風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:天龍寺

京都府京都市の嵐山の天龍寺の紅葉 11月12日分4-2。

次に天龍寺に移動。
正確には桂川の北側は嵯峨野で、南側が嵐山なのだが、
嵐山の通称の方が拡大しているので、嵐山と表記。

鍬山神社から、下道を走って30分ほど。
天龍寺境内の駐車場1000円。周辺の駐車場もほぼ同じ金額。
庭園のみ拝観500円。
紅葉は見頃旬。三脚禁止。

http://www.tenryuji.com/

嵐峡は色づき始め。周辺の紅葉は色づき始めや5分くらいのが多い。

_V9A5863

_V9A5870

_V9A5888

_V9A5912

_V9A5973

_V9A5983

京都市の天龍寺 7月11日分2-2。

その後、嵐山に移動。天龍寺や嵐山公園を散策。
天龍寺 庭園拝観500円 諸堂拝観300円。

http://www.tenryuji.com/

_W6A8227

_W6A8229

京都府京都市の天龍寺の紅葉 11月27日分4-3。

天龍寺に移動。庭園のみ500円。
観光客がいっぱい。紅葉は見ごろ後半。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

続く。

京都府京都市の嵐山の天龍寺の紅葉・嵯峨野の護法堂弁天の紅葉・化野念仏寺の紅葉・常寂光寺の紅葉、木津川市の海住山寺の紅葉 11月24日分。

前夜は雨、朝は曇り、のち青空が見え日が差してくるが、
南に暗雲もあり、しだいに曇りに変わる。

朝4時半前に出発、6時ごろにまずは京都の山科区の毘沙門堂へ。
前夜の雨で参道の散り紅葉、どうかなと思ったのだが、
もう完全に乾いていたし、まだあまり散っていない。
紅葉の具合もいまいちで撮影せず。

その後、車で嵯峨野の広沢池によってから嵐山へ向かう。
(正確には、桂川の北側は全て嵯峨野で、嵐山は南側なんですが、
嵐山という呼称が一般的なので、嵐山という表現使っています。)

渡月橋の北側の楓は色変わり初期、桜紅葉は半散り。
嵐峡の楓はまだまだの感じ。
12月になりそうだが、赤くなるかは微妙、茶色かも。

7時20分頃に天龍寺の駐車場へ、1日1000円。
庭園の早朝拝観は、7時半からとなっているが、
20分過ぎには開いた模様、庭園拝観500円。

紅葉は見頃だが、まだ緑や色変わり中も多くばらつきは多い。
池の周囲は少し散り始めていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、亀山公園へ。
よく船と合わせて撮る川沿い登り口の楓は半散り、
公園内も、すでに半散り。
展望台からの嵐峡は、楓はまだ色変わり中だが、
広葉樹はすでに散っていて、終了の感じ。

その後、まだ拝観時間には早かったので、
嵯峨野方面へ歩き、護法堂弁天へ。
花見山以来、久しぶりに星野さんと再会。

ここの紅葉は相変わらず綺麗だった、おすすめです。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

有名なつくばいに、あきらかに誰かがもみじを置いていたようだが、
そのままいただき。
ちなみに星野さんは、自分じゃないですよと言っていました。

イメージ 7

鳥居本の茶屋の上の楓はほぼ散っていました。

その後、化野念仏寺へ、拝観500円。
紅葉は見頃だが、まだ緑や色変わり中も多くばらつきは多い。
すでに散り始めているのもあり。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

11時ごろに、常寂光寺へ、拝観400円。
紅葉は見頃だが、まだ緑や色変わり中も多くばらつきは多い。
すでに散り始めているのもあり。

朝早くは全然観光客はいなかったが、この時間になるとすごい人の波。

常寂光寺・永観堂・東福寺の三ヶ所は、25年前くらいは、
紅葉シーズンでもがらがらだったのだが、
今は開門前から行列ができている。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

帰り道に京都府木津川市の海住山寺へ立ち寄る、境内志納100円。
参道の大楓は半散り、塔の周囲も散り始め、
奥の高台と駐車場付近は色変わり中が多い、銀杏は半散り。

イメージ 18


京都府京都市の嵐山公園と常寂光寺と天龍寺の雪景色 1月1日分。

寒波到来で雪景色の京都へ。

昨日大晦日、朝一に出かけたときは、雪の状態はいまひとつでそのままユーターン。
しかし、10時ごろからすごく吹雪いてきたようで、あっというまに雪景色になったとテレビで知る。
さすがにもう一度戻る気にはならず、元旦早朝から出かけた。

奈良市内には雪はなし、京都市内に入ると雪が残っているものの、
昨日早めに降り止んだようで、状態はあまりよくないので、
二条城と神泉苑に少しだけ寄り道してから、雪の多い嵐山へ向う。

まずは渡月橋から嵐山公園をうろうろ。すぐに晴れて来る。

イメージ 1

イメージ 2

嵐峡の雪景色。このあたりはどんより。

イメージ 3

その後、嵯峨野をうろうろ、常寂光寺の雪景色。
雪はかなり解けてくる。

イメージ 4

最後に天龍寺へ。

イメージ 5


京都府京都市の嵯峨野の大覚寺と嵐山の天龍寺 4月2日分。



木曜日、観光案内を兼ねて京都へ。

この春より、姪っ子が京都の大学進学で同居することになった。
昨年、姪っ子の姉のほうも来ており、これで姉妹ともに我が家へ。

4月1日が入学式で、先日には兄嫁と兄嫁のご両親もやって来て大賑わい。
3日に兄嫁のご両親が帰られるので、うちの両親といっしょに、
京都を案内することになったしだい。

早朝7時前に、うちの両親、兄嫁と兄嫁のご両親、姪っ子姉妹とともに京都へ向かう。
前日の天気予報はよくなかったが、雲が多く寒かったものの時々晴れ間も。
姪っ子姉は、就活のセミナーのため、京都駅でお別れ。

最初に祇園白川へ、しだれ桜は満開やや散り始め、染井吉野は3分~5分。
ちょうどテレビロケで女優さんに逢えた。

次に姪っ子妹を大学に送ってから、清水寺へ向かう。
清水寺の染井吉野は3分~5分くらい、子安の塔は修理中。

次に高台寺へ移動、庭の枝垂れ桜1本は満開だが、
もう1本はなぜかまったく咲いていない、残念。
石楠花は、咲き始めから4分咲き。

その後、嵯峨野に移動、佐野藤衛門邸の庭を見に行く。
10本以上あるしだれ桜は、満開やや散り始め、あまりの豪華さにみんな大喜び。
ここは京都でもっともおすすめのところのひとつ。

次に大覚寺に移動、大沢の池の桜は、咲き始め~5分くらい。
時代劇のロケでよく使われるところ。

大覚寺。

イメージ 1

次に嵐山に移動、渡月橋を見てから遅い昼飯をとる。
渡月橋近くの染井吉野はもう7分くらい。

その後天竜寺へ、枝垂れ桜は満開やや散り始め。
三つ葉躑躅は満開。

天竜寺。

イメージ 2

イメージ 3

3時過ぎに嵐山を出発、七条で姪っ子姉と合流。
車窓から東寺を見てから、京都駅前の宿にチェックイン。

その後、みんなですぐ横の京都タワーに上る、上から眺める京都にみんな大喜び。
兄嫁のご両親とうちの両親とは、宿でお別れ。
大学でオリエンテーションが終わった姪っ子妹と合流、夕日がとても綺麗。
4人で東山の高台にある将軍塚へ、残照の京都市街風景を見る。

最後に再びライトアップされた祇園白川へ移動、すごい人出。
姪っ子たちは大喜び。

7時すぎに帰路に着く、帰りに食事をすませ、9時半ごろ帰宅。
犬の散歩をすませるとどっと疲れが出て、風呂に入りあとは爆睡。

一人のときより楽なスケジュールなのだが、やはり観光案内するのはとてもたいへん。
とても喜んでもらえて、少しは親孝行もできてよかったけれど。

京都府京都市の法金剛院の蓮・天龍寺放生池の蓮、南丹市の美山茅葺の里、舞鶴市の赤レンガ博物館、宮津市の天橋立ビューランドからの天橋立、京丹後市の丹後半島の屏風岩と夕日 7月26日分。


京都市内の蓮と美山そして丹後半島の取材に行ってきた。

早朝からは京都市洛西の法金剛院へ(拝観400円、7時より)
境内の蓮は見頃、三脚禁止。

法金剛院の蓮。

イメージ 1

続いて嵐山に移動、阪急嵐山駅前の100円パーキングへ、1時間300円。
天龍寺放生池の蓮は見頃、駐車場にあり無料で見れる、三脚禁止。
(天龍寺駐車場は一日1000円)

天龍寺放生池の蓮。

イメージ 2

その後高尾を通り、南丹市の美山茅葺の里に移動。
百合は見頃後半、桔梗、芙蓉、ノウゼンカズラは見頃終盤。

美山の茅葺民家と百合の花。

イメージ 3

その後北上、一度福井県に抜けてから、
京都府の舞鶴市へ移動、赤レンガ博物館を撮影。

舞鶴市の赤レンガ博物館。

イメージ 4

続いて宮津市へ移動、天橋立ビューランドから天橋立を撮影。
(リフト850円、駐車場500円、リフト50円分割引券あり)

宮津市の天橋立ビューランドからの天橋立。

イメージ 5

その後、京丹後市に移動。
夕方は、丹後半島の屏風岩と日本海に沈む夕日を撮影。
(駐車場と東屋あり)
水平線は雲に隠れていたが、なかなかよかった。

丹後半島の屏風岩。

イメージ 6

イメージ 7

普段は車中泊だが猛暑の為、夜は京丹後市峰山のシティホテル峰山に泊まる。
税込み5040円、1階にインターネットあり、部屋にLANあり、朝食無料(7時から9時)

京都府京都市の嵐山の天龍寺と嵯峨野の常寂光寺の紅葉 11月18日分3-2。


広沢池での朝日撮影後、嵐山に向かう。
嵯峨小学校近くの100円パーキングに停めて、
JR嵯峨野線を横切り、天龍寺まで歩く。

途中の野宮神社の紅葉は、ほんの少し色変わり中。

天龍寺は、11月の土日祝日は7時半から早朝拝観しているので、
観光客が少ないうちに見に行く。
庭園の紅葉は見頃初期の感じだった、ここは三脚禁止。
天気は雲が増えてきて晴れたり曇ったりでいまひとつ。

天龍寺庭園の紅葉。

イメージ 1

さっと見て裏口から抜けて一度パーキングに戻り、
車で常寂光寺に向かう。

8時45分、常寂光寺の無料駐車場到着、自分ので4台目だった。
ここは9台くらいしか停められないので、タイミングが悪いと入れない。

すでに観光客は20名ほど、9時ちょうど開門、ここも三脚禁止。
仁王門の紅葉と本堂近くは見頃初期、北側はまだ緑。

目当ての多宝塔の紅葉は見頃でとても綺麗、
タイミング良く青空が見え、日も射してくれた、ここは午前中がおすすめ。
多宝塔の下側の楓はまだ緑、日当たりによってかなり見頃がずれる。

常寂光寺の紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

9時40分出発、仁和寺に向かう。

続く。

このページのトップヘ