風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:夕焼け

東京都のシビックセンターからの展望と池袋サンシャイン60の展望台と都庁の展望台と池袋の夜景と渋谷の青の洞窟 12月18日分。

天気は快晴。

朝から再び文京区のシビックセンターへ。
今日は富士山がよく見えた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

次に池袋に移動。

池袋駅前。

イメージ 5

サンシャイン60の展望台へ。
入場1200円。JAF割りで1100円。当日再入場可。

イメージ 4

2時ごろに新宿に移動。
都庁の展望台へ。
南西側に雲が増えたので、東京スカイツリーのある東側のみ撮影。

イメージ 6

3時半ごろに池袋に戻り、再びサンシャイン60へ。
三脚使用可。カメラマンは全然いなかった。
夕焼けに染まる街並み。

イメージ 7

イメージ 7

夕方南西側に雲が増えたのに、再び快晴状態になった。
富士山が綺麗に見えたので、富士山とビル群の夕夜景撮りに
文京シビックセンターへ行けばよかったと少し後悔したが、
ここまでクリアなのは珍しいので、これはこれでいいかも。

次の2枚は、KANI FilterのハーフNDを使用。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

池袋の駅前通り。
高感度の性能が上がり、手振れ補正も優秀になったので、手持ち撮影。

イメージ 12

イメージ 13

最後に渋谷に移動。
青の洞窟。



奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳周辺のコスモス畑の夕景 10月29.30日分。
うちのわんこの太陽の散歩で藤ノ木古墳周辺をよく通るのだが、
コスモス畑がまだまだ綺麗なので撮影してきた。

1枚目が10月29日、2枚目が10月30日分です。

イメージ 1

イメージ 2

千葉県鋸南町の勝山からの浮島の夕景 6月4日分4-4。

夕方、鋸南町の勝山へ。

上部の雲が厚く、広い絵が撮れず。

イメージ 1

茨城県神栖市の鹿島臨海工場地帯の夕景 6月3日分3-3。

夕方、神栖市の鹿島臨海工場地帯に移動。
鹿島港付近に撮影ポイントがあるが、
ここからは夜景のほうは今一つの感じで、撮影せず。
展望台のある港公園のほうがよさそうな感じ。


イメージ 1

長野県白馬村の野平の1本桜 4月22日分10-6。

野平の1本桜に移動。無料駐車場あり。
桜は満開。
午前中に撮影した後、夕方にも再訪。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


奈良県斑鳩町の三室山と龍田川と桜の夕景 3月29日分4-4。

桜は満開パラパラ。

兵庫県神戸市の異人館の夕景 12月20日分5-1。

朝から快晴。

天気がいいので、午後からJRで兵庫県神戸市へ。
三宮駅で降りて、まずは徒歩で異人館へ、10分ほど。


北野天満神社から望む風見鶏の館と神戸市街の夕景。

北野天満神社は夕方5時に閉まります、注意。

イメージ 1

続く。

長野県松本市の美ヶ原高原 6月16日分3-3。

ビーナスラインを北上、2時ごろに美ヶ原高原へ。

美ヶ原は、簡単に登れる100名山の1つ。
王ヶ頭が最高峰。

牛臥山の頂上。駐車場から徒歩10分ほど。

イメージ 1

一度駐車場に戻り、今度は王ヶ頭に向かう。

途中の牧場。ほぼ平坦な道を歩いていく。

イメージ 2

王ヶ頭を抜け1時間20分ほどで、王ヶ鼻に到着。
360度の展望が開ける。

イメージ 3

イメージ 4

王ヶ頭。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

美ヶ原からの夕景

イメージ 8

夜は、浅間温泉の旅館泊。







茨城県笠間市のつつじ公園 5月4日分3-3。

1時半ごろに友部ICから出て北上、茨城県笠間市のつつじ公園に向かう。

駐車場無料、入園500円(JAF割り100円)早朝無料。

躑躅は見頃旬。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

一度山を下りて、笠間稲荷神社を見てから、夕方再び山頂へ。

イメージ 7

夜は、水戸市のネットカフェ泊。

京都府京都市の八坂の塔と東山花灯路 3月3日分2-2。

昨日、北野天満宮に行った後、午後から東山に移動。

東山花灯路は、3月3日から12日まで。


夕暮れの八坂の塔。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

粟田燈呂。

イメージ 4

イメージ 5

竹灯り・幽玄の川。

イメージ 6

イメージ 7

生け花プロムナード。

イメージ 8

八坂の塔周辺は人通りが絶えない。
終了時刻の9時半頃でも人が多く、人を入れずに撮影するのは困難。

テスト点灯の日か、雨天がよいかも。
最悪分割撮影でレイヤー合成という手もある。

イメージ 9


このページのトップヘ