風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:奈良公園

奈良県奈良市の奈良公園の紅葉 11月27日分。

天気は晴れ、次第に雲が増える。
午後から奈良公園へ。
春日大社の駐車場1日1000円。
奈良公園の楓紅葉は全体的には見頃後半散り始め。
銀杏は半散りからほぼ散りくらいのが多い。

水谷茶屋。左側の楓は色変わり中。

_V9A0350

吉城川の楓紅葉。見頃散り始め。

_V9A0359

奈良春日野国際フォーラムの庭園。散策自由。
色変わり中、見頃、散り始め混在ながら、全体的に見頃後半。

_V9A0364

_V9A0373

奈良市の奈良公園の桜 4月8日分5-3。

奈良公園の桜は満開散り始め。

イメージ 1

奈良県奈良市の奈良公園の紅葉 12月2日分。

朝から奈良公園へ。
天気は快晴。

県庁駐車場1日1000円。
高いようだが、この時期周辺は1500円くらいに値上げするところが多い。

吉城園、入園250円。
紅葉は見頃旬。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

次に隣の依水園へ。入園900円。
楓紅葉は見頃だが、ドウダンツツジの紅葉は終盤。

イメージ 7

次に東大寺や奈良公園付近を散策。
どこも見頃旬。
東塔院跡のカメラマンに人気の大きな銀杏があった付近は現在工事中で入れない。


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10






奈良県奈良市の奈良公園の朝霧と鹿と紅葉 11月15日分2-1。

前夜から深い霧。

早朝、奈良公園の浮見堂へ。
紅葉は見ごろ前半。今年はかなり早い。
もうカメラマンがいっぱい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、大仏池から東大寺周辺を廻る。
大仏池近くの100円パーキングは、平日最大500円。

イチョウの散り紅葉はまだ少ないが、大仏池のところはもう見頃。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

続く。

奈良県奈良市の奈良公園の桜 4月3日分。
写真展を見に行った折、雨の中、奈良公園で少しだけ撮影。
奈良公園は、満開なんですが、
しばらく雨が続きそうなので、このまま散ってしまうんでしょうね。
今年は、見頃時期の1週間、悪天予報で残念。

山間の桜などは、雨で背景に雲海漂うシーンなど絵になるのですが、
そういう場所はかなり限定されるので、
やはり桜は、青空広がる晴天のほうが撮りやすいです。
晴れてても白い空だとだめですが。

4月上旬、山陽方面に出かける予定でしたが、
1週間、悪天予報なので、期間短縮します。

イメージ使用用途に背景の枝を修正、消しています。

イメージ 1

奈良県奈良市の奈良公園の鹿と紅葉 11月30日。

前日は雨。所要が多かったので撮影には出かけず。
朝から快晴。昼頃から奈良公園へ。
紅葉は散り始め。

青空は綺麗だが、コントラストが強すぎて鹿は撮りにくい。
2時ごろから雲が増えてきたので、帰路に着いた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8




奈良県奈良市の奈良公園の鹿と紅葉 11月26日。
前日は本降りの雨、当日も朝から小雨。
雨が上がったので、昼から奈良公園へ。

散り紅葉もしっとりで、光線状態はフラットでまぁまぁよいのだが、
ややどんよりで光量は少なく、主に1600の高感度で撮影。

紅葉は見頃旬で、観光客もすごく多かった。
夜から出かけることもあり、2時間ほど撮影して帰る。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


奈良県奈良市の奈良公園のバンビ 7月6日分2-2。

元興寺で桔梗を撮影後、奈良公園の飛火野などで鹿を撮影。
バンビがなんともかわいかった。

雨が強くなってきたので、少しだけ撮影して退散。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

奈良県奈良市の奈良公園の鹿と東大寺と興福寺の雪景色 2月14日分4-4。
 
東大寺の二月堂をくるっとまわって、後は鹿さんと雪景色のコラボを中心に撮影。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
南大門。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
興福寺五重塔。
 
イメージ 9
 
奈良瑠璃絵入り口。最初早咲き梅かなと思ったら桜の樹、「なんで」と思って
よく見ると、よくできた造花を桜の樹に埋め込んでいました。
遠目にはわからんし、本物と思って撮影していた人が多かった。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
昼頃から、吹雪が弱くなり、木々の着雪がかなり落ちてきたので、2時頃帰路に着いた。
 
帰り道、車から横目に平城京跡を見たが、木々の雪はほとんど落ちていた模様。
 
第二阪奈のみならず、阪奈道路も通行止め。
抜け道通ったので、途中は渋滞しなかったが、家の前の国道25号線は大渋滞。
数百メートルの移動に30分近くかかった。

奈良県奈良市の奈良公園と東大寺の雪景色 2月14日分4-3。
 
郡山城の後、奈良公園へ。
朝9時過ぎ浮身堂に到着、すでにカメラマンがかなり来ていました。
木々の着雪がかなり多い、昼過ぎにはかなり落ちていました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
市役所駐車場に停めて(一日1000円)東大寺へ。
市役所屋上は、積雪のため閉鎖。吉城園などの庭園は臨時休業。
雪景色期待して行った観光客がっかりだろう。
これだから、奈良の観光はすたれるのかも。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
この道は、通行止めなので雪は綺麗。
 
イメージ 10
 
二月堂を職員駐車場から遠望。
 
イメージ 11
 
さすがに朝一でないと、道の雪は踏まれて美しくはありません、一応記録撮影。
 
イメージ 12
 
続く。
 

奈良県奈良市の奈良公園の紅葉と京都府木津川市の海住山寺の紅葉 11月30日分。
 
11月最終日、今日で今年の紅葉取材は終了して明日からは当分デスクワーク予定。
 
天気は快晴、少しだけ雲がある程度。
 
朝から京都府南部の山城地方を廻る。
 
木津川市の海住山寺の紅葉。入山100円。途中の道沿い工事中。
全体的に紅葉は見頃終盤、すでに散っているのが多い。
 
イメージ 1
 
宇治田原町の柿の木。この辺りは大きな柿の木が多い。
 
イメージ 2
 
木津川市、和束町、宇治田原町を廻ったが、たいした収穫はなし、
今年は最後のほうで急に冷え込んで、また風雨の強い日のあったせいか、
どこもかしこも紅葉終盤の模様。
 
その後、奈良県奈良市の柳生を通り、奈良公園へ向かう。
柳生辺りの紅葉も同じような感じ。
 
奈良公園は、すごく賑わっていた。駐車場も満車が多かった。
ここの紅葉は、傷みもあり見頃後半だが、まだ少しの間は大丈夫な感じ。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10

奈良県奈良市の奈良公園の紅葉と鹿 11月27日分。
 
朝からJRで奈良公園へ。
紅葉はもう見頃終盤の感じ、かなり散っている。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9

奈良県奈良市の奈良公園の紅葉 11月16日分。
 
今日は晴天、少し雲があったが夕方には快晴に変わる。
朝は疲れてたのでゆっくり、午後からJRで奈良公園へ。
南京ハゼは満開のが多く散り始め。
銀杏は見頃上部散り始めとまだ緑色が残るもの混在。
楓は色変わり中で、そろそろ見頃。
全体的には見頃前半です。


 
浮身堂付近、桜紅葉は半散り、楓は色変わり中だが、痛みが多い。
 
イメージ 6
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
新公会堂の庭園は穴場でおすすめ、無料です。
 
イメージ 11
 
イメージ 3
 
大仏池の南京ハゼは半散り、楓は色変わり中ながら痛み多い。
銀杏は見頃上部散り始めとまだ緑色が残るもの混在。
 
イメージ 4
 
イメージ 5

奈良県奈良市の奈良公園・春日大社・興福寺・氷室神社の雪景色と京都府木津川市の岩船寺・浄瑠璃寺の雪景色と和束町の茶畑の雪景色 2月11日分。
 
前日の夕方からの降雪で、奈良市内は3年ぶりの本格的な雪景色になった。
早朝から奈良市周辺を足早に廻ってきた。
 
まずは奈良公園の浮身堂へ。残念なことに橋の部分が工事中、少しだけ撮影。
 
イメージ 1
 
その後、春日大社周辺を撮影。
 
イメージ 2
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
猿沢池に移動、興福寺や氷室神社などを廻る。
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
その後、京都府の木津川市の岩船寺や浄瑠璃寺へ。
 
イメージ 16
 
イメージ 5
 
イメージ 17
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
1時ごろに雪がやみ始める、最後に京都府和束町の茶畑へ。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
2時ごろに日が差し始めたので帰路に着いた。

奈良県奈良市の奈良公園と吉城園の紅葉 12月3日分。

前夜は雨、朝は曇り、昼頃から嵐。

朝から奈良公園へ。

まずは吉城園へ、入園250円、三脚禁止。
メインの紅葉はほぼ散り、奥のほうは見頃。
雨上がりで散り紅葉が美しい。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、奈良公園の名残の紅葉を撮影。
前夜の雨で、かなり散っていた。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 3

昼過ぎ、雨が強くなり始めたころ、帰路に着いた。



奈良県奈良市の大池からの薬師寺と朝日と奈良公園の百日紅 8月27日分。

朝から奈良市の大池へ。
カメラマンは19人、山際の雲が厚く、雲の焼けはいまひとつ。
太陽はもうかなり南に移動している。

イメージ 1

その後、奈良公園へ。
すぐにピーカンになり暑い!
写真は大仏殿の裏側の百日紅。

イメージ 2

9時半に、奈良市写真美術館へ。

「写研 夢大和」さんの写真展 「愛LOVE奈良」を見に行く。
なかなか興味深い内容でいい写真が多い。

今週日曜日の5時までなので、
お近くの方はぜひどうぞ。

お問い合わせ先 : 奈良市写真美術館…奈良市高畑町600-1
TEL 0742-22-9811

開館時間 : 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

アクセス:近鉄・JR「奈良駅」から市内循環バスで 「破石町(わりいしちょう)」下車、
東へ徒歩10分、新薬師寺西側


奈良県奈良市の奈良公園の鹿・吉城園の楓 8月20日分。

デジタルカメラマガジン誌さんの取材で奈良公園へ。
「古都の紅葉」の撮りかたが、来月号に掲載されるのだが、それの補足取材。
近鉄奈良駅でデスクの小谷さんとカメラマンの佐々木さんと待ち合わせ。
自分が取材されるのは初めてだったので、とてもいい経験でした。
詳細は9月20日発売のデジタルカメラマガジン誌10月号を見てくださいね。

日陰で涼んでいます。

イメージ 1

バンビがかわいい!

イメージ 2

17mmレンズで迫る。

イメージ 3

イメージ 4

吉城園の楓。

イメージ 5

奈良県奈良市の奈良公園の鹿 8月7日分3-2。

朝、大池で朝撮影した後、奈良公園に移動。
東大寺の西側、今小路町の100円パーキングへ、
土日祝日、朝8時まで1時間100円、8時から1時間400円。

ピーカンで撮影には向いていない天気だが、
時間があるので鹿を撮影、百日紅も見頃。
デジタルは色温度を変えれるので、日陰も撮れるのが便利。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


奈良県奈良市の奈良公園の紅葉と鹿 11月27日分。

天気は曇ったり晴れたり、雲が多い晴れ。
朝はゆっくり愛犬の太陽を散歩させてから、JRで奈良公園に向かう。

楓紅葉は見頃、やや痛んでいるのもあるが色もそこそこ、
平日にもかかわらず多くのカメラマンが来ていた。
銀杏はすでにほとんど落葉しているのもあるが、
多くは散りと残っている分のバランスがちょうどいい感じ。

撮影の合間にカメラマンムック「京都奈良の秋」のちらしを配っていたのだが、
台湾から来ていたカメラマンが台湾で買って持っていたのにはびっくり。

写真は全て奈良公園内東大寺近辺で撮影したものです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

奈良県奈良市の奈良公園の浮身堂の紅葉・水谷茶屋の紅葉・東大寺指図堂と東塔跡と本坊付近の紅葉 11月30日分。


朝から快晴、奈良公園へ。
浮身堂で朝日に染まる紅葉を撮影、7時25分頃に太陽が山裾から姿を見せる。

県庁の駐車場(1日千円)に車を停め、
吉城園へ(250円、三脚禁止)9時前に中に入れてもらえた。
紅葉は見頃色変わり中、少し散りもあり。

その後、東大寺や奈良公園を撮影して廻る。
楓紅葉は見頃、イチョウはほぼ散り、県庁駐車場横の九重桜の紅葉は見頃。
若草山は11月24日から閉山中。
紅葉時期がずれていることもあり、もう少し後まで開いてくれていると、

山の上から市内の紅葉が俯瞰撮影できるのだが、なんとも残念。
春日神社近くの水谷茶屋付近は見頃と色変わり中、休日で観光客が多い。

10時半前に日が射してくるので、晴天時はそれまでに撮影を終えたい、
そうでないとコントラストが付き過ぎてしまう。
できれば明るい雨天が理想で、最も美しく描写される、もちろんどんてんはだめ。

奈良公園の浮身堂の紅葉。

イメージ 1

東大寺指図堂の紅葉。

イメージ 2

水谷茶屋の紅葉。

イメージ 3

イメージ 4

東大寺東塔跡付近の紅葉。

イメージ 5

東大寺本坊付近の紅葉。

イメージ 6

その後しだいに雲が増えてきて、どんよりしてきたので、
昼過ぎに帰路に着いた。

このページのトップヘ