風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:大和川堤

奈良県斑鳩町の大和川堤の桜、桜井市の長谷寺の桜、宇陀市の悟真寺と才が辻の桜 4月9日分。
 
今日は朝から小雨模様。
まずは行きがけに地元奈良県斑鳩町の大和川堤の桜を撮る。
うっすらもやがかかって美しい。満開。
 
イメージ 1
 
10時ごろ、奈良県桜井市の長谷寺へ。
駐車場、拝観各500円、三脚禁止。境内見頃旬。
 
本坊前から。
 
イメージ 10
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
登廊付近から。
 
イメージ 20
 
イメージ 21
 
イメージ 22
 
イメージ 23
 
本堂舞台から。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
五重塔前。
 
イメージ 5
 
休憩所付近。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
六角堂。
 
イメージ 9
 
イメージ 11
 
参道入り口付近。
 
イメージ 12
 
次に宇陀市榛原区の悟真寺へ移動。
枝垂れ桜は、西側はほぼ満開、東側の境内側は3分咲きくらい、左右でかなりずれる。
染井吉野は咲き始め。西斜面なので、晴天の日は午後がおすすめ。
撮影中に2台車が来たくらいで、ほとんど穴場です。
 
西側から。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
最後にに宇陀市大宇陀区の才が辻へ。
民家と光台寺の枝垂れ桜は共に満開。 
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
 
 
 

奈良県明日香村の石舞台の桜、稲渕の棚田と菜の花、東吉野村の宝蔵寺の枝垂れ桜、斑鳩町の大和川堤の桜 4月6日分。


天気予報は朝のうち晴れで午後からくもってくるという予報。
朝一番は雲が多かったが8時過ぎには青空が見えてきた。

最初に桜井市の安倍文殊院によって少しだけ撮影。
染井吉野は満開で綺麗、
展望台からは境内を俯瞰できる。

続いて明日香村へ移動、カメラマンもちらほらいる。
石舞台の桜はほぼ満開、周辺の菜の花も綺麗。

明日香村の石舞台近くの桜と菜の花。

イメージ 1

次に稲渕に移動、毎度のようにこりずに菜の花を撮影。
菜の花はまだまだこれからのも多い。

明日香村の稲渕の菜の花。

イメージ 2

次に橘寺に移動、桜はほぼ満開だが本堂は修理中。
境内の他の建物と桜の組み合わせを撮影。
東側の山門横に大きな桜があるが、
電線などがあってフレーミングがむずかしい。

昼飯の後、大宇陀へ移動。
途中の満願寺の八構桜は散り始め。
大宇陀の天益寺のしだれ桜は満開だが、今年は花は少ない。
明日は夜桜コンサートでライトアップされる。
又兵衛桜は満開、背景の桃も綺麗でかなりの人出。
ここは去年、『桜絶景撮影ガイド』の取材で、
いっぱい撮影したのでパス、車窓より見ただけ。
街中にある森野旧薬園のかたくりも見頃、三脚は使用不可、
アップ写真はいいが、広い絵は撮りにくいところ。
又兵衛桜の南東の高台にある寿幸桜は3分咲きくらい。

最後に東吉野村の宝蔵寺に移動。
2本のしだれ桜は満開で見頃、花数も多く絢爛豪華。
空に雲が多くなってきていたのだが、
タイミングよく青空が見えてきたので、急いで撮影。
ここは道沿いで目立つ為か、次から次に観光客がやってくる。

宝蔵寺の枝垂れ桜。

イメージ 3

帰り道、また青空が広がってきたので、
斑鳩町の大和川堤の夕日を浴びる桜を撮影、7分咲きくらいだった。
最近ではめずらしい地道と桜の組み合わせが撮れるところだが、
あまりいい撮影ポイントはない。

斑鳩町の大和川堤の桜。

イメージ 4

このページのトップヘ