風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:夫婦桜

長野県阿智村の黒船桜と夫婦桜と駒繋ぎの桜 4月27日分3-3。

その後、黒船桜に移動。満開。
駐車場あり。10~15台ほど可。トイレなし。
空抜きの構図の場合、午前中がおすすめ。
カメラマンが数名。

イメージ 1

イメージ 2

夫婦桜。満開
駐車場あり。10~15台ほど可。トイレあり。
青空が出てきた。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

青空が出てきたので、再度黒船桜に戻る。
1時を回ったので、光線的にはやや苦しい感じ。

イメージ 6

イメージ 7

駒繋ぎの桜。5分咲き。
20~30台停めれる無料の駐車場から、
10台くらい停めれる無料の駐車場(トイレあり)まで、道沿いを歩いて4分。
途中、ビジターセンターとカフェあり。(坂道のショートカットで3分)
そこからは、10分ほどで駒繋ぎの桜の見えるテラスに着く。
桜の保護のため、数年前から田んぼに水は張られていない。
そのため、最近はカメラマンも少な目。


イメージ 8

夕方、5時前に飯田ICから中央道へ入る。

岡谷JCTまで約1時間、長野道に入る。

途中30分ほど休憩、7時前に姨捨SAへ。

姨捨SAから望む千曲市の夜景。

イメージ 9

イメージ 10

その後、上信越道・関越道経由で北関東道に入り、
11時半ごろに壬生PAで車中泊。

ここまで飯田ICから6時間30分、途中休憩の合計2時間含む。

滋賀県高島市の海津大崎の桜・清水の桜・酒波寺の桜・夫婦桜 4月19日分。
 
朝4時半起き、日の出は5時40分くらい。
まずは半島の東側から撮影。
桜はまさに満開、快晴無風の好条件。
 
西側の駐車場は、1日1000円、無料で使える駐車スペースもある。
東側にも駐車スペースがある。
土日は通行規制あり、空き地は使えなくなる。

 
イメージ 1
 
魚眼8-15mm使用。
 
イメージ 2
 
イメージ 10
 
朝日を浴びて。
 
イメージ 13
 
別のポイント。
 
イメージ 14
 
海津大崎は、南東向きに竹生島を見ることになるので、
竹生島をいれようとすると、どうしても逆光気味になるので、
桜の色合いが綺麗に出にくい。
 
イメージ 15
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
湖から見ると綺麗な青空。
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 3
 
昼頃に、すぐ近くの清水の桜に移動、駐車場有、無料、簡易トイレもある。
午後の光線がおすすめ。東側からは電線が入る。
下側はお墓。南側には別の桜があり撮影しにくい。
 
イメージ 9
 
1時前に酒波寺に移動。となりの公園に駐車可。桜は満開見頃。
南向きなので、昼頃の光線がおすすめ。

ここで、京都の星野さんとばったり。
花粉症対策で、帽子に大きなマスクをされていて、最初誰だがわからなかった。
2日連続で海津大崎ということだが、展望ポイントを知らないとのことで、
案内することになった。
 
イメージ 4
 
夫婦桜に寄り道、昼頃の光線がおすすめ。
やや空が白っぽくなる。
 
イメージ 5
 
途中海津大崎の入り口付近で渋滞、少しの距離なのだが、50分くらいかかる。
 
午後遅くは順光に近くなるが、午後は空が白っぽくなりやすいのが難点。
 
イメージ 6
 
夕方曇りに変わる。
星野さんと別れて、夕方遅く再び戻り、空が暗くなる前の蒼い時に撮影。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
7時過ぎに帰路に着く。
高速を使わず、木之本から長浜を通り、彦根から国道307号線を南下。
上柘植ICから名阪国道を抜ける。
 
11時過ぎに帰宅、疲れた。
 
3日間の総走行距離、約850キロ。

このページのトップヘ