。
頂上では海外の方のウエディングの撮影が7件以上あり、びっくり。

イメージ 1

イメージ 2





 10月31日分2-2。

鶴姫公園からの展望。
360度見える立派な展望台があるが、5時には自動でシャッターが閉まる。

イメージ 1

アジサイ園前のドウダンツツジの紅葉。

イメージ 2

高野龍神スカイラインから望む夕日。

イメージ 3

イメージ 4

夜は、奈良県野迫川村の雲海景勝地に移動。

続く。

静岡県南伊豆町の「みなみの桜」と「あいあい岬」からの夕日と河津町の河津桜 2月21日分。

その後、南伊豆町に移動。
昨日の嵐で心配していたが、まだほとんど散っていなくて安心した。
ここの桜は通称「みなみの桜」と呼ばれ、河津町の桜と区別されている。

どちらも例年の見頃は3月上旬だが、
今年は10日から2週間も早く見ごろになった。

南伊豆町

道の駅近辺が一番の見所。この時期のみ駐車場500円。
堤防の菜の花は少な目。
嵐の後で気持ちがいい青空。

東側の菜の花の多いところで撮影。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ここで、写真家の河口さんとばったり。
夜中に車を飛ばして来られたそう。

イメージ 7

西側からは昼以降の光線が良い。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

12時45分ごろに出発。
1時半ごろに河津町に到着。

河津町の方が有名で、鉄道でも来れるので、
人もすごく多くて、駐車場も多いのにほぼ満車状態。

なんとか空きを見つけて駐車場に入れる。駐車場は500円もしくは700円。
河津町の方はやや散りが多く、見頃後半。
条件的には午前中から午後早めの光線がおすすめ。


峰温泉付近。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

3時50分に出発、再び南伊豆町に移動。

4時35分に到着。
橋と山の影が落ちてきている。
もう少し早い時間が良さそう。

イメージ 16

イメージ 17

5時前に出発、大根展望所近くのあいあい岬へ。
広い駐車場があり、売店もあるが夕方は閉まっている。

駐車場の手前、少し北側で撮影。
カメラマン数名。

イメージ 18

5時半ごろに日没。すぐに南伊豆町に戻る。
ライトアップ、南側はもうついているのだが、
北側は点灯時間の6時になってもつかず、6分位遅れてやっと点灯。
薄暮の時間は貴重なのに残念。もっと早く45分頃には点灯してほしい。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21


このページのトップヘ